ページの先頭です。ページの本文へ

グローバル観光学科ブログ RSS


2024/04/22 19:50:00 新入生をむかえて授業も進んでいます!

  • Category授業関係
  • Posted byGT Faculty
みなさん、こんにちは!
いよいよ先週から、授業もはじまりました。
新しくグローバル観光学科に仲間入りした1年次生のみなさんも、京都観光を通じて親睦を深めた新入生学科オリエンテーションを皮切りに、学生生活がスタートしました!

Global Engagementの授業では、初回から学科の多彩な先生方が登壇くださるいっぽう、今週は、Language Centerのショーン・ゲイ先生、黒瀬先生、松井様はじめ、留学生のルイスさんや、ピアチューターとよばれる学生スタッフのNatsuさん(英米語学科4年次生)もかけつけてくださり、アクティビティありyoutube動画ありの楽しい授業を展開くださり、京都外大のNINJAで楽しみながら語学を上達させるヒントを学びました!ランゲージセンターの皆様、ありがとうございました!!

Language Centerが運営するNinjaの予約は、こちらをごらんください!!

The new academic year has started with our beautiful freshman students!
For the class "Global Engagement," a good variety of teachers from Department of Global Tourism have shared their specialty and interest from the first class. Also thanks to the dedicated service of the staff of Language Center including Gay-sensei, Kurose-sensei, and Ms. Matsui as well as brilliant student peer turor Natsu and international student Lewis, GT freshman students were able to learn how to improve their language skills while having lots of fun meeting interesting people at KUFS.






  • 1年次必修授業「Global Engagement」で話す藤本茂先生
  • 藤倉なおこ先生は、英語学習の進め方についてお話しくださいました
  • ランゲージセンターによる英語の授業は笑いがいっぱいの楽しい時間でした!

2024/04/13 02:50:00 タイでのCEP活動報告

  • CategoryCEP活動紹介
  • Posted by広報隊廣田
皆さんこんにちは!グローバル観光学科3年次生の廣田歩夢です。大学生活も折り返しの3年目に突入し、今後の大学生活や将来やりたいこと、キャリアについて考える機会増やしていかないといけないなと強く感じています。

今回のブログでは春休み行われたタイでのCEPについて書いていきます。私たちのプログラムの最終ゴールはタイに来る日本人観光客を増やすために大学生が考える観光プランを発表することです。このゴールに向けて2月12日から3月5日までの約3週間、様々な見学や体験を行いました。それぞれの週で印象に残っていることについて共有をしていきます。

1週目にムエタイのレッスンを行いました。タイの国技として知られるムエタイですが、最近はその激しい動きからダイエット目的としても注目されています。実際にやってみて腰をひねって行う足技やひじをひねって行う防御など、全身運動であったことと日本に比べて暑いタイの気候の影響で全身が疲れました。レッスンが終わるとその日はもう何もやる気が起きなかったのを覚えています。

2週目、バンコクから車で2時間程離れたパタヤへ移動しました。パタヤはタイ有数のビーチリゾートとして知られています。滞在中、視覚、味覚を含め五感でタイの海を味わいましたが、清掃してもしきれない程のゴミが岸に打ち上げられており胸を痛めました。海岸清掃を行なって分かったこととして、PETボトルのゴミがやはり目立つということです。30~40分間清掃して5~6袋のゴミがありましたが、そのうちの大半をPETボトルが占めていました。海がきれいに見える理由としてサンゴによる働きがあると事前にタイの大学の授業にて解説を受けていた為、沿岸部で見た透き通るほどの美しい海を守るためにゴミを減らす努力を常にしなければならないと実感しました。

3週目、タイ国政府観光庁へ訪問しタイ観光における現状について講演をしていただきました。ここはタイ観光においてPRを専門にしているポジションだからこそ、タイが発信を強化しているコンテンツとその狙い、コロナから変化したタイ観光のスタイルなど大学での授業や事前学習だけでは理解をすることが出来なかったタイ観光の姿が分かり、今後の発表に向けて貴重な話を聞くことができました。

他にもスパイスや油、土や排気ガスが混ざった独特の香りを大量に吸った紙幣のにおい、タイならではの寺院、伝統工芸、オーガニックココナッツ農園、市場の中の活気など五感が刺激されっぱなしの期間でした。国土面積が日本の1.4倍を誇るタイ。事前に調べた行きたい場所も全て行くことが出来なかったことに加えて、滞在中に見つけたが、訪れられなかった場所などもあり、魅力が詰まっています。今回足を運ぶことのできたエリアはごく一部だからこそ、またタイへ行きたい。そう強く思った3週間でした。

Hello everyone! My name is Ayumu Hirota, and I am currently a junior in the Department of Global Tourism here at KUFS. As I reach the halfway point of my time at university, I find myself increasingly eager to explore opportunities that allow me to contemplate my future university life, my aspirations, and my career path.

Today, I'd like to discuss my experiences with the CEP, which took place in Thailand during our spring break. The primary aim of this program is to boost the number of Japanese tourists visiting Thailand by devising and presenting our own tourism strategies. To achieve this objective, we dedicated approximately three weeks, from February 12th to March 5th, to engaging in a series of visits and activities. I'm excited to share the moments that made a significant impact on me each week.

In the first week, we participated in a Muay Thai lesson. Muay Thai, recognized as Thailand's national sport, has also gained popularity as a method of weight loss due to its vigorous movements. The experience, which included a full-body workout involving hip twists for kicks and using elbows for defense, combined with Thailand's warm climate compared to Japan, left me utterly drained. I distinctly remember feeling completely depleted of energy after the lesson.

The second week saw us relocating to Pattaya, a two-hour drive from Bangkok. Known as one of Thailand's premier beach resorts, we immersed ourselves in the experience of Thailand's sea with all our senses. It was disheartening, however, to witness the considerable amount of trash on the shore, despite cleanup efforts. Participating in beach cleaning, I observed that plastic bottles were especially prevalent among the debris. Having attended a lecture at a local university about the crucial role of coral reefs in preserving the sea's beauty, I recognized the importance of ongoing efforts to reduce litter to maintain the pristine seas along the coast.

In our third week, we attended a lecture on the current state of tourism in Thailand at the Tourism Authority of Thailand. This institution, which specializes in tourism public relations, provided us with insights into Thai tourism that went beyond what we could learn from classroom instruction or preliminary research. We learned about Thailand's focused promotional strategies and how Thai tourism styles have evolved due to COVID-19. This lecture was not only valuable but will also be critical for our future presentations.

Moreover, throughout our stay, we were constantly stimulated by the sights, smells, and sounds of Thailand—from the scent of bills absorbing the aromas of spices, oil, soil, and exhaust gases, to the country's temples, traditional crafts, organic coconut farms, and the vibrant markets. Thailand's land area is 1.4 times larger than that of Japan. Although I couldn't visit all the places I had researched before coming to Thailand, as well as those I discovered during my stay, it's evident that Thailand is filled with attractions. My desire to return to Thailand is strong, as I only visited a few areas this time around. I made this resolution over the course of the three weeks.


  • majiでtsukareru 5秒前
  • パタヤでのダイビング
  • 農園だからこそ味わうことのできる特別な味

2024/04/01 15:20:00 ご入学、ご進級おめでとうございます!!

  • Categoryニュース
  • Posted byGT Faculty
新入生の皆様、ご入学おめでとうございます!!
在学生の皆様もご進級おめでとうございます!!!

春の陽気が気持ちいいですね。不安も期待もいっぱいの4月だと思いますが、グローバル観光学科の教職員一同、これから始まる2024年度を皆さんとキャンパスでご一緒できることを心から楽しみにしています。困ったことがありましたら、気軽にアカデミック・アドバイザーの先生や先輩に相談してください。2024年度も元気にがんばりましょう!よろしくお願いいたします!


Congratulations to all freshman students on your entrance to Kyoto University of Foreign Studies! Congratulations also to all current students on the start of your new academic year!

April is full of both anxiety and anticipation for everyone, but the entire faculty and staff of the Department of Global Tourism are sincerely looking forward to working with you on campus in the coming academic year 2024. If you have any problems, please don't hesitate to consult with people around you including your academic advisors.

Happy Spring!!


  • GTリーダーズとよばれる学科公認団体が新入生を手厚くサポートしてくれます
  • 学科オリエンテーションに参加する新入生のみなさん
  • キャンパスにも春がきています

2024/03/28 01:00:00 城崎温泉でのCEP報告

  • CategoryCEP活動紹介
  • Posted by広報隊河原
皆さん、こんにちは。グローバル観光学科2年次生の河原のどかです。今回は春休みに約1か月間、城崎温泉で行われたCEPのプログラムについてお伝えいたします。私たちは「西村屋ホテル招月庭」様にて就業体験をしつつ、城崎温泉の魅力をより多くの人に知らせるべくマップを作成しました。まず、城崎温泉は兵庫県北部にあり、1300年以上の歴史がある温泉街です。その中で西村屋様は160年以上の歴史を誇り、格式ある老舗旅館として存在しています。「西村屋ホテル招月庭」様は別館として約100室の客室を構える城崎温泉の中でも大規模な旅館です。私たちは主に客室部のお仕事を体験しました。午前中はお客様が朝食会場に行かれている間のお布団上げや、チェックアウト後のお部屋の清掃をしました。リモコンに定位置があったり、客室によってもアメニティが異なっていたりと、お客様が快適に過ごされるように徹底された清掃方法にハイレベルのおもてなしを感じます。およそ5時間の休憩をはさみ、夕方からは夕食配膳のサポートを行いました。お部屋やダイニング、宴会でのお食事の係を日替わりで担当しました。社員さんによって、接客の雰囲気が異なっており、間近でその接客方法を学べたのがとても良かったと感じています。お客様も優しく大学の実習で来ていることを話すと、「頑張ってね」とお声がけくださる方が多く嬉しかったです。

また、就業体験と同時進行で、現地調査として城崎温泉街のマップを作成しました。城崎に行ったことはなかったのですが、SNSや前チームの様子を見て、新しいお洒落なカフェなどが多くある温泉街ということは把握していました。予想していたように、実際に行ってみて、行列ができるようなあんドーナツのお店やたまごパンのお店、コンセプトがオシャレなカフェなど多くありました。ただ、SNSでみるような情報だけでなく、城崎温泉の1,300年以上続く歴史や町の人の温かさ、風情に魅了されました。そこで私たちは、SNSなどでは発見しにくい情報を発信したいと考え、城崎温泉に来たからこそ手に入る形を意識し、印刷したマップを作成しました。そのため、掲載した情報はホテルの社員さんにおすすめのスポットを聞いてみたり、実際に生活して通ったお店などをまとめたりしています。

今回マップに取り上げた11箇所の中で、特に紹介したいのは伝統工芸品である麦わら細工です。麦わら細工とは江戸時代から続き、城崎にしかない工芸品です。今回は「かみや民藝店」様にてお話をお聞きしました。工程としては、麦のわらを自家栽培し、染色します。そして細く裂いた麦わらを繋ぎ合わせて柄を作り、それらを重ならぬよう貼り付けていきます。ニスなどを塗っておらずとも天然で輝くツヤや、白米を練ったものを接着剤で使うことを知り、とても驚きました。他にもグローバル観光学科の原一樹教授がプログラム前からおすすめしてくださっていた、温泉寺宝物館の三十三化身像は感動しました。マップを作成する上で手書きのイラストやデザイン、先方への確認など、苦労はたくさんあり、反省点もたくさんありましたが、なんとか完成できて良かったです。最後にこの度お世話になりました、西村屋の皆様、そしてマップ掲載にご協力いただいた方々、先生方に感謝を申し上げます。

Hello everyone! My name is Nodoka Kawahara, and I'm currently a second-year student majoring in Global Tourism. In this post, I'm thrilled to share my experience with the CEP program, which took place at Kinosaki Onsen over approximately one month during our spring break. Our project was hosted by the prestigious Nishimuraya Hotel Sogetsu-tei, and our main task involved creating a map to highlight the myriad attractions of Kinosaki Onsen and introduce more people to this beautiful location.

To give you a bit of background, Kinosaki Onsen is situated in the northern part of Hyogo Prefecture and boasts a rich history that spans over 1,300 years. Among its jewels is the Nishimuraya, a renowned and historic ryokan that has been welcoming guests for more than 160 years. Specifically, we were based at Nishimuraya Hotel Shougetsu-tei , one of the most expansive traditional inns in the area. Our experience was primarily centered around working in the guest room department. In the mornings, our duties involved cleaning rooms after guests checked out. This task taught us the importance of meticulous cleaning techniques and the thoughtful placement of amenities in each room, all aimed at ensuring guests' comfort and embodying the essence of hospitality.

After a five-hour break, my evenings were dedicated to assisting with dinner service. I had the responsibility of serving meals in various settings, including guest rooms, dining halls, and banquet rooms. This rotation offered me the invaluable opportunity to observe and learn from each employee's unique approach to customer service. The warmth and encouragement from guests, especially upon learning about my participation in a university internship, were truly heartwarming and encouraging.

Alongside my work experience, I embarked on a project to create a map of the Kinosaki hot spring resort area as part of my field research. Having never visited Kinosaki before, my initial impression was shaped by social media posts depicting it as a town peppered with trendy new cafes. True to my expectations, upon arrival, I discovered numerous cafes, each boasting its own unique and fashionable concept. However, what truly captivated us wasn't just the contemporary flair seen on social media but also the rich history of Kinosaki Onsen, dating back more than 1,300 years, and the genuine warmth of the local community. Our aim was to unveil those gems that aren't easily found on social media. As a result, we designed a printed map that offered insights only obtainable by visiting Kinosaki Onsen in person. To compile this information, we sought recommendations from hotel staff and included shops that we personally frequented and loved.

Among the 11 highlighted locations on the map, I'd like to spotlight the traditional craft of straw works. We had the privilege of interviewing Kamiya Mingeiten, a shop specializing in traditional straw crafts, a practice that dates back to the Edo period and is distinctive to Kinosaki. The artisans grow and dye the straw themselves, then meticulously tear it into thin strips, weave patterns without overlapping, and use a rice-based glue to bind the pieces—a process that surprised me with its natural sheen and absence of varnish. Another fascinating discovery was the 33 incarnations of the statues in the Onsenji-Temple Museum, highly recommended by Prof. Kazuki Hara from Department of Global Tourism. In closing, I extend my heartfelt gratitude to everyone at Nishimuraya, the professors, and all who contributed to the publication of the map.
  • 光沢が綺麗な麦わら細工の桐箱 A paulownia box with beautiful straw craft details
  • 就業終了の証をいただきました。 We received a certificate of completion.
  • 手書きのあたたかいマップを作成しました。城崎に行かれる際はぜひ参考にしてください。 Our handwritten map. Please refer to it when you visit Kinosaki!

2024/03/22 15:30:00 祝ご卒業!

  • Category学生生活
  • Posted by広報隊河原
みなさんこんにちは。グローバル観光学科2年次生の河原のどかです。梅や早咲きの桜を見ると春の訪れを感じますが、まだまだ寒い日はありますね。みなさまはご体調などいかがでしょうか。

先日3月20日には京都外国語大学で卒業式がありました。ご卒業された4年次生のみなさま、おめでとうございます。京都で過ごされた大学生活はいかがでしたでしょうか。成人という自由と責任が伴う中で、多くの人々と出会い、楽しい思い出もあれば、苦労された経験もあるかもしれません。しかし、そのすべての出来事がみなさまの新たな環境に活かされることを信じております。

また、私たち在学生は先輩方に何度助けていただいたでしょう。クラブやサークルなどのグループ活動ではリーダーシップを発揮しまとめてくださいました。みんなが同じ目標に向かって良い成果が得られるよう、細やかな気遣いをしていただき、奮闘される姿がとても印象的でした。悩み事を明かしたときも「私もこんなことがあったよ」とさまざまな経験を話していただき、アドバイスをくださったことでとても心が軽くなったこともありました。大きな背中で私たちを導いてくださったこと、心から感謝しています。

これからみなさまは、新たなステージに進まれることでしょう。これまでとは違う環境に不安があるかもしれません。しかし、先輩方が経験されたこと全てが糧になると信じています。これからの人生が彩り豊かで幸せに溢れたものになるよう願っております。改めて、ご卒業おめでとうございます。

Hello everyone. I am Nodoka Kawahara, a second-year student in the Department of Global Tourism. Although the plum blossoms and early blooming cherry blossoms remind us of the coming of spring, there are still some cold days ahead. How are you feeling?
Just a few days ago, on March 20, Kyoto University of Foreign Studies held a graduation ceremony.

Congratulations to the fourth-year students who graduated! How was your university life in Kyoto? In the freedom and responsibility that comes with adulthood, they have met many people, and they may have had some pleasant memories and some hardships. However, we believe that all of these experiences will help them to make the most of their new environment.

How many times have we, the current students, been helped by our seniors? They have shown us leadership in group activities such as clubs and circles. I was very impressed by their meticulous attention to details and their efforts to help everyone achieve good results toward the same goal. When we revealed our problems to them, they shared their various experiences with us, saying, "This happened to me, too," and their advice helped to lighten our hearts. We are truly grateful for the way they have guided us.

I am sure that they are all moving on to a new stage of their lives. They may be anxious about the new environment. However, I believe that everything that our seniors have experienced will help them. I hope that their future lives will be colorful and full of happiness. Once again, congratulations on their graduation.


Page top