ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS

2019/12/14 15:10:00 Jeff@Kyotoの撮影現場に立ち会って

  • Categoryイベント
  • Posted byStudent Reporter
皆さん、こんにちは!グローバル観光学科1年次生の横田藍子です。突然ですが、「Jeff@KYOTO」というYouTubeアカウントをご存じですか?これは私たちの学科長であるジェフ・バーグランド先生が京都について発信しているアカウントです。授業中でもこの動画を使って京都や英語について学びます。そんな「Jeff@KYOTO」の撮影現場にお邪魔させていただいたので、今回は私がどのような撮影現場だったのかを振り返り、初めて記事を書かせていただきたいと思います!

この撮影では一日で四本分の撮影を行います。そしてジェフ先生、監督、カメラマン、アシスタントの四人で行動します。私が見学に行かせていただいた日の11月17日は向日市にある『竹の径』、長岡京市にある『光明寺』『長岡天満宮』の3チームに分かれました。私は『光明寺』チームで、留学生も一緒に訪れました。

では動画を作る流れを紹介したいと思います。まず監督が撮影をする前に下見をしに行きます。下見を行う理由は実際に現場を見た上で当日どういう風に撮影するのかを計画するためで、撮影の際のセリフも下見に基づいて考えます。撮影中は、背景をどのようにして移すのか考えながら、セリフも臨機応変に変更したりもします。監督とジェフ先生が撮影中相談している間に、カメラマンさんが風景のみを撮影している様子も伺えました。アシスタントはジェフ先生の服が着崩れていたりするとすぐに直したりなど細かい部分まで気を配っていました。

やはり撮影をしていると一般のお客さんたちが道を通ったり、話しかけられたりするのですが、ジェフ先生はそれにも一つ一つ答えていました。「こんにちは!」などの挨拶や、笑顔を忘れずにたくさんの方とコミュニケーションをとっている姿を見て、私は感心しました。ジェフ先生が伝えたい京都への思い、そして地域の方またそうでない方とも挨拶・会話をすることで自然と笑顔になる姿をこの撮影を通して知ることができました。

皆さんもぜひJeff@KYOTOの動画を一度見てみてください!京都の魅力がたくさん詰まっていますよ!


Hello, everyone! I am Aiko Yokota and a freshman of the Department of Global Tourism Studies. This is quite sudden, but do you know the YouTube account of “Jeff@KYOTO”? This is the account that Professor Jeff Berglund, who is the chairperson of our Department, is telling about Kyoto. We often learn about Kyoto and English using these videos. I went to the filming on location of “Jeff@KYOTO” so this time, I want to look back at the filming and write about it for the first time!

In this filming, they shoot 4 videos in one day. Members are Jeff, a director, a cameraman and an assistant and they move together all day. On November 17th when I went to visit we separated into 3 teams that are “竹の径 (Bamboo Road)”, “光明寺 (Komyoji Temple)” and “長岡天満宮 (Nagaokatenmangu Shrine)”. I was in team of “Komyoji” and visited there with an overseas student studying in Japan.We also were present when the 4th video was shot at a restaurant that specializes in sushi made from bamboo shoots.

I will introduce about the process of making videos. First, the director goes to look at these places before filming. The reason why he does like that is because he plans how he shoots videos that day after going to look at and he thinks about the script based on inspection. In filming, they also change the script flexibly while they think how cameraman takes background shots. While the director and Jeff have a talk about filming, I could see the scene where the cameraman takes only landscape. The assistant is always careful of the fine parts. For example, when clothes of Jeff come loose, he straightens them immediately.

Of course, ordinary visitors along the way stop and speak to Jeff, and he answered one by one. He said “Hello!” When I watched his greeting and the feeling that he communicates with a lot of people while smiling, I was impressed. I could know the feeling that Jeff wants to tell people about Kyoto and the stance that he makes people naturally smile by greeting and having conversations with them, the local people and also other people through “ Jeff@KYOTO.”

Please check out these videos “Jeff@KYOTO” right away! They are filled with attractive things about Kyoto!
  • 撮影風景 Shooting scene
  • ジェフ先生と学生 Jeff and students
  • 果たして出演できるのか…? Can we be on Jeff@KYOTO...?

Page top