ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS

2019/01/10 18:10:00 Guest Lecture on Japanese Tourism Industry ゲスト講師から学ぶ観光業界の今

  • Categoryイベント
  • Posted byGT Student Reporter
みなさんこんにちは。グローバル観光学科1年次生の遠藤櫻です。本年もよろしくお願いいたします。

さて、今日は私たち観光学科の必修授業であるGlobal Engagement & Peaceの授業内容についてレポートしたいと思います。

この授業ではある特定の1つのテーマに対し、2人のゲスト講義を受けます。その後に講義に関するレポートを書き、学生同士でお互いに読み合って感想や意見の交換をしています。

先月の講義では、株式会社JTBから村川武嗣さん(京都支店)と松元翔太郎さん(京都中央支店)にお越し頂きました。

1.現在の旅行業界が求める「自立創造型社員」

株式会社JTBの場合、2019年の新卒採用では「自立創造型社員」を求めているというお話でした。ここでの「自立創造型社員」とは、高いスキルや専門性をもち、なおかつ成果志向のマインドをもった人を指すとのことでした。また、指示待ちではなく、不可能なことを可能に変えるためにどのようにすべきかを自ら考える力をもって行動できる人の事を意味する言葉でもあるそうです。

2.地域交流ビジネスという新しい取り組み

近年の新しい取り組みとして、それぞれの支店で地域住民とその地域の価値向上を図り観光地としてのブラッシュアップを目指して共通価値を創造する「地域交流ビジネス」という新たな事業についてもお話しくださいました。これは、OTA(オンライントラベルエージェント)などでインターネット化が進み、旅行代理店が無縁になりつつある状況の改善策でもあります。

具体的な例としては、びわ湖疏水船の再興や京都B&S(ブラザー&シスター)事業と呼ばれる京都の大学生と修学旅行生の交流プログラムなどがあります。まず、びわ湖疏水船は明治時代から昭和51年までにかけて、ピーク時には年間30万人、22万トンの資材の輸送のために利用されていたもので、これを復活させたことで、明治期京都の一大プロジェクトであった琵琶湖琉水事業に想いをはせながら四季を感じることができる歴史ロマン型の遊覧ルートが生まれました。次に、京都B&S事業については、京都を訪れる約100万人の修学旅行生に対して京都の現役大学生が魅力を伝えることで、将来京都で学ぶ姿を想像させ大学のまちとして京都の地域活性化を目指そうというものです。

これらのお話を聞いて、以前から興味をもっていた旅行業界にさらに関心を持つことができました。また、質疑応答の時間には就職活動の時には聞けないようなエピソードなどをお聞きすることもできました。この授業もあと数回しかありませんので、観光産業に関わる方と交流できる貴重な機会を大切にしたいと思います。


Happy New Year! My name is Sakura Endo. I am currently a first-year student at the Department of Global Tourism.

Today, I am going to report on the class Global Engagement & Peace, which all first-year GT students are required to take.

For this class, a particular theme is given for each class, and students receive lectures on the theme from two guests. After the guest lectures, the students are expected to write reports on the lectures and read and comment on each other's reports.

Last month, we had guest lecturers from JTB Corp. Mr. Murakawa and Mr. Matsumoto talked about the following current hot topics of interest to students in Global Tourism studies.

1. "Independent creative employee" as a Keyword for Recruiting Trends

We learned that one of the JTB recruitment themes for 2019 was an "independent creative employee." According to the guest lecturers, the "independent creative employee" means someone result-oriented who has high skills and specialized knowledge. This keyword also refers to someone who is willing to think creatively and take action to make the impossible possible.

2.What is "Local Exchange Business"?

We also learned about the effort made in the Japanese tourism industry to generate flows of people, goods, and sales channels to create exchanges for the purpose of regional revitalization In the case of JTB, each branch office tackles with local residents in the area to create common value and create brand image as a sightseeing destination. For example, there has been such programs as "Lake Biwa Canal Promotion" and "Kyoto Brother and Sister Program." The Kyoto Brother and Sister Program aims to promote Kyoto as a city of students and universities by creating communication encounters between highschool students visiting Kyoto and local university students. This kind of new business model has emerged as a solution to the problem of survival as the increasing number of online travel agencies becomes obvious for the travel agencies difficult to survive.


Hearing the lectures from those who work in the tourism industry is very exciting as we can learn what is happening outside the classrooms.

  • ゲスト講師による講義の様子

Page top