ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS

教員紹介

2017/02/06 20:50:00 教員紹介(グローバル観光学科 河上幸子)

  • Category教員紹介
  • Posted by河上
教員紹介 (グローバル観光学科 河上幸子)

専門分野:文化人類学、移民研究

担当科目:Communication Skills for Fieldwork Research, Community Engagement Workshop I, 多言語観光論

メッセージ:
 これまでの勉強では、誰かが用意した問題を解くことが中心だったかと思いますが、これから大学ではじまる研究は、自ら問題を発見するために学ぶところから始まります。それまで当たり前のように慣れ親しんできた環境を離れてみることも、自分で問題を見つけるために有効な方法のひとつです。
 私が専門とする文化人類学は、海外、国内各地に実際に赴いて、現地の人びととコミュニケーションを重ねるなかで、問題を発見してきた異文化理解の学問です。さあ、皆さんもこれから、国内外のさまざまな現場にどんどん出かけ、社会とつながる問題を自分で見つけて取り組むという研究の醍醐味を存分に味わいにいきましょう!

その他:
 近年は、かつてカナダに移民を多数送りだした和歌山県日高郡美浜町のアメリカ村と呼ばれる三尾地区にゼミの学生たちと足を運んで、町の人たちと一緒にまちづくりに取り組んでいます。
 三尾地区は、100年以上も前から、カナダへの出稼ぎ移民が多い地区として知られており、現在もカナダのバンクーバーやトロントに住む親戚との往来や手紙のやりとりがあったり、和洋折衷の建物や英語交じりに話す文化が残っていたりします。しかし、少子高齢化や人口減少を背景に、こうしたアメリカ村独自の移民輩出の歴史や文化も衰退・縮小の一途をたどっており、地区としての存続も危ぶまれる現況があります。
 こうしたなか、現在、住民主体での地方創生事業として進行している「日の岬・アメリカ村再生協議会」下部組織の部会メンバーとして、カナダ移民送出の歴史をはじめ、アメリカ村の文化と自然を背景にした多様な地域資源を有効活用するためのプロジェクトにゼミ学生と参画させていただいてきました。その過程にて、「京都外国語大学と美浜町との連携協力に関する協定」を締結し、2017年夏には、カナダから三尾出身の祖先をもつ日系カナダ人5世の大学生を招き、ゼミ学生らがアメリカ村の歴史保存やインバウンド観光促進を視野に入れたドキュメンタリー動画を日英両語で作成しました。

2017/02/06 20:30:00 教員紹介(グローバル観光学科 廣岡裕一)

  • Category教員紹介
  • Posted by廣岡
教員紹介 (グローバル観光学科 廣岡裕一)

自己紹介:
観光の研究は、ひとつの学問分野だけでなく複数の学問分野に目を配る必要性が求められている。旅行取引をテーマに、法学的視角から関心を持ちはじめ、経営学を学び、政策を考えるに至った。また、旅行業や実務教育、資格対策教育に従事した経験もあり、複合的な考察ができる基盤を持っている。そうした、経験を基に「旅行」の研究を究めていきたいと考える。

専門分野:
観光学、旅行業、観光関係法制

担当科目:
観光行政・政策論
地域振興論
旅行ビジネス
観光地理学
観光関連法規
観光とリスクマネジメント

メッセージ:
多角的な視野で事象を見、そのうえで、当該状況における適切なソルーションを求めてください。自らの目的を達するには、その過程で関係者の目的に寄与できることが必要になってきます。

現在の公職等:
関西観光・文化振興計画検討委員会 委員 2017 年度
和歌山県消費生活審議会 委員 2016 .04 ~現在
和歌山県観光審議会 委員 2016.1~現在
和歌山市域交通圏タクシー準特定地域協議会 会長 2014.19~現在
和歌山県高野・熊野等地域活性化地域協議会 会長 2011.9~現在

2017/02/06 20:20:00 教員紹介(グローバル観光学科 原一樹)

  • Category教員紹介
  • Posted by
教員紹介 (グローバル観光学科 原 一樹)

自己紹介:
 長崎県出身。東京大学大学院人文社会系研究科基礎文化研究専攻哲学専門分野博士課程単位取得退学。日本学術振興会特別研究員、埼玉大学教養学部・神戸大学文学部非常勤講師、神戸夙川学院大学観光文化学部准教授等を経て、京都外国語大学に着任。
 フランス哲学や社会学理論の研究を基礎に、広く観光学の理論研究・観光教育・観光調査に携わる。日本観光研究学会理事・関西支部幹事。観光学術学会広報委員。NPO法人観光力推進ネットワーク関西・理事。

専門分野:
観光学、哲学、倫理学、社会理論研究

著書:
『哲学すること 松永澄夫への異議と答弁』(共著、中央公論社、2017年)
『地域創造のための観光マネジメント講座』(共著、学芸出版社、2016年)
『観光調査のキーコンセプト』(共訳書、同友館、2015年)
『観光研究のキーコンセプト』(共訳書、現代図書、2014年)
『哲学の振る舞い』(共著、東信堂、2010年)
『ドゥルーズ/ガタリの現在』(共著、平凡社、2008年)
『環境 安全という価値は・・・』(共著、東信堂、2005年)

担当科目:
グローバル観光概論、観光の思想、観光倫理学、観光調査・研究法、インバウンド観光ビジネス、スピリチュアル・ツーリズム、コンテンツ・ツーリズムなど

メッセージ:
 観光は21世紀の人類社会にとって、文化的・経済的・政治的にもっとも重要な現象の一つです。私は観光という社会現象の総合性や創造性と、観光学という学問の発展可能性に強い関心を持ち、哲学・倫理学研究者であるという出自を活かしつつ、観光学の理論研究や、学生とともに観光の様々な現場での調査を進めてきました。
 今後、世界規模での「より良い観光社会」を実現していくためには、多角的な観点から問題を分析し、様々な利害関係者に配慮しつつ、創造的に問題を解決したり、新たな価値を産み出したりできる人間が不可欠となります。
 学生の皆さんには、京都という日本文化の中心地にて、書物や経験に加え、出会う人々や風景からも多くを学び、「より良い観光社会」を実現するための「志」と能力を養って貰いたいと考えています。

[サービス・ホスピタリティ研究ゼミ]
 現在の外国語学部3年次・4年次生を対象とする「サービス・ホスピタリティ研究ゼミ」では、数チームに分かれ、ゼミ学生に主体的な調査を実施してもらっています。2017年度は、嵐山観光調査、京都市のインバウンド観光調査(特に市民交流型の観光、日常生活を素材とする観光に関する提案作成)、城崎温泉への「女子旅」提案に向けた調査、日本とタイ王国(バンコク)との若年層の観光交流活性化に向けた調査を実施しています。

[NPO法人・観光力推進ネットワーク関西・学生連絡協議会]
 NPO法人・観光力推進ネットワーク関西の理事として、関西で観光学を学ぶ学生から成る「学生連絡協議会」の世話役を担当しています。2017年度は、城崎温泉の若旦那衆の皆様から成る旅館経営研究会様との共同事業である、「城崎温泉怪談祭」および「若旦那・若女将 密着体験インターンシップ in 城崎」の実施にあたり、企画・運営に協力しました。

Page top