ページの先頭です。ページの本文へ

国際教養学科ブログ RSS


2017/07/28 00:00:00 Report on the Inauguration of "Service Leadership Workshop" /サービス・リーダーシップ研究会の発足と活動報告(国際教養学科 齋藤祐史)

  • Category学生紹介
  • Posted by国際教養学科生
The following report regarding the inauguration of "Service Leadership Workshop", which is a students' study group, was written by Yushi Saito, president of this workshop and senior student of Department of Global Affairs.

<サービス・リーダーシップ研究会の発足と活動報告>
国際教養学科4年次生 齊藤祐史

 2017年4月、京都外国語大学において、「サービス・リーダーシップ研究会」を発足致しました。この研究会は、学生が持つサービスに関する疑問や課題に関して調査し、地域と連携して企画立案や課題の解決を行う団体です。ここでいう「サービス」とは、航空、ホテル、旅行業界といった対人サービスを指し、学生が主体的に疑問や課題に対して取り組むことによって、サービス提供の最前線で活かすことのできる知見の取得と、リーダーシップを取る人材となることを目標としており、サービス全般に関して研究することで社会的・経済的な観点からの京都観光の戦略や方策を確立し、地域貢献を行うことを目的としています。学内アドバイザーとして、国内外の大手企業での豊富な勤務経験を持ち、米国公認会計士でもある赤坂美保さん(京都外国語大学コミュニティ・エンゲージメントセンター職員)と、外資系企業3社での勤務経験を持つ萬谷和歌子先生(国際教養学科)に実務面・学術面からのサポートを受けており、学外アドバイザーとしてJTB、ANA、JAL現役社員、起業家等の方々から様々な観点での助言を頂いております。

  研究会は主に「京都市における訪日ムスリム観光客の現状調査と施策立案」と「インバウンド促進のための国内外の航空産業・政策に関する調査」を行う二つのチームわかれて調査研究を行っております。公募により集結したメンバーは1年生から4年生の留学生を含む12名で構成されています。

 「京都」という立地はサービスに関する研究を行う本団体において、非常に重要な意味合いを持ちます。京都は米国の旅行雑誌最大手『Travel + Leisure』の読者投票ランキング「World’s Best Awards」において、世界の魅力的な都市を決める「Top Cities」「The 15 Best Cities In The World」に2014年、2015年と連続で1位を獲得しておりました。しかしながら昨年度2016年には6位に下がり、2017年現在は4位となっております。京都という世界の観光都市で学ぶ私達は、サービス全般に関して研究することで社会的・経済的な観点からの戦略や方策を確立し、様々な京都の魅力を発信するなどの地域貢献を行うことで、京都が継続的に世界を魅了するための一助を担う使命があると考えております。

 今回は私が中心となって進めている訪日ムスリム研究チームの取り組みを報告します。現在は京都を訪れるムスリム観光客に対する快適な滞在の為の環境整備に関する調査を行っており、データをもとに具体的な施策の議論を重ねております。京都市産業観光局の「京都観光総合調査」によると、2013年から2016年の間に、年間訪日外国人宿泊客数は約2.8倍増加し、それに伴ってムスリムが大半を占める地域(マレーシア、インドネシア、中東)からの宿泊客数も約2.7倍増加しております。

  これらの現状から、訪日ムスリム観光客の増加に伴い、特に日常生活と密接に関係のある「礼拝室不足」と「食事」に関しては、喫緊の課題となっております。現状では、ムスリム観光客が日本を訪れた際に提供できる食事、礼拝できるスペースは非常に限られており、京都市の資料を見ると、京都市内に礼拝室は10箇所のみで、場所に関しては祇園付近に集中しており、他の場所に礼拝室が少ないことが分かっています。

  ハラール認証(i)を受けたレストランに関しては5店舗、ハラールのメニューがあるレストランは10店舗のみで、ムスリム対応を行っているレストランに関しては、宗教をふまえた食事選定や価格帯、料理種別等で細分化すると、各ムスリム観光客のニーズに合う店舗は1,2店舗あるかどうかということが調査結果より判明しました。また、ハラール認証自体が「真にイスラームに適ったものと言えるのか」という、根本的な宗教倫理の問題もあります。京都においても、ムスリム観光客の受け入れの基盤整理や官民が一体となった早急な取組みが必要であるため、調査結果を踏まえて、公的機関やサービス関連企業と連携をはかり、ムスリム・フレンドリー施策の実現化を検討中です。また現在、京都の企業と連携し、食に関する共同プロジェクトを企画・進行中です。

 サービス・リーダーシップ研究会は、上記の主な二つのグループ以外にも、「カナダの日系移民の歴史」など各メンバーの興味・関心をもとに幅広く調査活動を行っており、今後もサービス全般から疑問や課題を見つけ出し、調査や企画、実施に繋げていきます。また研究会の活動の過程や調査結果を、9月に開催されるUCEC(University-Community Engagement Conference)国際学会において発表(英語)を行う予定です。学内のみならず、関西観光教育コンソーシアム開催の観光コンテストにも出場するなど、多岐に渡る活動を予定しております。試行錯誤を繰り返しつつ、学生視点でサービスについて考え、研究会の活動を通してメンバー一同、地域社会に貢献していく所存です。ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

国際教養学科 4年次生 齊藤祐史
(サービス・リーダーシップ研究会 会長・2015-16年クウェート政府奨学生・旅行会社内定)


(i). ハラールとは、アラビア語で「許されている」を意味する語です。ハラールな食べ物とは神によって許された食べ物と言えます。イスラーム法ではムスリムの行動規範に関して、「義務」、「推奨」、「許容」、「忌避」、「禁止」と区分があり、一般的に「禁止」以外の4項目がハラールに当たるとされています。他に食べるものが無いときに死肉や豚肉の食事が許されるなど、状況によっては「禁止」にあたる項目も許されることもあり、「ハラール」の適応範囲は条件によって変化します。そのため、各個人がその時々に応じて判断します。一方ハラール認証は、外部要因に関係なく、ムスリムが推奨されない食べ物や成分等を一切取り除いた料理や食品に、認証機関から付与されるものです。認証機関が乱立しており、基準が各機関で異なっていたり、本来神にしか決めるのことのできないハラールの基準を人間が勝手に決めて流布している点が宗教倫理に反するなど、ハラール認証の是非に関してはしばしば問題となっております。
  • サービス・リーダーシップ研究会メンバー
  • メンバーを公募する為、研究会の詳細を説明する様子

2017/07/16 22:20:00 Report on the DGA Lecture "Organization Management"/ 国際教養学科 「Organization Management」 受講報告(国際教養学科 廣江潤也)

  • Category授業
  • Posted by国際教養学科生
 The following report on the DGA lecture "Organization Management" was provided by Junya Hiroe, junior student of Department of Global Affairs.

 私は2年生の秋学期に、国際教養学科の専門特別演習科目の1つとして、国際教養学科のジェイ・クラパーキ先生と萬谷和歌子先生による「Organization Management」を受講しました。この講義は全て英語で行われ、国際教養学科の2年生から4年生までの約45人が受講しました。

 この講義は、大学生の視点からLCCの新しい機内食を提案するという実践型の講義で、実際にPeach Aviation株式会社(以下、Peach)総合企画部長 遠藤哲様に、受講生がグループ別に提案した機内食と作成した動画を評価していただくというこれまでになかった講義形式で行われました。

 計15回の講義のうち、前半に萬谷先生から国際ビジネス、企業組織に関する基本的な知識、航空ビジネスに関する専門的な知識とLCCやPeach、航空会社の機内食に関する特徴や注意点を教えていただきました。後半はジェイ・クラパーキ先生にプレゼンテーション・メソッド教えていただきながら、実際に自分たちで機内食をプロデュースし、その機内食を説明するショート・ムービー(英語、3分から5分)をグループ別に作成しました。その後、実際に私たちの作ったショートムービーと企画書を、Peachの遠藤様に評価していただき、最後の講義で各グループのプレゼンテーションを行った後、遠藤様からのコメント・順位発表がありました。

 Peachは関西国際空港を拠点としたLCC(Low Cost Carrier)であり、機内食に関西の食材を使用し、機内アナウンスも関西弁で行われるなど、関西という特色を全面に出し、ユニークな経営で成功しているLCCです。従来型の経営を行っているFSC(Full Service Carrier)とは異なり、LCCでは機内食は有料であるため、お客様にとって魅力的な商品であり、かつPeachらしさを盛り込む必要がありました。お客様の比率は女性が多くかつアジアを中心とした外国人の方も多いことから、旅客のターゲットを絞ってメニューを考えました。各グループは以上の点を考慮し、ワンコイン500円で提供できる機内食として、キャラクター回転焼、Peachまん(肉まん)、お弁当、お茶漬けセット、関西スイーツ、豆腐を使用したミールセットなどを提案し、自分達が出演するドラマ仕立ての演出や、アニメーションを使用したオリジナルの動画(英語)を作成しました。

 遠藤様には、Peachで発売する機内食として、「Peachらしさをどれだけ盛り込み表現できるか」という点と、「機内という特殊な制約のある条件下での提供(調理・加熱・加水等の要否)」ならびに「食材・商品の消費期限に関する考慮(日持ちしない食材を用いた商品は廃棄率が高くなりやすい)」という観点から、各グループの提案した機内食を各項目別に評価して頂き、最終結果は1位が回転焼、2位がお茶漬け、3位が豆腐ミールセットとなりました。

 私はこの講義を通して、主に2つのことを学びました。1つ目は、自分達のアイデアをコスト面や流行、ターゲット旅客、路線、インパクト、オリジナリティ、利益率も考慮して、その企業に最適な形で具現化し、発信する難しさです。社会に出ると「これまでになかった新たな視点」というものが期待されます。そのような時、今回培った「流行の音楽や話題などに常にアンテナを張り、アイデアを形にする想像力と創造力」というのは、社会に出てからも必要なスキルであると実感しました。動画を作成したことで、普段見るTVコマーシャルも意識するようになり、各社がいかに工夫を凝らしわずか15秒でインパクトを与えるCMを作成しているかを知りました。講義で鑑賞したPeachのエイプリルフールの動画は大変インパクトがあり、かつユニークで、動画からもPeachの戦略を垣間見ることができました。

 もう1つは、制限がある中で課題に取り組む難しさです。今回はコストや、生産の時にかかる手間、味、見た目や女性視点での好み、機内食独特の「調理と提供する時間に時差がある調理・保存」問題、アレルギーや宗教の違いによる食材の選択、LCC機内での調理の簡素化、往復便搭載の為のコンパクトなサイズ、気圧の変化による味覚の変化など、様々な制約を考慮する必要がありました。なかなか条件が揃わず、良さそうな案でもコストと手間がかかりすぎるなど、アイデアをまとめることに時間がかかりました。また複数のグループで同じ「桃太郎」を発想するなど、学生ならではの稚拙な点も見られたと思います。しかしながら学年を越えて1つの課題に取り組むことで、チームワークを養う経験ができたことは大変良かったと感じています。

 この講義を通して、実際に航空会社の方に提案を評価していただくことで、今後社会に出る際に必要な視点や観点を育む訓練となり、競争の激しい航空会社の実際の経営戦略や、今の自分に足りないスキルを知ることができました。また4年生の受講者の中からはシンガポール航空客室乗務員も誕生しました。今後私はカナダへの留学を控えていますが、語学力だけではなく、ビジネス英語や国際ビジネスの観点も意識して勉学に励もうと考えています。

国際教養学科 3年次生 廣江 潤也

  • "Organization Management”講義内の英語での発表風景
  • それぞれのグループが工夫を凝らして考えたPeachの機内食と動画を発表し、最後にPeachの遠藤様の評価と順位発表がありました。

2017/07/01 20:20:00 Letter of Appreciation to the "Pink Sky Project" from Executive Chairman of Delta Air Lines (デルタ航空会長よりピンクスカイプロジェクトへの感謝状)

  • Categoryお知らせ
  • Posted by萬谷
We have received a letter of appreciaion from Executive Chairman of Delta Air Lines, USA
to the "Pink Sky Project".


ピンクスカイプロジェクト 
アメリカ デルタ航空 
リチャード・アンダーソン会長より感謝状
 
 学内ピンクリボン活動団体「ピンクスカイプロジェクト」は、デルタ航空 Richard Anderson会長より、デルタ航空「ブレスト・キャンサー・ワン」フライトのため、京都外国語大学学生が作成したピンクの千羽鶴の寄贈に対し、感謝状を頂きました。

  ピンクスカイプロジェクトは、講義で学んだデルタ航空のCSR活動(Corporate Social Responsibility, 企業の社会的責任)の一環であるピンクリボン活動に啓発され、平木遥、岩井空の学生二人が二年前に設立したボランティア団体で、乳がん患者様のサポートや募金活動を行っています。

 アメリカのデルタ航空では乳がん早期発見啓発月間である10月、特別塗装機材を使用したチャーター便「ブレスト・キャンサー・ワン」に140名以上の乳がんを克服した従業員を乗せ、ピンクリボンフライトを運航しています。啓発活動の認知促進と乳がんの研究支援のため、10月デルタ航空の従業員は、ピンク色のネクタイやユニフォームを身に着け、機内や一部の空港ラウンジでピンクレモネードなどを販売します。

 京都外国語大学の学生により「乳がん撲滅と患者様への支援」の祈りをこめて折られたピンクの千羽鶴は、専攻各言語で書かれた手書きの応援メッセージと共に太平洋を渡り、「ブレスト・キャンサー・ワン」フライトに届けられました。

 学生達の想いを受け取って下さったデルタ航空様、ならびに千羽鶴作成に協力してくれた学生に心より感謝申し上げます。これらの支援活動を通して、参加している学生達は、国、言語を越えて同じ目標を持ち、形にして行動することの重要性や、本学の建学の精神である“PAX MUNDI PER LINGUAS”(言語を通して世界の平和を)を実体験として学んでいます。今後ともピンクスカイプロジェクトへのご支援とご協力、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ピンクスカイプロジェクト アドバイザー
国際教養学科 萬谷和歌子


関連サイト
デルタ航空 「ブレスト・キャンサー・ワン」
(日本語)
http://news.delta.com/survivor-flight-kicks-breast-cancer-effort-JP
(英語)
https://ja.delta.com/content/www/en_US/about-delta/corporate-responsibility/force-for-global-good/breast-cancer-research-foundation.html

**************
デルタ航空 Richard Anderson会長からの感謝状(英文)

Dear Wakako and Haruka:

It was thoughtful you and your students to create the beautiful origami cranes representing love, peace, health and hope and present it to Delta as a symbol of your support for our Breast Cancer One flights. I will be pleased to share it with a team.

Delta is very involved in the effort to raise awareness, and you are to be commended for your work in the Pink Sky Project at Kyoto University of Foreign Studies. We share common goals - find a cure for breast cancer.

We appreciate this fine gift and are touched by your kindness.

Sincerely,
Richard(署名)

Richard H. Anderson
Executive Chairman
Board of Directors
Delta Air Lines
  • アメリカ デルタ航空 Richard Anderson会長からの感謝状
  • 太平洋を越えて、デルタ航空”Breast Cancer One"に届けられた学生の手書き応援メッセージ入りピンクの千羽鶴
  • 学内ピンクリボン活動団体「ピンクスカイプロジェクト」メンバー

2017/06/30 23:40:00 Report on "Airline Event" at the Open Campus/ オープンキャンパス「エアラインイベント」参加報告(国際教養学科 齋藤祐史)

  • Categoryイベント
  • Posted by国際教養学科生
The following report regarding "KUFS Open Campus" was provided by Yushi Saito, who is a senior student of Department of Global Affiairs and gave a speech at "Airline Event" on the Open Campus Day. He studied abroad in Kuait as a government-sponsored student in 2015-2016. He was accepted by the major travel agency as a new graduate and he is also the leader of "Service Leadership Workshop", students' study group, established in April 2017.


 2017年6月18日(日)に行われた京都外国語大学オープンキャンパス「エアラインイベント」に学生代表として参加した報告を下記に記します。「エアラインイベント」は午前、午後の二回開催され、約150名の高校生・保護者の皆様にご参加いただきました。

 まず国際教養学科 萬谷先生より現在の京都外大で開講されているエアライン関連講義・エアライン関連就職実績・キャリアセンターの紹介、最近のエアラインの採用傾向、客室乗務員・グランドスタッフ等に求められる資質や能力、外資系エアラインCAの場合には、労働ビザ取得の関係上、四年制大学の卒業資格(学士号)が求められる傾向、四年制大学での学びの意義、来年より萬谷先生の所属予定である新学科・グローバル観光学科の説明等がありました。エアラインに内定することだけを4年間の目標にするのではなく、その後の長い人生とキャリア形成のためにも、視野を広げ、しっかりと4年間論理的思考能力や語学力を培うことで、世界中どこでも活躍できる人材の育成を目指していると話していました。

 その後、2016年3月に卒業したイタリア語学科 大槻真子さんによる、JAL系・ANA系両方からのグランドスタッフの内定を獲得した就職活動の経験、京都外大のエアライン・スタディ・プログラム(日本航空国際空港グランドスタッフ研修、オーストラリア・ブリスベンCA研修、アシアナ航空CA研修)の紹介とそれぞれの特色、および大槻さんが参加した日本航空・シンガポール空港でのインターンとブリスベン客室乗務員研修について、写真と体験談を交えながら話がありました。

 私は国際教養学科の学生として、エアライン関連の講義の説明、クウェート政府奨学金留学生として1年間留学した体験談、内定した旅行会社や旅行関連インターンシップと就職活動、萬谷先生がアドバイザーを務める学内ピンクリボン活動団体「ピンクスカイプロジェクト」の活動内容説明、この4月にリーダーとして立ち上げたサービス・リーダーシップ研究会の活動意義と特徴に関して、話をしました。2回目開催時には、上記に加えて萬谷先生、大槻さんが航空会社のアナウンスレッスンを行い、参加者全員でエアラインのアナウンスに挑戦しました。

 高校生からは「エアラインに就職するにはエアラインスクール(専門学校)とのダブルスクールが必要なのか?」という質問があり、萬谷先生からは昨年度の京都外大のエアライン内定者はほぼ全員スクールには通っていなかったこと、大槻さんからはスクールに通うことのメリットとデメリット、就職活動時期には外大生同士の情報交換や助け合いが非常に役立ったこと、キャリアセンターに通ったこと(面接練習、エントリーシート添削、先輩からの情報共有)が役に立ったことが参考として挙げられました。

 また「客室乗務員になるにはどのくらいの身長が必要か、身体検査はどのようなものか?」という質問に関しては、萬谷先生より運航している航空機材・航空会社により身長規定が異なることや大槻さんからは客室乗務員とグランドスタッフの身体検査の違い等の説明がありました。

 その他、「航空会社への就職を目指すにあたり、語学力は必要となるのか?」という質問に関しては、萬谷先生より接客はもちろんのこと、エアラインは専門用語やパソコン端末(予約システム)が全て英語であるため、高い英語力が必要となることや、日本の航空会社でも外国人パイロットが増えている為、社内コミュニケーションが英語になる傾向にあること、他部署との情報共有のため、報告書は英語と日本語で作成すること、などが説明されました。

 また客室乗務員やグランドスタッフに内定した学生は英語に関して高い成績(TOEIC800~900以上、英検1級所持者も)を修めており、加えて内定後は航空会社への入社を見据え、プロ意識を持って勉強に取り組んでいたことや、近年客室乗務員が正社員化したことにより、以前であれば他業種に行くようなレベルの高い学生がエアライン複数社から内定を獲得する傾向が挙げられました。

 内定者に関しては、エアライン入社前事前学習資料の内容が学生にはわかりにくいので、先生が個別にエアライン専門用語学習に関しサポートしていることの説明がありました。エアライン専門用語は独特でインターネットや英語の辞書を見ても載っていないことが多いため、大手エアラインの国際線担当として7月に入社を控えた大槻さんは、卒業後も定期的に萬谷先生の研究室に通い、入社前事前学習資料のわからない点を学んでいるとのことでした。他大学出身の内定者の同期には、普通の総合大学には航空関連講義やエアライン出身の先生がいないため、「元CAの先生が大学にいるなんて本当に羨ましい!」、と言われているそうです。

 参加した高校生からは「是非グローバル観光学科に入学して、エアライン・スタディ・プログラムに参加したい」「京都外大のエアライン関連講義を受け、客室乗務員の夢をかなえたい」「まだ具体的な目標はないけれど、在学中にエアライン・スタディ・プログラムに参加し、講義で学習することにより、自分の夢を明確にしたい」等の感想がありました。

 保護者の方々からは「大槻さん、齋藤君の落ち着いた説明や論理的な話し方にとても感心した」「京都外大のエアライン関連講義や、就職サポート、エアライン・スタディ・プログラムの内容がよくわかった」「真面目な学生が多く、留学や旅行会社に関する情報も得ることができて良かった」等のコメントを頂きました。

 全体に向けての講義の後は、個別の質問に対応しました。私は多数の男子高校生からの質問を受けました。同じ国際教養学科卒業の親友(男子)が現在グランドスタッフとして働いていますので、わかる範囲でお答えします。次回も是非、何でも気軽に質問していただければと思います。

 8月4日(金)、5日(土)、6日(日)のオープンキャンパス「エアラインイベント」には、大手航空会社の客室乗務員に内定した4年生と私が学生代表で参加します。次回のエアラインイベントでも沢山の高校生・保護者の皆様にお会いできることを楽しみにしております!

国際教養学科 4年 齊藤祐史(2015-16年クウェート政府奨学生・旅行会社内定)


(関連サイト)
2017年 京都外大オープンキャンパス レポートムービー(Part1にエアラインイベントの紹介あり)
https://www.youtube.com/watch?v=HPYih8rfFn0

昨年度の京都外大オープンキャンパス フォトレポート エアラインイベント
https://www.kufs.ac.jp/admissions/event/opencampus2016.html

動画(キャンパスツアー)
https://www.youtube.com/watch?v=NUDGqeqHFF8
  • オープンキャンパス「エアラインイベント」(国際教養学科 齋藤)

2017/06/28 23:20:00 Letter of Appreciation to the "Pink Sky Project" from NPO "Kyoto Breast Cancer Peer Salon ~fellows~"(ピンクスカイプロジェクトへの感謝状)

  • Categoryお知らせ
  • Posted by萬谷
Members of NPO "Kyoto Breast Cancer Peer Salon ~fellows~" visited us
to offer a letter of appreciaion to the "Pink Sky Project".

学内ピンクリボン活動団体
「ピンクスカイプロジェクト」 
乳がんピアサポートサロン~fellows~より感謝状

 2015年度より学内で乳がん啓蒙活動や乳がん患者の方々へのサポートを行っている「ピンクスカイプロジェクト」が、2017年6月21日 (水)「京都乳がんピアサポートサロン~fellows~」(京都市右京区西院)から感謝状を贈呈されました。昨年度学内募金活動により集まった25,000円の寄付に対する感謝状であり、責任者の吉田羊子様、副責任者の横治佳代子様が大学に来訪され、直接メンバーに感謝状を手渡しました。

 「京都乳がんピアサポートサロン~fellows~」責任者の吉田羊子さんは「若い世代の方たちに関心を持っていただいたことに感謝します。私達の活動に若い方がご参加していただくことで、会の雰囲気が明るくなり、治療中の乳がん患者さんとそのご家族に対する私達のピアサポート活動をより幅広い世代の方々へ理解していただくことに繋がればと期待しています。同じ西院なので、これからも一緒に活動していければいいですね。」と話していました。 ピンクスカイプロジェクトのメンバーは、今後タオル帽子(抗がん剤治療で髪が抜けてしまった方への手作り帽子)の作り方講座等に参加するなど、一層の連携を深めていく予定です。

 同プロジェクトは今後も「京都乳がんピアサポートサロン~fellows~」と更なる連携を図り、乳がん患者の皆様へのサポートを行っていきます。


関連リンク

乳がんピアサポートサロン~fellows~ HP
http://kyotopeersupport.com/

乳がんピアサポートサロン~fellows~ 活動報告ブログ
「2017・06・09
京都外大「ピンクスカイプロジェクト」からのご寄付がありました」
http://kyotopeersupport.com/report/

Peachと学生が連携、学内初の「ピンクリボン活動」 2016年10月
https://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=TRDwkuEL
  • 左より国際教養学科 齋藤、~fellows~副責任者 横治様、英米語学科 長澤、~fellows~責任者 吉田様、イタリア語学科 山脇、 英米語学科 小林

Page top