ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS

イベント

2019/01/10 18:10:00 Guest Lecture on Japanese Tourism Industry ゲスト講師から学ぶ観光業界の今

  • Categoryイベント
  • Posted byGT Student Reporter
みなさんこんにちは。グローバル観光学科1年次生の遠藤櫻です。本年もよろしくお願いいたします。

さて、今日は私たち観光学科の必修授業であるGlobal Engagement & Peaceの授業内容についてレポートしたいと思います。

この授業ではある特定の1つのテーマに対し、2人のゲスト講義を受けます。その後に講義に関するレポートを書き、学生同士でお互いに読み合って感想や意見の交換をしています。

先月の講義では、株式会社JTBから村川武嗣さん(京都支店)と松元翔太郎さん(京都中央支店)にお越し頂きました。

1.現在の旅行業界が求める「自立創造型社員」

株式会社JTBの場合、2019年の新卒採用では「自立創造型社員」を求めているというお話でした。ここでの「自立創造型社員」とは、高いスキルや専門性をもち、なおかつ成果志向のマインドをもった人を指すとのことでした。また、指示待ちではなく、不可能なことを可能に変えるためにどのようにすべきかを自ら考える力をもって行動できる人の事を意味する言葉でもあるそうです。

2.地域交流ビジネスという新しい取り組み

近年の新しい取り組みとして、それぞれの支店で地域住民とその地域の価値向上を図り観光地としてのブラッシュアップを目指して共通価値を創造する「地域交流ビジネス」という新たな事業についてもお話しくださいました。これは、OTA(オンライントラベルエージェント)などでインターネット化が進み、旅行代理店が無縁になりつつある状況の改善策でもあります。

具体的な例としては、びわ湖疏水船の再興や京都B&S(ブラザー&シスター)事業と呼ばれる京都の大学生と修学旅行生の交流プログラムなどがあります。まず、びわ湖疏水船は明治時代から昭和51年までにかけて、ピーク時には年間30万人、22万トンの資材の輸送のために利用されていたもので、これを復活させたことで、明治期京都の一大プロジェクトであった琵琶湖琉水事業に想いをはせながら四季を感じることができる歴史ロマン型の遊覧ルートが生まれました。次に、京都B&S事業については、京都を訪れる約100万人の修学旅行生に対して京都の現役大学生が魅力を伝えることで、将来京都で学ぶ姿を想像させ大学のまちとして京都の地域活性化を目指そうというものです。

これらのお話を聞いて、以前から興味をもっていた旅行業界にさらに関心を持つことができました。また、質疑応答の時間には就職活動の時には聞けないようなエピソードなどをお聞きすることもできました。この授業もあと数回しかありませんので、観光産業に関わる方と交流できる貴重な機会を大切にしたいと思います。


Happy New Year! My name is Sakura Endo. I am currently a first-year student at the Department of Global Tourism.

Today, I am going to report on the class Global Engagement & Peace, which all first-year GT students are required to take.

For this class, a particular theme is given for each class, and students receive lectures on the theme from two guests. After the guest lectures, the students are expected to write reports on the lectures and read and comment on each other's reports.

Last month, we had guest lecturers from JTB Corp. Mr. Murakawa and Mr. Matsumoto talked about the following current hot topics of interest to students in Global Tourism studies.

1. "Independent creative employee" as a Keyword for Recruiting Trends

We learned that one of the JTB recruitment themes for 2019 was an "independent creative employee." According to the guest lecturers, the "independent creative employee" means someone result-oriented who has high skills and specialized knowledge. This keyword also refers to someone who is willing to think creatively and take action to make the impossible possible.

2.What is "Local Exchange Business"?

We also learned about the effort made in the Japanese tourism industry to generate flows of people, goods, and sales channels to create exchanges for the purpose of regional revitalization In the case of JTB, each branch office tackles with local residents in the area to create common value and create brand image as a sightseeing destination. For example, there has been such programs as "Lake Biwa Canal Promotion" and "Kyoto Brother and Sister Program." The Kyoto Brother and Sister Program aims to promote Kyoto as a city of students and universities by creating communication encounters between highschool students visiting Kyoto and local university students. This kind of new business model has emerged as a solution to the problem of survival as the increasing number of online travel agencies becomes obvious for the travel agencies difficult to survive.


Hearing the lectures from those who work in the tourism industry is very exciting as we can learn what is happening outside the classrooms.

  • ゲスト講師による講義の様子

2018/12/10 03:30:00 インドネシア・ジョグジャカルタでミニシンポジウムと現地視察(2)

  • Categoryイベント
  • Posted by吉兼
こんにちは!前回に引き続き、10月にインドネシアのジョグジャカルタを訪れた際の感想をお送りします。

■ボロブドゥール(Borobudur)遺跡
 インドネシアで最も有名な世界遺産の仏教遺跡であるボルブドゥール遺跡(8世紀建立)は噴火により火山灰に埋れ、長く密林の中に眠っていたものをイギリス人ラッフルズらによって発見され掘り起こされました。日本人技術者の力もあって復元したその姿はインドネシアにとって重要な観光資源にもなっています。120m方形の基壇の上に5段の方形基壇、3段の円形基壇があり、ピラミッドのような構造になっており、上部にはストゥーバが数多く設置され、その中には石の釈迦像が安置されています。この像の足に触るとご利益があるのかストゥーバの空いた隙間から手を差し込んでいる人が多く見られました。
 やや残念に思ったのは、インドネシアは現在イスラム教が主な宗教であるせいか、仏教遺跡に対する宗教的な畏敬の念を示す雰囲気が少なく、禁止を呼びかける看板はあるのに遺跡に登ってしまう観光客が見られ、仏教聖地への巡礼というよりは物見遊山的観光旅行対象になってしまっていることでした。本来、宗教施設や文化財は国民、住民の誇りとなっていることが多いと考えがちですが、政変や植民地化などによって護るべき国民や住民から無視される対象になることもあるということになります。逆に世界から来訪する仏教徒や信仰心のある観光客が資産の護り手になってくれることを望みたいと思います。

■ジョグジャカルタ中心市街地
最後にジョグジャカルタの街中を歩いた感想を一言。人が多い。ものが溢れる。車もバイクも溢れかえる。世界4位の人口を抱えるインドネシアの一端を感じました。中心街となるマリオボロ通は、地場産品のバティックなどの商品であふれていました。近代的なショッピングセンターも通路と思われる空間にも屋台のような出店が溢れ、商品でいっぱいです。インドネシアは多くの商品があることで幸せを感じる時期なのでしょうか。私は「町全体がドン・キホーテだ」と感じました。路地裏には生活感が溢れ、イスラム文化でアルコールが手に入りにくいジョグジャカルタで人に酔って二日酔いになった気分でした。

Hello! Following the last blog post, I'll write about my observation and experience in Jogjakarta, Indonesia.

■ Borobudur

Borobudur is a Buddist stupa and temple complex dating from the 8th century, and one of the most famous UNESCO World Heritage Sites in Indonesia. Borobudur Temple was once abandoned and left to the wilds of nature until the English governor, Thomas Stamford Raffles sent his people to dig away at the earth to reveal the temple. The temple compounds restored by a team including a Japanese engineer is now Indonesia's important tourist resource.

The monument has a pyramidal base with five concentric square terraces, the trunk of a cone with three circular platforms, and at the top, there were many stupas each containing a statue of the Buddha.I saw many tourists trying to reach and touch the Buddha statue's hands inside a stupa to receive good fortune.

I felt sorry to see some tourists paying little respect to this buddhist temple complex to climb up the sacred monument despite the signage that forbids such behavior. In Indonesia where Islam is more popular than Buddhism, Borobudur seemed to wind up as a mere tourist spot rather than a destination for a Buddhist pilgrimage. In principal, religious facilities and cultural assets are considered as the source of pride for residents, but as the case of Borobudur shows, due to such reason as colonization, some places could be ignored by local citizens and residents. That is why, I hope Buddhists and religious travelers coming from around the world would take over this sacred monument.


■Downtown Jogjakarta
Lastly, my impression of downtown Jogjakarta could be summarized as too many people and goods. There were also many cars and motorbikes running. It is no wonder that Indonesia has the world's fourth largest population. Marioboro Street in downtown Jogjakarta was filled with local merchandise items such as Batik. Modern shopping centers were also flooded with goods. I was wondering if Indonesia was at the developmental stage where people felt happiness by the abundance of goods. The whole town felt like the store "Don Quihote." People's livelihoods were seen from backstreets, and among many people, I felt as if I got a hang-over in Jogjakarta where it is difficult to get alcoholic drinks under Islamic cultural influence.
  • ストゥーバ
  • 大勢の人でにぎわうボロブドゥール
  • 物があふれるショッピングモール

2018/11/29 23:00:00 インドネシア・ジョグジャカルタでミニシンポジウムと現地視察(1)

  • Categoryイベント
  • Posted by吉兼
2018年10月18日からガジャマタ大学(インドネシア)で本学と連携する5大学(マレーシア科学大学、チェンマイ大学、ハノイ大学、ガジャマタ大学、スパーヌウォン大学)の研究者と「アセアンに於ける多文化交流を観光振興により実現する為の縦断的・横断的研究」(Japan Foundation助成事業)に関するミニシンポジウムが開催されました。本学からシンポジストとして登壇し、"eWOM Analysis Frameworks in the Travel Industry”について報告されたEric Hawkinson教授をはじめ、Jeff Berglund 教授、原一樹教授、吉兼秀夫が参加しました。

シンポジウムと合わせてジョグジャカルタ中心市街地および近郊の世界遺産・宗教観光地に関する現地視察を行いました。今週、来週と2回に分けて観光的視点から感想をお話しします。

■プランバナン寺院群 
 世界遺産のプランバナン(Prambanan)寺院を訪ねました。広大な敷地の100m四方の基壇には復元された高さ47mのシヴァ寺院を中心に高さ27mのブラーマ寺院とヴィシュヌ寺院が両脇に並び、3つの聖堂の前には、それぞれの神の乗り物であるナンディ、ガルーダ、ハンサを祀る小堂(祠)があります。周辺には小寺院(祠)がさらに100近くあり、それらの多くは解体されたままとなっていました。16世紀の地震で崩壊した遺跡が、20世紀に入ってから修復が行われ、その姿の一部が再現されている荘厳な寺院群の美しさは感動的でした。
 寺院群(有料)に入ると衣装を着た男性が3人並び、観光客は彼らと並んで写真を撮ることができました。またPrambananと書かれた看板が置かれそこで記念写真を撮ることもできました。インスタ映えの仕掛けは寺院をバックにロープの上を自転車で走る姿を写真に取らせるサービスや、吊り下げられたハンモック状の椅子に座って写真を撮らせるサービス(ともに有料 200円くらい)もあり、ここでもインスタ映えが観光商品となっている姿を見ることができました。
 石の寺院群を歩くインドネシアの民族衣装を着た女性観光客はとても印象的でした。それは京都の町並みの中を舞妓さんや芸妓さんが歩く景色にも似た光景でした。無彩色のアースカラーにはきらびやかな衣装が映えるようです。古都京都で幟や暖簾が映えることにも似ています。

From October 18, 2018, Prof. Jeff Berglund, Prof. Kazuki Hara, Prof. Eric Hawkinson, and I (Hideo Yoshikane) visited Gadjah Mada University in Indonesia to participate in the “International Symposium on Tourism, Culture and Community” where Prof. Hawkinson represented the Global Tourism Department to present a paper titled "eWOM Analysis Frameworks in the Travel Industry.” You can see a video in VR that he filmed of the event here: https://youtu.be/kTCQY1tPAAw. You can also view the research here: http://kufs.academia.edu/EricHawkinson

Kyoto University of Foreign Studies has been conducting a joint tourism research project with the following five ASEAN universities: Universiti Sains Malaysia, Chiang Mai University, Vietnam National University, Hanoi, Gadjah Mada University, Souphanouvong University, and the researchers from these universities gathered for this symposium.

In addition to attending the symposium, we did some fieldwork in the downtown of Yogyakarta and the surrounding world heritage sites and religious sightseeing spots. Today and next week, I am going to report on my field observation and insight based on this fieldwork.

■Prambanan Temple Compounds

We visited the Prambanan Temple Compounds which is a UNESCO World Heritage site.
At the the center in a vast site, there is a 100 square meter stone foundation where the restored 47-meter tall Shiva temple and the 27-meter Brahma and Vishnu temples on either side form the centerpiece of the complex. In front of the three towers, there is a small shrine that worships their carriers or Vahana (Nandi, Gardura, and Hansa). Additionally, nearly 100 small temples were observed in the surrounding area, and most of them had remained disassembled since the major earthquake in the 16th century which destroyed many of the temples and left much of the area in ruins. Despite that, the beauty of the temple compounds that were partially restored in the 20th century was striking.
 
There was a small fee to enter the site. Near the entrance there were three men in costumes, and tourists are able to take photos with them. Not only that, a commemorative plate that says "Prambanan" was also available for tourists. I saw various services (around 200 yen) to help tourists take “Instagrammable” photogenic pictures.

It was also very impressive to see female tourists wearing Indonesian costumes walking along the temple compounds. The scene was just like the one in which Japanese Maiko and Geiko women marching in Kyoto. The achromatic earth colors of the site seems to fit with the glittering costumes. It resembles the historic town of Kyoto where Japanese traditional banners and curtains are well-suited.
  • シンポジウム会場
  • 顔出し看板の生バージョン
  • インスタ映え用の仕掛け

2018/11/15 14:50:00 Student Report on Asian Youth Forum 2

  • Categoryイベント
  • Posted byGT Student Reporter
みなさんこんにちは。グローバル観光学科一年次生の遠藤櫻です。
前回の浦谷さんに続いて、AYF(Asian youth forum)での経験をレポートします。

今日は4日目の11月3日(土)に同じ学科の参加者4名と協同でおこなったグローバル観光学科の紹介プレゼンテーションについて紹介します。

内容の概要は、(1)グローバル観光学科の活動について(2)これまで学科でおこなったフィールドワークについてです。

(1) グローバル観光学科の活動について
世界遺産やSDGs(Sustainable Development Goals)と呼ばれる国連の持続可能な開発目標との関わりから観光について考える授業、そしてTOEICなどの資格試験準備講座、英語でのプレゼンテーションの方法を学ぶ授業、第2言語に関する授業など、観光と言語に通じる幅広い授業があります。また、祇園祭の見学や時代祭のボランティア参加など、京都文化に触れる機会も充実しています。

(2)これまで学科でおこなったフィールドワークについて
伏見稲荷大社でインバウンドの観光客に向けて、何故ここを選んで来たのかという調査や、福井県あわら市で旅館見学や観光情勢における調査を行いました。これらのフィールドワークの後、グループ毎に分かれてプレゼンテーションを行い意見交換もしました。

私たちは約一か月前から入念な準備をしてきた結果、うまく発表することができました。しかし、質疑応答の際、本当に言いたかったことを英語で完璧に話すことができず答えに詰まってしまいました。発表の後、AYFのアドバイザーの方から、質問されることはある程度予想しておくことや、身振り手振りを増やすことなどたくさんのアドバイスをして頂きました。

私たちはこのプレゼンテーション、またAYFのプログラムを通して授業では得られない経験をすることができたと思います。同年代のアジアの学生と英語だけではなく様々な言語を使ってコミュニケーションを取ることもできましたし、同じ学部の学生たちとホストとしてプログラムを一緒に作り上げることもできました。

はじめは周りの英語力に圧倒され、とても不安に思っていました。しかしながら、ピザパーティーや京都のシティーツアーなどで他の参加者とも会話が弾んで行く中で、そんな不安は次第になくなり気づけばあっという間に7日間が過ぎていました。最後には、AYFがこの学部の年中行事になればいいなと思ったぐらいです。お世話になった皆様、ありがとうございました。


Here is another report from the student team of the Asian Youth Forum.
Sakura Endo, a first year student at the Department of Global Toutism, is going to share her experience of the AYF focusing on the presentation she made with her classmates on November 3rd.

----------------
Hello everyone!

We talked about the following two main points in our presentation.

(1)About KUFS Global Tourism Department
The Department of Global Affairs at Kyoto University of Foreign Studies offers a variety of classes related to global tourism and foreign languages. For instance, some of these classes deal with such issues as world heritage sites and SDGs(Sustainable Development Goals) while other classes are more language-based providing students with chances to learn how to make English presentations, to prepare for TOEIC, and to study foreign languages other than English. In addition, the Department offers a number of extracuriiculum activities in which students can learn deeply about Kyoto culture.

(2)Fieldwork Activities at Global Tourism Department
Since April, we have conducted fieldwork research in such places as Fushimi Inari in Kyoto and Awara in Fukui and presensented our findings on and off campus.

Over all, our presentation was well received by the audience as a result of our one-month preparation. However it was fairly challenging to answer to the questions from the audience. We received useful suggestions from our AYF advisors regarding how we can better prepare ourselves for the next oppotunity. It was a great learning opportunity. Thank you very much.
  • 私たちのプレゼンテーションの様子
  • 他国の参加者たちによるプレゼンテーションの様子
  • 学祭も一緒にまわりました!

2018/11/08 17:50:00 Student Report on Asian Youth Forum 1

  • Categoryイベント
  • Posted byGT Student Reporter
こんにちは、グローバル観光学科1年次生の浦谷歩です。

11月3日のブログで紹介されたAsian Youth Forum(以下、AYF)には、私たち、グローバル観光学科の5名が、Full Participant(全日プログラム参加者)として参加させていただきました。その他にもVolunteer(学生ボランティアスタッフ)として9名、観光学科から参加させていただきました。

私たちは今回、AYFをホストする立場として、予め3つのグループに分かれ、役割分担をしてゲストを迎える準備をしてきたのですが、初日の10月31日もそのグループごとに受付を担当しました。その後、アジア各国や国内の他地域から到着されたプログラム参加者に付き添って宿泊先のホテルへ案内し、チェックインのサポートや、ホテルでの注意事項の伝達、参加者間の連絡調整などをおこないました。夕方からはWelcome Partyが行われ、ピザを食べながら交流しました。初日ゆえに緊張しましたが、参加者全員、たくさんの貴重な交流が出来たと思います。

4日目のプログラム終了後に、私は同じ学科から参加していた学生2名と、ゲストの京都観光にも同行しました。具体的には、二条城にバングラデシュから来られた学生さんとそのお母さま、そして韓国の学生さんを案内しました。その時に特にもてなすということの大変さを知りました。どうやってそこまで行くか、また帰りはどうするか、二条城の説明や京都の歴史案内などをどうすればできるかなど、3人で協力しながら考え、何とか楽しんでもらえました。大変だと思うこともたくさんありましたが、喜んでいる姿をみて、やはり観光を通して人に楽しんでもらうことは、やりがいがあるものだと思いました。


今回、AYFに参加させていただいて、私は、ホストになるということの大変さ、責任感の重さを感じました。特に今回は、英語で必要事項を伝えなくてはならないので、もし、うまく伝わっていなくて、何か問題が起きたらという不安を常にかかえていました。初日に限らず、常にもてなす側として、何をすべきなのかということを考えていたと思います。上手くいかないことや、スムーズにいかないことなどもありましたが、この6日間で英語面での成長はもちろんのこと、観光にこれから携わっていく身として、もてなす側の対応など、とても大事なことを身をもって学ぶことができました。


Hello! I'm Ayumi Uratani, a first-year student in Global Tourism studies at Kyoto University of Foreign Studies. Today I would like to report on what I experienced at the Asian Youth Forum (AYF). From the Department of Global Tourism, 5 students participated in the event as full participants, and 9 students worked as student volunteer staff.

As a host of this event, we spent weeks preparing by working in 3 groups. On the first day of the event, each KUFS student group escourted and assisted domestic and foreign guest participants with their event and hotel check-in, and all participants enjoyed themselves at a welcome pizza party.

On the 4th day, after the programs, my classmates and I had the chance to take the guests from Bangladesh and Korea to Nijo Castle for sightseeing. From this experience, I learned the challenges of hosting and serving guests. There were many things to think about from trip planning to providing tour guides. But at the same time, I found fulfillment creating enjoyable experiences for the guests through tourism.

It was also difficult to communicate with the guests in English. However, all these challenges made me become more aware of what needs to be done to host guests better. The 6 days of the AYF turned out to be a good learning experience for me.

  • 正門前で交代しながら案内役もつとめました!
  • 初日の歓迎ピザパーティでバングラデシュからの参加者と一緒に♪
  • 二条城へのナイト観光

Page top