ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS

お知らせ

2019/10/21 23:40:00 カメラから覗いた京都:番外編 仁和寺パートII

  • Categoryお知らせ
  • Posted byStudent Reporter
 こんにちは。グローバル観光学科2年次生の島岡七海と浦谷歩です。

 今回は、前回に引き続き御室仁和寺で働いておられる、財務部管財課、拝観課の金崎義真様のインタビュー第二弾です。前回は、私たちが普段、疑問に思っていることに基づいて作成した質問紙に対してのお答えをご紹介しましたが、今回は、実際に仁和寺に訪問し、金崎様が財務部管財課、拝観課にて携わっておられるお仕事に関する話題を中心に紹介します。

1. どのような経緯で仁和寺に勤めているか。
 仁和寺を本山とする関連寺院に生まれたのがそもそもの経緯である。大学時代はお寺とはかけ離れた建築を学んでいた。

2. 御室仁和寺での財務部管財課、拝観課で行なう仕事とはどのようなものなのか。
 現金以外の財産管理が担当である。建物や宝物などが例として挙げられる。また、仁和寺で行う、イベントの企画、そしてオペレーションも行う。広告展開は、PR(パブリックリレーション)を重要に考えているので、仁和寺のお寺である姿勢を崩さないよう意識している。仁和寺が大事にしている意識や価値観からずれないようにすることをオペレーションには反映できるように際には心がけている。また、拝観課では、実際に参拝者様と関わっている現場の人間の意見を聞き、現場での改善に取り組む事が重要。

3. なぜ財務部で運営管理や企画、PRの仕事までするようになったのか。
 仁和寺が所有する文化財は、数万点に及ぶ。結果として修理点数がが多く、事実として、保存修理には費用がとても掛かり、お寺に入ってくる収入よりも、出費額がはるかに多いこともある。お寺であるとはいえ、貴重な文化財を次世代に繋げるため、お寺を担保とするための財源確保は大切であるので、財産管理の視点から、運営の一端を担っている。最近では、展覧会や美術館での文化財の展示を行ったり、ライトアップの企画を行ったりしている。展覧会などでの展示は、収入を目的とするのではなく、展示を通して仁和寺や技術、文化を知っていただけるようにすることが目的である。

4. ライトアップ企画の具体的な目的とは?
 先ほども述べたように、宝物や建物の修繕にかかる費用を何とかしたいということから、その一環として始めた。このライトアップ企画では、通常の拝観料よりも高い値段設定をし、明確なルールを作り、文化財に影響を与えない形で撮影してもらえるようにした。このライトアップでは、「次世代への継承」をテーマとした。さまざまな人たちに写真を撮っておいてもらえると、もし、災害などで建物が破損した場合に、写真が残っていれば、修復する際に役に立つ。また、高い値段設定にしたことにより、人数がそこまで多くならないため、ゆっくりと撮影をしていただける。

5. どこの国からのお客様が多いか。
 今現状では、ヨーロッパの方が多く参拝されている。ヨーロッパの方が多い理由としては、ヨーロッパの方は、世界遺産に興味のある方が多いからではないかと考える。実際、訪日外国人観光客のデーター収集がうまくいっておらず、これからもっと来ていただけるように取り組んでいる。
 

私たち自身、お寺というものは、宗派などの違いこそあれども、内実はそこまで違いはないと感じていましたが、実際にお寺に勤めておられる現場の方にお話を伺い、お寺によって、どのようにお寺を管理、運営するかは違ってくることを知りました。仁和寺様は1泊100万円の高級宿坊も企画、運営されているそうで、大変ユニークな取り組みをしておられました。金崎様も実際、「いろんな他のお寺さんを訪問してみてほしい。仁和寺とはまた違った、運営、管理の形がある。お寺ごとで違ってくる。」と仰っておられ、お寺へ訪問する際の視点が変わると思いました。みなさんも、ぜひ、世界遺産の御室仁和寺へ足を運んでみてください。この度は、ご多忙の中、取材にご協力いただきまして誠にありがとうございました。金崎様はじめ、御室仁和寺様のご協力に感謝申しあげます。
  • ユニバーサル化も進んでいます
  • 今年もライトアップ始まります!

2019/10/10 14:50:00 Kyoto Seen from the Camera Lenses: Ninnaji Temple Part I

  • Categoryお知らせ
  • Posted byStudent Reporter
Hello. We are Nanami Shimaoka and Ayumi Uratani, 2nd year students at the Department of Global Tourism Stuides.

Today, we are going to report on our visit to Ninnaji Temple, a world heritage site near our university in Ukyo-ku, Kyoto. Ninnaji Temple is known as the head temple of the Omuro School of the Shingon sect of Buddhism. Our blog series of “Kyoto seen through the camera lens” have introduced sight seeing spots in Kyoto from the perspectives of student reporters. However, for this time, thanks to "Tomorrow's Kyoto Cultural Heritage," we were fortunate to be given a chance to interview Rev. Gishin Kanazaki who oversees the temple’s property management. We prepared a set of questions and sent them to Rev. Kanazaki in advance, and he has prepared answers for our questions. Moreover, we were lucky enough to hear very interesting stories from him on the site, which almost transformed our images of a Japanese Buddhist temple.

Today, we are going to report on his prepared replies to our preliminary questions. We made a questionnaire based on our interest in what kind of impressions that the staff of Ninnaji have had on foreign tourists and young Japanese visitors. Here are our questions and the replies from Rev. Kanazaki.

1. What do you find challenging when dealing with foreign tourists?

Language barriers

2. We often hear complaints about foreign tourists’ “bad” manners, but could you tell us about your insight?

(The opinions gathered from the staff)It is true that we observe foreign tourists’ violations of manners frequently. However, we don’t take them as “bad manners” as we see them as a matter of intercultural communication. Rather, the unfavorable manners shown by a handful of Japanese visitors tend to catch our attention. In many cases, foreign visitors are simply not aware of certain cultural rules. So, when we explain what they should and shouldn’t do, we have the impression that most of them correct their mannerisms and show their apologies. For this reason, we need to show some kind gestures by showing guides and introductions to basic cultural manners and ways of worshipping.


3. How do you feel about those who visit the temple for sightseeing?

There is a reality in which the temple serves not only as a place that caters for the religious needs of people but also as one of Kyoto’s tourism resources.

4. How do you think about young Japanese tourists visiting the temple? Particularly, many young people put up photographs on Instagram and other SNS applications, and I believe some of them take a photograph of themselves at the temple. How do you view this kind of tendency?

I don’t think the behavior of spreading information via SNS is bad. If the problem is about people who do not abide by manners and rules associated with photo-shooting or photo-purchasing, we could only grant permission to those who have agreed to abide by the rules and manners. I think it is our side of responsibility to set rules for them.

5. Is there any basic knowledge (such as the temple’s history and Buddhist sects) that young people like us should have when visiting the temple?

The foundation of the temple is the religious doctrine. All the cultural and historical assets such as the canon, building, garden, treasure, historical documents stem from there. That is a symbol of Japanese cultural identity as well as a rich treasury of artifacts that were developed with skills over time and documents that record historical facts.

Although it is said that more and more people have stayed away from religions, we hope that you will notice about a number of religious practices and symbols that exist in your everyday life. If that happens, you will be able to better recognize and pay more respect to the canon and doctrines of the temple by understanding the historical backgrounds and comparing the past with the present. It will also lead us to propagating the religious faith.

As shown above, the questions we prepared in advance focused around the mannerisms of the foreign tourists and young Japanese visitors. However, when we actually met Rev. Kanazaki, he also generously shared his views on the management of the temple Ninnaji. We’ll continue to report on our interview with him next time focusing on his perspective on treasury management.
  • Immersed in the atmosphere of serenity
  • Posing in front of the main gate
  • We also met Rev. Oishi

2019/10/10 14:30:00 カメラから覗いた京都:番外編 仁和寺パート1 

  • Categoryお知らせ
  • Posted byStudent Reporter
こんにちは。グローバル観光学科2年次生の島岡七海と浦谷歩です。

今回、私たちは、世界遺産に登録されている京都市右京区にある真言宗御室派の総本山、御室仁和寺様に訪問させていただき、財務部管財課、拝観課の金崎義真様にインタビューさせていただきました。普段、この「カメラから覗いた京都」のシリーズでは、私たちの大学からのアクセスの仕方や学生からの視点でのお寺紹介などをしていますが、今回は、有難いことに「明日の京都 文化遺産プラットフォーム」様からのご紹介で、初めてお寺で実際に働いておられる方にインタビューをさせていただくことができました。私たちは事前に質問を用意し、それに対するご回答も準備いただいていましたが、現地で実際にお目にかかってお話を伺うと私たちの予想していたお寺のイメージが覆るようなお話も伺うことができました。事前の質問紙でのやりとりと、当日のインタビューでの対話の様子を二回に分けてお伝えできればと思います。

私たちは今回、仁和寺で働いておられる方が、訪れてくる訪日外国人観光客と若い世代の日本人観光客に対して、どんな印象をもっておられるのかというテーマを事前に設定し、質問紙を準備し、ご回答いただきました。以下が、そのやりとりの内容です。

1. 訪日外国人観光客を対応する際に、心がけていることは何か。また、逆に対応する際に大変だと思うことは何か。

言葉の壁

2. 訪日外国人のマナーについて。外国人観光客は、マナーが良くないとよく耳にするが、実際はどうなのか。

(現場スタッフの方からの意見)確かに外国の方のマナー違反は多く見かけるが、異文化コミュニケーションと思っているため、あまりマナーが悪いとは感じない。むしろ、少ないとはいえ日本人のマナー違反の方が悪目立ちして気になる。また、外国人のお客様に注意喚起を行うと素直に直して誤ってくださる方が多いと感じる。そのため、基本的なマナーや拝観方法など示すものがあれば親切かと思う。


3. 観光としてお寺に訪れる人に対して何か思うところがあるのか。

お寺の本来の目的とは違う形で成り立っていること。お寺であり、京都の観光資源であること。

4. 若い世代の日本人観光客が訪れることに対してどのように思うか。今現在、インスタグラムというSNSに写真を載せることが流行になっているが、そのためにお寺などで自撮りをしたりすることなどに対して、また若い世代のそういった行動に対してどのように思うのか。

拡散そのものは、悪くないと考える。SNSへの発信には撮影や素材の購入が伴うが、撮影マナーが悪かったり、撮影禁止エリアで撮影したり、写真だけを目的に素材を購入し、捨てる方など、マナーやルールを守らない方が問題になっているのであれば、はじめから当該者がルールとマナーも守ることを条件に撮影許可や販売を行えば良い。マナーやルールを設定しないことに問題があると考える。

5.私たち学生や若い世代が、お寺に訪れるうえで、これは、知っておかなければいけないというような基礎的な知識はなにか。(例えば、お寺の歴史、宗派についてなど)

お寺を構成する要素に、宗教(教義・理念・概念)が根本にあり、そこから、教典、建物、庭園、宝物、文書などなどの文化財史料を多く有している。それらは歴史的事実を裏付ける史料や、時代に応じた技術が用いられている宝庫であること。日本のアイデンティティが詰まったものともいえる。
よって、現代に於いて、宗教離れと云われているが、実は、身近に宗教を感じられるものがあふれていることに気が付いて欲しい。希望的観測ですが、そうなれば、お寺の教義や理念に敬意をはらいつつ、歴史や時代背景を考察し、現代社会に於いて、過去と現在の比較対象を寺院から得る事によって、教義や理念を再認識いただき、教義の布教に繋げたい。

私たちが、訪問する前には、上記のように、訪日外国人観光客と若い世代の日本人観光客への印象やマナー問題を中心に話を伺いたいと考えましたが、実際に金崎さんにお目にかかってお話を伺うなかで、滅多に聞くことができないような仁和寺の運営管理についてのお話も聞くことができました。次回はその点について、金崎様が、財産管理の視点から行われてきたことなどをお伝えします。乞うご期待。

  • 静かで穏やかな時間が流れていました
  • 仁和寺の正門を入ったところでハイ・ポーズ
  • 拝観課の大石様からも説明を受けました

2019/09/19 00:30:00 コミュニティ・エンゲージメント・プログラム越前スタート

  • Categoryお知らせ
  • Posted by南 博史
The faculty of Global Engagement has a unique off campus program called Community Engagement Programs (CEP). CEPs have been in progress since August, and our 2nd year students have been actively involved with different communities both in Japan and overseas. Today, Prof. Minami will report on his CEP in Echizen which collaborates with Echizen field museum activities to come up with solutions to tackle local issues through tourism.

 グローバル観光学科コミュニティ・エンゲージメント・プログラム(CEP)越前を担当する教員の南です。CEP越前の最初の活動が9月13日(金)~17日(火)の予定で始まりました。
 CEP越前は、越前町熊谷地区を中心に京都外国語大学国際文化資料館および博物館学芸員資格課程が2013年度から行っている越前フィールドミュージアム活動と協働して、コミュニティの中で約5か月の間、地域に密着した活動を定期的に行います。地域のさまざまな資産を活用し、観光の視点から地域課題解決に向けた提案を行うのが目的です。
 プログラムは、9月、10月、11月、11月末~12月初めと、1月の5回、各4,5日で実施します。また、この期間以外でも越前フィールドミュージアム活動に参加することもできます。
 9月の活動はCEP越前のスタートになります。まずはCEP越前前半の活動を紹介します。
さて、春学期のコミュニティ・エンゲージメントワークショップII(CEW2)の授業では、この活動の中心の一つ「無農薬コメ作り」をとりあげました。熊谷地区の水と空気の綺麗な山間地で、身体によいコメ作りを行っている若手農業士の井上高宏さんに講師に来ていただいて「中山間地からみた日本の米作りの課題」について話を聞きました。さらに、プレ活動として古熊谷の谷水田での稲の手植え体験にも参加するなどして、事前学習をしてからのスタートとなりました。学生諸君にとっては現地を最低一度は見てもらったこともあって、地域に入るハードルは多少低くなったのではないかと思います。
 今回の活動は春に田植えをした古熊谷の田んぼでの稲刈りがメインでしたが、残念ながら稲がまだ未成熟ということで断念。しかし、コンバインでの稲刈り、乾燥、籾摺りという行程を体験・見学するということで春からのコメ作りを一通り経験することができます。
 一方、「クサネム」と呼ばれている雑草の除去に取り組みましたが、田んぼに入って稲の間にびっしり生えている「クサネム」を一本ずつ引き抜いていく作業はほんとうに大変でした。でも、みんなのおかげで、稲穂がそろう綺麗な田んぼに生き返りました。
  • CEP越前9月スタート!
  • CEP越前9月 若手農業士の井上くんとのミーティング
  • CEP越前9月 クサネムとの闘い!よみがえった水田は次回に!

2019/08/13 02:40:00 ICC Summer College 2019

  • Categoryお知らせ
  • Posted byStudent Reporter
こんにちは。グローバル観光学科2年次生の清水玲美です。先月下旬、私の母校でもあるヴォーリズ学園近江兄弟社高校国際コミュニケーションクラス(ICC)の2年生の生徒さんたちが京都外国語大学に勉強しに来られました。

毎年この時期に来校されていて、私も去年に引き続き参加させてもらいました。3日間、大学の教授による授業を受けられ、最終日の7月24日には私を含め卒業生と交流する時間が設けられています。そこで今回は6人の卒業生が参加しました。

6つのグループを作り、それぞれのグループに卒業生を1人配置し、学部の内容、大学での生活、将来の夢などを話しました。“ICC”という大きな共通点があったため、話はとても弾み、また私自身、高校時代の思い出を振り返ることもできました。

Hello. I'm Remi Shimizu, a second year student of the Department of Global Tourism Studies. Last month, the 2nd year students of the International Communication Class (ICC) of Omi Brotherhood High School came to KUFS for experiencing college life for three days. They come to KUFS every summer, and this is my second time to interact with them as their OG.

They took professors' lecture classes for three days, and on the last day, July 24th, there was a time scheduled for the high school students to communicate with the six KUFS students including me who graduated from the same program.

We made six groups placing one graduate in each group. We then talked about the educational contents of our department, our life in college, and our dreams for the future. Because of our shared memories of "ICC," we were able to have a lively conversation. It was also a good chance for me to look back on my high school memories.

Page top