ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS


2019/03/12 02:40:00 マレーシアからの現地レポート

  • Categoryお知らせ
  • Posted byStudent Reporter
こんにちは。グローバル観光学科1年次生の遠藤櫻です。今回は、京都外大のマレーシア英語研修について現地レポートしたいと思います。

このプログラムは1年次生から3年次生までが参加することができます。国立マレーシア科学大学(USM)のヒューマニティ(人文)学部の教授から、TOEIC対策に関する授業を主に受けながら、マレーシア文化研修を経験するプログラムです。本学とUSMは提携を結んでおり、2016年8月にはキャンパス内にKUFS-USM Japanese Cultural Centreが設立されています。

マレーシアではマレー語が公用語ですが、かつてイギリス領だったこともあり、英語も共通語としてよく使われています。

USMのあるペナン島は、日本との気温差が大きく、日中はとても日差しが強いです。そのため、水分補給が欠かせません。また、食文化については、マレー系、中国系、インド系の3つの民族が大半を占めているため、それぞれの代表料理を食べることができます。USMの食堂やナイトマーケットで本場のハラールフードなども食べています。ハラールフードとは、イスラム法上で食べることが許された食材や料理のことを指します。

さらに、現地の小学校訪問や観光ツアーもあります。休日には、バディと呼ばれる同世代のUSMの学生と共に有名な観光地のある世界遺産のジョージタウンに出かけたり、ショッピングモールに買い物に行ったりもしています。引き続きTOEICの勉強もしながら、マレーシアでの観光を楽しみたいと思います。

Hello, my name is Endo Sakura in Global Tourism Studies. Today, I would like to report on the KUFS English Language Program in which I am currently enrolled at Universiti Sains Malaysia (USM).

First to third year students can participate in this program. We prepare for TOEIC tests and also study Malaysian culture from the professors of Faculty of Humanity at USM. KUFS has had a partnership with USM. In August 2016, the KUFS-USM Japanese Cultural Centre opened on the campus of USM.

The official language of Malaysia is Malay, but English has also been commonly used partly because Malaysia used to be under British control.

The temprature of Malaysia is really different from that of Japan. Since the sun light is terribly strong in Penang, we are concerned about rehydration. In the meantime, speaking of the food culture of Malaysia, there are three types of cuisnines: Malay, Chinese, and Indian. We can eat each representative meal. I usually eat halal foods at the USM cafeteria, night markets, or local halal restaurants. Halal foods refer to foods that Muslims are allowed to eat or drink under Islamic law.

We also visited a local elementary school and went on a school trip. On weekends, we go shopping with an USM student buddy and go to a tourist spot like George Town which is a famous world heritage site. I hope to go sightseeing more in Malaysia while studying hard for TOEIC.
  • 鶏肉とナンに似たハラールフード
  • ジョージタウンの街並み
  • マレーシアで最古の英国国教会、セントジョージ教会

2019/02/28 19:00:00 フリーガイドクラブ

  • Categoryお知らせ
  • Posted byGT Student Reporter
こんにちは、グローバル観光学科1年次生の関戸友香です。今回は、グローバル観光学科に直接関わりはないのですが、観光と関係のある部活について紹介したいと思います。

私はフリーガイドクラブという部活に所属しています。この部活では、毎週土曜日に各社寺を訪れて外国人に話しかけ、英語で無料のガイドをさせていただくという活動をしています。協力していただいている社寺は、金閣寺、清水寺、龍安寺、平安神宮の4社寺で、火曜日から金曜日のお昼休みに各班土曜日に訪れる社寺の練習をしており、ガイド本番では情報の書いてあるノートなどは一切見ずに行なっています。

これだけを聞くととても厳しい部活だと感じられると思います。しかし、私がこの1年間にフリーガイドクラブの活動から得たものはとても大きいです。まず、京都の大学に通っているけれど、有名な寺社の情報をよく知らないという人が大半だと思いますが、この部活ではそれらのことに加え日本文化もたくさん学べます。また、ガイドさせていただいた方の国の文化との違いなどを話して楽しめるなどの異文化理解のきっかけにもなっています。

そして、情報を覚えて練習していると、もちろんなかなか思うようにいかずになげだしたくなったり、辛いと思ったりすることもあります。そんなとき、同期の仲間の存在が大きくあります。悩んでいるのは自分だけではないことに気づかされ、また頑張ろうと思えます。

土曜日のガイドが終わると毎回、あの情報が言えなかったとか、あのときこう言っていればよかったなどの反省も多くありますが、1番には楽しかったと思えることがとても多いです。これは練習を頑張ってきた証だと思っています。

みなさんにも、所属している部活や様々な活動で同じような気持ちになったことがあるのではないでしょうか。この活動を通して得られることを忘れずに、今後も活動していきたいです。


Hello! I am Tomoka Sekido, a 1st year student at the Department of Global Tourism. Today, I'm going to report on my engagement in tourism-related club activities.

The club that I belong is called a free-guide club. The members of this club visit temples and shrines on every Saturday and talk to foreign tourists and offer free English guide services. Our partner temples and shrines include Kinkaku Temple, Kiyomizu Temple, Ryoan Temple, and Heian Shrine. From Tuesday to Friday, we practice on campus and on Saturday, we go out on the field and provide guide services without looking at any memos.

It might sound like a tough club activity, but looking back, in the past year, I gained a lot from my engagement in the free-guide club. First of all, I was able to learn more about Japanese culture in addition to all the detailed information about famous temples and shrines in Kyoto. Also, by interacting with foreign tourists, I was able to learn from cultural differences.

Of course, it's not always fun. Sometimes, memorizing information is challenging, and I feel attempted to give up. But in such moments, I have friends and colleagues to count on. Working with them encourages me to work harder.

Whenever we finish our guide activities on Saturday, we have something to regret on. We always think we could've done better. Yet, it also makes us feel that we had a great time. I think we feel that way because we practiced enough.

How about you? You might have had the similar experiences through your club activities. Cherishing these experiences, I hope to continue my engagement with the free-guide activities.


  • 清水寺で同期と
  • 龍安寺でガイド中

2019/02/22 12:20:00 KUFS Global Tourism Represented at SXSW

  • Categoryイベント
  • Posted byKUFS Research
みなさん、こんにちは!
グローバル観光学科の専任教員であるエリック・ハーキンソン先生が来月半ばにアメリカ合衆国テキサス州オースティンで開かれる大衆文化に関する世界最大級のイベント、South by Southwestに参加し、発表される予定です。

本イベントでは、ハーキンソン先生のご専門であるAR(仮想現実)の観光と教育分野での活用について、講演をされるほか、当該テーマでのコンテストにもエントリーされます。

ご講演の内容の一部は、この春からハーキンソン先生が担当される「ゲームにもとづく観光」、「ニューメディア実習」といった授業でも取り扱われる予定です。

ハーキンソン先生はテキサス州でのご発表のあと、マレーシアのクアラルンプールでもこうしたテクノロジーに対する関心が高まるアジアの教育者を対象とした国際会議に日本代表として参加されるとのこと。

ハーキンソン先生の詳しいご研究内容については、下記の各リンクをご覧ください!


Photo of the Remarkables mountain range in Queenstown, New Zealand.

KUFS Global Tourism Faculty Eric Hawkinson will be representing the department at one of the worlds most attended events on popular culture in the world. South by Southwest (abbreviated as SXSW and colloquially referred to as South By) is an annual conglomerate of film, interactive media, and music festivals and conferences that take place in mid-March in Austin, Texas, United States. It began in 1987, and has continued to grow in both scope and size every year. In 2017, the conference lasted for 10 days with SXSW interactive lasting for five days, music for seven days and film running concurrently for nine days. Comedy and gaming components to the festival are particularly fast-growing.

Eric will be speaking at the event as well as entering into some immersive education design competitions. He will be speaking on his work in immersive learning environments, mostly the use of augmented reality for education and tourism. The talk is titled The Augmented Learner: Automating Human Inquiry - a direct link to the information found here.

These topics will be introduced in two classes in which Eric will teach for the department of tourism this spring called 'Game Based Tourism' and 'New Media Lab' where students will learn about how game theory and technology might be utilized in tourism development in the future.

Eric also was invited to an event in Singapore last year to talk about this very same topic. Here is an interview from that event.


After his talk at SXSW in Texas, Eric will be headed to Kuala Lumpur to represent Japan at an educational leadership conference. Educators from around Asia are becoming increasingly interesting in augmented and virtual technologies for educational purposes.

Find out more about Eric's projects on his website
http://erichawkinson.com
  • The Augmented Learner: Automating Human Inquiry The Augmented Learner: Automating Human Inquiry

2019/02/19 19:40:00 母校でおこなわれたイベント「京都外大デ―」に参加

  • Categoryイベント
  • Posted byGT Student Reporter
こんにちは。グローバル観光学科1回生の清水玲美です。2月13日に私の母校であるヴォーリズ学園近江兄弟社高等学校で開催されていた「京都外大デー」に卒業生として参加してきました。今回はその京都外大デーについての報告をしたいと思います。

私の母校と京都外国語大学は高大連携の関係にあり今回の京都外大デーでは学校紹介、入試説明とあわせ、卒業生のスピーチやジェフバーグランド先生による講義も開かれました。ジェフバーグランド先生には「英語vs日本語 ~発信力vs受信力~」と題して講義をしていただき、今の日本人は受信型であるため発信していく力も身につける必要があることを教わりました。

100人を超える生徒が集まり、ジェフ先生の講義のおかげもあって、とても和やかな京都外大デーとなりました。

Hello, my name is Remi Shimizu in Global Tourism Studies. On February 13th, I participated in a event called "KUFS day" that was held at Omi Brotherhood Senior High School, the school I graduated from. . Today, I want to report about this "KUFS day"event.

My high school and Kyoto University of Foreign Studies (KUFS) have established a collaborative relationship. In this "KUFS day"event, there were explanations about the universityand its entrance examination. In addition, I talked about my college life and the reason why I entered KUFS. After that, the head of the Global Tourism Department, Prof. Jeff Berglund gave a lecture . The title of the lecture was "English vs Japanese ~the Power of Sending vs the Power of Receiving ~". Prof. Berglund emphasized that contemporary Japanese people need to acquire the skills to be more expressive they tend to be receptive.

Over one hundred students participatede in this KUFS day event. and thanks to Prof. Berglund’s lecture, the high school students seemed to enjoy this event very much.
  • 母校でおこなわれた京都外大デー
  • 卒業生として登壇した同級生と一緒に

2019/02/12 02:10:00 観光研究・調査法

  • Categoryイベント
  • Posted byGT Student Reporter
こんにちは。私はグローバル観光学科の1年次生の遠藤櫻です。今回は、私たち観光学科の選択授業の1つである「観光調査・研究法」の授業についてレポートしたいと思います。

この授業の内容は大きく分けると2つあります。1つ目は額面通り観光を調査・研究する上で必要な基礎的概念や調査手法についてです。マーケティングやSWOT分析、観光スタイルの特性比較などを学びます。2つ目は、グループに分かれて、京都観光をテーマに自由に調査課題を設定し実際に調査を行います。それぞれの班で調査した後、調査報告会を行います。

私たちの班は、「イスラム信者が京都観光する上で欠如しているもの」について調査しました。グーグルフォームやインスタグラムのアンケート機能を利用して宗教に対する認識に関する統計をとったり、ハラールフードを提供しているお店にインタビューを行ったりしました。

この授業を通して、観光を調査、分析するための基礎的な考え方を学べたと同時に、上手くプレゼンテーションをするための知識や、レポート作成時にできる工夫、調査を行う上で気をつけるべきことなど、大学で学習する上で必要なことが学べました。

あっという間に1年次生としての授業が終了しました。2年次生になると、実際に国内外の現場に出て活動をおこなうコミュニティエンゲージメントや、観光ビジネスコースと観光政策コースに分かれてそれぞれおこなう授業があり、とても待ち遠しく思います。

写真提供:関戸友香(グローバル観光学科1年次生)


Hello, my name is Sakura Endo. I'm a first year student at the Department of Global Tourism.

Today, I would like to reflect on one of the elective courses in our department, which is called "Survey and Research Methods for Tourism."

This course consists of the following two parts. The first part deals with basic research frameworks and methods for tourism studies. Students are exposed to such topics as tourism marketing, SWOT analysis, a comparative approach toward tourism styles. The second part is centered on practical research activities associated with the theme of tourism in Kyoto. After conducting research on a group basis, students are expected to present their research results and analysis.

Our group did research on what is missing from Muslim tourists' life in Kyoto. We conducted a survey on people's awareness on religion using google forms and the questionnaire feature of Instagram. We also interviewed with store owners who provided halal food in Kyoto.

Taking this course gave me the opportunity to learn about the basic concepts and methods to conduct research and analysis on tourism. Also, we were able to study presentation skills and report writing techniques.


It was a fast year. I look forward to starting a new academic year which will be filled with more learning opportunities including community engagement programs and specialized course work on tourism business or tourism policy management.

Photos provided by Tomoka Sekido (1st year student, Global Tourism Department)
  • 今宮神社の雪
  • 夜の清水寺
  • 伏見稲荷の鳥居

Page top