ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS


2019/10/10 14:30:00 カメラから覗いた京都:番外編 仁和寺パート1 

  • Category観光情報
  • Posted byStudent Reporter
こんにちは。グローバル観光学科2年次生の島岡七海と浦谷歩です。

今回、私たちは、世界遺産に登録されている京都市右京区にある真言宗御室派の総本山、御室仁和寺様に訪問させていただき、財務部管財課、拝観課の金崎義真様にインタビューさせていただきました。普段、この「カメラから覗いた京都」のシリーズでは、私たちの大学からのアクセスの仕方や学生からの視点でのお寺紹介などをしていますが、今回は、有難いことに「明日の京都 文化遺産プラットフォーム」様からのご紹介で、初めてお寺で実際に働いておられる方にインタビューをさせていただくことができました。私たちは事前に質問を用意し、それに対するご回答も準備いただいていましたが、現地で実際にお目にかかってお話を伺うと私たちの予想していたお寺のイメージが覆るようなお話も伺うことができました。事前の質問紙でのやりとりと、当日のインタビューでの対話の様子を二回に分けてお伝えできればと思います。

私たちは今回、仁和寺で働いておられる方が、訪れてくる訪日外国人観光客と若い世代の日本人観光客に対して、どんな印象をもっておられるのかというテーマを事前に設定し、質問紙を準備し、ご回答いただきました。以下が、そのやりとりの内容です。

1. 訪日外国人観光客を対応する際に、心がけていることは何か。また、逆に対応する際に大変だと思うことは何か。

言葉の壁

2. 訪日外国人のマナーについて。外国人観光客は、マナーが良くないとよく耳にするが、実際はどうなのか。

(現場スタッフの方からの意見)確かに外国の方のマナー違反は多く見かけるが、異文化コミュニケーションと思っているため、あまりマナーが悪いとは感じない。むしろ、少ないとはいえ日本人のマナー違反の方が悪目立ちして気になる。また、外国人のお客様に注意喚起を行うと素直に直して誤ってくださる方が多いと感じる。そのため、基本的なマナーや拝観方法など示すものがあれば親切かと思う。


3. 観光としてお寺に訪れる人に対して何か思うところがあるのか。

お寺の本来の目的とは違う形で成り立っていること。お寺であり、京都の観光資源であること。

4. 若い世代の日本人観光客が訪れることに対してどのように思うか。今現在、インスタグラムというSNSに写真を載せることが流行になっているが、そのためにお寺などで自撮りをしたりすることなどに対して、また若い世代のそういった行動に対してどのように思うのか。

拡散そのものは、悪くないと考える。SNSへの発信には撮影や素材の購入が伴うが、撮影マナーが悪かったり、撮影禁止エリアで撮影したり、写真だけを目的に素材を購入し、捨てる方など、マナーやルールを守らない方が問題になっているのであれば、はじめから当該者がルールとマナーも守ることを条件に撮影許可や販売を行えば良い。マナーやルールを設定しないことに問題があると考える。

5.私たち学生や若い世代が、お寺に訪れるうえで、これは、知っておかなければいけないというような基礎的な知識はなにか。(例えば、お寺の歴史、宗派についてなど)

お寺を構成する要素に、宗教(教義・理念・概念)が根本にあり、そこから、教典、建物、庭園、宝物、文書などなどの文化財史料を多く有している。それらは歴史的事実を裏付ける史料や、時代に応じた技術が用いられている宝庫であること。日本のアイデンティティが詰まったものともいえる。
よって、現代に於いて、宗教離れと云われているが、実は、身近に宗教を感じられるものがあふれていることに気が付いて欲しい。希望的観測ですが、そうなれば、お寺の教義や理念に敬意をはらいつつ、歴史や時代背景を考察し、現代社会に於いて、過去と現在の比較対象を寺院から得る事によって、教義や理念を再認識いただき、教義の布教に繋げたい。

私たちが、訪問する前には、上記のように、訪日外国人観光客と若い世代の日本人観光客への印象やマナー問題を中心に話を伺いたいと考えましたが、実際に金崎さんにお目にかかってお話を伺うなかで、滅多に聞くことができないような仁和寺の運営管理についてのお話も聞くことができました。次回はその点について、金崎様が、財産管理の視点から行われてきたことなどをお伝えします。乞うご期待。

  • 静かで穏やかな時間が流れていました
  • 仁和寺の正門を入ったところでハイ・ポーズ
  • 拝観課の大石様からも説明を受けました

2019/09/22 09:00:00 シンポジウム「観光における本物と偽物」

  • Categoryイベント
  • Posted by河上
皆さん、こんにちは!
昨日、本学で「京都観光アカデミックアライアンス(K2A2)」主催のシンポジウム「観光における本物と偽物」が開かれました。K2A2は、昨年立ち上がったばかりの京都にある専門学校から大学院までの観光教育機関の連携によるネットワークです。京都大学経営管理大学院、京都府立大学、平安女学院大学、大和学園、京都光華女子大学、京都外国語大学が加盟校となっています。

基調講演では、国際貢献学部グローバル観光学科長のジェフ・バーグランド教授が登壇し、「受け継ぐ京都人、伝える京都人、いま世界に伝えたい本物の力」と題して講演をおこないました。バーグランド先生は、「本物は時間経過を感じさせるもの」と最初に結論を提示したうえで、受信者責任型のコミュニケーションに長けた人々が多い京都では、古いものを変化しながら受け継ぐという力がすごいのだとご自身が住んでおられる京町屋の映像なども交え、熱く語りました。

休憩をはさんで、越前屋 俵太氏をファシリテーターに、第二部は「観光における本物と偽物」についてのパネルディスカッションがおこなわれ、京都大学で経営学を専門とし、サービス科学という分野で闘っているという山内 裕氏、日本史が専門で妖怪について先駆的な研究をおこなう久世 奈欧氏(京都光華女子大学短期大学部講師)、そして本学のグローバル観光学科の廣岡 裕一教授と原 一樹教授が登壇し、刺激的な議論を展開しました。

越前屋氏は、「本物」だという柴漬けを勧められて食べたときに、普段、食べている「偽物」のほうが好ましいと感じた経験に触れながら、高級な本物こそが良いという認識が一般的にあるが、それはどうなのだろうと問題を提起。それに対して、「皆、本物を求めながら、嘘だとわかっている」という指摘や、フェイクであることをわかっていてフェイクを楽しむ「ポストツーリスト」があらわれているという説明がありました。妖怪の文脈では、フェイクだけれども、もしかしたら本物がいるかもという感覚が存在するという指摘や、いないから不安になり、より本物を求めるという人間の心理についても話が及びました。

議論の終盤では、地域おこしや文化資源、これからの観光についてのビジョンに関する話も展開され、本物か偽物かという二元論がすでに崩壊していること、そして、そのなかで自己を否定し、批判する精神が本物を生み出すといった話も出ました。最後に、旅行者も進化しているなかで、あえて本物かどうかに固執しない主体性のあり方についても紹介されました。

登壇者の皆様、ご来場の皆様、ありがとうございました!


Yesterday, we had a symposium titled "The real and the fake in tourism" on our campus. The keynote speaker was the head of our department, Prof. Jeff Berglund. He emphasized the real potentiality of Kyoto as a place that has an immense capacity of receiving information and transcending the changing tradition.

The following panel discussions were led by Mr. Hyota Echizenya. The panelists were Dr. Yutaka Yamauchi (Kyoto University), Dr. Nao Kuze (Kyoto Koka Women's University, College of Life Design), Prof. Yuichi Hirooka, and Prof. Kazuki Hara from our department.

It was pointed out that tourists still would seek for something real in their tourism experiences but they also knew that what they experience would be fake. Some people even enjoy the fake tourism experiences, and these people were called "post tourists.

In the meantime, there was also a discussion that a binary idea of the real or the fake itself would be no longer effective. In addition, the researchers pointed out that self-criticism could be the source of producing something real.

  • 基調講演:ジェフ・バーグランド先生
  • パネル・ディスカッション:原一樹先生
  • パネル・ディスカッション:廣岡裕一先生

2019/09/19 00:30:00 コミュニティ・エンゲージメント・プログラム越前スタート

  • CategoryCEP活動紹介
  • Posted by南 博史
The faculty of Global Engagement has a unique off campus program called Community Engagement Programs (CEP). CEPs have been in progress since August, and our 2nd year students have been actively involved with different communities both in Japan and overseas. Today, Prof. Minami will report on his CEP in Echizen which collaborates with Echizen field museum activities to come up with solutions to tackle local issues through tourism.

 グローバル観光学科コミュニティ・エンゲージメント・プログラム(CEP)越前を担当する教員の南です。CEP越前の最初の活動が9月13日(金)~17日(火)の予定で始まりました。
 CEP越前は、越前町熊谷地区を中心に京都外国語大学国際文化資料館および博物館学芸員資格課程が2013年度から行っている越前フィールドミュージアム活動と協働して、コミュニティの中で約5か月の間、地域に密着した活動を定期的に行います。地域のさまざまな資産を活用し、観光の視点から地域課題解決に向けた提案を行うのが目的です。
 プログラムは、9月、10月、11月、11月末~12月初めと、1月の5回、各4,5日で実施します。また、この期間以外でも越前フィールドミュージアム活動に参加することもできます。
 9月の活動はCEP越前のスタートになります。まずはCEP越前前半の活動を紹介します。
さて、春学期のコミュニティ・エンゲージメントワークショップII(CEW2)の授業では、この活動の中心の一つ「無農薬コメ作り」をとりあげました。熊谷地区の水と空気の綺麗な山間地で、身体によいコメ作りを行っている若手農業士の井上高宏さんに講師に来ていただいて「中山間地からみた日本の米作りの課題」について話を聞きました。さらに、プレ活動として古熊谷の谷水田での稲の手植え体験にも参加するなどして、事前学習をしてからのスタートとなりました。学生諸君にとっては現地を最低一度は見てもらったこともあって、地域に入るハードルは多少低くなったのではないかと思います。
 今回の活動は春に田植えをした古熊谷の田んぼでの稲刈りがメインでしたが、残念ながら稲がまだ未成熟ということで断念。しかし、コンバインでの稲刈り、乾燥、籾摺りという行程を体験・見学するということで春からのコメ作りを一通り経験することができます。
 一方、「クサネム」と呼ばれている雑草の除去に取り組みましたが、田んぼに入って稲の間にびっしり生えている「クサネム」を一本ずつ引き抜いていく作業はほんとうに大変でした。でも、みんなのおかげで、稲穂がそろう綺麗な田んぼに生き返りました。
  • CEP越前9月スタート!
  • CEP越前9月 若手農業士の井上くんとのミーティング
  • CEP越前9月 クサネムとの闘い!よみがえった水田は次回に!

2019/09/04 07:30:00 シンポジウム「観光における本物と偽物」

  • Categoryイベント
  • Posted byKUFS Global Tourism
 We have a special upcoming event!
 
京都の観光教育機関の連携組織である観光アカデミックアライアンス(K2A2)の年1回のシンポジウムの実施が今月21日土曜日午後2時半から、本学を会場として開催されます!シンポジウムは171教室で、その後の交流会は4号館6Fでおこなわれる予定です。どうぞふるってご参加ください!!
今年のテーマは、「観光における本物と偽物」。越前屋俵太さんがファシリテーターを務め、グローバル観光学科のジェフ・バーグランド先生や廣岡裕一先生、原一樹先生も登壇します!
シンポジウムは参加無料、予約不要です。ご興味のある方はお気軽にお越しください!
交流会は予約制となっておりますので、下記のQRコードからお申込みをお願いします。飲食費2000円は当日お支払いいただければ、大丈夫です。
学内、学外からの皆さまのお越しを心からお待ちしています!!
 
 

 

2019/09/04 07:20:00 The Report of Mr. ENDO’s Special Lecture

  • Category授業関係
  • Posted byStudent Reporter
Hello, my name is Ayumi URATANI, a second-year student in the Department of Global Tourism Studies. I am going to report a special lecture held on campus called, “Trends in the Japanese Airline Market and Peach’s Business Strategy”, conducted in the class, Airline Business on Monday the 15th of July 2019. The special lecture was conducted by Mr. Satoru ENDO, Chief Corporate Planning Officer of Peach Aviation Limited. There were around 200 participants including faculty, staff, and students of Kyoto University of Foreign Studies (also including junior college and international students). In addition, Mei HAYASHI and Sohta HANAFUSA, who belong to the Department Global Tourism Studies, got to host the event on stage as MCs.

Mr. ENDO explained about the Japanese airline market’s transition and trends, and answered the question, “What is an LCC?”, and covered topics of Peach’s business strategy and future conception, and Kansai’s regional model to improve revitalization during his Powerpoint aided presentation. In addition, he also talked about the opportunity to enter the airline industry, doing business with ANA, secondment to Ministry of Foreign Affairs, his career at Peach, the severity of the airline industry, and overall ideas about being a member of society. When he talked about the severity of the airline industry, he said that “90% of an airline’s work is conducted at the site, and it is so hard for both physical and mental aspects.” I noticed that the work seems demanding but the people working in the airline industry make big efforts to make using aircraft safely, and my awareness of the industry changed. About goals for the future, he said that “in case of that you cannot work at the sort of occupation or corporation you want, you should be interested in various things, and you also ought to think about what you would like to do to get a job or how you can contribute to society to enter a large corporation.” I realized that joining the company I want is not the final goal in my life, but it is rather important how I can contribute to the corporation and society, and it is also important to have a wider perspective more and more. Thanks to that, I could face my future by finding out what I can do through this kind of work.

Peach as a company has stated a mission that “Peach serves as a bridge promoting the exchange of ideas, information, and cultural understanding between people.” Peach’s business strategy, which focuses on inbound travel from Asia, promotes a number of campaigns to grow airport and public transportation use, and they want to contribute to local communities. In the Department of Global Tourism Studies, there are so many students who are interested in revitalization through tourism. That’s why there were the students who were interested in Peach’s business strategy. After the special lecture, participants who belong to the Department of Global Tourism Studies and Global Studies along with faculty, asked him various questions. Some of the questions were about airline jobs and “How cost reduction is possible even though transportation maintenance cost is so high?” Students were impressed by his way of life and his words like “never give up” and “be optimistic”. Finally, all participants took pictures with the guest speaker while telling us how to do the “Peach pose”, which is making your hands into the shape of a peach, and he also taught us what our face cannot hide if we make the pause next to the face.

I took part in this special lecture, and it was an opportunity to think about how I can contribute to society during my study and in the future. I knew that the tourism industry can contribute to society and the world through Peach’s business strategy and Peach’s corporate philosophy. When I hunt for a job, I would like to face my future while keeping in mind Mr. ENDO’s words. We appreciate him taking time out of his busy schedule to visit our university. We also appreciate the cooperation of Peach Aviation Limited.
  • Guest speaker, Mr. Satoru ENDO
  • (Front row from right) Ms. HAYASHI (student MC), Mr. ENDO and Mr. HANAFUSA (student MC)
  • 200 participants attended the special lecture

Page top