ページの先頭です。ページの本文へ

国際教養学科ブログ RSS

2018/10/09 17:30:00 留学先カナダ・トロントでのイベント報告

  • Categoryイベント
  • Posted by国際教養学科生
はじめまして。国際教養学科三年次生の河村沙雪です。
春学期の間、カナダのゲルフ大学に留学していました。ゲルフはトロントからバスで一時間ほどで行ける静かなところです。

留学中、私が所属する国際教養ゼミ(河上ゼミ)の先輩たちが作成した映像をトロントで上映するというイベントに関わりましたので、その報告を今日はさせていただきます。

この映像は、トロント在住の日系カナダ人5世ステファン・ハマデさんが祖先の出身地である和歌山県美浜町三尾地区(通称アメリカ村)を訪れ、ファミリーヒストリーをたどるドキュメンタリーで、昨年の夏、私もゼミ合宿に参加して撮影にたちあいました。

上映イベントはトロントの日系文化会館と、もみじヘルスケアソサエティという日系カナダ人が集まるシニアセンターで8月3日、4日の二日間行いました。

このイベントの目的は二つあります。一つ目は、ステファンさんのようなアメリカ村との関係がなくなりつつある世代の日系カナダ人の方々がアメリカ村と関係を結びなおすきっかけを作ることで、日加双方でおこなわれている移民を語り継ぐ活動を促進することです。二つ目はアメリカ村の地域活性化のために現在、進んでいる再生事業のPRです。

とりわけ今年7月にはミュージアムやレストラン、ゲストハウスがオープンしたので、こうした事業に地方創生統括官としてかかわってこられた西山巨章さんと、事業を担う住民組織としてのNPO法人日ノ岬・アメリカ村から三尾たかえさんにも参加していただき、イベントをおこないました。

私の主な役割はこの三尾からのゲストお二人とステファンさん、ステファンさんのお父さまであり、このイベントの現地コーディネーターをしてくださったビルさんの通訳をすることでした。その他にも、来られた方にインタビューを行ったり、写真などを取り撮影係などもしました。

ビデオの上映後、パネルディスカッションを行いました。その内容を要約してお話しすると、ビルさんは大学、大学院生時代、カナダにおける日系人の歴史について研究されており、その経験をお話しされ、中でも家族について知ることは面白く、現在もリサーチを続けておられると話されました。ステファンさんは主に夏の合宿で来日されアメリカ村でルーツ探しをされた事について話されました。そして日系カナダ人であるとともに、お母さんのセリーヌさんはフランス系カナダ人で、ステファンさんはこの二つの文化的背景を持ち、多文化国家カナダだからこそほかの文化的背景を持つカナダ人との交流が意味のある事だと言っておられました。

西山さんは地方創生統括官の立場から現在の三尾について、NPO法人日ノ岬・アメリカ村が行っているレストラン、カナダミュージアム、ゲストハウスの開業、語り部ジュニアの育成などの活動についてお話しされました。三尾さんはかつてアメリカ村として栄えた三尾が今では少子高齢化という問題に直面しておりアメリカ村の歴史がなくなりそうであるという事を訴え、三尾を移民の村として残していきたいという事をおっしゃっていました。

質疑応答は一番緊張した時間でした。初日の日系文化会館では主にステファンさんのようなカナダ生まれカナダ育ちの日系人の方が来てくださったため、質問も英語でした。例えば、紀州とは何を指すのかといった質問も受けました。私が予測していた以上に質問があり、焦りました。二日目は和歌山県人会の会員の方々をはじめ、お年を召した日系カナダ人の方々が多かったのですが、かつて日本で生活しておられた方もおられ質問も日本語が多かったです。日系の方が集まるシニアセンターだったので多くの方が日本語で会話されていました。ただ日本語が分かる人もいればビルさんやステファンさんのように分からない人もいたのでここでも通訳は欠かせませんでした。

日系文化会館で行った昼食会では「tableの上にあるsouvenirはゲストからです」といったような英単語まじりの日本語も聞かれました。見た目は日本人にしか見えない方々だったので衝撃を受けました。一方で、上映会後のホームパーティーではお米を炊いてもてなしてくださったり、しゃもじの事をしゃもじとちゃんと言っておられたり、世代が離れ日系4世とか5世の方が多く見た目は日本人には見えなくても、生活の中に隠れた日本文化がある事にも気づきました。日系カナダ人と一口でいっても、このように英語まじりの日本語を話す方がおられたり、ステファンさんやビルさんのように日本人には見えないけれど日本文化を受け継いで生活しておられる方がおられたり、一人一人、日系カナダ人としての背景が違い、生活スタイルも人それぞれなんだなと感じました。

大変でしたが、貴重な体験ができました。イベントにご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

この上映会イベントについては、下記の日系現地メディアでも英語でレポートされています。

For the English report of this event, please see the following link.

Nikkei Voice

  • トロント日系文化会館でのパネルディスカッション 動画の主人公のステファンさんと
  • もみじヘルスケアソサエティでの上映会の様子
  • 上映会後のホームパーティで出されたご飯としゃもじ

Page top