ページの先頭です。ページの本文へ

国際教養学科ブログ RSS

2017/11/02 19:00:00 Report on the Special Lecture by Peach’s Cabin Crew/ Peach Aviation株式会社 客室乗務員講演会・募金活動  実施報告(寺田彩音)

  • Categoryイベント
  • Posted by萬谷
Report on the Special Lecture by Peach’s Cabin Crew/
Peach Aviation株式会社 客室乗務員講演会・募金活動 実施報告 (寺田彩音・ピンクスカイプロジェクト)

 2017年10月23日(月)3限目にPeach Aviation株式会社の客室乗務員の大喜多香織様をお招きして講演会を行いました。これは学内ピンクリボン活動「ピンクスカイプロジェクト」の一環であり、今年で2回目となります。今年度は「空飛ぶ電車の仕事とは?Peach客室乗務員のお仕事図鑑」として、関西空港を拠点とするPeach Aviation株式会社の経営戦略をはじめ 、社風や客室乗務員の業務、独自のキャリアアップ制度、他社との違い、就航路線、就職活動のアドバイスについて詳しくお話してくださいました。

 大喜多様のお話は学生にとっても非常に分かりやすく、「Peachの客室乗務員の髪の色は何故自由な色に染めることが許されているのか?」「海外の就航地は?」等、クイズ形式で多くの学生の意見を聞いてくださることにより、会場内にいる全ての人が終始楽しみながら、興味深く講演会に参加することができました。大喜多様を始め、Peachの客室乗務員の方々は航空業界以外の様々な業界出身の方が多く、大喜多様もアパレルからの転職をされたご経験など、ご自身のキャリアや社内のインストラクターとしての業務、今後の目標についてもお話いただき、大変参考になりました。授業後に回収したアンケートの結果、どの学生も非常に有意義な時間を過ごすことができ、大変勉強になったとの意見が多くありました。 大喜多様には同日お昼休みにも、プロジェクトの一環である募金活動にご協力いただき、沢山の京都外国語大学の学生・教職員の皆様にも寄付いただきました。

 このピンクスカイプロジェクトは、2015年に本学においてたった2名の学生で始動したプロジェクトですが、2017年現在は、全学年全学科22名の学生が参加しております。私自身は今年度京都外国語大学に編入しましたので、今年初めて参加していますが、学年学科を越えて一つの目的に向かって活動することにやりがいと楽しさを感じています。乳がん啓発月間である毎年10月を中心に、講演会の主催や募金活動を行うほか、ピンク色の千羽鶴や募金を病院や患者様に寄贈したり、京都地域の乳がん啓発活動をされているNPO団体と連携を取り、抗がん剤治療により髪の毛が抜けてしまう患者の方々のためのタオル帽子を作成・寄贈したりするなどの活動を行っています。今回の講演会参加者は112名、募金総額は25,547円、タオル3枚の寄贈がありました。皆様から頂きました貴重なご寄付は昨年度に引き続き、京都市内のNPO法人や病院へ寄付する予定です。

 昨年度に引き続き、大喜多様をはじめPeach Aviation株式会社様の温かいご協力にメンバー一同、心より感謝申し上げます。また募金にご協力いただきました皆様にもこの場をお借りして御礼申し上げます。たった2名の学生で始動した活動が、今年も継続できているのは、皆様のご支援があってこそであり、より多くの乳がん患者様の方々に少しでも貢献出来るよう、学生一同より一層支援に力を入れて参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

スペイン語学科 3年次生 寺田彩音(ピンクスカイプロジェクト サブリーダー)


<関連リンク>
Peach Aviation株式会社 http://www.flypeach.com/pc/jp
  • Libreでの募金活動
  • 講演会の様子
  • 講演会終了後、Peachのポーズでハイチーズ!

Page top