ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS

イベント

2019/02/22 12:20:00 KUFS Global Tourism Represented at SXSW

  • Categoryイベント
  • Posted byKUFS Research
みなさん、こんにちは!
グローバル観光学科の専任教員であるエリック・ハーキンソン先生が来月半ばにアメリカ合衆国テキサス州オースティンで開かれる大衆文化に関する世界最大級のイベント、South by Southwestに参加し、発表される予定です。

本イベントでは、ハーキンソン先生のご専門であるAR(仮想現実)の観光と教育分野での活用について、講演をされるほか、当該テーマでのコンテストにもエントリーされます。

ご講演の内容の一部は、この春からハーキンソン先生が担当される「ゲームにもとづく観光」、「ニューメディア実習」といった授業でも取り扱われる予定です。

ハーキンソン先生はテキサス州でのご発表のあと、マレーシアのクアラルンプールでもこうしたテクノロジーに対する関心が高まるアジアの教育者を対象とした国際会議に日本代表として参加されるとのこと。

ハーキンソン先生の詳しいご研究内容については、下記の各リンクをご覧ください!


Photo of the Remarkables mountain range in Queenstown, New Zealand.

KUFS Global Tourism Faculty Eric Hawkinson will be representing the department at one of the worlds most attended events on popular culture in the world. South by Southwest (abbreviated as SXSW and colloquially referred to as South By) is an annual conglomerate of film, interactive media, and music festivals and conferences that take place in mid-March in Austin, Texas, United States. It began in 1987, and has continued to grow in both scope and size every year. In 2017, the conference lasted for 10 days with SXSW interactive lasting for five days, music for seven days and film running concurrently for nine days. Comedy and gaming components to the festival are particularly fast-growing.

Eric will be speaking at the event as well as entering into some immersive education design competitions. He will be speaking on his work in immersive learning environments, mostly the use of augmented reality for education and tourism. The talk is titled The Augmented Learner: Automating Human Inquiry - a direct link to the information found here.

These topics will be introduced in two classes in which Eric will teach for the department of tourism this spring called 'Game Based Tourism' and 'New Media Lab' where students will learn about how game theory and technology might be utilized in tourism development in the future.

Eric also was invited to an event in Singapore last year to talk about this very same topic. Here is an interview from that event.


After his talk at SXSW in Texas, Eric will be headed to Kuala Lumpur to represent Japan at an educational leadership conference. Educators from around Asia are becoming increasingly interesting in augmented and virtual technologies for educational purposes.

Find out more about Eric's projects on his website
http://erichawkinson.com
  • The Augmented Learner: Automating Human Inquiry The Augmented Learner: Automating Human Inquiry

2019/02/19 19:40:00 母校でおこなわれたイベント「京都外大デ―」に参加

  • Categoryイベント
  • Posted byGT Student Reporter
こんにちは。グローバル観光学科1回生の清水玲美です。2月13日に私の母校であるヴォーリズ学園近江兄弟社高等学校で開催されていた「京都外大デー」に卒業生として参加してきました。今回はその京都外大デーについての報告をしたいと思います。

私の母校と京都外国語大学は高大連携の関係にあり今回の京都外大デーでは学校紹介、入試説明とあわせ、卒業生のスピーチやジェフバーグランド先生による講義も開かれました。ジェフバーグランド先生には「英語vs日本語 ~発信力vs受信力~」と題して講義をしていただき、今の日本人は受信型であるため発信していく力も身につける必要があることを教わりました。

100人を超える生徒が集まり、ジェフ先生の講義のおかげもあって、とても和やかな京都外大デーとなりました。

Hello, my name is Remi Shimizu in Global Tourism Studies. On February 13th, I participated in a event called "KUFS day" that was held at Omi Brotherhood Senior High School, the school I graduated from. . Today, I want to report about this "KUFS day"event.

My high school and Kyoto University of Foreign Studies (KUFS) have established a collaborative relationship. In this "KUFS day"event, there were explanations about the universityand its entrance examination. In addition, I talked about my college life and the reason why I entered KUFS. After that, the head of the Global Tourism Department, Prof. Jeff Berglund gave a lecture . The title of the lecture was "English vs Japanese ~the Power of Sending vs the Power of Receiving ~". Prof. Berglund emphasized that contemporary Japanese people need to acquire the skills to be more expressive they tend to be receptive.

Over one hundred students participatede in this KUFS day event. and thanks to Prof. Berglund’s lecture, the high school students seemed to enjoy this event very much.
  • 母校でおこなわれた京都外大デー
  • 卒業生として登壇した同級生と一緒に

2019/02/12 02:10:00 観光研究・調査法

  • Categoryイベント
  • Posted byGT Student Reporter
こんにちは。私はグローバル観光学科の1年次生の遠藤櫻です。今回は、私たち観光学科の選択授業の1つである「観光調査・研究法」の授業についてレポートしたいと思います。

この授業の内容は大きく分けると2つあります。1つ目は額面通り観光を調査・研究する上で必要な基礎的概念や調査手法についてです。マーケティングやSWOT分析、観光スタイルの特性比較などを学びます。2つ目は、グループに分かれて、京都観光をテーマに自由に調査課題を設定し実際に調査を行います。それぞれの班で調査した後、調査報告会を行います。

私たちの班は、「イスラム信者が京都観光する上で欠如しているもの」について調査しました。グーグルフォームやインスタグラムのアンケート機能を利用して宗教に対する認識に関する統計をとったり、ハラールフードを提供しているお店にインタビューを行ったりしました。

この授業を通して、観光を調査、分析するための基礎的な考え方を学べたと同時に、上手くプレゼンテーションをするための知識や、レポート作成時にできる工夫、調査を行う上で気をつけるべきことなど、大学で学習する上で必要なことが学べました。

あっという間に1年次生としての授業が終了しました。2年次生になると、実際に国内外の現場に出て活動をおこなうコミュニティエンゲージメントや、観光ビジネスコースと観光政策コースに分かれてそれぞれおこなう授業があり、とても待ち遠しく思います。

写真提供:関戸友香(グローバル観光学科1年次生)


Hello, my name is Sakura Endo. I'm a first year student at the Department of Global Tourism.

Today, I would like to reflect on one of the elective courses in our department, which is called "Survey and Research Methods for Tourism."

This course consists of the following two parts. The first part deals with basic research frameworks and methods for tourism studies. Students are exposed to such topics as tourism marketing, SWOT analysis, a comparative approach toward tourism styles. The second part is centered on practical research activities associated with the theme of tourism in Kyoto. After conducting research on a group basis, students are expected to present their research results and analysis.

Our group did research on what is missing from Muslim tourists' life in Kyoto. We conducted a survey on people's awareness on religion using google forms and the questionnaire feature of Instagram. We also interviewed with store owners who provided halal food in Kyoto.

Taking this course gave me the opportunity to learn about the basic concepts and methods to conduct research and analysis on tourism. Also, we were able to study presentation skills and report writing techniques.


It was a fast year. I look forward to starting a new academic year which will be filled with more learning opportunities including community engagement programs and specialized course work on tourism business or tourism policy management.

Photos provided by Tomoka Sekido (1st year student, Global Tourism Department)
  • 今宮神社の雪
  • 夜の清水寺
  • 伏見稲荷の鳥居

2019/01/10 18:10:00 Guest Lecture on Japanese Tourism Industry ゲスト講師から学ぶ観光業界の今

  • Categoryイベント
  • Posted byGT Student Reporter
みなさんこんにちは。グローバル観光学科1年次生の遠藤櫻です。本年もよろしくお願いいたします。

さて、今日は私たち観光学科の必修授業であるGlobal Engagement & Peaceの授業内容についてレポートしたいと思います。

この授業ではある特定の1つのテーマに対し、2人のゲスト講義を受けます。その後に講義に関するレポートを書き、学生同士でお互いに読み合って感想や意見の交換をしています。

先月の講義では、株式会社JTBから村川武嗣さん(京都支店)と松元翔太郎さん(京都中央支店)にお越し頂きました。

1.現在の旅行業界が求める「自立創造型社員」

株式会社JTBの場合、2019年の新卒採用では「自立創造型社員」を求めているというお話でした。ここでの「自立創造型社員」とは、高いスキルや専門性をもち、なおかつ成果志向のマインドをもった人を指すとのことでした。また、指示待ちではなく、不可能なことを可能に変えるためにどのようにすべきかを自ら考える力をもって行動できる人の事を意味する言葉でもあるそうです。

2.地域交流ビジネスという新しい取り組み

近年の新しい取り組みとして、それぞれの支店で地域住民とその地域の価値向上を図り観光地としてのブラッシュアップを目指して共通価値を創造する「地域交流ビジネス」という新たな事業についてもお話しくださいました。これは、OTA(オンライントラベルエージェント)などでインターネット化が進み、旅行代理店が無縁になりつつある状況の改善策でもあります。

具体的な例としては、びわ湖疏水船の再興や京都B&S(ブラザー&シスター)事業と呼ばれる京都の大学生と修学旅行生の交流プログラムなどがあります。まず、びわ湖疏水船は明治時代から昭和51年までにかけて、ピーク時には年間30万人、22万トンの資材の輸送のために利用されていたもので、これを復活させたことで、明治期京都の一大プロジェクトであった琵琶湖琉水事業に想いをはせながら四季を感じることができる歴史ロマン型の遊覧ルートが生まれました。次に、京都B&S事業については、京都を訪れる約100万人の修学旅行生に対して京都の現役大学生が魅力を伝えることで、将来京都で学ぶ姿を想像させ大学のまちとして京都の地域活性化を目指そうというものです。

これらのお話を聞いて、以前から興味をもっていた旅行業界にさらに関心を持つことができました。また、質疑応答の時間には就職活動の時には聞けないようなエピソードなどをお聞きすることもできました。この授業もあと数回しかありませんので、観光産業に関わる方と交流できる貴重な機会を大切にしたいと思います。


Happy New Year! My name is Sakura Endo. I am currently a first-year student at the Department of Global Tourism.

Today, I am going to report on the class Global Engagement & Peace, which all first-year GT students are required to take.

For this class, a particular theme is given for each class, and students receive lectures on the theme from two guests. After the guest lectures, the students are expected to write reports on the lectures and read and comment on each other's reports.

Last month, we had guest lecturers from JTB Corp. Mr. Murakawa and Mr. Matsumoto talked about the following current hot topics of interest to students in Global Tourism studies.

1. "Independent creative employee" as a Keyword for Recruiting Trends

We learned that one of the JTB recruitment themes for 2019 was an "independent creative employee." According to the guest lecturers, the "independent creative employee" means someone result-oriented who has high skills and specialized knowledge. This keyword also refers to someone who is willing to think creatively and take action to make the impossible possible.

2.What is "Local Exchange Business"?

We also learned about the effort made in the Japanese tourism industry to generate flows of people, goods, and sales channels to create exchanges for the purpose of regional revitalization In the case of JTB, each branch office tackles with local residents in the area to create common value and create brand image as a sightseeing destination. For example, there has been such programs as "Lake Biwa Canal Promotion" and "Kyoto Brother and Sister Program." The Kyoto Brother and Sister Program aims to promote Kyoto as a city of students and universities by creating communication encounters between highschool students visiting Kyoto and local university students. This kind of new business model has emerged as a solution to the problem of survival as the increasing number of online travel agencies becomes obvious for the travel agencies difficult to survive.


Hearing the lectures from those who work in the tourism industry is very exciting as we can learn what is happening outside the classrooms.

  • ゲスト講師による講義の様子

2018/12/10 03:30:00 インドネシア・ジョグジャカルタでミニシンポジウムと現地視察(2)

  • Categoryイベント
  • Posted by吉兼
こんにちは!前回に引き続き、10月にインドネシアのジョグジャカルタを訪れた際の感想をお送りします。

■ボロブドゥール(Borobudur)遺跡
 インドネシアで最も有名な世界遺産の仏教遺跡であるボルブドゥール遺跡(8世紀建立)は噴火により火山灰に埋れ、長く密林の中に眠っていたものをイギリス人ラッフルズらによって発見され掘り起こされました。日本人技術者の力もあって復元したその姿はインドネシアにとって重要な観光資源にもなっています。120m方形の基壇の上に5段の方形基壇、3段の円形基壇があり、ピラミッドのような構造になっており、上部にはストゥーバが数多く設置され、その中には石の釈迦像が安置されています。この像の足に触るとご利益があるのかストゥーバの空いた隙間から手を差し込んでいる人が多く見られました。
 やや残念に思ったのは、インドネシアは現在イスラム教が主な宗教であるせいか、仏教遺跡に対する宗教的な畏敬の念を示す雰囲気が少なく、禁止を呼びかける看板はあるのに遺跡に登ってしまう観光客が見られ、仏教聖地への巡礼というよりは物見遊山的観光旅行対象になってしまっていることでした。本来、宗教施設や文化財は国民、住民の誇りとなっていることが多いと考えがちですが、政変や植民地化などによって護るべき国民や住民から無視される対象になることもあるということになります。逆に世界から来訪する仏教徒や信仰心のある観光客が資産の護り手になってくれることを望みたいと思います。

■ジョグジャカルタ中心市街地
最後にジョグジャカルタの街中を歩いた感想を一言。人が多い。ものが溢れる。車もバイクも溢れかえる。世界4位の人口を抱えるインドネシアの一端を感じました。中心街となるマリオボロ通は、地場産品のバティックなどの商品であふれていました。近代的なショッピングセンターも通路と思われる空間にも屋台のような出店が溢れ、商品でいっぱいです。インドネシアは多くの商品があることで幸せを感じる時期なのでしょうか。私は「町全体がドン・キホーテだ」と感じました。路地裏には生活感が溢れ、イスラム文化でアルコールが手に入りにくいジョグジャカルタで人に酔って二日酔いになった気分でした。

Hello! Following the last blog post, I'll write about my observation and experience in Jogjakarta, Indonesia.

■ Borobudur

Borobudur is a Buddist stupa and temple complex dating from the 8th century, and one of the most famous UNESCO World Heritage Sites in Indonesia. Borobudur Temple was once abandoned and left to the wilds of nature until the English governor, Thomas Stamford Raffles sent his people to dig away at the earth to reveal the temple. The temple compounds restored by a team including a Japanese engineer is now Indonesia's important tourist resource.

The monument has a pyramidal base with five concentric square terraces, the trunk of a cone with three circular platforms, and at the top, there were many stupas each containing a statue of the Buddha.I saw many tourists trying to reach and touch the Buddha statue's hands inside a stupa to receive good fortune.

I felt sorry to see some tourists paying little respect to this buddhist temple complex to climb up the sacred monument despite the signage that forbids such behavior. In Indonesia where Islam is more popular than Buddhism, Borobudur seemed to wind up as a mere tourist spot rather than a destination for a Buddhist pilgrimage. In principal, religious facilities and cultural assets are considered as the source of pride for residents, but as the case of Borobudur shows, due to such reason as colonization, some places could be ignored by local citizens and residents. That is why, I hope Buddhists and religious travelers coming from around the world would take over this sacred monument.


■Downtown Jogjakarta
Lastly, my impression of downtown Jogjakarta could be summarized as too many people and goods. There were also many cars and motorbikes running. It is no wonder that Indonesia has the world's fourth largest population. Marioboro Street in downtown Jogjakarta was filled with local merchandise items such as Batik. Modern shopping centers were also flooded with goods. I was wondering if Indonesia was at the developmental stage where people felt happiness by the abundance of goods. The whole town felt like the store "Don Quihote." People's livelihoods were seen from backstreets, and among many people, I felt as if I got a hang-over in Jogjakarta where it is difficult to get alcoholic drinks under Islamic cultural influence.
  • ストゥーバ
  • 大勢の人でにぎわうボロブドゥール
  • 物があふれるショッピングモール

Page top