ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS

お知らせ

2019/04/12 15:40:00 Heritage Tourism Research Project

  • Categoryお知らせ
  • Posted byStudent Reporter
こんにちは!グローバル観光学科2年次生の佐野香織です。ついに春学期が始まりましたね。今回は、3月21日から25日の4日間で行われたHTRP(Heritage Tourism Research Project)のイベントについて報告していきたいと思います。

本プロジェクトは、ASEAN5か国(マレーシア、タイ、ベトナム、ラオス、インドネシア)の観光都市に位置する5大学と本学とのパートナーシップのもと、国際交流基金から助成を頂いて進めているプロジェクトです。各大学の教員及び学生と共に京都観光をし、交流を深めることができました。また、3日目には国際貢献学部グローバル観光学科主催の国際シンポジウムが開催され、ゲストスピーカーによるプレゼンテーションや、日本を含む6か国のパネルディスカッションが行われました。

私は、ラオスのチームリーダーとしてこのイベントに携わりました。事前に市内の観光スポットを歩いて巡るツアーを企画し、当日は希望に応じて柔軟に対応しました。お店のチョイスや、丁寧なガイドなど、細かい気配りには喜んでもらえたようで、とても嬉しかったです。ツアー中は会話も弾み、お互いの文化について学び合えたことが良い経験でした。3日目には、シンポジウム後の交流会の始めに、京都外大のフラダンスサークルの仲間とフラダンスを披露させていただきました。

HTRPでは、1年間の学びを生かし、実践することができました。また、ツアープランの企画を通して、相手の興味や関心を理解し、それに合わせて計画することの大切さを改めて感じました。今後も、イベントがあれば積極的に参加していき、日本の文化や観光の知識をさらに深め、英語力の向上に努めていきたいと思います。

Hello! My name is Kaori Sano. I’m a second-year student at the Department of Global Tourism Studies. Today, I would like to report on HTRP (Heritage Tourism Research Project) held from March 21st to 24th.

HTRP is the ASEAN-Japan Tourism Exchange Project, sponsored by the Japan Foundation. Students and teachers from Laos, Malaysia, Thailand, Vietnam, Indonesia, and Japan did fieldwork together in Kyoto. We also had a grand symposium for the Faculty of Global Engagement. Presentations by guest speakers and a panel discussion of all the partner universities of the HTRP took place on the third day of the event.

I took part in HTRP as a volunteer leader of Laos team. We planned the walking tour around the Nishiki Market area. I was so glad that all of the guests from Laos enjoyed our guide. During the walking tour, we were able to talk a lot and to learn the culture of each other’s country. I’m also a member of a hula dance club, and we performed hula on the dinner reception stage on March 23rd.

In HTRP, I was able to practice what I learned throughout the year. I noticed that it was important to plan a tour based on a deep understanding of the interests of tour participants. In the future, I would like to participate in as many events as possible to learn more about Japanese culture and tourism, and to improve my English.
  • ジェフ先生のお宅で
  • 「鈴木松風堂」でお土産探し
  • フラダンスを披露

2019/04/07 07:20:00 カメラから覗いた京都①

  • Categoryお知らせ
  • Posted byStudent Reporter
こんにちは!グローバル観光学科2年次生の島岡七海です。今回は京都にあるおすすめの観光地についての紹介です。今回は春と言えば桜!ということで、舞妓や芸妓のいる置屋さんやお茶屋さんが集中する花街としても名高い祇園周辺を桜の写真とともにご案内します。

京都には、上七軒、祇園甲部、祇園東、先斗町、そして宮川町という5つの花街があり、それぞれ独自の踊りの流派や歴史が根付いています。そのなかでも、祇園甲部は京都最大の花街として有名で、4月に入ると井上流の芸妓・舞妓による舞踊公演「都をどり」でも賑わいます。

八坂神社の西側に位置する祇園へは阪急河原町駅や京阪の祇園四条駅から行けます。河原町駅は京都外国語大学の最寄り駅である西院駅からも3駅と近いので、この春から京都外大に通われる方もぜひ足を延ばしてみてください。

河原町駅を降りるとまずは鴨川が目に入ってきます。鴨川ではカップルが等間隔に座っているということで有名です。もしかしたら、その光景を見ることができるかもしれませんね!

そして、さらに四条通を東へ進んでいくと 八坂神社や円山公園が見えてきます。円山公園には一本の枝垂れ桜があり、私が先日訪れたときにも、たくさんの人が写真を撮っていました。とてもきれいな桜でした。

さらに東へ進むと清水寺が見えてきます。今は工事中ですが、桜はきれいに咲いていました。清水寺はいうまでもなく京都でも有名なお寺です。
 
祇園の街はお寺や木造建築が並ぶ小道などもあり、古き良き京都を満喫できる観光地でありながら、おしゃれなカフェなど現代的なお店もたくさんあります。私はそんな過去と現在が混ざり合う街である祇園の風景が好きです。いつでもにぎわっているので、京都に来られる方はぜひ行っていただきたいスポットです。

Hello! My name is Nanami Shimaoka. Ⅰ major in Global Tourism Studies at KUFS. Today, I am going to guide you to Kyoto’s most famous traditional district, Gion. The season of cherry blossoms has already started, so I went to Gion to take pictures of cherry blossoms, or “sakura”.

Kawaramachi Station of Hankyu Line or Gionshijyo Station of Keihan Line is the nearest station to Gion area. When you get off the Kawaramachi station, you can see the scenery of traditional Kyoto. Kawaramachi Station is just 3 stations away from Saiin Station that is the closest station to our university, Kyoto University of Foreign Studies.

You can start your walking tour in Gion from Kamo River. It is said that couples who sit down on its banks always space themselves at equal intervals. If you go there, you may see the scene.

If you go east on the street called Shijo-dori from Kawaramachi Station, then you will see famous tourist spots such as Yasaka Shrine and Maruyama Park. Maruyama Park is famous for cherry blossom viewing, and inside the park, there is an old famous weeping cherry tree. When I recently visited there, I saw many people taking pictures. The cherry blossoms were so beautiful.

You can also visit Kiyomizu Temple. Although a renovation project has been going on at Kiyomizu Temple (until March 2020), visitors can still enjoy cherry blossoms. If you have never been to the temple, how about going there?

Gion has a lot of modern shops and cool cafés. However, Gion also has old temples and narrow streets lined with traditional shops and old wooden buildings. I like the scenery of Gion that is mixed with old times and current times. Why don’t you visit Gion this weekend?
  • 鴨川
  • 円山公園の枝垂れ桜
  • 二年坂から見た桜

2019/04/05 09:30:00 マレーシア・カンポン レアウ村でのホームステイ

  • Categoryお知らせ
  • Posted byStudent Reporter
こんにちは!
グローバル観光学科2年次生の宮本千晴です。今回は、3月12日付の遠藤さんのマレーシア研修に関するブログに引き続き、国立マレーシア科学大学英語研修でのホームステイについて報告します。

私は3月7日〜9日に、マレーシアのケダー州カンポン レラウ村へホームステイに行ってきました。今回は、二泊三日のホームステイでのいろいろな体験の中から、マレーシアの伝統工芸バティックの色ぬり体験とマレーシアの民族衣装について報告したいと思います。

まず、バティックとはマレーシアの伝統的なろうけつ染のことです。バティック専用に織られた木綿の生地に、ろうで模様を描いて色をつけます。今回はバティックの色ぬり体験をしました。自分の好きな柄を選び、色を混ぜ合わせて好きな色を作り、色ぬりを楽しみました。

次に、マレーシアの伝統衣装について紹介します。女性の衣装はバジュクロン、男性の衣装はバジュマラユと呼ばれます。2日目の夜に、ホストファミリーに貸してもらい、みんなで伝統衣装を着ました。それがこの写真です。柄や色がとても個性的でとても素敵でした。

カンポン レアウ村でのホームステイでは、文化、食、宗教など日本との違いについて多く知ることができ、とても良い経験になりました。ぜひみなさんも来年度のマレーシア研修に参加してみてください。

Hello! My name is Chiharu Miyamoto. I'm a second-year student at the Department of Global Tourism Studies. During this spring break, I participated in the KUFS English Language Program at Universiti Sains Malaysia (USM). Today, I am going to report on my homestay experience in Malaysia.

From March 7th to 9th, we went to the villlage of Kampung Relau in Kedah State for a two-night homestay program. We experienced many things there, but in particular, I would like to talk about Malaysian traditional batik coloring experience and Malay ethnic dresses.

Batik is a Malaysian traditional wax-resist dyeing technique used on textile. Wax was used to create a colored design on a special cotton fabric. Each of us chose the design that suits her taste and enjoyed coloring.

Next, I would like to tell you about Malay traditional costumes. Female dresses were called "Baju kurung," while male counterparts were "Baju Melayu." We were able to borrow the dresses from our host families, and we tried them on. One of the attached photos shows us in these costumes. The designs and colors were very original and lovely.

I had a very good homestay experience in Kampung Relau, learning about local cultures, foods, and religions that are often different from Japan. I highly recommend this experience for your next spring break!
  • 好きな柄を選んで色ぬりをしている様子
  • 完成したバティック
  • みんなでマレーシアの伝統衣装を着てみました

2019/04/02 07:40:00 ネパールでのフィールドワークレポート Fieldwork Report from Nepal

  • Categoryお知らせ
  • Posted byStudent Reporter
こんにちは、春ですね!
グローバル観光学科にも139名の第2期生と新しい教員スタッフの藤本茂先生(ご専門は国際公共経済学や安全保障の数理分析など)が加わりました。

一方、在学生も春休みは学外でさまざまな経験を重ね、充実した時間を過ごして京都外大に帰ってきてくれました!たくさんレポートが届いておりますので、今週と来週にかけて順にご紹介していきます。今日はネパールにフィールドワークへ行ってきた加藤さんのレポートです。

********************************************************************************
グローバル観光学科2年次生の、加藤理有です。私は、大学の海外フィールドワークに参加し、ネパールに10日間行ってまいりました。フィールドワークの良さと、ネパールの魅力について皆さんにお伝えしていきます。

このフィールドワークの目的は、ネパールの実態を知ることと、もう1つ目的がありました。それは、仲間からフィードバックを貰い、与えながら己と向き合うということでした。毎晩テーブルを囲んで、勇気を出して自分の意見を発言し互いを高め合う、という環境を自分たちが作り出していくことにより、相乗効果を生み出しました。

また毎日行うフィールドワークでは、数多くの世界遺産をはじめ、孤児院、大使館、都市部から車で6時間離れた地にある村での2泊3日生活、小学校への訪問、レンガ作り体験、企業様と会議、など盛りだくさんのスケジュールでした。

私の一番の挑戦は、孤児院で体験したヤギの屠殺(とさつ)です。生きている家畜を巨大なナイフを振りかざし、首を切ることを屠殺といいます。命のありがたみを身に染みて感じることができる、この経験を日本ですることは少なくとも私のまわりでは100%出来ません。ネパールの文化を受け入れることに大きなショックを受けたと同時に、孤児院の子供たちが温かさ、優しさ、愛をもって接してくれることに感激しました。

日本では少し照れくさくて挑戦することを先延ばしにしがちなことを、ネパールにいる期間は時間を惜しむように挑戦し、経験を積み重ねていきました。4月から新学期が始まり大きく環境に変化が起きる方も多くいるかと思います。このような環境が変わる機会を使って、自分磨きをするのも成長への第一歩につながるかもしれませんね。

Hello! It is Ria KATO. I’m a first grade of the global tourism studies department. During this spring break, I participated in the overseas fieldwork of the career center and went to Nepal for ten days. I am going to talk about the merit of fieldwork and the charm of Nepal.

The purpose of this field work was to know the actual situation of Nepal. In addition, there was another purpose. It meant the chance in which participants focus on themselves through giving and receiving feedback from one another. It had synergistic effects on us, and we enhanced one another by creating respectful environments that enabled all the participants to voice their opinions every night around the table.

There were full of schedules in the field work. We visited a local elementary school and the Embassy, did a brick making experience, stayed in a rural village which was located 6 hours away by car from Kathmandu. We also visited numerous world heritage sites.

My major challenge was cutting a goat that I experienced at an orphanage. Using a huge knife to cut a goat’s neck off is called slaughter. At least around me, it’s 100 percent impossible to experience this kind of thing in Japan. When I was shocked and had great difficulty accepting the culture of Nepal, I was simultaneously deeply moved by the warmth, kindness, and love of the children of the orphanage.

In Japan, I was a little hesitant and tended to postpone things. But while I was in Nepal, I kept challenging and accumulated experiences. From April, I think many of you might also have the chance to experience big changes in their environments. Using this opportunity to polish you may be the first step toward growth.
 
  • 幼い子供がレンガ工場で働く様子
  • フェアウェルパーティで参加者たちと
  • キャンパスも桜の季節です

2019/03/12 02:40:00 マレーシアからの現地レポート

  • Categoryお知らせ
  • Posted byStudent Reporter
こんにちは。グローバル観光学科1年次生の遠藤櫻です。今回は、京都外大のマレーシア英語研修について現地レポートしたいと思います。

このプログラムは1年次生から3年次生までが参加することができます。国立マレーシア科学大学(USM)のヒューマニティ(人文)学部の教授から、TOEIC対策に関する授業を主に受けながら、マレーシア文化研修を経験するプログラムです。本学とUSMは提携を結んでおり、2016年8月にはキャンパス内にKUFS-USM Japanese Cultural Centreが設立されています。

マレーシアではマレー語が公用語ですが、かつてイギリス領だったこともあり、英語も共通語としてよく使われています。

USMのあるペナン島は、日本との気温差が大きく、日中はとても日差しが強いです。そのため、水分補給が欠かせません。また、食文化については、マレー系、中国系、インド系の3つの民族が大半を占めているため、それぞれの代表料理を食べることができます。USMの食堂やナイトマーケットで本場のハラールフードなども食べています。ハラールフードとは、イスラム法上で食べることが許された食材や料理のことを指します。

さらに、現地の小学校訪問や観光ツアーもあります。休日には、バディと呼ばれる同世代のUSMの学生と共に有名な観光地のある世界遺産のジョージタウンに出かけたり、ショッピングモールに買い物に行ったりもしています。引き続きTOEICの勉強もしながら、マレーシアでの観光を楽しみたいと思います。

Hello, my name is Endo Sakura in Global Tourism Studies. Today, I would like to report on the KUFS English Language Program in which I am currently enrolled at Universiti Sains Malaysia (USM).

First to third year students can participate in this program. We prepare for TOEIC tests and also study Malaysian culture from the professors of Faculty of Humanity at USM. KUFS has had a partnership with USM. In August 2016, the KUFS-USM Japanese Cultural Centre opened on the campus of USM.

The official language of Malaysia is Malay, but English has also been commonly used partly because Malaysia used to be under British control.

The temprature of Malaysia is really different from that of Japan. Since the sun light is terribly strong in Penang, we are concerned about rehydration. In the meantime, speaking of the food culture of Malaysia, there are three types of cuisnines: Malay, Chinese, and Indian. We can eat each representative meal. I usually eat halal foods at the USM cafeteria, night markets, or local halal restaurants. Halal foods refer to foods that Muslims are allowed to eat or drink under Islamic law.

We also visited a local elementary school and went on a school trip. On weekends, we go shopping with an USM student buddy and go to a tourist spot like George Town which is a famous world heritage site. I hope to go sightseeing more in Malaysia while studying hard for TOEIC.
  • 鶏肉とナンに似たハラールフード
  • ジョージタウンの街並み
  • マレーシアで最古の英国国教会、セントジョージ教会

Page top