ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS

2018/12/10 03:30:00 インドネシア・ジョグジャカルタでミニシンポジウムと現地視察(2)

  • Categoryイベント
  • Posted by吉兼
こんにちは!前回に引き続き、10月にインドネシアのジョグジャカルタを訪れた際の感想をお送りします。

■ボロブドゥール(Borobudur)遺跡
 インドネシアで最も有名な世界遺産の仏教遺跡であるボルブドゥール遺跡(8世紀建立)は噴火により火山灰に埋れ、長く密林の中に眠っていたものをイギリス人ラッフルズらによって発見され掘り起こされました。日本人技術者の力もあって復元したその姿はインドネシアにとって重要な観光資源にもなっています。120m方形の基壇の上に5段の方形基壇、3段の円形基壇があり、ピラミッドのような構造になっており、上部にはストゥーバが数多く設置され、その中には石の釈迦像が安置されています。この像の足に触るとご利益があるのかストゥーバの空いた隙間から手を差し込んでいる人が多く見られました。
 やや残念に思ったのは、インドネシアは現在イスラム教が主な宗教であるせいか、仏教遺跡に対する宗教的な畏敬の念を示す雰囲気が少なく、禁止を呼びかける看板はあるのに遺跡に登ってしまう観光客が見られ、仏教聖地への巡礼というよりは物見遊山的観光旅行対象になってしまっていることでした。本来、宗教施設や文化財は国民、住民の誇りとなっていることが多いと考えがちですが、政変や植民地化などによって護るべき国民や住民から無視される対象になることもあるということになります。逆に世界から来訪する仏教徒や信仰心のある観光客が資産の護り手になってくれることを望みたいと思います。

■ジョグジャカルタ中心市街地
最後にジョグジャカルタの街中を歩いた感想を一言。人が多い。ものが溢れる。車もバイクも溢れかえる。世界4位の人口を抱えるインドネシアの一端を感じました。中心街となるマリオボロ通は、地場産品のバティックなどの商品であふれていました。近代的なショッピングセンターも通路と思われる空間にも屋台のような出店が溢れ、商品でいっぱいです。インドネシアは多くの商品があることで幸せを感じる時期なのでしょうか。私は「町全体がドン・キホーテだ」と感じました。路地裏には生活感が溢れ、イスラム文化でアルコールが手に入りにくいジョグジャカルタで人に酔って二日酔いになった気分でした。

Hello! Following the last blog post, I'll write about my observation and experience in Jogjakarta, Indonesia.

■ Borobudur

Borobudur is a Buddist stupa and temple complex dating from the 8th century, and one of the most famous UNESCO World Heritage Sites in Indonesia. Borobudur Temple was once abandoned and left to the wilds of nature until the English governor, Thomas Stamford Raffles sent his people to dig away at the earth to reveal the temple. The temple compounds restored by a team including a Japanese engineer is now Indonesia's important tourist resource.

The monument has a pyramidal base with five concentric square terraces, the trunk of a cone with three circular platforms, and at the top, there were many stupas each containing a statue of the Buddha.I saw many tourists trying to reach and touch the Buddha statue's hands inside a stupa to receive good fortune.

I felt sorry to see some tourists paying little respect to this buddhist temple complex to climb up the sacred monument despite the signage that forbids such behavior. In Indonesia where Islam is more popular than Buddhism, Borobudur seemed to wind up as a mere tourist spot rather than a destination for a Buddhist pilgrimage. In principal, religious facilities and cultural assets are considered as the source of pride for residents, but as the case of Borobudur shows, due to such reason as colonization, some places could be ignored by local citizens and residents. That is why, I hope Buddhists and religious travelers coming from around the world would take over this sacred monument.


■Downtown Jogjakarta
Lastly, my impression of downtown Jogjakarta could be summarized as too many people and goods. There were also many cars and motorbikes running. It is no wonder that Indonesia has the world's fourth largest population. Marioboro Street in downtown Jogjakarta was filled with local merchandise items such as Batik. Modern shopping centers were also flooded with goods. I was wondering if Indonesia was at the developmental stage where people felt happiness by the abundance of goods. The whole town felt like the store "Don Quihote." People's livelihoods were seen from backstreets, and among many people, I felt as if I got a hang-over in Jogjakarta where it is difficult to get alcoholic drinks under Islamic cultural influence.
  • ストゥーバ
  • 大勢の人でにぎわうボロブドゥール
  • 物があふれるショッピングモール

Page top