ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS

お知らせ

2019/04/05 09:30:00 マレーシア・カンポン レアウ村でのホームステイ

  • Categoryお知らせ
  • Posted byStudent Reporter
こんにちは!
グローバル観光学科2年次生の宮本千晴です。今回は、3月12日付の遠藤さんのマレーシア研修に関するブログに引き続き、国立マレーシア科学大学英語研修でのホームステイについて報告します。

私は3月7日〜9日に、マレーシアのケダー州カンポン レラウ村へホームステイに行ってきました。今回は、二泊三日のホームステイでのいろいろな体験の中から、マレーシアの伝統工芸バティックの色ぬり体験とマレーシアの民族衣装について報告したいと思います。

まず、バティックとはマレーシアの伝統的なろうけつ染のことです。バティック専用に織られた木綿の生地に、ろうで模様を描いて色をつけます。今回はバティックの色ぬり体験をしました。自分の好きな柄を選び、色を混ぜ合わせて好きな色を作り、色ぬりを楽しみました。

次に、マレーシアの伝統衣装について紹介します。女性の衣装はバジュクロン、男性の衣装はバジュマラユと呼ばれます。2日目の夜に、ホストファミリーに貸してもらい、みんなで伝統衣装を着ました。それがこの写真です。柄や色がとても個性的でとても素敵でした。

カンポン レアウ村でのホームステイでは、文化、食、宗教など日本との違いについて多く知ることができ、とても良い経験になりました。ぜひみなさんも来年度のマレーシア研修に参加してみてください。

Hello! My name is Chiharu Miyamoto. I'm a second-year student at the Department of Global Tourism Studies. During this spring break, I participated in the KUFS English Language Program at Universiti Sains Malaysia (USM). Today, I am going to report on my homestay experience in Malaysia.

From March 7th to 9th, we went to the villlage of Kampung Relau in Kedah State for a two-night homestay program. We experienced many things there, but in particular, I would like to talk about Malaysian traditional batik coloring experience and Malay ethnic dresses.

Batik is a Malaysian traditional wax-resist dyeing technique used on textile. Wax was used to create a colored design on a special cotton fabric. Each of us chose the design that suits her taste and enjoyed coloring.

Next, I would like to tell you about Malay traditional costumes. Female dresses were called "Baju kurung," while male counterparts were "Baju Melayu." We were able to borrow the dresses from our host families, and we tried them on. One of the attached photos shows us in these costumes. The designs and colors were very original and lovely.

I had a very good homestay experience in Kampung Relau, learning about local cultures, foods, and religions that are often different from Japan. I highly recommend this experience for your next spring break!
  • 好きな柄を選んで色ぬりをしている様子
  • 完成したバティック
  • みんなでマレーシアの伝統衣装を着てみました

2019/04/02 07:40:00 ネパールでのフィールドワークレポート Fieldwork Report from Nepal

  • Categoryお知らせ
  • Posted byStudent Reporter
こんにちは、春ですね!
グローバル観光学科にも139名の第2期生と新しい教員スタッフの藤本茂先生(ご専門は国際公共経済学や安全保障の数理分析など)が加わりました。

一方、在学生も春休みは学外でさまざまな経験を重ね、充実した時間を過ごして京都外大に帰ってきてくれました!たくさんレポートが届いておりますので、今週と来週にかけて順にご紹介していきます。今日はネパールにフィールドワークへ行ってきた加藤さんのレポートです。

********************************************************************************
グローバル観光学科2年次生の、加藤理有です。私は、大学の海外フィールドワークに参加し、ネパールに10日間行ってまいりました。フィールドワークの良さと、ネパールの魅力について皆さんにお伝えしていきます。

このフィールドワークの目的は、ネパールの実態を知ることと、もう1つ目的がありました。それは、仲間からフィードバックを貰い、与えながら己と向き合うということでした。毎晩テーブルを囲んで、勇気を出して自分の意見を発言し互いを高め合う、という環境を自分たちが作り出していくことにより、相乗効果を生み出しました。

また毎日行うフィールドワークでは、数多くの世界遺産をはじめ、孤児院、大使館、都市部から車で6時間離れた地にある村での2泊3日生活、小学校への訪問、レンガ作り体験、企業様と会議、など盛りだくさんのスケジュールでした。

私の一番の挑戦は、孤児院で体験したヤギの屠殺(とさつ)です。生きている家畜を巨大なナイフを振りかざし、首を切ることを屠殺といいます。命のありがたみを身に染みて感じることができる、この経験を日本ですることは少なくとも私のまわりでは100%出来ません。ネパールの文化を受け入れることに大きなショックを受けたと同時に、孤児院の子供たちが温かさ、優しさ、愛をもって接してくれることに感激しました。

日本では少し照れくさくて挑戦することを先延ばしにしがちなことを、ネパールにいる期間は時間を惜しむように挑戦し、経験を積み重ねていきました。4月から新学期が始まり大きく環境に変化が起きる方も多くいるかと思います。このような環境が変わる機会を使って、自分磨きをするのも成長への第一歩につながるかもしれませんね。

Hello! It is Ria KATO. I’m a first grade of the global tourism studies department. During this spring break, I participated in the overseas fieldwork of the career center and went to Nepal for ten days. I am going to talk about the merit of fieldwork and the charm of Nepal.

The purpose of this field work was to know the actual situation of Nepal. In addition, there was another purpose. It meant the chance in which participants focus on themselves through giving and receiving feedback from one another. It had synergistic effects on us, and we enhanced one another by creating respectful environments that enabled all the participants to voice their opinions every night around the table.

There were full of schedules in the field work. We visited a local elementary school and the Embassy, did a brick making experience, stayed in a rural village which was located 6 hours away by car from Kathmandu. We also visited numerous world heritage sites.

My major challenge was cutting a goat that I experienced at an orphanage. Using a huge knife to cut a goat’s neck off is called slaughter. At least around me, it’s 100 percent impossible to experience this kind of thing in Japan. When I was shocked and had great difficulty accepting the culture of Nepal, I was simultaneously deeply moved by the warmth, kindness, and love of the children of the orphanage.

In Japan, I was a little hesitant and tended to postpone things. But while I was in Nepal, I kept challenging and accumulated experiences. From April, I think many of you might also have the chance to experience big changes in their environments. Using this opportunity to polish you may be the first step toward growth.
 
  • 幼い子供がレンガ工場で働く様子
  • フェアウェルパーティで参加者たちと
  • キャンパスも桜の季節です

2019/03/12 02:40:00 マレーシアからの現地レポート

  • Categoryお知らせ
  • Posted byStudent Reporter
こんにちは。グローバル観光学科1年次生の遠藤櫻です。今回は、京都外大のマレーシア英語研修について現地レポートしたいと思います。

このプログラムは1年次生から3年次生までが参加することができます。国立マレーシア科学大学(USM)のヒューマニティ(人文)学部の教授から、TOEIC対策に関する授業を主に受けながら、マレーシア文化研修を経験するプログラムです。本学とUSMは提携を結んでおり、2016年8月にはキャンパス内にKUFS-USM Japanese Cultural Centreが設立されています。

マレーシアではマレー語が公用語ですが、かつてイギリス領だったこともあり、英語も共通語としてよく使われています。

USMのあるペナン島は、日本との気温差が大きく、日中はとても日差しが強いです。そのため、水分補給が欠かせません。また、食文化については、マレー系、中国系、インド系の3つの民族が大半を占めているため、それぞれの代表料理を食べることができます。USMの食堂やナイトマーケットで本場のハラールフードなども食べています。ハラールフードとは、イスラム法上で食べることが許された食材や料理のことを指します。

さらに、現地の小学校訪問や観光ツアーもあります。休日には、バディと呼ばれる同世代のUSMの学生と共に有名な観光地のある世界遺産のジョージタウンに出かけたり、ショッピングモールに買い物に行ったりもしています。引き続きTOEICの勉強もしながら、マレーシアでの観光を楽しみたいと思います。

Hello, my name is Endo Sakura in Global Tourism Studies. Today, I would like to report on the KUFS English Language Program in which I am currently enrolled at Universiti Sains Malaysia (USM).

First to third year students can participate in this program. We prepare for TOEIC tests and also study Malaysian culture from the professors of Faculty of Humanity at USM. KUFS has had a partnership with USM. In August 2016, the KUFS-USM Japanese Cultural Centre opened on the campus of USM.

The official language of Malaysia is Malay, but English has also been commonly used partly because Malaysia used to be under British control.

The temprature of Malaysia is really different from that of Japan. Since the sun light is terribly strong in Penang, we are concerned about rehydration. In the meantime, speaking of the food culture of Malaysia, there are three types of cuisnines: Malay, Chinese, and Indian. We can eat each representative meal. I usually eat halal foods at the USM cafeteria, night markets, or local halal restaurants. Halal foods refer to foods that Muslims are allowed to eat or drink under Islamic law.

We also visited a local elementary school and went on a school trip. On weekends, we go shopping with an USM student buddy and go to a tourist spot like George Town which is a famous world heritage site. I hope to go sightseeing more in Malaysia while studying hard for TOEIC.
  • 鶏肉とナンに似たハラールフード
  • ジョージタウンの街並み
  • マレーシアで最古の英国国教会、セントジョージ教会

2019/02/28 19:00:00 フリーガイドクラブ

  • Categoryお知らせ
  • Posted byGT Student Reporter
こんにちは、グローバル観光学科1年次生の関戸友香です。今回は、グローバル観光学科に直接関わりはないのですが、観光と関係のある部活について紹介したいと思います。

私はフリーガイドクラブという部活に所属しています。この部活では、毎週土曜日に各社寺を訪れて外国人に話しかけ、英語で無料のガイドをさせていただくという活動をしています。協力していただいている社寺は、金閣寺、清水寺、龍安寺、平安神宮の4社寺で、火曜日から金曜日のお昼休みに各班土曜日に訪れる社寺の練習をしており、ガイド本番では情報の書いてあるノートなどは一切見ずに行なっています。

これだけを聞くととても厳しい部活だと感じられると思います。しかし、私がこの1年間にフリーガイドクラブの活動から得たものはとても大きいです。まず、京都の大学に通っているけれど、有名な寺社の情報をよく知らないという人が大半だと思いますが、この部活ではそれらのことに加え日本文化もたくさん学べます。また、ガイドさせていただいた方の国の文化との違いなどを話して楽しめるなどの異文化理解のきっかけにもなっています。

そして、情報を覚えて練習していると、もちろんなかなか思うようにいかずになげだしたくなったり、辛いと思ったりすることもあります。そんなとき、同期の仲間の存在が大きくあります。悩んでいるのは自分だけではないことに気づかされ、また頑張ろうと思えます。

土曜日のガイドが終わると毎回、あの情報が言えなかったとか、あのときこう言っていればよかったなどの反省も多くありますが、1番には楽しかったと思えることがとても多いです。これは練習を頑張ってきた証だと思っています。

みなさんにも、所属している部活や様々な活動で同じような気持ちになったことがあるのではないでしょうか。この活動を通して得られることを忘れずに、今後も活動していきたいです。


Hello! I am Tomoka Sekido, a 1st year student at the Department of Global Tourism. Today, I'm going to report on my engagement in tourism-related club activities.

The club that I belong is called a free-guide club. The members of this club visit temples and shrines on every Saturday and talk to foreign tourists and offer free English guide services. Our partner temples and shrines include Kinkaku Temple, Kiyomizu Temple, Ryoan Temple, and Heian Shrine. From Tuesday to Friday, we practice on campus and on Saturday, we go out on the field and provide guide services without looking at any memos.

It might sound like a tough club activity, but looking back, in the past year, I gained a lot from my engagement in the free-guide club. First of all, I was able to learn more about Japanese culture in addition to all the detailed information about famous temples and shrines in Kyoto. Also, by interacting with foreign tourists, I was able to learn from cultural differences.

Of course, it's not always fun. Sometimes, memorizing information is challenging, and I feel attempted to give up. But in such moments, I have friends and colleagues to count on. Working with them encourages me to work harder.

Whenever we finish our guide activities on Saturday, we have something to regret on. We always think we could've done better. Yet, it also makes us feel that we had a great time. I think we feel that way because we practiced enough.

How about you? You might have had the similar experiences through your club activities. Cherishing these experiences, I hope to continue my engagement with the free-guide activities.


  • 清水寺で同期と
  • 龍安寺でガイド中

2019/01/31 17:30:00 遠山郷エコ・ジオパークフィールドスタディの報告・Tohyamago Field Study Report

  • Categoryお知らせ
  • Posted byKUFS Global Tourism
みなさん、こんにちは!

2018年9月に長野県飯田市で実施した遠山郷エコ・ジオパークフィールドスタディについて、国際貢献学部グローバル観光学科1回生浦谷歩さんのメッセージが、『広報いいだ』2019年(平成31年)1月1日号9頁に掲載されました。


Hello everyone!

A field report written by Ayumi Uratani, first-year student at the Department of Global Tourism, Faculty of Global Engagement, has been published in Koho Iida, the newsletter of Iida City, Nagano (p.9, January 1, 2019). This report was based on the field study that she joined in September 2018 in Tohyamago eco/geo-park.  

本文はこちらからお読みください!Here is the link to her report.

https://www.city.iida.lg.jp/uploaded/attachment/38105.pdf


  • 下栗の里
  • 小道木の熊野神社
  • 八重河内の八幡社

Page top