ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS

お知らせ

2019/09/19 00:30:00 コミュニティ・エンゲージメント・プログラム越前スタート

  • Categoryお知らせ
  • Posted by南 博史
The faculty of Global Engagement has a unique off campus program called Community Engagement Programs (CEP). CEPs have been in progress since August, and our 2nd year students have been actively involved with different communities both in Japan and overseas. Today, Prof. Minami will report on his CEP in Echizen which collaborates with Echizen field museum activities to come up with solutions to tackle local issues through tourism.

 グローバル観光学科コミュニティ・エンゲージメント・プログラム(CEP)越前を担当する教員の南です。CEP越前の最初の活動が9月13日(金)~17日(火)の予定で始まりました。
 CEP越前は、越前町熊谷地区を中心に京都外国語大学国際文化資料館および博物館学芸員資格課程が2013年度から行っている越前フィールドミュージアム活動と協働して、コミュニティの中で約5か月の間、地域に密着した活動を定期的に行います。地域のさまざまな資産を活用し、観光の視点から地域課題解決に向けた提案を行うのが目的です。
 プログラムは、9月、10月、11月、11月末~12月初めと、1月の5回、各4,5日で実施します。また、この期間以外でも越前フィールドミュージアム活動に参加することもできます。
 9月の活動はCEP越前のスタートになります。まずはCEP越前前半の活動を紹介します。
さて、春学期のコミュニティ・エンゲージメントワークショップII(CEW2)の授業では、この活動の中心の一つ「無農薬コメ作り」をとりあげました。熊谷地区の水と空気の綺麗な山間地で、身体によいコメ作りを行っている若手農業士の井上高宏さんに講師に来ていただいて「中山間地からみた日本の米作りの課題」について話を聞きました。さらに、プレ活動として古熊谷の谷水田での稲の手植え体験にも参加するなどして、事前学習をしてからのスタートとなりました。学生諸君にとっては現地を最低一度は見てもらったこともあって、地域に入るハードルは多少低くなったのではないかと思います。
 今回の活動は春に田植えをした古熊谷の田んぼでの稲刈りがメインでしたが、残念ながら稲がまだ未成熟ということで断念。しかし、コンバインでの稲刈り、乾燥、籾摺りという行程を体験・見学するということで春からのコメ作りを一通り経験することができます。
 一方、「クサネム」と呼ばれている雑草の除去に取り組みましたが、田んぼに入って稲の間にびっしり生えている「クサネム」を一本ずつ引き抜いていく作業はほんとうに大変でした。でも、みんなのおかげで、稲穂がそろう綺麗な田んぼに生き返りました。
  • CEP越前9月スタート!
  • CEP越前9月 若手農業士の井上くんとのミーティング
  • CEP越前9月 クサネムとの闘い!よみがえった水田は次回に!

2019/08/13 02:40:00 ICC Summer College 2019

  • Categoryお知らせ
  • Posted byStudent Reporter
こんにちは。グローバル観光学科2年次生の清水玲美です。先月下旬、私の母校でもあるヴォーリズ学園近江兄弟社高校国際コミュニケーションクラス(ICC)の2年生の生徒さんたちが京都外国語大学に勉強しに来られました。

毎年この時期に来校されていて、私も去年に引き続き参加させてもらいました。3日間、大学の教授による授業を受けられ、最終日の7月24日には私を含め卒業生と交流する時間が設けられています。そこで今回は6人の卒業生が参加しました。

6つのグループを作り、それぞれのグループに卒業生を1人配置し、学部の内容、大学での生活、将来の夢などを話しました。“ICC”という大きな共通点があったため、話はとても弾み、また私自身、高校時代の思い出を振り返ることもできました。

Hello. I'm Remi Shimizu, a second year student of the Department of Global Tourism Studies. Last month, the 2nd year students of the International Communication Class (ICC) of Omi Brotherhood High School came to KUFS for experiencing college life for three days. They come to KUFS every summer, and this is my second time to interact with them as their OG.

They took professors' lecture classes for three days, and on the last day, July 24th, there was a time scheduled for the high school students to communicate with the six KUFS students including me who graduated from the same program.

We made six groups placing one graduate in each group. We then talked about the educational contents of our department, our life in college, and our dreams for the future. Because of our shared memories of "ICC," we were able to have a lively conversation. It was also a good chance for me to look back on my high school memories.

2019/08/05 17:30:00 Community Engagement Programs

  • Categoryお知らせ
  • Posted byStudent Reporter
こんにちは!グローバル観光学科2年次生の宮本千晴です。

みなさん楽しい夏休みを過ごしていますか?

さて、今週から京丹後と城崎温泉、湯田中温泉(渋温泉)のCommunity Engagement Program (CEP)が始まりました!京都も今夏おこなわれ、越前も活動が続いています。

この様子を、学生広報隊の公式Instagramに今後載せていきます!ぜひ見てみてください!!

“#kufsgt_ce_行き先”、 ”#ce_行き先” で投稿しているので、ハッシュタグ検索して確認よろしくお願いします!

ちなみに行き先の表記は、以下のとおりです。
城崎温泉➡Kinosaki、湯田中温泉➡Shibu、京丹後➡Kyotango、京都➡Kyoto、越前➡Echizen

グローバル観光学科そして学生広報隊の公式インスタアカウントの@kufsgtと@kufsgt_student.reporters のフォローも合わせてお願いします!!!

Hello! My name is Chiharu Miyamoto. I am a second year student from the Department of Global Tourism Studies.

The following three Community Engagement Programs have just started!

*Kinosaki Onsen
#kufsgt_ce_Kinosaki, #ce_Kinosaki

*Yudanaka (Shibu) Onsen
#kufsgt_ce_Shibu, #ce_Shibu

*Kyotango
#kufsgt_ce_Kyotango, #ce_Kyotango

Additionally Echizen and Kyoto programs are also scheduled during this summer.
#kufsgt_ce_Kyoto, #ce_Kyoto
#kufsgt_ce_Echizen, #ce_Echizen

Please check the above hashtags to get information on our CEP activities!!

You can also follow us on our official Instagram account  @kufsgt_student.reporters!
  • 城崎温泉:西村屋さまで6名、但馬屋さまで1名が企業活動に参加
  • 越前: 地域の「くまカフェ」で名物の牛丼を準備する学生たち
  • 京丹後: テレビ撮影で京丹後に来られた学科長のジェフ先生と共に

2019/07/19 01:10:00 教員紹介:吉兼秀夫先生

  • Categoryお知らせ
  • Posted byStudent Reporter
皆さん、こんにちは!グローバル観光学科2年次生の遠藤櫻です。
私は吉兼秀夫教授にインタビューをしてきました。

① ご出身
山口県生まれ東京育ち、現在、奈良県明日香村在住です。

② 専門

観光社会学、観光における「図と地」論、エコミュージアム。

③ 好きな言葉
なんとかなる。自分の人生を通して、諦めずに挑んだから上手くやれたと学んだから。

④ 好きな食べ物
日本酒。お寿司、エスカルゴ。

⑤ 学生のうちにしておくべきこと
沢山失敗すること。失敗や面倒臭いことから価値が生まれるから。また、沢山の人と関わりを持つこと。

Hello, everyone. My name is Sakura Endo. I am a sophomore in Global Tourism Studies. Today, I would report about Professor Hideo Yoshikane.

① Where are you from?
I was born in Yamaguchi and raised in Tokyo and currently live in Asuka Village, Nara.

② What do you specialize in?
I specialize in Tourism Sociology and the theory of “figure and ground” in tourism. And also, I am researching about eco-museum.

③ Could you tell me your favorite words?
“ Everything will be OK in the end” Through my life, I learned that I did well because I never gave up.

④ What is your favorite food?
Rice wine(sake) , escargot and Sushi.

⑤ What do you think are the important things students should do in college?
The greatest lesson is failure. Failures and troubles bring meaningful worth. It is also important to engage with many people.
  • 吉兼秀夫先生

2019/07/12 09:00:00 留学生広報隊が発足しました!

  • Categoryお知らせ
  • Posted byInternational Student Reporter
みなさん、こんにちは! 今月からグローバル観光学科では留学生広報隊を発足させ、留学生の視点からも、情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします!記念すべき第1回は、中国出身のオウゼンさんです。


我的日本留学生活

从来日本语言学校读书一直到现在进入大学已经有两年半的时间了,日本留学生活跟来日之前的想象还是有很大差别的,留学生活过程中遇到的困难和问题也远远多于生活在中国的时候,由于家人不在身边虽然不适应但是也渐渐在一个人的生活中学会了自己独立面对和处理各种问题,这也是我认为在留学生活中收获最大的地方。在这两年半的时间里有八个月是在语言学校度过的,八个月后我便进入了现在的大学,大学生活跟语言学校是非常不同的,由于全部都是日语授课而且时间很长,刚刚开始时自己并不能很好的适应,觉得什么也听不懂压力非常大。但是就是在这样的学习过程中慢慢的我发现自己不仅能听懂了而且日语水平也有了很大提升,语言学校的课虽然很简单易懂但是富有挑战的大学才是能真正提升语言水平的地方,所以很庆幸自己能够进入京都外国语大学学习。留学生活进行到现在,虽然经历了种种困难但是我也在这个过程中慢慢成长和强大起来,所以我很感谢能有这次的留学经历,是它让我收获了无数无比宝贵的经验。


私の日本留学生活

日本に留学してから、もう二年半が経過した。日本の留学生活は日本に来る前の想像とずいぶん違っている。出会った困難や問題も中国に住んでいた頃より遥かに多かった。例えば、日本に来たばかりの時は、日本語が下手で毎回コンビニに買い物に行くのもとても緊張した。自分で部屋を借りることができなくて、中国の不動産会社に仲介を頼んだ。家を借りるとき、日本語がうまくできないので、知らない間に電気会社を2つ契約した。そのため、違約金を支払わねばならなかった。

最大の困難は日本に来て六ヶ月後、歯が一気に四本も壊れた。コミュニケーションが問題になって、治療にも時間が長くかかりすぎてしまい、重要な試験の前に歯の治療のためにわざわざ中国に帰った。それでも、家族がそばにいないことにも慣れ、そのうちにだんだん一人の生活の中で自分で独立していろんな問題に直面して処理することを学んだ。これが留学生活の中で一番大きな収穫であると思う。

この二年半の間、最初の八ヶ月は日本語学校で過ごした。その後、京都外国語大学に入った。大学生活は日本語学校とはとても違っている。授業は全部、日本語になって、しかも時間が長いので、最初の頃は自分ではうまく適応できなかった。授業の内容も、うまく理解できないのでストレスがたまる。しかし、このような学習の過程で次第に、自分が聞き取れるようになっただけでなく、日本語のレベルも大幅に向上したことに気づいた。語学学校の授業は分かりやすいけれど、挑戦的な大学こそ本当に語学力を高めるところだと思う。だから、自分が京都外大に入って勉強して本当によかったと思う。留学生活では今までいろいろな困難を経験したが、私もこの過程でだんだん成長し、強くなった。今では、日本での留学経験を持つことができて、とても感謝している。

  • 1年次生春学期で一番好きだったpublic diplomacyの授業:最終回の授業でみんなと記念撮影
  • 京都で一番好きなラーメン屋さん

Page top