ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS

イベント

2019/12/30 10:10:00 第2期学生広報隊が発足しました!Final blog post of the year

  • Categoryイベント
  • Posted byStudent Reporter
みなさんこんにちは!グローバル観光学科(GT)1年次生の藤松桃葉です。今年も残りわずかとなりました。学科設立2年目に入り、GT学生広報隊の活動も2期目に入りました。皆様に支えられて、今年はこの学科公式ブログに加え、インスタグラムでの発信も始めることができました。現在は1年次生9人、2年次生10人が所属していて、1年次生の中には最近加わったばかりの人もいます。私も最近入ったばかりで、今回初めて記事を書かせていただくことになりました!今年最後の更新となる今日は、12月18日に行なったミーティングの様子を報告します。

私達GT学生広報隊は、12月18日お昼休みにクリスマス会を兼ねて第2期学生広報隊のミーティングを行いました。このメンバーで集まるのは今回が2回目でしたが、お菓子やローストビーフなどを食べながら楽しくお話ができました。

これまで2年次生が中心となって進めてくれていましたが、これから少しずつ1年次生が引き継いでいきます。今回のミーティングでは、1年次生のリーダー2名が決まりました!さらに、来年度の企画について、また2年次生必修プログラムである、コミュニティー・エンゲージメント・プログラム(CEP)の情報発信についても話し合いました。

CEP中の2年次生の投稿は毎日楽しそうでしたし、来年活動する私達にとってとても参考になりました。来年は1年次生もそれぞれの場所でCE活動を行い、インスタグラムやブログを使って、毎日の様子を投稿します。興味のある方はぜひインスタグラムで「#kufsgt_ce_行き先」または「#ce_行き先」で検索してみてください!行き先の表記は、城崎温泉がKinosaki、湯田中温泉がShibu、京丹後がKyotango、京都がKyoto、越前がEchizen、ベトナムがvietnam、グアムがguam、オーストラリアのメルボルンがaustralia、マレーシアのペナンがmalaysiaとなっていて、来年は和歌山も追加されます。

新1年次生リーダーがさっそく先頭に立って調整してくれて、次回のミーティングの日程も決まっています!これから1年次生がしっかりと引き継ぎをして、第2期学生広報隊での活動をスタートしていきます。来年もぜひブログをチェックしてみてください!そして、皆様どうぞよいお年をお迎えください!

Hello, everyone! My name is Momoha Fujimatsu. I'm a first-year student at the Department of Global Tourism Studies (GT). Thanks to your support, our GT student PR group was able to have additional new freshman members to enter our second year of activity. 9 first-year students and 10 second-year students belong to this group now. Some of the first-year students joined this group recently, and I'm also one of these students. This is the first time for me to write the article!

We held a meeting and Christmas party on December 18th. This meeting was our second time together with these members, but we were able to enjoy conversations over some snacks such as sweets and roast beef.

Second-year students played a role of the leaders of our group until now, but first-year students will gradually take over their position. In this meeting, we decided to choose new leaders from first-year students!

We also talked about our next year’s blog plan and discussed how we could report on next year's Community Engagement Programs. The postings of the second-year student reporters were so exciting and informative that it was helpful for first-year GT students to decide which Community Engagement Program to participate next year. The GT student reporters will post on Instagram and publish blog posts next year again. If you are interested in this program, please search for hashtags below on Instagram. For next year, Wakayama will be newly added to the destination list.

“Kinosaki Onsen”
#kufsgt_ce_Kinosaki, #ce_Kinosaki

“Yudanaka Onsen”
#kufsgt_ce_Shibu, #ce_Shibu

“Kyotango”
#kufsgt_ce_Kyotango, #ce_Kyotango

“Kyoto”
#kufsgt_ce_Kyoto, #ce_Kyoto

“Echizen”
#kufsgt_ce_Echzen, #ce_Echizen

“Vietnam”
#kufsgt_ce_vietnam, #ce_vietnam

“Guam”
#kufsgt_ce_guam, #ce_guam

“Melbourne, Australia”
#kufsgt_ce_australia, #ce_australia

“Penang, Malaysia”
#kufsgt_ce_malaysia, #ce_malaysia

The new freshman leader already took an initiative to arrange a schedule for the next meeting! The new members are excited about delivering GT news. Please continue to check out our blogs! Happy holidays!
  • ミーティング前に撮った集合写真 A group photograph before the meeting
  • ミーティング中の写真 A picture during the meeting

2019/12/19 17:20:00 Community Engagement Presentations コミュニティ・エンゲージメント・プログラム活動報告会

  • Categoryイベント
  • Posted byKUFS Global Tourism
来たる12月23日(月)、10時から18時(予定)まで、171教室にて、グローバル観光学科主催で今年度第2回目のコミュニティ・エンゲージメント・プログラム活動報告会をおこないます。

今回は秋学期にオーストラリア、グアム、マレーシア、ベトナム、越前、城崎温泉に赴いたグローバル観光学科2年次生の27チームがそれぞれの学びを発表します。

また16時半からは、マレーシアのCEプログラムのホスト機関でもあるマレーシア科学大学のバダルディン・モハメッド教授の講評を兼ねたスペシャル・レクチャーが予定されています!

ぜひよろしければ、皆さん学生たちの成果を聞きにいらしてください!

12月23日(月) 171教室
9:30~ 開場(R171)
10:00~11:10  オーストラリア・メルボルンCEP報告(7チーム)
11:10~11:25  休憩
11:25~12:25  マレーシア・ペナンCEP報告(6チーム)
12:25~13:30  昼休み
13:30~14:00  越前CEP報告(3チーム)
14:00~14:10  城崎CEP報告(1チーム)
14:10~14:50  ベトナム・ホーチミンCEP報告(4チーム)
14:50~15:05  休憩
15:05~16:05  グアムCEP報告(6チーム)
16:30~17:45  バダルディン・モハメッド先生の特別講義(報告への講評含む)


The Department of Global Tourism Studies proudly invites you to a whole day of sharing stories about experiences during community engagement programs in Fall 2019. There will be reports and discussions from teams that did programs in Australia, Guam, Malaysia, Vietnam, Echizen, and Kinosaki Onsen.
In the afternoon we will have a special invited speaker from Universiti Sains Malaysia, Professor Badaruddin Mohamed. Please join us!

Doors open at 9:30 am and profeedings begin at 10am.

2019/12/14 15:10:00 Jeff@Kyotoの撮影現場に立ち会って

  • Categoryイベント
  • Posted byStudent Reporter
皆さん、こんにちは!グローバル観光学科1年次生の横田藍子です。突然ですが、「Jeff@KYOTO」というYouTubeアカウントをご存じですか?これは私たちの学科長であるジェフ・バーグランド先生が京都について発信しているアカウントです。授業中でもこの動画を使って京都や英語について学びます。そんな「Jeff@KYOTO」の撮影現場にお邪魔させていただいたので、今回は私がどのような撮影現場だったのかを振り返り、初めて記事を書かせていただきたいと思います!

この撮影では一日で四本分の撮影を行います。そしてジェフ先生、監督、カメラマン、アシスタントの四人で行動します。私が見学に行かせていただいた日の11月17日は向日市にある『竹の径』、長岡京市にある『光明寺』『長岡天満宮』の3チームに分かれました。私は『光明寺』チームで、留学生も一緒に訪れました。

では動画を作る流れを紹介したいと思います。まず監督が撮影をする前に下見をしに行きます。下見を行う理由は実際に現場を見た上で当日どういう風に撮影するのかを計画するためで、撮影の際のセリフも下見に基づいて考えます。撮影中は、背景をどのようにして移すのか考えながら、セリフも臨機応変に変更したりもします。監督とジェフ先生が撮影中相談している間に、カメラマンさんが風景のみを撮影している様子も伺えました。アシスタントはジェフ先生の服が着崩れていたりするとすぐに直したりなど細かい部分まで気を配っていました。

やはり撮影をしていると一般のお客さんたちが道を通ったり、話しかけられたりするのですが、ジェフ先生はそれにも一つ一つ答えていました。「こんにちは!」などの挨拶や、笑顔を忘れずにたくさんの方とコミュニケーションをとっている姿を見て、私は感心しました。ジェフ先生が伝えたい京都への思い、そして地域の方またそうでない方とも挨拶・会話をすることで自然と笑顔になる姿をこの撮影を通して知ることができました。

皆さんもぜひJeff@KYOTOの動画を一度見てみてください!京都の魅力がたくさん詰まっていますよ!


Hello, everyone! I am Aiko Yokota and a freshman of the Department of Global Tourism Studies. This is quite sudden, but do you know the YouTube account of “Jeff@KYOTO”? This is the account that Professor Jeff Berglund, who is the chairperson of our Department, is telling about Kyoto. We often learn about Kyoto and English using these videos. I went to the filming on location of “Jeff@KYOTO” so this time, I want to look back at the filming and write about it for the first time!

In this filming, they shoot 4 videos in one day. Members are Jeff, a director, a cameraman and an assistant and they move together all day. On November 17th when I went to visit we separated into 3 teams that are “竹の径 (Bamboo Road)”, “光明寺 (Komyoji Temple)” and “長岡天満宮 (Nagaokatenmangu Shrine)”. I was in team of “Komyoji” and visited there with an overseas student studying in Japan.We also were present when the 4th video was shot at a restaurant that specializes in sushi made from bamboo shoots.

I will introduce about the process of making videos. First, the director goes to look at these places before filming. The reason why he does like that is because he plans how he shoots videos that day after going to look at and he thinks about the script based on inspection. In filming, they also change the script flexibly while they think how cameraman takes background shots. While the director and Jeff have a talk about filming, I could see the scene where the cameraman takes only landscape. The assistant is always careful of the fine parts. For example, when clothes of Jeff come loose, he straightens them immediately.

Of course, ordinary visitors along the way stop and speak to Jeff, and he answered one by one. He said “Hello!” When I watched his greeting and the feeling that he communicates with a lot of people while smiling, I was impressed. I could know the feeling that Jeff wants to tell people about Kyoto and the stance that he makes people naturally smile by greeting and having conversations with them, the local people and also other people through “ Jeff@KYOTO.”

Please check out these videos “Jeff@KYOTO” right away! They are filled with attractive things about Kyoto!
  • 撮影風景 Shooting scene
  • ジェフ先生と学生 Jeff and students
  • 果たして出演できるのか…? Can we be on Jeff@KYOTO...?

2019/11/30 01:10:00 第1回学科交流会 【スポーツ大会】

  • Categoryイベント
  • Posted byStudent Reporter
皆さん、こんにちは!グローバル観光学科2年次生の鮎本瑞稀です。グローバル観光学科(GT)は学生組織としてリーダーズ会議というものがあり、各学年から代表が出席し、よりよい学生生活にするための話し合いを定期的におこなっています!このリーダーズが中心になって、先月19日土曜日、学科で初めての試みであるGTスポーツ大会を行いました!

1,2年次生間の交流を深めるべく、GTリーダーズ15人でスポーツ大会にて行う種目を決めたり、ルールを決めたりと、たくさんミーティングを行い、当日を迎えました。

今年、GTリーダーズは既存メンバーに加え、新メンバーの2年次生と1年次生と一緒に、新たなリーダーズとして動き始めました。はじめは私たちリーダーズの仲も深まるのに時間がかかりましたが、ミーティングを重ねるうちに良いムードができていき、嬉しかったです!

スポーツ大会当日、合計で28人もの学生が集まりました!競技はバレー、ドッジ、大繩、リレーの4種目を4チームに分けて行いました。どの種目も参加してくれたみんなが全力で楽しんでくれていて、想像以上の盛り上がりでとっても良かったです!スポーツ大会が始まってすぐの時は、2年次生も1年次生も緊張している様子でしたが、時間が過ぎていくとともに少し仲が深まっているように思えました!

参加してくれたみんなから「めっちゃ楽しかったです!」「参加してよかった!企画してくれてありがとう!」「またやりたい!」といった、うれしい言葉をみんなが言ってくれて、とっても幸せな気持ちでいっぱいになりました。

当日参加してくださった学科長のジェフ先生、河上先生、差し入れをくださった藤倉先生、そして、スポーツ大会を実行するのにたくさんの準備をしてくださった原先生。
ありがとうございました!

次はどんな企画にしようかな…!リーダーズで企画を考えるのが楽しみです!



  • 1年次生も2年次も協力して行いました!
  • 盛り上がって最高でした!
  • 最後に皆で撮った記念写真です

2019/11/29 23:30:00 大津まつり Otsumatsuri

  • Categoryイベント
  • Posted byStudent Reporter
こんにちは!グローバル観光学科1年の石橋尚子です。先月13日に滋賀県大津市で行われた大津祭に、綱方のボランティアとして参加してきました。大津祭とは大津市内にある、天孫神社の祭礼で、約400年の歴史をもつ有名な祭です。「曳山」と呼ばれる日本の祭礼の際に使われる出し物を引っ張ります。絡繰り人形を積んでおり、動かしながら街を巡行します。京都の祇園祭と似ています。

朝の7時過ぎに集合し、説明を受け、8時頃から山を引き始めました。途中休憩をはさみながら、町の南側を歩きました。細い道や坂道も多く、曲がり角や下り坂を通る時は大変でした。休みのあとは町の北側を歩きます。午前中は少なかった観光客も多くなってきました。山の上からは粽やオリジナルの手ぬぐいが撒かれます。それを地元の人々や観光客が拾います。祭の最中はお囃子も観光客も盛り上がっており街全体が明るい雰囲気に包まれていました。

かなり長い距離を歩いたため、祭が終わった後はとても疲れました。ですが、同時に遣り甲斐を感じました。とても楽しかったです!大津祭に行ったことがない人は是非来年訪れてみてください。きっと楽しめますよ。


Hello! My name is Naoko Ishibashi. I belong to the Department of Global Tourism Studies as a freshman. I joined Ootsumaturi to help pull the rope of festival car on October 13th. Ootsumatsuri is Tenson shrine’s festival in Ootsu city. It is a famous festival with a history of more than 400 years. We pull portable shrines that are used in festivals of Japan. The Japanese name is Hikiyama. It is laden with a mechanical doll, and we cruise the city while moving the doll. This festival is a little similar to Gionmatsuri, which is a famous festival in Kyoto.

We got together after seven in the morning and received an explanation. We started pulling the festival car from around eight o’clock. We walked along the south side of the city while taking a break on the way. There were many narrow streets and slopes, so it was hard to go through the street corner and downhill.

After lunch break, we walked on the north side of the city. There were few tourists in the morning, but in the afternoon, the number of tourists increased. Chimaki (Amulet to ward off evil) and original towels were sprinkled from the top of the float. Locals and tourists picked them up. During the festival, festival music was on, and tourists were excited. The whole city was surrounded by a bright atmosphere.

As I walked a very long distance, I was very tired after the festival. But I also felt that it was worth doing. I had a lot of fun! If you have never been to Ootsumatsuri, please come next year. I’m sure you'll enjoy it.
  • 待機中の曳山
  • 曳山を引く京都外大生たち
  • 巡行後の曳山

Page top