ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS

教員紹介

2019/06/25 23:10:00 教員紹介:藤倉なおこ先生

  • Category教員紹介
  • Posted byStudent Reporter
みなさん、こんにちは!グローバル観光学科2年次生の佐野香織です。今回、私は藤倉なおこ先生にインタビューをしてきました。

① ご出身はどちらですか?
京都で生まれ育ちました。

② 先生のご専門を教えてください。
女性学を専門とし、アメリカと日本を比較したジェンダー研究を行っています。グローバル・スタディ科目群で、外国語学部生を対象に「グローバル化とジェンダー」という授業も開講しています。観光学科の学生は、英語教員としてのイメージが強いかもしれませんね。

③ 学生のうちにしておいた方が良いことは何ですか?
他の先生方も仰っている通り、本を読むこと。京都にいるからには、京都観光もするべきです。詩仙堂・曼殊院をおすすめします。

④ 最後に、学生に贈りたい言葉をお願いします!
「学問に王道なし」
特に語学は、毎日の積み重ねです。コツコツ勉強しましょう。


Hello, everyone! I am Kaori Sano, a second-year student at the Department of Global Tourism Studies. Today, I am going to introduce Professor Naoko Fujikura.

① Where are you from?

I was born and raised in Kyoto.

② What is your academic discipline?
My academic discipline is Woman’s Studies, and I do research on gender issues comparing Japan and the United States. “Globalization and Gender” class is hold for students at the Faculty of Foreign Studies. GT students might have an image of me as an English teacher.

③ What do you think are the important things students should do in college?
It is important for students to read books as other teachers have suggested. Also, I recommend you to go sightseeing around Kyoto, especially Shisendo Temple and Manshuin Temple.

④ Could you tell us your favorite phrase?
“There is no royal road to learning.” You have to keep making an effort, especially learning a language.
  • 藤倉なおこ先生

2019/06/24 19:20:00 教員紹介:南博史先生

  • Category教員紹介
  • Posted byStudent Reporter
みなさん、こんにちは! グローバル観光学科2年次生の宮本千春です。
半袖がちょうどいい季節になって来ましたね。
体調など崩していませんか?

さて、今回私は南博史先生にインタビューをしてきました。
南先生は博物館の学芸員資格課程をご担当で、本学の国際文化資料館の館長もつとめておられます。

①ご出身はどちらですか?
京都市伏見区出身です。

②先生のご専門は何ですか?
考古学、博物館学、総合政策科学です。実践の現場で直面している課題を、考古学や博物学を使って、解決したりしています。

③好きな食べ物を教えてください。
好きな食べ物はバナナです。ほとんど毎日朝食にたべます。

④学生のうちにしておいたほうが良いことは何ですか?
びっくり箱をたくさん開けてみてください。授業の中や大学内、サークル内にあるびっくり箱を探して、開けてください。みなさんには、いろいろなことに挑戦して、それを継続していってほしいです。

⑤学生に送りたい言葉は何ですか?
送りたい言葉というよりは、自分で好きな言葉を見つけてほしいてす。そのために、読書をしてください。漫画でも本でも構わないので、本を読み、自分を助けてくれる言葉をそれぞれ見つけてみてください。


Hello,everyone! I’m Chiharu Miyamoto in Global Tourism Studies. Today,I would like to report about the interview I had with Professor Minami from our department.


①Where are you from?

I am from Fushimi Ward, Kyoto City.



②What is your specialty?

My specialties are Archaeology, Museum Studies, and Science of Policy and Management. I solve questions which I face in the practical field by using the knowledge and methodology of Archaeology and Museum Studies.



③What is your favorite food?

My favorite food is a banana. I always eat bananas for breakfast.



④What do you think are the important things students should do in college?

I would like students to try to find and open their "jack-in-the-boxes" that could be found in classes, on campus, and during their club activities. I hope you will challenge various things and continue to do so.



⑤Could you tell me your favorite words you would like to tell students?

I hope students will find their favorite words by themselves. I suggest that you read as much as possible. I think it’s good to read even comics. You can find your favorite words through reading books.
  • 南博史先生

2019/06/15 14:40:00 教員紹介:戴 智軻先生

  • Category教員紹介
  • Posted byStudent Reporter
皆さん、こんにちは!グローバル観光学科2年次生の遠藤櫻です。
私は戴 智軻教授にインタビューをしてきました。

① ご出身
中国の上海です。

② 専門
社会情報学、中国語圏のマスメディアについて。
観光の分野ではディスティネーションイメージの形成について。

③ 好きな言葉
知行合一 :明の時代の陽明学の言葉。意味は、実践や経験を伴い知を得ること。

④ 好きな食べ物
和食全般(主に魚料理)
四川料理、東北料理

⑤ 学生のうちにしておくべきこと
好きなものでいいので、なるべく沢山の本を読むこと。また、異文化を持つ人と接すること。


Hello, everyone. My name is Sakura Endo in Global Tourism Studies. Today, I would like to report about the interview I had with Professor Dai Zhike from our department.

① Where are you from?
I am from Shanghai, China.

② What do you specialize in?
I specialize in Social Information Studies.

③ Could you tell me your favorite words?
“the unity of knowledge and practice” It means gaining knowledge with practice and experience. It is a theme of Yangmingism.

④ What is your favorite food?
I like Japanese food, especially I like fish cuisines. And also, I like Chinese food such as Sichuan and Northeastern cuisines.

⑤ What do you think are the important things students should do in college?

I suggest you read many books as much as possible. And furthermore, it is important for you to contact with those who have different cultures.
  • 戴先生ご出身地の中国上海

2019/06/13 10:40:00 教員紹介:Eric Hawkinson先生

  • Category教員紹介
  • Posted byStudent Reporter
 エリック先生へのインタビュー
 

出身はどこですか?
アメリカのアリゾナ州のTucsonです。(日本全体の面積から北海道を除く面積と同じくらいの大きさ。)グランドキャニオンで有名ですが、私の家からは車で8時間かかります。
 
Where are you from?
Tucson, Arizona in the southwest of the United States.  Arizona is famous for the Grand Canyon, but it is about an 8 hour drive by car from my home.
 
専門はなんですか? 
専門はテクノロジーデザインです。VRやARも作っています。教育にどのようにITが使えるかを教えたりもしています。実は、YouTubeのアカウントをたくさん持っています。
 
What is your research of concentration?
I think a lot about the design and use of technology, more specificaly the use of augmented and virtual realities and how we can use them to teach and learn.
 
好きな食べ物はなんですか?
チーズとビールと焼酎です。特に、ブルーチーズとsharp cheddar cheese が好きです。お好み焼きや、たこ焼きなど、何にでもチーズをかけます。焼酎は麦焼酎が好きです。
 
What is your favorite food?
I love cheese, I eat too much of it. I love cheese in my Japanese food too, like cheese in my takoyaki or okonomiyaki.
 
学生のうちに何をしておいたらいいか? 
道に迷ってみてください。大学生時のまだ、自分が何をしたらいいか分からない時に、何も予定を立てずに旅行に行ったり、出かけたりしてみてほしいです。そして、いろいろな経験をしてください。学生のうちは失敗してもいいので、いろいろなことに挑戦して欲しいです。私は、日本に来て免許を取った後、何も予定を立てず、3、4時間車を運転して鳥取まで行きました。鳥取砂丘にも行き、今ではいい思い出です。
 
What do you think students should do during their college years?
One important thing to do is go get lost. College life is a great chance to try new things and meet new people, and let life's unexpetedness allow for the unpredicitable discovery.  So get lost, get really lost, and see what adventures you find.

どんな言葉が好きですか?
好きな言葉は「能ある鷹は爪を隠す」です。理由は、名前のエリック・ハーキンソンの「ハーク(Hawk)」が鷹(hawk)と同じつづりであることと、「鷹」という漢字が好きだからです。自分のことをあまり表に出さないという意味がとても素敵です。
 
What is your favorite phrase?
Well because of my last name, I really liked the kanji of 'hawk' for a long time. That led me to a famous Japanese phrase - 'No aru taka wa, tsume o kakusu' - which litteraly translates as 'The talented hawk conseals his talons'. A less direct translation is that a talented person keeps her true talents in reserve, which closely relates to a common phrase - 'Still waters run deep'.  I struggle with this, but think its important, as I am very happy to share my work and knowleadge, but if I want to learn it many times it'll be better to just listen.
 
 

 

2019/06/11 08:20:00 教員紹介:野﨑俊一先生

  • Category教員紹介
  • Posted byStudent Reporter
みなさん、こんにちは!
グローバル観光学科2年次生の佐野香織です。
夏のような暑さが続いていますが、そろそろ梅雨入りの時期ですね。

今回、私は野﨑先生について紹介していきたいと思います。

① ご出身はどちらですか?
福岡市です。

② 先生のご専門は何ですか?
経営戦略、事業立案、観光産業を含めたサービスイノベーションです。

③ 学生のうちにしておいた方が良いことは何ですか?
自分の関心がある分野の基礎的理論本を読むこと。自分が信頼できる仲間をひとりでも造ること。多くの失敗から学ぶという志を持つことです。

④ 最後に、学生に贈りたい言葉を教えてください!
「鶏口となるも牛後となるなかれ」


Hello everyone! I am Kaori Sano, a second-year student at the Department of Global Tourism Studies. Although it feels like summer already, the rainy season is almost here. Today, I am going to introduce Professor Shunichi Nozaki.

① Where are you from in Japan?
I am from Fukuoka city.

② What is your academic discipline?
My academic discipline is service innovation including management strategy, business planning and tourism industry.

③ What do you think are the important things students should do in college?
It is important for students to read basic books about a field that you are interested in, make a reliable friend, and learn from a lot of mistakes and failures.

④ Could you tell us your favorite phrase?
“Better be the head of a dog than the tail of a lion.”


  • 野﨑俊一先生

Page top