ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS

教員紹介

2019/05/14 22:30:00 教員紹介:原一樹先生

  • Category教員紹介
  • Posted byStudent Reporter
皆さん、こんにちは!グローバル観光学科2年次生の島岡七海です。
私は副学科長の原一樹先生にインタビューをしてきました。

① ご出身はどちらですか?
長崎県佐世保市 出身 ハウステンボスの近くです。

② 先生のご専門は何ですか?
大学院の出身研究室は、西洋哲学です。10年ほど前に今後の社会における観光学の重要性に気づき、今はおもに観光に関する哲学的・倫理学的な基礎理論の研究と、高野山を訪れる外国人観光客の観光体験など、具体的な現場での観光調査を実施しています。グローバル観光学科の掲げる、「持続可能な開発目標」(SDGs)を観光の力を通して実現していくという理念は、今後のグローバル社会において、とても大切なものだと考えています。この点について私としては、観光倫理学という観点から、探究を進めていきたいと思っています。また、観光教育に関しては、理論だけではなく、実際のフィールドでの活動や調査が重要だと考えていますので、アジア有数の観光大国であるタイ、訪日観光客が増加を続けている兵庫県の城崎温泉、或いは京都近郊の宇治田原町など、ゼミ学生には実地での調査活動を主体的に実施してもらっています。

③ 学生のうちにしておいたほうが良いことは何ですか?
第一に絶対的に必要なのは、読書をすることです。自分の視野を広げ教養を深めるために、関心のある事柄、あまり無い事柄、深くこだわらずに乱読をしてもらいたいと強く思います。また、映画を見ること、音楽を聞くこと、絵画を見ることなど、いわゆる芸術体験も、相対的に時間のある大学生の間に、自分の生活に取り入れて貰いたいと思います。これらは自分自身と、その将来を豊かにするために必要なことです。そして、観光学科に在籍する学生さんには特に、一人旅をしてほしいと思います。現代社会は人と人とが繋がり過ぎている、「接続過剰」の状態にあります。一人で旅をすることにより、自分一人の時間を持ち、自分一人でものを考える時間を設けることが重要です。

④ 学生に贈りたい言葉は何ですか?
「万巻の書を読み 千里の道を往く」。たくさんの本を読み、たくさんの旅をせよという意味です。元々は中国の古典由来の、富岡鉄斎の座右の銘としても有名な言葉ですね。

Hello everyone! I am Nanami Shimaoka, a second-year student at the Department of Global Tourism Studies. Here is the interview I had with Professor Kazuki Hara.

① Where are you from in Japan?
I am from Sasebo-shi, Nagasaki, Japan. My hometown is located near Huis Ten Bosch which is an amusement facility in Nagasaki.

② What do you specialize in?
I originally specialized in philosophy. However, my current research interests are centered around tourist ethics. Since I realized the potential growth of Japanese tourism about 10 years ago, I have tried to conduct tourism research and developed related theories. I think that our department's mission of achieving "Sustainable Development Goals" through the power of tourism is very important in the future globalized society. I hope to explore this issue from the viewpoint of tourism ethics. I value not only theoretical research but also fieldwork at different destinations. For example, my seminar students and I have conducted field research both overseas and dometically in Thailand, Guam, Kinosaki (hot spring spot in Hyogo), and Uji (suburban city in South Kyoto that is famous for powdered green tea) to study current tourism.


③ What do you think are the important things students should do in college?
I suggest you should read many books and familiarize yourself with all sorts of artistic work including art, music, and play. These will help enrich your life. Traveling alone is also important because it allows you to have your own time to think for yourself. Having the time to be alone has been creasingly important as we are often overwhelmingly connected in the current society.

④ Could you tell us the words you like?
"Read many books and travel many miles." This phrase originally came from classic Chinese literature, but it is also famous as the motto of Mr. Tessai Tomioka.

  • 原一樹先生

2019/05/09 01:30:00 教員紹介: ジェフ・バーグランド先生

  • Category教員紹介
  • Posted byStudent Reporter
こんにちは!
ゴールデンウィークも終わり、新しい時代にも突入しましたね。
皆さんお元気ですか?

本日からはグローバル観光学科所属の14名の先生方を学生広報隊メンバーが取材して、順にご紹介していきたいと思います。初回の今日は、学科長のジェフ・バーグランド(Jeff Berglund)先生です。2年次生の清水玲美さんが取材と写真撮影をしてきてくれました。

≪ジェフ先生にインタビュー≫
① ご出身はどちらですか?
アメリカ、サウスダコタ州です。

② 先生のご専門は何ですか?
異文化コミュニケーションです。

③ 好きな食べ物は何でしょう?
おいしいものですね。たとえば、イカの塩から、鮒ずし、このわたといった珍味が好きです。

④ 好きな言葉を教えてください。
「力いっぱい生きよ」

⑤ 学生たちにひとこと、お願いします!
観光を通して世界平和に貢献できるようになるため、基礎から知ろう。

Hello there! How have you been?
As the new Imperial era has started, we are going to start our new blog series introducing you to fourteen faculty members of the Department of Global Tourism.

Today's feature is Prof. Jeff Berglund, Department Chair. Remi Shimizu (GT Student Reporter) interviewed Jeff-sensei.

① Where are you from?
I was born in South Dakota, the United States.

② What is your academic discipline?
My academic discipline is Intercultural Communication.

③ What's your favorite food?
I like such Japanese delicacies as salted squid entrails, fermented crucian carp sushi, and salted sea cucumber guts.

④ Could you tell us your favorite phrase?
〝Live your life to the fullest"

⑤ Could you send a message to students?
Let's learn the basics to make our department the best tourism department in Japan.

  • ジェフ・バーグランド先生:手に持っている時計の写真は、サウスダコタ州の有名な観光スポット「Mt. Rushmore」

2018/02/06 21:10:00 グローバル観光学科 教員紹介( Eric Hawkinson先生)

  • Category教員紹介
  • Posted byHawkinson
自己紹介:
Eric Hawkinson
Associate Professor of Learning Design and Technology at Kyoto University of Foreign Studies, Japan
Director of Interactive at TEDxKyoto, Japan
President of Mixed, Augmented, and Virtual Realities in Learning Research Group

Born in Wisconsin and raised in the deserts of Arizona. Having a professional background in IT Eric is taking everything ‘techie’ and turning it towards educating students. He now works and lives in northern Kyoto prefecture, Japan currently focusing on games based learning, electronic informal learning environments and eTourism. Eric has been innovating ways to apply augmented reality to a variety of fields including tourism and education. Eric is also director of interactive at TEDxKyoto where he has designed a variety of digital and non-digital informal learning environments. Eric's most recent projects involve the use of TED in education and the implementation of augmented reality in learning environments. Find out more about Eric and his projects at http://erichawkinson.com

エリック・ハーキンソン
京都外国語大学・教育メディア研究室―准教授
TEDxKyoto―インタラクティブディレクター
複合・拡張・人 工現実教育研究部会―会長

米国のウィスコンシン州に生まれ、アリゾナ州で育ち、2005年から日本の京都北部に住んでいます。日本に来る前の職歴はほとんどIT関係でした。日本に来た後ではほとんど教育関係になりました。現在ITと教育を融合させ、「教育メディア・教育技術」の研究をしています。教育のためのゲームデザイン、Eラーニング、アプリ作成、などへの興味を持っています。教育と観光とICTの関係の研究もしています。最近のプロジェクトは拡張現実で教育と観光のデザインと使用法について取り組んでいます。詳しい情報はhttp://erichawkinson.comにあります。


専門分野:
学習デザインとテクノロジー (Learning Design and Technology)
・学習デザイン (Design of Learning)
・ゲームを用いた学習 (Game Based Learning)
・イーラーニング (E-learning)
・ブレンド型学習 (Blended Learning)
・テクノロジー援用学習 (Technology Assisted Learning)
ニューメディア (New Media)
・インターネット技術 (Internet Technologies)
・メディア創作 (Media Creation)
・メディア分析 (Media Analysis)
・コミュニケーションメディア (Communication Media)
電子化観光事業 (eTourism)
・インターネット市場調査 (Internet Marketing)
・ネットでの口コミ (eWOM)
・仮想観光 (Virtual Tourism)
・観光へのゲーム利用 (Games in Tourism)
・モバイル端末を利用したガイド (Mobile Assisted Guidance)

担当科目:
New Media Marketing in Tourism
New Media Lab
Introduction to MICE
Game Based Tourism
Communication Skills for Fieldwork Research
Digital Literacy
Interactive Web Publishing

メッセージ:

Our world is getting smaller, and cultures are learning about each other through travel and tourism like never before. This is especially true in Japan, where we continue have record breaking numbers of visitors to Kyoto. There are many challenges to the influx of visitors to Japan, but this also represents many opportunities. To make the most of those opportunities, we will need the cooperation and perspectives of those who would visit Kyoto. It is my hope that our efforts and studies can support the goals of mutual understanding and friendship that only the tourism industry can cultivate best.

My personal interest lies in how technology is changing the way humans interact and communicate, especially with regards to travel habits. I think today’s students have more insights into how technologies like smartphones and the Internet are causing changes in our behaviors in many aspects of life. I intend to help students explore these topics and ask them to project those concepts into the future.

Some questions we might explore together are:
● If you can travel virtually to anywhere in the world, are you likely to travel in real life more or less?
● What kinds of media or content will be necessary to appeal to travelers as these communication technologies evolve?
● How will augmented reality games like Pokemon Go affect how people go out into the world for recreation and leisure?
● How can governments create policy that will encourage tourists to share experiences online and still protect privacy and creator rights?

2018/02/06 20:40:00 教員紹介(グローバル観光学科 吉兼秀夫)

  • Category教員紹介
  • Posted by吉兼
教員紹介 (グローバル観光学科 吉兼秀夫)

自己紹介:
山口県生まれ、東京育ち、明日香村在住。自作の古代衣装でコスプレし、明日香村の古代風景の再現に学生や地元の方々と取り組んでいます。これまで環境文化、観光文化の創造を手がけるシンクタンクと国際観光学を学ぶ大阪の大学で働いてきました。ジャズと日本酒が好きな風変わりな髭先生が京都外国語大学に登場します。それが私です。

専門分野:
観光や文化で地域を元気にすることを考える観光社会学、観光まちづくりや環境文化(環境とつきあう作法)に関心があり、中でも地域の記憶の井戸を掘り、掘り出された記憶を現地で保存、活用し、まち全体を博物館と捉えるフランス生まれのエコミュージアムの研究が専門です。

担当科目:
観光社会学 観光まちづくり論 環境計画論

メッセージ:
グローバル化する社会では様々な異文化と交流し、相互に敬意を持ちながら新たな文化を創っていくことになります。一方、自文化を自分化することも重要です。相手は自分の鏡になり、自分は相手の鏡になります。まずは私を鏡にしてあなたを映してください。あなたも私の鏡になってください。コミュニケーションしましょう。変な人大好きです。

その他:
地域の観光振興の計画づくりやアドバイスの仕事をたくさん行なってきました。その中には学生と一緒に出かけて地域を評価し、振興策の提案をする活動も多く含まれます。地域で喜ばれるのは、自分たちの魅力を見つけ出してくれる客観的なまなざしです。特に学生の率直な意見や感想は大きなヒントになるため多いに歓迎されます。教室を出て実践的活動をしましょう。私は明日香村で地域に興味を持ち、理解を深め、地域を愛する人を増やすことを目的に、住民も観光客も元気になるための活動を続けています。古代住居をつくり、古代衣装をつくり、古代体験のできる環境をつくる活動です。このような実験観光学に一緒に挑戦しましょう。
  • 個人写真(古代衣装)
  • 古代の風景の再現のため地域の方と造った古代住居と古代人の案山子(国営飛鳥歴史公園内 2017年).

2018/02/06 20:10:00 教員紹介(グローバル観光学科 学科長 Jeff Berglund )

  • Category教員紹介
  • Posted byBerglund
教員紹介 (グローバル観光学科 学科長 ジェフ・バーグランド)

 Hello! My name is Jeff Berglund (ジェフ・バーグランド). I have lived in Kyoto for 48 years since I came as an international student in 1969. I have been teaching since 1970. I love teaching English, intercultural communication, and Kyoto culture. I am an International Goodwill Ambassador for Kyoto City.

専門分野: Intercultural Communication

担当科目: Kyoto Introduction Methods, Intercultural Communication, Destination Kyoto, Nonverbal Communication in Language Teaching


Page top