ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS

お知らせ

2019/05/30 17:40:00 授業風景:Community Engagement Workshop II(越前)

  • Categoryお知らせ
  • Posted by
こんにちは。グローバル観光学科教員の南です。

国際貢献学部では、学部カリキュラムの中心を担う「Community Engagement(コミュニティエンゲージメント)」というプログラムがあり、2年次生の秋学期から、学生たちは国内外のコミュニティ(地域社会)を活動の場に5週間学びます。

その準備をするための授業として、コミュニティ・エンゲージメント・ワークショップ(CEW)という授業があり、グローバル観光学科2年次生対象のCEW IIは7つのクラスに分かれ、ベトナム、グアム、オーストラリア、マレーシア、京都、城崎、長野、越前、京丹後での活動の準備をおこなっています。

私が担当する5月28日(火)のCEW IIの授業では、越前から若手農業士の井上高宏さんをお招きしました。今週末、井上さんの田んぼで開催する「Organic米の田植え体験in古熊谷」に向け、彼がなぜ農業をはじめたのか、日本の農業問題、無農薬米作りにともなう1年のハードな作業、その苦労にみあう秋の収穫の喜び、そして古熊谷の里山をとりまくさまざまな動きをわかりやすく話してもらいました。

先週までの授業で、熊谷でのフィールドミュージアム活動の構想や中山間地の農業の課題などの基礎知識を話していたこともあって、学生諸君は大変熱心に聞いてくれました。質問も大変面白くあっという間の100分。井上さんにも大変喜んでいただきました。さあ、いよいよ本番です。

さて、井上さんから学生諸君への質問。「皆さん方の勉強や活動がどのように国際貢献に結びつくのでしょうか?」とのこと。痛。

Hello everyone! My name is Hiroshi Minami. I am a faculty member at the Department of Global Tourism Studies.

As you know, the Faculty of Global Engagement has off-campus programs called "Community Engagement" programs for which all 2nd-year students spend their 5 weeks in overseas or domestic destination communities (Vietnam, Guam, Australia, Malaysia, Kyoto, Kinosaki, Nagano, Echizen, and Kyo-tango).

Our 2nd-year GT students have been preparing themselves for their community engagement programs in a class called "Community Engagement Workshop II." I am in charge of the Echizen CE program, and last Tuesday(May 28th), my class had a young agricultural professional as guest speaker from Echizen-cho, Fukui Prefecture. His name is Takahiro Inoue, and he is going to host an organic rice planting event in Echizen this weekend. He talked to our students about why he stepped in the field of agriculture, agricultural issues found in Japan, the seasonal schedule of growing organic rice, and the joy of the autumn harvest and so on.

As I lectured the related themes in the previous week, students were very attentive to Inoue-san's talk. After all the stimulating contents of the 100-minute class time, Inoue-san asked the students, "How does your field study lead to international contribution or global engagement? That's a good question, indeed!
  • CEW II 授業の様子
  • 学生たちに話す農業士の井上高宏さん
  • Organic米の田植え体験in古熊谷

2019/05/13 18:10:00 長野県飯田市におけるフィールドワーク報告

  • Categoryお知らせ
  • Posted by廣岡
みなさん、こんにちは。
グローバル観光学科・観光行政・政策論、大学院・観光学特殊講義1(廣岡裕一担当)では、長野県飯田市においてフィールドワークを実施しました。これは地方の行政がいかに地元観光に寄与しているかを実際に考察するために実施したものです。

はじめに、飯田市企画課及びDMOである南信州観光公社の高橋社長から飯田の観光について講義を受け、その重要なコンテンツである千代地区の農家民泊を経験しました(写真①)。そして山間地である遠山郷の観光資源を霜月まつりの実施神社(写真②)等を訪れました。最後に飯田の中心市街地であるリンゴ並木(写真③)等を飯田市企画課の林課長補佐の案内で実際に検分しました。

なお、このフィールドワークは、東京農工大学、松本大学と共同で実施したものです。

Hello everyone!
This is to report on the fieldwork conducted as part of the undergraduate and graduate coursework of "Tourism Administration and Policy Making" and "Sightseeing Special Studies (Prof. Yuichi Hirooka)." This fieldwork was a joint initiative by Kyoto University of Foreign Studies, Tokyo University of Agriculture and Technology, and Matsumoto University. The purpose of the fieldwork was to examine how a local government entity has contributed to the local tourism sector.

To begin with, participants received lectures on tourism in Iida from South Shinshu Tourism Association and Iida City. They then experienced one of the key contents of Iida, which is farm stay at Chiyo District (See Photo①). They also visited such places as a shrine which held the Tohyama Shimotsuki Festival(See Photo②). Finally, the students observed the row of apple trees in Central City of Iida (See Photo③).

  • ①農家民泊お別れ式
  • ②上町程野正八幡宮
  • ③飯田市中心市街地リンゴ並木

2019/04/20 11:30:00 伏見稲荷フィールドワーク

  • Categoryお知らせ
  • Posted byStudent Reporter
こんにちは。京都外国語大学国際貢献学部グローバル観光学科の2年次生の遠藤櫻です。今回は、観光学科の1年次生が4月9日に行なった伏見稲荷でのフィールドワークについてレポートしたいと思います。



観光学科の2年次生である私達は、1年次生のサポートとして参加しました。このフィールドワークでは、グループごとに調査内容を決めて外国人観光客にインタビューを行います。去年に引き続きフィールドワークを行なったのは、トリップアドバイザーで日本1位の観光スポットである伏見稲荷大社です。朱色の千本鳥居やすずめ焼きなどが有名です。

調査内容は、観光していて不便に思ったこと・伏見稲荷の歴史をどれほど知っているかなどグループによって多種多様でした。私達2年次生も去年同じことをしましたが、初めてのフィールドワークであったのでスムーズに進めることができませんでした。にも関わらず私がサポートしていたグループは、前日に集まって質問を書いたボードを作るなど率先して行動していました。このフィールドワークを通して1年次生の活発な姿勢に感化されたので、2年次生もまけじと積極的に行動していきたいと思います。

Hello, I am Endo Sakura majoring in Global Tourism Studies. Today, I would like to report on the department's freshman fieldwork in Fushimi Inari.

Fushimi Inari has been chosen as the best sightseeing spot in Japan by Trip Advisor. This shrine is famous for thousands of red gates across the mountain and roasted sparrows.

I participated in this fieldwork to support freshman students. In this freshman fieldwork, freshman students were divided into groups to conduct interviews with overseas tourists. Each student group came up with their own ideas to ask different questions such as "what do you find inconvenient about traveling in Japan?"and "how much do you know about the history of Fushimi Inari?"

We, the second-year supporting students conducted the same fieldwork last year. This was our first fieldwork, and we couldn't do well. However, the group members I supported this year were so aggressive. They met the day before the fieldwork and made question boards. Through this freshman fieldwork, I was very influenced by the degree of engagement that freshman students were willing to provide. I am now motivated to do everything more actively.
  • ボードを使ってインタビューに取り組む学生たち

2019/04/15 19:50:00 カメラから覗いた京都②

  • Categoryお知らせ
  • Posted byStudent Reporter
こんにちは!グローバル観光学科2年次生の島岡七海です。今回も私の個人的に好きな京都の観光地を写真と共にご紹介しようと思います。今日のご紹介エリアは南禅寺です。

南禅寺は地下鉄東西線の蹴上駅から歩いて約10分のところにあるお寺です。京都外国語大学の近くにある同じく地下鉄東西線の太秦天神川駅からは、蹴上駅まで約15分で到着します。南禅寺の周辺には、たくさんの素敵な場所があります。たとえば、枯山水で造られた方丈庭園や、世界最長の傾斜鉄道跡として知られる蹴上インクラインなどです。蹴上インクラインは、明治時代に琵琶湖の水を京都に運ぶという疎水事業がおこなわれたとき、途中に水路落差があって船で行き来することが出来ない場所があったため作られた傾斜鉄道で、船ごと台車に載せて、動力によってその区間を引かせていた名残が復元され残っています。

次に私が大好きな場所、水路閣を紹介します。こちらの水路閣も先に述べた疎水事業の一環で作られた水路橋で、琵琶湖の水を境内に通せるような形で作られました。こちらは南禅寺を入って真っ直ぐ進むと右手側にみえてきます。周辺の景観に合わせた美しいアーチがレンガで設計され、その壮大な景色は何度いっても驚かされる光景です。日本では様々なテレビ番組のロケ地として使われています。特にサスペンスドラマで多く使われるため、見たことがあるのではないでしょうか。そんな南禅寺にある水路閣、訪れてみてはいかがでしょうか。


Hello! My name is Nanami Shimaoka. I am a second-year student in Global Tourism Studies. Today, I am going to show you the pictures I took at one of the famous tourist spots in Kyoto: “Nanzenji Temple.”

Nanzenji Temple is located near Subway Keage Station, and it takes about 10 minutes on foot from Keage Station to Nanzenji Temple. Subway Keage Station is 15 minutes away from Uzumasa Tenjingawa Station, which is within walking distance from Kyoto University of Foreign Studies. Around Nanzenji Temple, there are many nice places to visit such as Houjyou Garden that is a dry landscape garden, and Keage Incline that was built as a part of a big project to carry water from Biwa Lake to Kyoto during the Meiji era.

Suirokaku is my favorite place as well. Suirokaku is an aqueduct which was also built as a part of the project to carry water from Biwako Lake to Nanzenji Temple. Enterting the temple gate, you will see the aqueduct on your right side after a short walk. The beautiful arch design made of bricks matches well with the scenery of Nanzenji Temple. I find it breathtaking whenever I visit this place. In Japan, Suirokaku has often been used as a shooting location for many Japanese suspense drama series, so you may have seen it on TV. Why don’t you visit Suirokaku and Nanzenji temple?

  • 蹴上インクライン
  • 水路閣全体
  • 連なっている水路閣

2019/04/12 15:40:00 Heritage Tourism Research Project

  • Categoryお知らせ
  • Posted byStudent Reporter
こんにちは!グローバル観光学科2年次生の佐野香織です。ついに春学期が始まりましたね。今回は、3月21日から25日の4日間で行われたHTRP(Heritage Tourism Research Project)のイベントについて報告していきたいと思います。

本プロジェクトは、ASEAN5か国(マレーシア、タイ、ベトナム、ラオス、インドネシア)の観光都市に位置する5大学と本学とのパートナーシップのもと、国際交流基金から助成を頂いて進めているプロジェクトです。各大学の教員及び学生と共に京都観光をし、交流を深めることができました。また、3日目には国際貢献学部グローバル観光学科主催の国際シンポジウムが開催され、ゲストスピーカーによるプレゼンテーションや、日本を含む6か国のパネルディスカッションが行われました。

私は、ラオスのチームリーダーとしてこのイベントに携わりました。事前に市内の観光スポットを歩いて巡るツアーを企画し、当日は希望に応じて柔軟に対応しました。お店のチョイスや、丁寧なガイドなど、細かい気配りには喜んでもらえたようで、とても嬉しかったです。ツアー中は会話も弾み、お互いの文化について学び合えたことが良い経験でした。3日目には、シンポジウム後の交流会の始めに、京都外大のフラダンスサークルの仲間とフラダンスを披露させていただきました。

HTRPでは、1年間の学びを生かし、実践することができました。また、ツアープランの企画を通して、相手の興味や関心を理解し、それに合わせて計画することの大切さを改めて感じました。今後も、イベントがあれば積極的に参加していき、日本の文化や観光の知識をさらに深め、英語力の向上に努めていきたいと思います。

Hello! My name is Kaori Sano. I’m a second-year student at the Department of Global Tourism Studies. Today, I would like to report on HTRP (Heritage Tourism Research Project) held from March 21st to 24th.

HTRP is the ASEAN-Japan Tourism Exchange Project, sponsored by the Japan Foundation. Students and teachers from Laos, Malaysia, Thailand, Vietnam, Indonesia, and Japan did fieldwork together in Kyoto. We also had a grand symposium for the Faculty of Global Engagement. Presentations by guest speakers and a panel discussion of all the partner universities of the HTRP took place on the third day of the event.

I took part in HTRP as a volunteer leader of Laos team. We planned the walking tour around the Nishiki Market area. I was so glad that all of the guests from Laos enjoyed our guide. During the walking tour, we were able to talk a lot and to learn the culture of each other’s country. I’m also a member of a hula dance club, and we performed hula on the dinner reception stage on March 23rd.

In HTRP, I was able to practice what I learned throughout the year. I noticed that it was important to plan a tour based on a deep understanding of the interests of tour participants. In the future, I would like to participate in as many events as possible to learn more about Japanese culture and tourism, and to improve my English.
  • ジェフ先生のお宅で
  • 「鈴木松風堂」でお土産探し
  • フラダンスを披露

Page top