ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS

イベント

2019/05/21 11:10:00 Global Touism Studies Meetup with Centennial College from Canada

  • Categoryイベント
  • Posted byKUFS CEP Programs
KUFS GT and GS students hosted a group of tourism studies students from Canada on Wednesday, May 15th. The group was from the School of Hospitality, Tourism and Culinary Arts of Centennial College in Toronto, Canada. The visiting students were winners of a tourism design contest sponsored by an Ontario DMO called Destination Ontario. They are looking to study the habits of Chinese outbound tourism in order to better prepare and facilitate the growing number of tourists from China traveling to Canada each year.



Several students from the global tourism department and one student from the Global students department participated in the meet-up, which included short presentations and group discussions. Several students were able to make connections and made new friends.

Visiting from Centennial College was Professor Michael Burtuzzi, who is a specialist in Chinese tourism with a background in destination marketing and development. There were also students from the school of business as well, looking to make connections between departments.

The session was hosted by KUFS Professor Eric Hawkinson (http://erichawkinson.com) and second year student Ayumi Uratani. Professor Hawkinson gave a lecture and demonstrations on his immersive tourism designs. Some students got to try his virtual and augmented reality tours.

先週水曜日、国際貢献学部のグローバルスタディーズ、グローバル観光両学科の学生たちは、京都を訪れていたカナダのトロントにあるセンテニアル・カレッジの観光専攻の学生たちと本学で意見交換会をおこないました。センテニアル・カレッジの
学生たちは、今回、オンタリオ州で実施された観光デザインのコンテストで入賞し、カナダで増えつつある中国人観光客に備えるべく、日本における中国からのインバウンド観光を調査するために日本を訪れたそうです。

センテニアル・カレッジの引率教員はデスティネーション・マーケティングや開発をを専門として中国からの観光に詳しいMichael Burtuzzi教授で、学生たちのなかにはビジネスを勉強している学生もいました。

京都外大からはエリック・ハーキンソン教授やグローバル観光学科2年次生の浦谷歩さんが中心になって、この意見交換会を企画しました。参加者たちは、ハーキンソン先生がデザインされた拡張現実(AR)技術を活用したツアーも体験し、充実した時間を過ごしました。

  • Centennial College and KUFS Centennial College and KUFS
  • Student Photos Student Photos
  • Prof. Hawkinson's Virtual Tours Prof. Hawkinson's Virtual Tours

2019/05/20 02:30:00 カナダUniversity of Victoriaの学生たちとの観光交流

  • Categoryイベント
  • Posted byStudent Reporter
こんにちは。グローバル観光学科2年次生の浦谷歩です。

5月18日(土)、城崎温泉でのフィールドワークを行うために来日し、その前泊として、2日間、京都に滞在していたカナダのビクトリア大学からお越しの学生10名と、本学グローバル観光学科の学生広報隊の学生9名が、京都を観光案内しながら、学生同士の交流を深めました。

事前準備として、4つのグループに分かれてLINEを作り、京都外大の学生が、ビクトリア大学の学生の意見を聞き、それぞれ、ツアープランをたてました。当日、雨が少し降ったり、事前に調べた情報と実際が違っていたり、予定通りにいかないことなどももちろんありましたが、お互いにとても貴重な体験ができました。

ビクトリア大生は、日本語を勉強している学生だったこともあり、日本文化について、とても興味を示してくれました。特に、私のグループでは日本の修学旅行の仕組みに興味をもっていて、修学旅行生にインタビューしていた人もいました。

将来、観光に携わる仕事がしたいと考えているグローバル観光学科の学生にとって、おもてなしをすることのやりがいや、自分たちの文化を伝え、相手が興味や関心を持ってくれるうれしさを感じました。また、日本語を勉強している英語圏の人たちとこれまで関わる機会があまりなかったので、日英両語を使っての交流はお互いの理解が深まり、とても貴重な経験となりました。

Hello, my name is Ayumi Uratani. I am a second-year student of the Department of Global Tourism Studies.

On Saturday, May 18th, we, GT student reporters had the chance to explore Kyoto with a group of foreign student visitors from University of Victoria (UVIC), Canada. They stopped by in Kyoto on their way to Kinosaki.

We planed our day trip using Line to communicate with one another before we met in Kyoto. It didn't go as scheduled sometimes, but it was a very meaningful experience.

The UVIC students who came this time were all Japanese language learners, and they were also very interested in Japanese culture. For example, in our group, there was even a person who was curious about the Japanese school trip system.

Since I hadn't interacted with Japanese language learners from English speaking countries, it was a good experience for me to meet with the UVIC students and communicate with them using both English and Japanese.



  • 出発地点の京都国際マンガミュージアム
  • 二条城にて
  • 両大学関係者でハイチーズ

2019/04/29 11:40:00 Future Tourism Leaders Workshopについて

  • Categoryイベント
  • Posted byStudent Reporter
こんにちは。グローバル観光学科2年次生の浦谷歩です。今回は、少し遅くなってしまいましたが、1月に私と同じくグローバル観光学科の森田万智さんと参加したワークショップについてお話したいと思います。

私たちが参加をしたのは、「Future Tourism Leaders Workshop」という国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務所、立命館アジア太平洋大学(APU)そして、国際協力機構(JICA)共催のワークショップで、APUで二日間通して行われました。このワークショップのテーマは「Community Development and Revitalization through Tourism」(観光を通じた地域振興)でした。私が、参加を決めたきっかけとしては、授業の中で、このワークショップについてのプリントを配布され、興味を持ったからです。また、このワークショップのテーマ、「Community Development and Revitalization through Tourism」(観光を通じた地域振興)で、とりわけ、1年生の春学期から授業で習った、国連が掲げている、SDGs(持続可能な開発目標)に対して、観光がどのような形で貢献できるかについてこの大学四年の間に、考えを深めたいと普段から思っており、このシンポジウムに参加することで、自分が求めている答えのヒントを手に入れられるのではないかと思ったからです。また、このシンポジウムでの共通言語は英語ということもあり、自分の英語能力を上げることができるのではないかとも思いました。

一日目は、午前中にUNWTOの方やAPUが交流協定を結んでいる国東市の市長さん、JICAの方々のプレゼンを聞き、午後からは、グループに分かれ、もともと、みんながあらかじめそれぞれ、用意していたSWOT分析やケーススタディをもとにディスカッションを行い、一つのにテーマを選び、グループごとに短い発表を行いました。私たちのグループは、エジプト人の学生がおり、エジプトの観光状況についてを発表しました。

二日目は、一日目に行った、短い発表をさらに自分たちで考えを深めて、改めて発表を行いました。午後からは、世界農業遺産に登録されている場所の説明を受けながら、みんなで周りました。

今回参加をして、改めて観光とは深いものだと感じました。観光一つでいろんな方面に影響を与えるのだと気づきました。また、いろんな国の観光状況について、いろんなグループの発表を聞いて学ぶことができました。周りは、大学院生ほかや自分たちよりも学年が上の人たちが中心でしかいなく、英語のスキル的にも自分たちよりもはるかに優れている人ばかりで、難しいと感じることがたくさんありましたが、周りにたくさん助けていただいて、英語や観光についての知識が増えただけでなく、自分が知らなかった知識も学ぶことができました。

今年の春から入学した、グローバル観光学科の1一年次生のみなさん、授業の中でたくさん、いろんなプログラムなどのプリントがこれから、配られると思うので、それに目を通して、自分がやりたいと思ったことは積極的に参加してみてください。きっと、授業で習ったことを活かすことができますし、逆に授業では得られない知識を得られるはずです。いっぱい、チャレンジしてみてください。

 
Hello, my name is Ayumi Uratani. I am a second-year student of the Department of Global Tourism Studies. Today, I will report on the workshop that I participated with my classmate Machi Morita in January in Oita Prefecture.

This symposium was "Future Tourism Leaders Workshop" hosted by World Tourism Organization (UNWTO) Regional Support Office for Asia and the Pacific, Ritsumeikan Asia Pacific University (APU), and Japan International Cooperation Agency. It took place at APU over the period of two days. The theme of the workshop was "Community Development and Revitalization through Tourism."

A handout about this workshop was provided in class, and I became interested in participating in it. There were two reasons why I decided to join in this workshop. The first reason was that I thought participating in the workshop could provide me a hint on the question I have been thinking about since the spring semester of my first academic year. The question is "how could tourism contribute to the United Nations Sustainable Development Goals?" The second motive was that I wanted to improve my English skills by joining in this all-English workshop.


For the first day, we learned from speeches from representatives from UNWTO, Kunisaki City, and JICA in the morning. In the afternoon, we were divided into groups and had discussions and made presentations on the chosen topics. My group had a student from Egypt, and we decided to present on the tourism condition in Egypt.

For the second day, we continued to deepen our thoughts on the themes we discussed on the first day and made second presentations in the morning. From the afternoon, we visited a site for the Globally Important Agricultural Heritage Systems in Kunisaki City.

Participating in this workshop, I realized the deep impacts of tourism. Tourism could affect in various directions. I was also able to learn about the tourism conditions of other countries through group presentations. Most of the participants were older than us, and it was challenging to catch up with their knowledge level and English skills. But, they helped us learn what we did not know.

If you are a new first year student at the Department of Global Tourism Studies, please make sure to look though all the in-class handouts and take advantage of the many off-campus opportunities you will have in the coming years at this department.
  • 春のグローバル観光学科のゲスト講義でお越しいただいた、UNWTOの吉田さんと一緒に
  • プレゼンテーション直後の集合写真
  • 世界農業遺産に登録されている国東市の椎茸農場で

2019/02/22 12:20:00 KUFS Global Tourism Represented at SXSW

  • Categoryイベント
  • Posted byKUFS Research
みなさん、こんにちは!
グローバル観光学科の専任教員であるエリック・ハーキンソン先生が来月半ばにアメリカ合衆国テキサス州オースティンで開かれる大衆文化に関する世界最大級のイベント、South by Southwestに参加し、発表される予定です。

本イベントでは、ハーキンソン先生のご専門であるAR(仮想現実)の観光と教育分野での活用について、講演をされるほか、当該テーマでのコンテストにもエントリーされます。

ご講演の内容の一部は、この春からハーキンソン先生が担当される「ゲームにもとづく観光」、「ニューメディア実習」といった授業でも取り扱われる予定です。

ハーキンソン先生はテキサス州でのご発表のあと、マレーシアのクアラルンプールでもこうしたテクノロジーに対する関心が高まるアジアの教育者を対象とした国際会議に日本代表として参加されるとのこと。

ハーキンソン先生の詳しいご研究内容については、下記の各リンクをご覧ください!


Photo of the Remarkables mountain range in Queenstown, New Zealand.

KUFS Global Tourism Faculty Eric Hawkinson will be representing the department at one of the worlds most attended events on popular culture in the world. South by Southwest (abbreviated as SXSW and colloquially referred to as South By) is an annual conglomerate of film, interactive media, and music festivals and conferences that take place in mid-March in Austin, Texas, United States. It began in 1987, and has continued to grow in both scope and size every year. In 2017, the conference lasted for 10 days with SXSW interactive lasting for five days, music for seven days and film running concurrently for nine days. Comedy and gaming components to the festival are particularly fast-growing.

Eric will be speaking at the event as well as entering into some immersive education design competitions. He will be speaking on his work in immersive learning environments, mostly the use of augmented reality for education and tourism. The talk is titled The Augmented Learner: Automating Human Inquiry - a direct link to the information found here.

These topics will be introduced in two classes in which Eric will teach for the department of tourism this spring called 'Game Based Tourism' and 'New Media Lab' where students will learn about how game theory and technology might be utilized in tourism development in the future.

Eric also was invited to an event in Singapore last year to talk about this very same topic. Here is an interview from that event.


After his talk at SXSW in Texas, Eric will be headed to Kuala Lumpur to represent Japan at an educational leadership conference. Educators from around Asia are becoming increasingly interesting in augmented and virtual technologies for educational purposes.

Find out more about Eric's projects on his website
http://erichawkinson.com
  • The Augmented Learner: Automating Human Inquiry The Augmented Learner: Automating Human Inquiry

2019/02/19 19:40:00 母校でおこなわれたイベント「京都外大デ―」に参加

  • Categoryイベント
  • Posted byGT Student Reporter
こんにちは。グローバル観光学科1回生の清水玲美です。2月13日に私の母校であるヴォーリズ学園近江兄弟社高等学校で開催されていた「京都外大デー」に卒業生として参加してきました。今回はその京都外大デーについての報告をしたいと思います。

私の母校と京都外国語大学は高大連携の関係にあり今回の京都外大デーでは学校紹介、入試説明とあわせ、卒業生のスピーチやジェフバーグランド先生による講義も開かれました。ジェフバーグランド先生には「英語vs日本語 ~発信力vs受信力~」と題して講義をしていただき、今の日本人は受信型であるため発信していく力も身につける必要があることを教わりました。

100人を超える生徒が集まり、ジェフ先生の講義のおかげもあって、とても和やかな京都外大デーとなりました。

Hello, my name is Remi Shimizu in Global Tourism Studies. On February 13th, I participated in a event called "KUFS day" that was held at Omi Brotherhood Senior High School, the school I graduated from. . Today, I want to report about this "KUFS day"event.

My high school and Kyoto University of Foreign Studies (KUFS) have established a collaborative relationship. In this "KUFS day"event, there were explanations about the universityand its entrance examination. In addition, I talked about my college life and the reason why I entered KUFS. After that, the head of the Global Tourism Department, Prof. Jeff Berglund gave a lecture . The title of the lecture was "English vs Japanese ~the Power of Sending vs the Power of Receiving ~". Prof. Berglund emphasized that contemporary Japanese people need to acquire the skills to be more expressive they tend to be receptive.

Over one hundred students participatede in this KUFS day event. and thanks to Prof. Berglund’s lecture, the high school students seemed to enjoy this event very much.
  • 母校でおこなわれた京都外大デー
  • 卒業生として登壇した同級生と一緒に

Page top