ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS

イベント

2019/09/04 07:30:00 シンポジウム「観光における本物と偽物」

  • Categoryイベント
  • Posted byKUFS Global Tourism
 We have a special upcoming event!
 
京都の観光教育機関の連携組織である観光アカデミックアライアンス(K2A2)の年1回のシンポジウムの実施が今月21日土曜日午後2時半から、本学を会場として開催されます!シンポジウムは171教室で、その後の交流会は4号館6Fでおこなわれる予定です。どうぞふるってご参加ください!!
今年のテーマは、「観光における本物と偽物」。越前屋俵太さんがファシリテーターを務め、グローバル観光学科のジェフ・バーグランド先生や廣岡裕一先生、原一樹先生も登壇します!
シンポジウムは参加無料、予約不要です。ご興味のある方はお気軽にお越しください!
交流会は予約制となっておりますので、下記のQRコードからお申込みをお願いします。飲食費2000円は当日お支払いいただければ、大丈夫です。
学内、学外からの皆さまのお越しを心からお待ちしています!!
 
 

 

2019/09/04 07:20:00 The Report of Mr. ENDO’s Special Lecture

  • Categoryイベント
  • Posted byStudent Reporter
Hello, my name is Ayumi URATANI, a second-year student in the Department of Global Tourism Studies. I am going to report a special lecture held on campus called, “Trends in the Japanese Airline Market and Peach’s Business Strategy”, conducted in the class, Airline Business on Monday the 15th of July 2019. The special lecture was conducted by Mr. Satoru ENDO, Chief Corporate Planning Officer of Peach Aviation Limited. There were around 200 participants including faculty, staff, and students of Kyoto University of Foreign Studies (also including junior college and international students). In addition, Mei HAYASHI and Sohta HANAFUSA, who belong to the Department Global Tourism Studies, got to host the event on stage as MCs.

Mr. ENDO explained about the Japanese airline market’s transition and trends, and answered the question, “What is an LCC?”, and covered topics of Peach’s business strategy and future conception, and Kansai’s regional model to improve revitalization during his Powerpoint aided presentation. In addition, he also talked about the opportunity to enter the airline industry, doing business with ANA, secondment to Ministry of Foreign Affairs, his career at Peach, the severity of the airline industry, and overall ideas about being a member of society. When he talked about the severity of the airline industry, he said that “90% of an airline’s work is conducted at the site, and it is so hard for both physical and mental aspects.” I noticed that the work seems demanding but the people working in the airline industry make big efforts to make using aircraft safely, and my awareness of the industry changed. About goals for the future, he said that “in case of that you cannot work at the sort of occupation or corporation you want, you should be interested in various things, and you also ought to think about what you would like to do to get a job or how you can contribute to society to enter a large corporation.” I realized that joining the company I want is not the final goal in my life, but it is rather important how I can contribute to the corporation and society, and it is also important to have a wider perspective more and more. Thanks to that, I could face my future by finding out what I can do through this kind of work.

Peach as a company has stated a mission that “Peach serves as a bridge promoting the exchange of ideas, information, and cultural understanding between people.” Peach’s business strategy, which focuses on inbound travel from Asia, promotes a number of campaigns to grow airport and public transportation use, and they want to contribute to local communities. In the Department of Global Tourism Studies, there are so many students who are interested in revitalization through tourism. That’s why there were the students who were interested in Peach’s business strategy. After the special lecture, participants who belong to the Department of Global Tourism Studies and Global Studies along with faculty, asked him various questions. Some of the questions were about airline jobs and “How cost reduction is possible even though transportation maintenance cost is so high?” Students were impressed by his way of life and his words like “never give up” and “be optimistic”. Finally, all participants took pictures with the guest speaker while telling us how to do the “Peach pose”, which is making your hands into the shape of a peach, and he also taught us what our face cannot hide if we make the pause next to the face.

I took part in this special lecture, and it was an opportunity to think about how I can contribute to society during my study and in the future. I knew that the tourism industry can contribute to society and the world through Peach’s business strategy and Peach’s corporate philosophy. When I hunt for a job, I would like to face my future while keeping in mind Mr. ENDO’s words. We appreciate him taking time out of his busy schedule to visit our university. We also appreciate the cooperation of Peach Aviation Limited.
  • Guest speaker, Mr. Satoru ENDO
  • (Front row from right) Ms. HAYASHI (student MC), Mr. ENDO and Mr. HANAFUSA (student MC)
  • 200 participants attended the special lecture

2019/09/04 07:20:00 Peach 遠藤様の講演会報告 

  • Categoryイベント
  • Posted byStudent Reporter
みなさん、こんにちは。グローバル観光学科二年次生の浦谷歩です。
今回は、2019年7月15日に学内で行われた、講義「エアライン・ビジネス」内での特別講演会「日本の航空マーケットの動向とPeachの戦略について」に関して報告をします。講演会では、Peach Aviation 株式会社 執行役員 経営企画室長、遠藤哲様にお越しいただき、貴重な講演をしていただきました。学生は、京都外国語大学全学部、全学年合わせて約200名が(短期大学と留学生も含む)参加し、また、グローバル観光学科の二年次生の林芽依さんと花房颯太さんが司会を務めました。

講演会では、「航空マーケットの変遷と動向」、「LCCとは?」や「Peachの戦略、今後の構想」「地域活性化を促す“The 関西モデル”」に関してパワーポイントでの資料を使い、ご説明していただき、加えて遠藤様ご自身の航空業界に入った動機やこれまでのANAでの業務,外務省への出向,Peachでのキャリア、航空業界の厳しさ、社会人としての心得,大学時代にすべきことなど様々な視点から将来につながるお話をしていただきました。航空業界の厳しさに関して、「航空業界の仕事の9割が現場仕事で、体力面と精神面ともにとてもきつい仕事です。」とおっしゃり、私たちが安全に飛行機を利用するために,華やかにみえるその裏側では、たくさんの工夫と努力がなされていることに気づき、航空業界への意識が変わりました。また、将来の目標に関しては「希望の企業、もしくは希望の職種に就くことができない場合も考慮し,一つに絞らず様々なことに目を向けるべきであり、その企業、または職種に就いて自分が何をしたいのか、自分がその企業で、社会にどのように貢献できるかを考えるとよいと思います。」と語られ、希望の企業に入ることが最終目標なのではなく、社会人としていかに自分が企業や、社会に貢献できるかが大事であることやより広く視野を持つことの大切さに気づくことができ、仕事を通して何ができるかを見極めることで自分の将来と向き合うことができました。

Peachは「ヒト、モノ、コトの交流を深め、アジアの懸け橋となる」という企業理念を掲げ、戦略としてアジアのインバウンドを促し、来訪者数を増やし、ひいては空港や公共交通機関の利用者数を拡大、就航地域の経済活性化に貢献することを目指していると説明されていました。グローバル観光学科には、地域貢献に関心の高い学生も多いため、とても興味深かったという感想が多くありました。講演後の質問の時間には、国際貢献学部のグローバル観光学科,グローバルスタディーズ学科をはじめ、外国語学部の学生も積極的に質問をしました。航空業界が求める人材について、また「航空機を効率よく多頻度運航をすることは,逆に毎回の整備費用がかかるのに,なぜ結果的に費用削減につながるのか」等,さまざまな質問が飛び交いました。学生にとって,遠藤様の生き方や「諦めない」「楽天的である」という言葉がとても心に響きました。最後はピーチポーズ(両手で桃の形を作る)と,顔の横でポーズを作ると顔が隠れないという写真撮影のコツを教えていただき,参加者全員で記念撮影をしました。

今回の講義に参加し,将来に関するお話の中で、自分の大学での学びや、経験したことを企業や社会にどのように還元し,貢献するかを考える良い機会になりました。またPeachが航空事業を行うことで、就航地の地域活性化につながること,アジアの国々を結ぶ架け橋の役割を果たしていること、観光関連産業は、社会そして、世界に貢献できるということをPeachの戦略と企業理念を通して知り、現在自分が学んでいる観光という学問に誇りを持ち,今後より一層の努力をしなければならないと感じました。就職活動をする際に、遠藤様が語られたことを心に留め、今後もしっかりと自分の将来に向き合いたいと思います。この度はご多忙の中、本学にお越しいただきまして誠にありがとうございました。またPeach Aviation株式会社様のご協力に感謝申し上げます。
  • ご講演者 遠藤哲様
  • 最前列中央,講演者遠藤様,司会の花房さん(左)と林さん(右)
  • 講演会の様子

2019/05/21 11:10:00 Global Touism Studies Meetup with Centennial College from Canada

  • Categoryイベント
  • Posted byKUFS CEP Programs
KUFS GT and GS students hosted a group of tourism studies students from Canada on Wednesday, May 15th. The group was from the School of Hospitality, Tourism and Culinary Arts of Centennial College in Toronto, Canada. The visiting students were winners of a tourism design contest sponsored by an Ontario DMO called Destination Ontario. They are looking to study the habits of Chinese outbound tourism in order to better prepare and facilitate the growing number of tourists from China traveling to Canada each year.



Several students from the global tourism department and one student from the Global students department participated in the meet-up, which included short presentations and group discussions. Several students were able to make connections and made new friends.

Visiting from Centennial College was Professor Michael Burtuzzi, who is a specialist in Chinese tourism with a background in destination marketing and development. There were also students from the school of business as well, looking to make connections between departments.

The session was hosted by KUFS Professor Eric Hawkinson (http://erichawkinson.com) and second year student Ayumi Uratani. Professor Hawkinson gave a lecture and demonstrations on his immersive tourism designs. Some students got to try his virtual and augmented reality tours.

先週水曜日、国際貢献学部のグローバルスタディーズ、グローバル観光両学科の学生たちは、京都を訪れていたカナダのトロントにあるセンテニアル・カレッジの観光専攻の学生たちと本学で意見交換会をおこないました。センテニアル・カレッジの
学生たちは、今回、オンタリオ州で実施された観光デザインのコンテストで入賞し、カナダで増えつつある中国人観光客に備えるべく、日本における中国からのインバウンド観光を調査するために日本を訪れたそうです。

センテニアル・カレッジの引率教員はデスティネーション・マーケティングや開発をを専門として中国からの観光に詳しいMichael Burtuzzi教授で、学生たちのなかにはビジネスを勉強している学生もいました。

京都外大からはエリック・ハーキンソン教授やグローバル観光学科2年次生の浦谷歩さんが中心になって、この意見交換会を企画しました。参加者たちは、ハーキンソン先生がデザインされた拡張現実(AR)技術を活用したツアーも体験し、充実した時間を過ごしました。

  • Centennial College and KUFS Centennial College and KUFS
  • Student Photos Student Photos
  • Prof. Hawkinson's Virtual Tours Prof. Hawkinson's Virtual Tours

2019/05/20 02:30:00 カナダUniversity of Victoriaの学生たちとの観光交流

  • Categoryイベント
  • Posted byStudent Reporter
こんにちは。グローバル観光学科2年次生の浦谷歩です。

5月18日(土)、城崎温泉でのフィールドワークを行うために来日し、その前泊として、2日間、京都に滞在していたカナダのビクトリア大学からお越しの学生10名と、本学グローバル観光学科の学生広報隊の学生9名が、京都を観光案内しながら、学生同士の交流を深めました。

事前準備として、4つのグループに分かれてLINEを作り、京都外大の学生が、ビクトリア大学の学生の意見を聞き、それぞれ、ツアープランをたてました。当日、雨が少し降ったり、事前に調べた情報と実際が違っていたり、予定通りにいかないことなどももちろんありましたが、お互いにとても貴重な体験ができました。

ビクトリア大生は、日本語を勉強している学生だったこともあり、日本文化について、とても興味を示してくれました。特に、私のグループでは日本の修学旅行の仕組みに興味をもっていて、修学旅行生にインタビューしていた人もいました。

将来、観光に携わる仕事がしたいと考えているグローバル観光学科の学生にとって、おもてなしをすることのやりがいや、自分たちの文化を伝え、相手が興味や関心を持ってくれるうれしさを感じました。また、日本語を勉強している英語圏の人たちとこれまで関わる機会があまりなかったので、日英両語を使っての交流はお互いの理解が深まり、とても貴重な経験となりました。

Hello, my name is Ayumi Uratani. I am a second-year student of the Department of Global Tourism Studies.

On Saturday, May 18th, we, GT student reporters had the chance to explore Kyoto with a group of foreign student visitors from University of Victoria (UVIC), Canada. They stopped by in Kyoto on their way to Kinosaki.

We planed our day trip using Line to communicate with one another before we met in Kyoto. It didn't go as scheduled sometimes, but it was a very meaningful experience.

The UVIC students who came this time were all Japanese language learners, and they were also very interested in Japanese culture. For example, in our group, there was even a person who was curious about the Japanese school trip system.

Since I hadn't interacted with Japanese language learners from English speaking countries, it was a good experience for me to meet with the UVIC students and communicate with them using both English and Japanese.



  • 出発地点の京都国際マンガミュージアム
  • 二条城にて
  • 両大学関係者でハイチーズ

Page top