ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS

お知らせ

2019/01/31 17:30:00 遠山郷エコ・ジオパークフィールドスタディの報告・Tohyamago Field Study Report

  • Categoryお知らせ
  • Posted byKUFS Global Tourism
みなさん、こんにちは!

2018年9月に長野県飯田市で実施した遠山郷エコ・ジオパークフィールドスタディについて、国際貢献学部グローバル観光学科1回生浦谷歩さんのメッセージが、『広報いいだ』2019年(平成31年)1月1日号9頁に掲載されました。


Hello everyone!

A field report written by Ayumi Uratani, first-year student at the Department of Global Tourism, Faculty of Global Engagement, has been published in Koho Iida, the newsletter of Iida City, Nagano (p.9, January 1, 2019). This report was based on the field study that she joined in September 2018 in Tohyamago eco/geo-park.  

本文はこちらからお読みください!Here is the link to her report.

https://www.city.iida.lg.jp/uploaded/attachment/38105.pdf


  • 下栗の里
  • 小道木の熊野神社
  • 八重河内の八幡社

2019/01/24 19:10:00 グローバル観光学科・学生広報隊発足!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byKUFS Global Tourism
皆さん、こんにちは!
京都外大では、今週で今年度の授業が終わりました。学生の皆さんはこれから始まる春休み、どんなふうに過ごすのでしょうか?

さて、グローバル観光学科では、このたび学科独自の学生広報隊が発足いたしました!4月に新しい新入生を迎えるにあたって、学生目線でグローバル観光学科のニュースを伝えていきたいと思います!

8名の第1期メンバーでスタートします!皆さん、どうぞよろしくお願いいたします♪



Hello everyone!
The semester is over at Kyoto University of Foreign Studies.

If you are a college student, you were probably counting down the days until spring break. Have fun with your break!

In the meantime, the Department of Global Tourism proudly announces the establishment of our first student PR group. The group currently consists of 8 student volunteer members and will continue to welcome new members.

We will be delivering the wide array of hot news, fun stories, pictures, and videos available at KUFS Global Tourism Department. Please don't miss it!
  • 学生広報隊のメンバーの一部が集まってハイポーズ!

2018/12/14 05:30:00 Xreading Program 英語多読プログラム

  • Categoryお知らせ
  • Posted byKUFS Global Tourism
こんにちは!

今日はグローバル観光学科の学生たちが取り組んでいるXreading(エックスリーディング)という英語多読プログラムについてご紹介します!

まずは、そもそも英語の多読プログラムとはどんなものなのでしょうか?ご存知の方も多いと思いますが、すこし説明してみたいと思います。多読プログラムとは、文字通り、外国語をとにかく沢山読むことで語学力の向上をはかる方法です。

授業では、やや難しめの英文を使用して単語や文法について学び少しずつ読み進める精読という方法がとられることが多いですが、主に学生の自主的な語学学習として利用されている多読プログラムでは、比較的すらすらと読める優しい難易度の文章を、辞書を一切使わずに多く読むことが重要視されます。学生たちは自分の語学レベルにあった図書を選んで読み進め、読み終わったらネット上で内容の理解度をはかるテストを受けて、それに合格すると読破語数が累積される仕組みです。

京都外大には、多読用の図書専用の閲覧室が、図書館の隣にある八号館の地下にありますが、より学習者の利便性を考えて、この多読用図書をパソコンや携帯端末上で利用できる形にしたものがXreadingシステムです。

グローバル観光学科では、このXreadingを英語学習に採用し、学期ごとに目標を設定して取り組んでいます。自分の学習の到達度の確認や目標設定がしやすいこともあって、多読の効果は大きく、自主学修のみでTOEICの点数を大幅にあげるケースも稀ではありません。1年次生の宮本さんもそんな一人です。
    
「春学期に10万語を読んだら、TOEICの点数が100点上がりました。1月の終わりにあるTOEICのIPテストに向けて、秋学期では20万語を読みたいと思っています」(1年次生、宮本千晴さん談)

一般に、30万語を読むと英語の力が飛躍的に伸びると言われています。まだトライしたことがない皆さん、挑戦してみませんか?


Hello!
Today, we are going to talk about an online extensive English reading program called Xreading. The Department of Global Tourism has been using Xreading in our English language education.

First of all, what is extensive reading?
Although many of you might already know this, let me explain for those who are not familiar with it. Extensive reading is a method of foreign language learning which focuses on the reading of a large amount of texts.

In English classes at Japanese universities, it is relatively common to read texts with content that is more challenging than the learners' current level, and learners are expected to study words and grammar before and after classes. On the other hand, under the extensive reading approach, students read for their own pleasure, at a difficulty level at which they can read smoothly without looking up words or translating. Students can evaluate their reading skills by taking comprehension quizzes after reading each book. Also, the number of words in books is accumulated when the students passed the quizzes.

Kyoto University of Foreign Studies has an extensive reading room at the basement of Building 8, but the use of Xreading system enables learners to have access to hundreds of graded readers without going to this library room. Because Xreading is a virtual library, students can have access to all of the graded readers from anywhere, at anytime.

The Department of Global Tourism has adopted this Xreading system, and students study English with goals each semester. The Xreading has already brought some students effective results as follows.
    
"I read 100,000 words during the spring semester, and my TOEIC score jumped 100. I am planning to reach 200,000 words by the end of January to prepare for the next TOEIC IP test"(By Chiharu Miyamoto, 1st-year student)

Generally, 300,000 words are considered as an approximate figure to attain a level of reading fluency.If you haven't started Xreading yet, why don't you try it?
  • 4号館で携帯でXreadingに取り組む宮本さん
  • 彼女が読んでいたのは、、、?
  • 白雪姫でした!

2018/11/21 21:00:00 Community Engagement Program コミュニティエンゲージメント

  • Categoryお知らせ
  • Posted byKUFS Global Tourism
こんにちは!
木の葉が色づく季節になりました。
季節の変わり目、お疲れなど出ていませんか?

さて、今週グローバル観光学科では、来年から始まる「コミュニティエンゲージメント・プログラム」の選抜面接が行われています。「コミュニティエンゲージメント・プログラム(略称CEP)」とは、世界中の地域社会を活動の場に、地域のコミュニティの人びととの協働や連携を通じて、共通する課題解決に取り組む学生参加型プロジェクトのことで、本学国際貢献学部の学びの核となるプログラムです。

2019年度にグローバル観光学科で実施が予定されているCEPは次の8つです。
①海外プログラム 
全て2019年11月~12月実施
・マレーシア(ペナン島)担当:吉兼先生 
受入:University Sains       
・オーストラリア(メルボルン)担当:野﨑先生
受入:Deakin University English Language Institute
・グアム 担当:廣岡先生
受入:近畿日本ツーリストおよび斡旋企業等
・ベトナム(ホーチミン)担当:廣岡先生
受入:近畿日本ツーリストおよび斡旋企業等

②国内プログラム 
・京都市内 担当:村山先生
実施時期:2019年8月~9月
受入:京都市内旅館など
・福井県越前町 担当:南先生
実施時期:2019年5月~2020年1月 合宿と週末(月1回程度)
受入:増谷・古屋・熊谷西三区自治協議会
・兵庫県城崎町 担当:原先生
実施時期:①2019年8月~9月、②2019年11月~12月
受入:城崎温泉の旅館
・京都府京丹後市 担当:岸岡先生
実施時期:2019年8月~9月
受入:京丹後市観光局斡旋施設

<担当者からのひとことプログラム紹介>
海外プログラム(オーストラリア)野﨑先生
オーストラリア・メルボルンにあるディーキン(DEAKIN)大学Burwoodキャンパスにて5週間と京都外大1週間のコミュニティエンゲージメント活動をおこないます。平日午前は100カ国から留学生が集まる英語研修を14時過ぎまで受講します。平日午後と週末はテーマ別ツーリズムプロジェクトをチーム別におこなうために現地訪問。意見交換、アンケートなど調査をしてプロジェクトの報告書を作成します。

国内プログラム(福井県越前町)南先生
2013年から福井県越前町で取り組んでいるフィールドミュージアム活動では、地域を博物館と見立て、地域の中のさまざま資産(たとえば里山や農業、産業、暮らしなども含め)の価値を新たに発見し、地域課題解決に向けて地域住民と協働しています。限界集落、持続可能な無農薬米作り、福井県伝統産業「越前焼」復興が当面のテーマです。活動は月1回程度、2~3泊で行います。グローバル観光学科の学生さん自らの視点でフィールドを調査し、課題解決に向けた提案、社会実験を行います。そして、活動が終了後も「楽しかったら」引き続き一緒に活動していきましょう!


Hello!

The leaves have turned red here in Kyoto.
I hope you are enjoying your autumn!

Today, I'm going to talk about "Community Engagement," which forms the core of what we study in the Faculty of Global Engagement. It is a project aimed at tackling and resolving social issues by working together with members of communities throughout the world.

For the year 2019, there are eight programs for Global Tourism students as follows.
①Overseas Programs (to be conducted from November to December 2019)  
・Malaysia(Penang)Program at University Sains       
By Prof. Yoshikane      
・Australia(Melbourne)Program at Deakin University English Language Institute
By Prof. Nozaki
・Guam Program with KNT-CT Holdings Co., Ltd.
By Prof. Hirooka
・Vietnam(Ho Chi Minh City)with KNT-CT Holdings Co., Ltd.
By Prof. Hirooka 

②Domestic Programs 
・Kyoto Program (Internship at Japanese traditional inns etc.)
By Prof. Murayama
August to September 2019
・Fukui Echizen-cho Field Museum Program
By Prof. Minami
May 2019 to January 2020 (Monthly activity)
・Hyogo Kinosaki Program (Internship at Japanese traditional inns)
By Prof. Hara
1)August to September 2)November to December 2019
・Kyoto Kyotango City Tourism Internship Program
By Prof. Kishioka
August to September 2019


Overseas Program(Australia)By Prof. Nozaki
This program includes a 5-week study at the Burwood Campus of Deakin University in Melbourne, Australia plus 1-week community engagement activities at KUFS. On weekdays, participants will study English in the morning at the campus with international students coming from 100 countries. Weekday afternoons and weekends will be used for conducting group-based fieldwork research and compiling project reports related to tourism themes.

Domestic Program (Echizencho, Fukui) By Prof. Minami
This program is based on the field museum project in which KUFS has continued its partnership with the residents of Echizencho since 2013. Participants will be given chances to learn about such themes as marginal settlements, sustainable organic agriculture, and the restoration of the traditional Echizen pottery through their active involvement in fieldwork research, solution making, and social experiments.




  • メルボルンはどこでしょう?
  • 福井県越前町の地域住民のみなさん
  • コミュニティエンゲージメント活動中!

2018/04/28 00:00:00 エアライン現役社員による講義が行われました/Special Lecture by Airline Staff

  • Categoryお知らせ
  • Posted by萬谷
2018年4月18日(水)のEnglish for AirlinesⅠでは、ANA国際線旅客サービス部に勤務する現役社員(京都外国語大学卒業生)を東京からお招きして、就職活動・業務に関することや国際線業務に必要な英語力、エアライン専門用語等に関して講演をして頂きました。

受講者からは「エアラインで働くにあたって必要な英語力と勉強方法」「JALとANAの違い」「仕事のやりがいと苦労」「学生時代にやっておいたほうがいいこと」等に関して質問があり、若手現役社員の立場から率直な回答を頂くことができました。

またゲスト講師からは「エアラインの業務は華やかに見えて安全が最も優先されるミスのできない業務。入社後の研修やステップアップのプロセスにおいて、常に「勉強すること」が求めれられるため、日々の努力が大切」とのアドバイスがありました。

講義後、受講者からは「“あんちょこ”と呼ばれる手書きのマニュアルノートの厚さに驚いた」「サービスが第一だと思っていたので、保安業務の重要性を知ることができて良かった」「フルサービスキャリアの国際線業務では英語が必須。端末と呼ばれるコンピューターも全て英語だと知り、更に英語力を磨きたいと思った」「渡航書類のチェックやインアド(入国拒否)の業務については全く知らなかったので、実際のお話を聞くことができ勉強になった」「年齢の近い卒業生のお話だったので、身近に感じることができた」「エアラインでは実際に英語の専門用語が多いことに驚いた」「入社したら終わり、ではなくその後の努力が大切であることを知った。今日のお話を就職活動に役立てたい」等の感想がありました。

京都外国語大学からは毎年多数のエアライン合格者を輩出しています。これからも現役社員をお招きして、書籍やインターネットからは知ることができない最新の情報を学生に提供する機会を設けたいと考えています。

グローバル観光学科 萬谷
  • エアライン現役社員のお話に、熱心に耳を傾ける受講者

Page top