ページの先頭です。ページの本文へ

国際教養学科ブログ RSS

イベント

2017/10/20 00:00:00 ピンクスカイプロジェクト講演会「空飛ぶ電車の仕事とは?Peach客室乗務員のお仕事図鑑」10月23日開催/ Special Lecture by Peach's Cabin Crew on 23OCT

  • Categoryイベント
  • Posted by萬谷
We are going to have a Pink Ribbon event inviting a cabin crew from Peach Aviation Limited on 23OCT.

If you are interested in the aviation industry, please wear something pink to join us!

-Special Lecture-
Guest Speaker: Cabin Crew from Peach Aviation Limited
Title: "Work in the Peach's In-flight Team "

Time and Date: Period 3, 23 OCT, MON
Venue: R141

★We will also have a fundraising event during the lunch time (12:20~1:15 pm)in front of Libre.
Please bring an unused face towel or cash to support cancer patients!

***************************************

第二回ピンクスカイプロジェクト講演会(10月23日月曜日)のお知らせ

昨年度始まった学内ピンクリボン活動「ピンクスカイプロジェクト」は、アメリカで始まった乳がん防止の啓発活動である「ピンクリボン活動」を本学でも取り入れた学生主体の団体です。この度、10月のピンクリボン月間にピーチ・アビエーション様ご協力のもと、学内での「募金活動」と「講演会」を行います。

「ピンクスカイプロジェクト」は昨年度、ピンクの千羽鶴寄贈に対して、アメリカ・デルタ航空会長より感謝状が届いたほか、寄付先である京都市立病院、京都乳がんピアサポートサロン~fellows~より感謝状を授与しています。引き続き、皆様のご支援よろしくお願い申し上げます。

●募金活動
日時:2017年10月23日(月)お昼休み(12時20分~13時15分)
場所:屋外ステージ(リブレ前)

未使用のフェイスタオル または現金のご寄付をお願いします。
抗がん剤治療の副作用で頭髪が抜けてしまった患者様へ、「タオル帽子」を寄付します。

●講演会
日時:2017年10月23日(月)3限(13時30分~14時50分)
場所:R141教室
ご講演者:ピーチ・アビエーション 客室乗務員
題目:「空飛ぶ電車の仕事とは? Peach客室乗務員のお仕事図鑑」

備考:寄付金は京都市内の病院、乳がんサポートNPO法人等に届けます。 

参加者はピンク色の服やアクセサリーの着用、ピンク色の持物(カバンなど)の持参をお願いします!

<関連リンク>
2016年10月28日~がん撲滅の願いを込めて~第1回「ピンクスカイプロジェクト」開催

2017年5月2日「ピンクリボン運動」の募金活動 京都市立病院に寄付

2017年6月27日ピンクリボン募金活動、学生団体に感謝状

2017年7月1日 ピンクスカイプロジェクト デルタ航空会長から感謝状

2017年6月20日 ピンクスカイプロジェクト活動報告



  • 昨年度の募金活動の様子
  • 昨年度講演会の様子
  • ピンクスカイプロジェクトメンバー(2016年度)

2017/08/08 00:00:00 Report on the “Airline Event” at KUFS Open Campus/オープンキャンパス 「エアラインイベント」参加報告(国際教養学科1年 重久佳世)

  • Categoryイベント
  • Posted by国際教養学科生
The following report regarding “KUFS open campus” held on AUG 4-6 was provided by Kayo Shigehisa, who is a first year student of department of Global Affairs. She gave a speech at “Airline Event” and introduced her research of “Service Leadership Workshop” to the audience.

オープンキャンパス エアラインイベント参加報告/ 国際教養学科1年 重久佳世

  国際教養学科1年次生の重久佳世と申します。私は2017年8月4日(金)から6日(日)に開催されたオープンキャンパス「エアラインイベント」に学生代表として参加しました。「エアラインイベント」は午前と午後の2回実施し、全国から沢山の高校生や保護者の方々に参加していただきました。去年まで高校生だった1年次の私が、4年生と一緒に学生代表として大勢の方々の前で話をするのは大変緊張しましたが、萬谷先生より「高校生の気持ちがわかる1年生だからこそ、参加する意義があります」と背中を押してもらい、大変貴重な経験をしました。二人の先輩からも教室への誘導の仕方や参加者の方々への対応など、今回沢山のことを学びました。以下、今回のイベントの参加報告を致します。

  イベント開始まで、ニュージーランド航空などの航空会社の個性ある機内安全ビデオをご覧頂きました。皆様を空の旅へお誘いするような機内アナウンスをアレンジした萬谷先生によるスピーチでイベントが開始し、前半は3名の学生によるミニ講義(京都外大の強み、エアライン就職活動・採用試験について、エアラインプログラム、京都外大の講義内容、高校生へのメッセージ等)が行われ、後半は萬谷先生による京都外大生のエアラインへの就職実績、近年の就職事情に関する説明がありました。

  最初に日系大手二社から客室乗務職として内定を獲得した英米語学科4年次生の大迫茉央より、京都外国語大学のエアラインスタディプログラムの紹介、実際に参加した日本航空ヘルシンキ支店(フィンランド)でのグランドスタッフ研修・マレーシア航空客室乗務員研修体験について、写真を交えて説明がありました。研修の魅力は、「厳しい訓練や実際の業務を通して、幅広い仕事を知ることができる」ことや、「自分がただの憧れではなく、将来本当になりたいか確かめることが出来る」こと、「就職活動の際に実体験から志望理由を言うことができる」とのことでした。

  続いて大手旅行会社からの内定を得た国際教養学科4年次生の齋藤祐史から、エアライン関係講義と自身のクウェート政府奨学金留学生としての国費留学体験、インターシップと就職活動、さらに萬谷先生がサポートしている学内ピンクリボン活動について説明がありました。

  最後に私から志望校を決定した理由や大学生活に関して、4ヶ月前まで高校生であった経験を活かして話をしました。また、来年度開学予定である国際貢献学部のカリキュラムに含まれるコミュニティ・エンゲージメントやサービスリーダーシップ研究会の目的、現在進行中の調査や9月の国際学会における英語での研究発表のことなどを、メンバーを代表して紹介しました。

  後半は国際教養学科 萬谷先生よりエアラインでの経験、本学のエアライン関連授業と新学部についての紹介、昨今のエアライン就職事情や本学学生の就職実績、航空会社の求める人材などのお話がありました。客室乗務員の業務は看護師、ベビーシッター、消防士、警察官、販売員なども含む幅広い役割があり、グランドスタッフも空港のプロとして幅広い業務を担うため、バランスのよい人材が求められることや、英語力はもちろんのこと学力、体力も必要とのことでした。最後に「社会は航空会社だけで成り立っているわけではなく、沢山の業種の中のほんの一つ。目標を持ちつつも学習においてはエアラインだけに焦点を絞るのではなく、入社後の長い人生の為4年間で是非広い視野を持ち、様々な経験と論理的思考能力を培い、世界を舞台に活躍して下さい。その為のサポートは惜しみません。」と締めくくりました。

  イベント終了後は、個別の質問に対応しました。高校生や保護者の方々からは「身長はどのくらい必要ですか?」「エアライン採用試験に数学は必要ですか?」「大学付近のワンルームの家賃は?」などの質問がありました。私は学科の選び方や大学の授業に関する質問に答えました。私自身は高校1年生と3年生の時に参加した京都外大のオープンキャンパスで、目標となるような先輩(国際教養学科)に出会い、そのような人になりたいと外大への進学を決めたという経緯があります。次回のオープンキャンパスの際も気軽に質問していただければと思います。

  次回9月3日(日)のオープンキャンパス「エアラインイベント」は大手航空会社のグランドスタッフに内定した男子学生と齋藤祐史、私が学生代表として参加します。特にエアラインに興味のある男子学生の皆様、奮ってご参加下さい!次回のエアラインイベントでもたくさんの高校生・保護者の皆様にお会いできることを楽しみにしています。

OPEN CAMPUS『エアラインイベント』

【日時】
 2017年9月3日(日)
[1回目]12:40~13:30 (50分間) 
[2回目]15:10~16:00 (50分間)

【実施場所】 161教室 (1号館6階)

【内容(予定)】
*近年の就職状況、エアラインの就職活動
*エアラインスタディプログラム
*京都外大での学び(講義、研究会)
*Q&A

We are looking forward to seeing you at upcoming KUFS “Airline Event” on Sep 3 !

国際教養学科 1年次生 重久佳世 (サービスリーダーシップ研究会メンバー)


(関連サイト)
9月3日(日)オープンキャンパス タイムスケジュール
https://www.kufs.ac.jp/admissions/event/pdf/oc_program_0903.pdf

6月のオープンキャンパスレポートムービー(Open Campus2017)
https://www.youtube.com/watch?v=HPYih8rfFn0

前回のエアラインイベント 実施報告(2017年6月18日 齋藤祐史)
http://www.kufs.ac.jp/blog/department/global/detail/753

京都外国語大学 エアラインスタディプログラム
http://www.kufs.ac.jp/airline/

昨年度の京都外大オープンキャンパス 
フォトレポート  エアラインイベント
https://www.kufs.ac.jp/admissions/event/opencampus2016.html

動画(キャンパスツアー)
https://www.youtube.com/watch?v=NUDGqeqHFF8

2017/06/30 23:40:00 Report on "Airline Event" at the Open Campus/ オープンキャンパス「エアラインイベント」参加報告(国際教養学科 齋藤祐史)

  • Categoryイベント
  • Posted by国際教養学科生
The following report regarding "KUFS Open Campus" was provided by Yushi Saito, who is a senior student of Department of Global Affiairs and gave a speech at "Airline Event" on the Open Campus Day. He studied abroad in Kuait as a government-sponsored student in 2015-2016. He was accepted by the major travel agency as a new graduate and he is also the leader of "Service Leadership Workshop", students' study group, established in April 2017.


 2017年6月18日(日)に行われた京都外国語大学オープンキャンパス「エアラインイベント」に学生代表として参加した報告を下記に記します。「エアラインイベント」は午前、午後の二回開催され、約150名の高校生・保護者の皆様にご参加いただきました。

 まず国際教養学科 萬谷先生より現在の京都外大で開講されているエアライン関連講義・エアライン関連就職実績・キャリアセンターの紹介、最近のエアラインの採用傾向、客室乗務員・グランドスタッフ等に求められる資質や能力、外資系エアラインCAの場合には、労働ビザ取得の関係上、四年制大学の卒業資格(学士号)が求められる傾向、四年制大学での学びの意義、来年より萬谷先生の所属予定である新学科・グローバル観光学科の説明等がありました。エアラインに内定することだけを4年間の目標にするのではなく、その後の長い人生とキャリア形成のためにも、視野を広げ、しっかりと4年間論理的思考能力や語学力を培うことで、世界中どこでも活躍できる人材の育成を目指していると話していました。

 その後、2016年3月に卒業したイタリア語学科 大槻真子さんによる、JAL系・ANA系両方からのグランドスタッフの内定を獲得した就職活動の経験、京都外大のエアライン・スタディ・プログラム(日本航空国際空港グランドスタッフ研修、オーストラリア・ブリスベンCA研修、アシアナ航空CA研修)の紹介とそれぞれの特色、および大槻さんが参加した日本航空・シンガポール空港でのインターンとブリスベン客室乗務員研修について、写真と体験談を交えながら話がありました。

 私は国際教養学科の学生として、エアライン関連の講義の説明、クウェート政府奨学金留学生として1年間留学した体験談、内定した旅行会社や旅行関連インターンシップと就職活動、萬谷先生がアドバイザーを務める学内ピンクリボン活動団体「ピンクスカイプロジェクト」の活動内容説明、この4月にリーダーとして立ち上げたサービス・リーダーシップ研究会の活動意義と特徴に関して、話をしました。2回目開催時には、上記に加えて萬谷先生、大槻さんが航空会社のアナウンスレッスンを行い、参加者全員でエアラインのアナウンスに挑戦しました。

 高校生からは「エアラインに就職するにはエアラインスクール(専門学校)とのダブルスクールが必要なのか?」という質問があり、萬谷先生からは昨年度の京都外大のエアライン内定者はほぼ全員スクールには通っていなかったこと、大槻さんからはスクールに通うことのメリットとデメリット、就職活動時期には外大生同士の情報交換や助け合いが非常に役立ったこと、キャリアセンターに通ったこと(面接練習、エントリーシート添削、先輩からの情報共有)が役に立ったことが参考として挙げられました。

 また「客室乗務員になるにはどのくらいの身長が必要か、身体検査はどのようなものか?」という質問に関しては、萬谷先生より運航している航空機材・航空会社により身長規定が異なることや大槻さんからは客室乗務員とグランドスタッフの身体検査の違い等の説明がありました。

 その他、「航空会社への就職を目指すにあたり、語学力は必要となるのか?」という質問に関しては、萬谷先生より接客はもちろんのこと、エアラインは専門用語やパソコン端末(予約システム)が全て英語であるため、高い英語力が必要となることや、日本の航空会社でも外国人パイロットが増えている為、社内コミュニケーションが英語になる傾向にあること、他部署との情報共有のため、報告書は英語と日本語で作成すること、などが説明されました。

 また客室乗務員やグランドスタッフに内定した学生は英語に関して高い成績(TOEIC800~900以上、英検1級所持者も)を修めており、加えて内定後は航空会社への入社を見据え、プロ意識を持って勉強に取り組んでいたことや、近年客室乗務員が正社員化したことにより、以前であれば他業種に行くようなレベルの高い学生がエアライン複数社から内定を獲得する傾向が挙げられました。

 内定者に関しては、エアライン入社前事前学習資料の内容が学生にはわかりにくいので、先生が個別にエアライン専門用語学習に関しサポートしていることの説明がありました。エアライン専門用語は独特でインターネットや英語の辞書を見ても載っていないことが多いため、大手エアラインの国際線担当として7月に入社を控えた大槻さんは、卒業後も定期的に萬谷先生の研究室に通い、入社前事前学習資料のわからない点を学んでいるとのことでした。他大学出身の内定者の同期には、普通の総合大学には航空関連講義やエアライン出身の先生がいないため、「元CAの先生が大学にいるなんて本当に羨ましい!」、と言われているそうです。

 参加した高校生からは「是非グローバル観光学科に入学して、エアライン・スタディ・プログラムに参加したい」「京都外大のエアライン関連講義を受け、客室乗務員の夢をかなえたい」「まだ具体的な目標はないけれど、在学中にエアライン・スタディ・プログラムに参加し、講義で学習することにより、自分の夢を明確にしたい」等の感想がありました。

 保護者の方々からは「大槻さん、齋藤君の落ち着いた説明や論理的な話し方にとても感心した」「京都外大のエアライン関連講義や、就職サポート、エアライン・スタディ・プログラムの内容がよくわかった」「真面目な学生が多く、留学や旅行会社に関する情報も得ることができて良かった」等のコメントを頂きました。

 全体に向けての講義の後は、個別の質問に対応しました。私は多数の男子高校生からの質問を受けました。同じ国際教養学科卒業の親友(男子)が現在グランドスタッフとして働いていますので、わかる範囲でお答えします。次回も是非、何でも気軽に質問していただければと思います。

 8月4日(金)、5日(土)、6日(日)のオープンキャンパス「エアラインイベント」には、大手航空会社の客室乗務員に内定した4年生と私が学生代表で参加します。次回のエアラインイベントでも沢山の高校生・保護者の皆様にお会いできることを楽しみにしております!

国際教養学科 4年 齊藤祐史(2015-16年クウェート政府奨学生・旅行会社内定)


(関連サイト)
2017年 京都外大オープンキャンパス レポートムービー(Part1にエアラインイベントの紹介あり)
https://www.youtube.com/watch?v=HPYih8rfFn0

昨年度の京都外大オープンキャンパス フォトレポート エアラインイベント
https://www.kufs.ac.jp/admissions/event/opencampus2016.html

動画(キャンパスツアー)
https://www.youtube.com/watch?v=NUDGqeqHFF8
  • オープンキャンパス「エアラインイベント」(国際教養学科 齋藤)

2017/01/16 10:30:00 ピンクスカイプロジェクト×FLP Weekイベント「航空業界を知ろう」講演会 実施報告 (英米語学科3年 大迫茉央)

  • Categoryイベント
  • Posted by萬谷
The following report was provided by Mao Osako, junior student of Department of British and American Studies. She was the coordinator of the special event “Get to know about Airlines" by FLP Week Event collaborating with Pink Sky Project, held in 12 Jan, 2017.

ピンクスカイプロジェクト×FLP Weekイベント「航空業界を知ろう」講演会 実施報告

 2017年1月12日(木)学内ピンクリボン活動団体「ピンクスカイプロジェクト」とFLP(Future Leaders Program、次世代リーダー育成プログラム)Weekのコラボレーションイベント「航空業界を知ろう」が開催されました。ピンクスカイプロジェクトメンバーでFLP参加者が企画・実施し、またピンクスカイプロジェクトメンバーで航空会社に内定した4年生2名が講演、後輩達に就職活動の経験やアドバイスに関して話をしました。この講演会には全学部全学科の1年生から4年生の78名が参加しました。

 企画したのはピンクスカイプロジェクトメンバーでFLPプログラム参加者、英米語学科3年 大迫茉央、講演を行った4年生はピンクスカイプロジェクト代表 平木遥(中国語学科4年 客室乗務員,グランドスタッフ内定)、ピンクスカイプロジェクトメンバー大槻真子(イタリア語学科4年 グランドスタッフ2社内定)の2名です。

 講演会では大学生活を通して夢を実現させるために努力した経験やこれからの目標、航空業界だけでなく就職活動を行う上での準備や心構えに関する話があり、参加した学生達は、メモを取りながら熱心に先輩方の話に耳を傾けていました。参加者の一人、国際教養学科2年の廣江潤也君は「萬谷先生の講義でこのイベントのことを知り、何かお手伝いできないかと参加しました。先輩方の就職活動のお話は参考になったのはもちろんですが、ただお話を一方的に聞くのではなく、募金活動やイベントのお手伝いができたことは非常に貴重な経験となりました。エアラインに関心の高い学生も多く集まり、直接身近な先輩方から客室乗務員とグランドスタッフ両方の受験の経験談を聞くことのできた、とても有意義なイベントでした。伺った話を参考に、今日からできることを努力していきたいと思います。」と話していました。

 講演会後には募金活動を行いました。ピンクスカイプロジェクト募金の一部として、乳がん患者の方々への支援に使われる予定です。ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

 
英米語学科3年 ピンクスカイプロジェクトメンバー 大迫茉央


関連リンク
FLP ウィークイベント「航空業界を知ろう」
http://www.kufs.ac.jp/blog/department/flp/detail/647
  • イベントの企画担当・司会(英米語学科3年・FLP 大迫)、司会(英米語学科2年 長澤)
  • ピンクスカイプロジェクトメンバー(イタリア語学科4年 大槻)
  • ピンクスカイプロジェクト代表(中国語学科4年 平木)

2016/11/14 16:10:00 アジア4大学観光リサーチプロジェクト ASEAN-Japan Tourism Exchange Project No.1

  • Categoryイベント
  • Posted by国際教養学科生
The following report was provided by Takahiro Abiru, who is one of the seven DGA students who participated in the Heritage Tourism Research Project that the DGA students and teachers are involved in. The three teachers who participated in the Field Research activities were: Craig Smith, Kevin Ramsden and Ryohei Kageura.

The participants were given the opportunity to do fieldwork research in Kyoto together with participants from Hanoi University (Vietnam), Chiang Mai University (Thailand) and University of Science Malaysia. The part of the project conducted here in Kyoto took place from the 15th to 20th of October.

こんにちは!国際教養学科4年次生の阿比留 高広です。
2016年10月15日~20日の6日間、今年度から始動した観光ビジネス研究プロジェクトの一環として、タイのチェンマイ大学、ベトナムのハノイ大学、マレーシアのマレーシア科学大学の学生それぞれ5人、教授各1人ずつも含め、総勢18人を京都に迎えました。

京都外大からは僕を含む7名の国際教養学科生と、スミス先生、ラムズデン先生、影浦先生が参加しました。

簡単に京都でのスケジュールをご紹介します。

1日目 チェンマイ、ペナンチーム到着
    祇園・清水エリア観光
2日目 ハノイチーム到着
    嵐山、祇園・清水エリア、河原町観光
歓迎パーティー@外大(カフェタロー)
3日目 寺町通り、錦市場近辺にてアンケート調査
    伝統的な京都風建物の着物専門店にて、着物についてレクチャー
4日目 金閣寺・龍安寺、上賀茂神社・銀閣寺、清水寺・八坂神社、二条城・京都御所の5つのグループに分かれ、観光+アンケート調査
    東映太秦映画村見学
5日目 外大にて和食に関するレクチャー
    錦市場、伏見稲荷大社、河原町周辺など観光+アンケート調査
    外大にて最終プレゼン、お別れパーティー
6日目 朝ハノイ、ペナンチーム出発 夜チェンマイチーム出発

今回のプログラムでは、外大生7人と先生方が入れ代わりながら6日間を乗り越え、自分たちも京都について深く知るきっかけとなっただけでなく、観光業に必要な知識や、事務的処理の経験なども含め幅広く学べました。そして何よりも東南アジアから京都に来てくれた仲間にしっかりと楽しんでもらえたことが何よりの成果だと思っています。海外の仲間と京都で一緒に学び、楽しんだこの6日間は、私にとっては一生の思い出です。

アジア4か国の学生同士が触れあい、話し合うことで生まれる可能性は未知数です。 観光業の発展をともに目指す中で、意思疎通能力の向上のみならず、お互いに異文化も認め合う寛容性と、信頼できる強いつながりを得られるという確信を持てました。今後もぜひ続けていきたいプロジェクトだと思います。

Page top