ページの先頭です。ページの本文へ

国際教養学科ブログ RSS


2013/06/15 19:50:00 International Week 準備完了

  • Categoryイベント
  • Posted by藤倉
北欧五カ国の国旗と日の丸を8号館ロビーに並べました。十字架がモチーフの色とりどりの国旗に一気にウィーク気分も盛り上がります。

総務部の水子さんから国旗の並べ方にもいろいろな細かい決まりがあることを教わりました。
今回は「国連方式国名アルファベット順」で、左からデンマーク、フィンランド、アイスランド、ノルウェー、スウェーデン、そして日本としました。

やさしい色とデザインの今回のポスター。でも大きさは迫力のA0判!しかも横向き。
立て看板には貼れませんでした。

学外の人にも見てもらえて、目立つ場所、、、「あった!」ということで、ここになりました。
正門の守衛さん、ご協力をありがとうございます。

もう真夏?と思うような気温35℃を上回る暑い中、汗だくになりながらの準備作業でした。
ふ~っ。

月曜日の「北欧音楽の夕べ」フィドルとブズーキによるミニコンサートで、いよいよウィークの幕開けです。

2013/06/12 10:50:00 「メイポール」&「アンデルセン」

  • Categoryイベント
  • Posted by藤倉
いよいよ“International Week --- Nordic Countries and Japan”が来週にせまりました。
北欧をテーマにした今回。スウェーデンの豊穣のシンボルである「メイポール」、スウェーデン語では「マイスタング」を作成中です。6月の「夏至祭」には、この周りで春を祝って踊ります。本来は白樺の大木にモミの葉、ルピナス、マーガレットなど季節のお花を飾ります。KUFSの中庭でも踊ってください。

「赤い靴」、「人魚姫」、「マッチ売りの少女」など、せつなくて哀しくて決して忘れることができない物語の作者、アンデルセンは北欧・デンマークの人です。彼は主人公をとおして手を差しのべられることがない貧しい人たちの存在を社会に訴えかけました。日本でも子どもの貧困が静かに進んでいます。「格差社会」といわれる今、こどもの頃に読んだ物語をもう一度、読んでみませんか。リブレ、コンパーニョのテーブルの上で見つけてください。
  • アンデルセン アンデルセン
  • メイポール作成中 メイポール作成中
  • 赤い靴 赤い靴

2013/06/10 17:50:00 インターナショナル・ウィーク

  • Categoryイベント
  • Posted by藤倉
本学では毎年、各学科がナショナルウィークを開催します。国際教養学科は、毎年、留学生別科と一緒にいろいろな国を取り上げます。

今年は、”International Week ---Nordic Countries and Japan”と題して北欧の国々と日本がテーマです。ノルウェーとスウェーデン大使館の講演会、北欧音楽の夕べ、北欧カフェ、北欧の童話の紹介、留学生との自国と日本に関するプレゼンテーション、落語会など予定しています。

今日は講師との打ち合わせに東京・六本木のスウェーデン大使館に来ました。高校時代にスウェーデンに留学していた3年生の宮野さんは、流暢なスウェーデン語で、すっかり大使館の人たちを魅了。1年生の竹浦さんと橋本さんは、「社会福祉」、「男女平等」、「移民」、「環境」などワークショップのテーマを提案。英語で打ち合わせをこなしました。「初めての大使館訪問。緊張したけど、大きな自信になりました。」との感想。

スウェーデンと日本の建築家が一緒にデザインしたという素晴らしい大使館の中も見学させていただきました。ウルフ・セールマルク公使、スサン・ベール二等書記官、ルイーズ・ヤルデスタッド三等書記官、ありがとうございました。
  • スウェーデン大使館の前で

2013/06/03 17:10:00 アフリカと国際教養学科

  • Categoryイベント
  • Posted by國安

本日、横浜で開催されていた第5回アフリカ開発会議(TICADⅤ)が閉幕しました。アフリカは、その豊富な資源とともに、将来における有望な市場として国際社会の注目を集めています。日本政府も「横浜宣言2013」において、アフリカ支援のさらなる強化を発表したところです。


国際教養学科もアフリカとの絆を深めつつあります。昨年の11月26日には、南部アフリカ開発共同体(SADC)との共催により、国際シンポジウム「南部アフリカの興隆と明るい将来」を実施しました。ジンバブエ、モザンビーク、南アフリカ、ナミビア、レソト、ボツワナの駐日大使・臨時代理大使が講演し、アンゴラ、マダガスカル、マラウィ、ザンビアの外交官も参列するなか、多くの学生や一般の方が参加し、大盛況のうちに終わりました。

国際教養学科では、開設以来、「現代中東・アフリカ地域事情」という科目を設けています。今年度からは本学の全学生を対象として、「アフリカ文化事情」、「スワヒリ語」の科目も開講しました。京都外国語大学も欧米、アジアに加えて、新たな地域に目を向けていく必要があるのでしょう。
  • 南部アフリカ開発共同体(SADC)と 国際シンポジウムを開催
  • 南部アフリカ各国の大使が参列
  • 学生スタッフを中心とした運営

2013/05/31 12:50:00 学生のチャレンジ、応援よろしくお願いします!

  • Category学生紹介
  • Posted by河上
こんにちは。梅雨入りしたと思ったら、からっと晴天。みなさん、お元気にお過ごしでしょうか。

さて、今日は国際教養学科の学生が今、まさに頑張っている取り組みを紹介します。

たくさん紹介したいことはあるのですが、今日は成果発表が目前に迫っている、3回生の東川聡香さんと安岡美奈さんの西陣織職人へのインタビュープロジェクトについて書いてみます。

当初はとりたてて京都の伝統産業に関心をもっているというわけでもなかった彼女たち。
そんな彼女たちが、西陣織をめぐる市場の衰退、後継者問題、グローバル化などの問題について考えるよう
になったのは、中学を卒業してから63歳の現在に至るまでずっと西陣織一筋の職人人生を歩んでこられた石田さんとの交流がきっかけでした。

6月4日(火)には、全学共通科目として開講されている京都文化論で、現時点までの成果を発表してくれる予定です。本人たちはとても緊張していると思いますので、皆さん、あたたかい応援をお願いします!

また、ここでの発表内容は、彼女たちが編集にかかわっている京都の学生フリーマガジンexsight(エキサイト)でも活字になって登場する予定です。掲載されましたら、このブログでもご報告いたしますね。

ちなみに、西陣織の製織職人の石田さんを紹介してくださったのも、国際教養学科の学生です。2回生の山本アレックス辰馬さん、ありがとうございます。こうやって、人との出会いが人生をつくっていくのですね~。








Page top