ページの先頭です。ページの本文へ

国際教養学科ブログ RSS

お知らせ

2017/10/23 00:00:00 Wear Something Pink! Special Lecture Today!/ピンクリボン活動 Peach客室乗務員による講演、本日!

  • Categoryお知らせ
  • Posted by萬谷
We are going to have a Pink Ribbon event today inviting a cabin crew from Peach Aviation Limited.

If you are interested in the aviation industry, please wear something pink to join us!

-Special Lecture-
Guest Speaker: Cabin Crew from Peach Aviation Limited
Title: "Work in the Peach's In-flight Team"

Time and Date: Period 3, 23 OCT, Mon
Venue: R141

★We will also have a fundraising event during the lunch time (12:20~1:15 pm)in front of Libre.
Please bring an unused face towel or cash to support cancer patients!

***************************

本日、ピーチ・アビエーション様ご協力のもと、学内での「募金活動」と「講演会」を行います。

講演会は13時30分よりR141にて、「空飛ぶ電車の仕事とは? Peach客室乗務員のお仕事図鑑」というタイトルで、ピーチ・アビエーション株式会社より客室乗務員をお招きしてお話頂きます。

皆様のご支援よろしくお願い申し上げます。

●募金活動
日時:2017年10月23日(月)お昼休み(12時20分~13時15分)
場所:屋外ステージ(リブレ前)

未使用のフェイスタオル または現金のご寄付をお願いします。
抗がん剤治療の副作用で頭髪が抜けてしまった患者様へ、「タオル帽子」を寄付します。

●講演会
日時:2017年10月23日(月)3限(13時30分~14時50分)
場所:R141教室
ご講演者:ピーチ・アビエーション 客室乗務員
題目:「空飛ぶ電車の仕事とは? Peach客室乗務員のお仕事図鑑」

備考:寄付金は京都市内の病院、乳がんサポートNPO法人等に届けます。 

参加者はピンク色の服やアクセサリーの着用、ピンク色の持物(カバンなど)の持参をお願いします!

2017/10/14 00:00:00 サービス・リーダーシップ研究会 新メンバー募集のお知らせ/齋藤祐史(サービス・リーダーシップ研究会会長)Seeking New Members to Join the Service Leadership Workshop!

  • Categoryお知らせ
  • Posted by国際教養学科生
The following informarion is provided by Yushi SAITO, the president of the Service Leadership Workshop, to recruit new members.

<サービス・リーダーシップ研究会 新メンバー募集のお知らせ>

 このたび、サービス・リーダーシップ研究会は新メンバーを募集します。サービス・リーダーシップ研究会は主にサービス産業に関わる人材の育成を目標としており、2017年4月の設立から約半年が経ったところです。

 サービス・リーダーシップ研究会はこれまで、イスラーム施策グループ、航空産業研究グループで活動してまいりました。イスラム施策グループは、企業との連携プロジェクトを行ったり、国際学会における英語での研究発表をし、観光コンクールの学生発表で優勝をしております。

 今回は、新規グループとなる新規プロジェクトの立ち上げ、または上記既存プロジェクトに参加してくださるメンバーを募集します。

 「自分の想いをカタチにしたいが一人ではどうしたらいいかわからない」、「社会をよりよくしたい」、「地域に貢献したい」という想いをお持ちの方、是非一緒に活動してみませんか?

 説明会の詳細は下記の通りです。


***サービスリーダーシップ研究会 新メンバー募集に関する説明会***

日時:10月18日(水)、20日(金) 12時30分~13時10分 
場所:1号館5階R152
対象者:京都外国語大学生全学年(留学生含む)
連絡先:yuushi_ganbattoke@yahoo.co.jp (齋藤)
(説明会に参加できない方や質問等のある方は、メールでの個別対応も受け付けております。)


・新規プロジェクト立ち上げ
 学生同士で刺激を与え合い、新たなアイデアを皆で前向きに話し合いながら、学内教職員のサポートを受け自分の想いを「カタチ」にすることができます。既に行っているプロジェクトに関してもぜひご相談ください。

・Beyond “Food Barrier”! プロジェクト
 ベジタリアンやイスラーム教徒、アレルギーをお持ちの方など、様々な理由で食事制限がある人たちが感じている“食の障壁”を「フードバリア」と呼んでいます。フードバリアを越えて誰もが食べたい人と一緒に楽しく食べられる環境を作るプロジェクトです。食レポや店舗インタビュー、webサイトの更新などを行うと同時に、皆さんのアイデアをプロジェクトに反映させ活動します。

・映像制作グループ「enhance」
 映像技術と翻訳を駆使し、動画等での情報発信や映像制作を行います。例えば、訪日外国人のニーズをもとに映像配信によって日本の職人業認知や体験へと繋げるなど、企業との連携も交えながら行っていきます。語学力の高い方や映像制作に興味のある方が特に活躍できる分野です。留学生(ネイティブ)を交えて高いレベルの翻訳をして展開して企業とつながっていくことを目標としています。

 是非、皆様の積極的なご参加をお待ちしております!ご質問等おありの方は、上記メールアドレスまでご連絡下さい。以上、どうぞよろしくお願い申し上げます。

国際教養学科4年次生 齋藤祐史
(サービス・リーダーシップ研究会 会長)
  • 「サービス・リーダーシップ研究会」メンバー
  • 関西観光教育コンソーシアム主催 学生活動成果発表会 優勝(神戸山手大学)
  • 国際学会(UCEC)発表

2017/09/07 00:00:00 サービス・リーダーシップ研究会 関西観光教育コンソーシアム最優秀賞受賞 / Service Leadership Workshop won the First Prize in the Tourism Competition

  • Categoryお知らせ
  • Posted by萬谷
サービス・リーダーシップ研究会 関西観光教育コンソーシアム主催「学生活動成果発表会」最優秀賞受賞
Members of Service Leadership Workshop won the first prize in the “Student Presentation Contest” of Kansai Tourism Education!

  2017年9月4日(月)神戸山手大学において開催された関西観光教育コンソーシアム主催「学生活動成果発表会」において、全国8大学約35名の参加学生の中から、京都外国語大学サービス・リーダーシップ研究会が最優秀賞を受賞しました。

今回、京都外国語大学サービス・リーダーシップ研究会より、会長の齋藤祐史(国際教養学科4年)、阿比留高広(国際教養学科4年)、谷美結(国際教養学科1年)の3名が代表として「京都に訪れるムスリムの食事分析とBeyond “Food Barrier”プロジェクト」の発表を行い、現在進行中の京都のイスラム教信者の食事のニーズに関する研究および企業連携で行っているプロジェクトに関する活動と成果を報告しました。

下記にサービス・リーダーシップ研究会会長、齋藤祐史からの参加報告を掲載致します。研究会は4月に発足したばかりですが、今後より活発な活動を展開する予定ですので、引き続き皆様のご支援をよろしくお願い申し上げます。
             
国際教養学科 講師 萬谷和歌子
(サービス・リーダーシップ研究会 アドバイザー)


関西観光教育コンソーシアム主催「学生活動成果発表会」
<プレゼンテーション審査結果>
https://www.kanko-cons.com/gakuseihappyo2017-report/

【最優秀賞】
京都外国語大学
「京都に訪れるムスリムの食事分析とBeyond “Food Barrier”プロジェクト」


【優秀賞】
大阪商業大学
「大阪商業大学 宮城ゼミナール活動報告」

【特別賞】
和歌山大学
「日常生活を観光資源に~ 和歌山市加太地区を事例にしたフィールドワーク」

【奨励賞】
追手門学院大学、大阪観光大学、大阪成蹊短期大学、京都文教大学、神戸山手大学

*******************************

関西観光教育コンソーシアム主催「学生活動成果発表会」 結果報告(国際教養学科4年 齋藤祐史)

 2017年9月4日、関西観光教育コンソーシアム主催の「学生活動成果発表会」に参加しました。京都外国語大学代表として、サービス・リーダーシップ研究会からは訪日ムスリム研究チーム3名が参加し、最優秀賞を頂きましたのでここにご報告いたします。

 発表会のプレゼンテーションには全国8大学の代表者が参加しました。審査員は日本旅行業協会や近畿日本ツーリストなどの観光業界のプロ8名で構成されており、私たちは「京都に訪れるムスリムの食事分析とBeyond “Food Barrier”!プロジェクト」というテーマで発表を行いました。
 
 発表では主に、調査分析結果と結果に基づく具体的な改善点と施策提案(i)、京都の企業との連携プロジェクト発足と活動内容に関し、成果報告を行いました。これまで研究会で調査したデータをもとに、京都市の訪日ムスリム観光客が増加傾向にあるにも関わらず、訪日ムスリムに対する接遇環境が未整備である現状を示し、改善策として接遇環境(食事、礼拝施設)整備により、さらなるムスリム観光客の増加を見込むことが可能な点(ii)を指摘しました。また、食の問題に関しては、プレマ株式会社(本社:京都市)との共同プロジェクト「Beyond “Food Barrier”!プロジェクト」を立ち上げ、ムスリムのみならず、ヴィーガン、ベジタリアン、マクロビオティック、糖質制限、アレルギー対応に該当する幅広いお客様に対し、誰もが楽しく美味しく食べられる環境に関して整備を行う具体的な計画のプロセスと実施報告を説明しました。

 審査員の評価では、現在レストランや店舗等が訪日ムスリム観光客向けメニューに対し、大掛かりな「ハラール認証」が必要というイメージが強く、負担に感じられている現状に対して、イスラム教の背景から食材や調理方法に関する「ほんの少しの心がけや注意」によって、より簡単にムスリムへのおもてなしが実現できる具体例を示したことや、実際に接遇環境整備施策が企業連携プロジェクトとして進行中である点、また私の場合、クウェートへの国費留学の経験から、お世話になったムスリムの方へ恩返ししたい気持ちが強くあったこと、各メンバーの「ムスリムの方々が京都で不自由なく、より快適に過ごしてほしい」という強い意思を形にしている点を高く評価して頂きました。
 
 現在、共同でプロジェクトを行っているプレマ株式会社(本社:京都市)は主に健康食品やオーガニック商品を扱っており、その一環として、アレルギー等の食事制限の方々対象のジェラート店経営を行っています。研究会メンバーのハラールに関する知識と、プレマ株式会社の食事制限対応のノウハウや専門知識を掛け合わせ、相乗効果としての「フードバリアフリー環境整備」を目指してプロジェクトは進行中です。8月から始まったばかりの当該プロジェクトは、今後本格的な実行と効果測定を控えており、更なる深化を見据え、より観光客の方々に寄り添った「フードバリアフリー」を実現化してきます。

 この活動が「学生の単なる思いつきと自己満足」で終わることなく、実際に行動に移すことで、ムスリムやベジタリアン、アレルギー対応など食事制限のある方々への環境を整備し、訪日外国人観光客の方々に快適な旅を楽しんでいただくことはもちろんのこと、社会に対する持続可能なプロジェクトとして、今後も地域貢献と国際貢献を行っていく所存です。今後とも皆様のご指導、ご鞭撻、どうぞよろしくお願い申し上げます。

サービス・リーダーシップ研究会会長 齋藤祐史
(国際教養学科4年次生・2015-16年クウェート政府奨学生・旅行会社内定)



(i)詳細はサービス・リーダーシップ研究会の紹介記事参照。http://www.kufs.ac.jp/blog/department/global/detail/765

(ii)世界人口と比較したムスリム人口比率が25%程度であるのに対し、京都市内での観光客全体から見るムスリム観光客比率は多く見積もっても5%程度であるため、今後ムスリム向けのサービスの拡充、食事、礼拝施設の整備により、更に増加することが可能。

************************************

<関連リンク>
京都外国語大学サービス・リーダーシップ研究会 設立の報告(国際教養学科 齋藤祐史)
http://www.kufs.ac.jp/blog/department/global/detail/765

関西観光教育コンソーシアムHP 「学生活動成果発表会」開催報告(2017/09/07)
https://www.kanko-cons.com/gakuseihappyo2017-report/

プレマ株式会社 HP
http://www.prema.co.jp/

  • 授賞式で最優秀賞の賞状を受け取るサービス・リーダーシップ研究会会長 齋藤祐史(右から二番目)
  • 発表を行う国際教養学科1年生の谷実結(右)
  • 今年度クウェート政府奨学生に選ばれ、国費留学を予定している国際教養学科4年 阿比留高広(左)

2017/08/31 00:00:00 オープンキャンパス「エアラインイベント」告知(国際教養学科 齋藤祐史)/Join us! "Airline Event" at the Open Campus on Sep 3

  • Categoryお知らせ
  • Posted by国際教養学科生
OPEN CAMPUS『エアラインイベント』告知
9月3日(日)/"Airline Event" at the Open Campus on Sep 3


9月3日(日)、京都外国語大学においてオープンキャンパスが行われます。私は前回に引き続き「エアラインイベント」に学生代表として参加します。

今回は現役グランドスタッフ(卒業生・男性)とエアライン2社からグランドスタッフの内定を獲得した4年生(男性)も登場します。

内容は下記の通りです。質疑応答の時間もありますので、就職活動、学生生活、留学、その他何でも気軽に聞いて下さい。

今年度最後の「エアラインイベント」です。男子高校生の皆さんをはじめ、沢山の方々のご参加を一同、お待ちしております!

OPEN CAMPUS『エアラインイベント』

【日時】
 2017年9月3日(日)
[1回目]12:40~13:30 (50分間) 
[2回目]15:10~16:00 (50分間)

【実施場所】 161教室 (1号館6階)

【内容(予定)】
現役グランドスタッフによる仕事の話
エアライン2社からのグランドスタッフ職内定者による就職活動の話
*近年の就職状況、エアラインの就職活動
*エアラインスタディプログラム
*京都外大での学び(講義、研究会)
*Q&A
          
国際教養学科 4年次生 齋藤祐史

(サービス・リーダーシップ研究会 会長・   2015-16年クウェート政府奨学生・旅行会社内定)


(関連サイト)

9月3日(日)オープンキャンパス タイムスケジュール
https://www.kufs.ac.jp/admissions/event/pdf/oc_program_0903.pdf

京都外国語大学 国際貢献学部 オープンキャンパス2017 レポートムービー
https://www.youtube.com/watch?v=FXbPQUxIgoc

2017年6月のオープンキャンパスレポートムービー(Open Campus2017)
https://www.youtube.com/watch?v=HPYih8rfFn0

2017年8月のエアラインイベント 実施報告(2017年8月3-5日 国際教養学科 重久佳世)
http://www.kufs.ac.jp/blog/department/global/detail/772

2017年6月のエアラインイベント 実施報告(2017年6月18日 国際教養学科 齋藤祐史)
http://www.kufs.ac.jp/blog/department/global/detail/753

京都外国語大学 エアラインスタディプログラム
http://www.kufs.ac.jp/airline/

昨年度の京都外大オープンキャンパス 
フォトレポート  エアラインイベント
https://www.kufs.ac.jp/admissions/event/opencampus2016.html

動画(キャンパスツアー)
https://www.youtube.com/watch?v=NUDGqeqHFF8

2017/08/10 00:00:00 Report on the activity of the “Pink Sky Project” on Aug 5/  ピンクスカイプロジェクト活動報告/ 千羽鶴作成    (メンバー 小中野実穂)

  • Categoryお知らせ
  • Posted by萬谷
The following report was written by Miho Konakano, member of the “Pink Sky Project”, students’ volunteer group for supporting breast cancer patients. She is the leader of the “Paper Crane Team” to teach members to tie cranes together with needle and thread for making "Senbaduru" or a string of a thousand paper cranes.

ピンクスカイプロジェクト活動報告/ 千羽鶴作成  (メンバー 小中野実穂)

  2017年8月5日(土)、ピンクリボン活動に参加しているメンバーが集まり、ピンクの千羽鶴制作を行いました。このピンクの千羽鶴は乳がん患者の皆様を支援していこうという本プロジェクトの活動の一環で、2016年度より開始したものです。昨年はデルタ航空会長様や患者様より寄贈した千羽鶴に対し感謝状を頂きました。私は以前別のボランティアで千羽鶴を作成したことがありましたので、鶴を束ねる方法を皆さんに教えながら作成しました。

  留学生を含めた京都外大生の作成した折り鶴一羽一羽には、励ましのメッセージや祈りが各言語で書かれております。本日参加したメンバーも各自で折り鶴を制作、メッセージを記入したものを加え、針と糸で一つ一つに支援の思いを込めて、丁寧に折鶴をつなげていきました。この千羽鶴は8月末ごろから色紙などを添えて随時送る予定です。

  今回は新メンバーを迎えて初めての活動とあり、1年生から4年生までの参加者は、今日の活動を通して友好を深められたと思います。これからピンクリボン活動は10月に向けて本格始動していきます。募金活動も行う予定ですので皆様のご理解、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

京都外国語大学 英米語学科2年次生 小中野実穂(ピンクスカイプロジェクトメンバー)


(関連サイト)
ピンクスカイプロジェクト、デルタ航空会長より感謝状授与(国際教養学科ブログ)
http://www.kufs.ac.jp/blog/department/global/detail/751

Peachと学生が連携、学内初の「ピンクリボン活動」 2016年10月(京都外大HP)
https://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=TRDwkuEL

「ピンクリボン運動」の募金活動 京都市立病院に寄付 2017年5月(京都外大HP)
https://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=jfbctrNO

ピンクリボン募金活動、学生団体に感謝状 2017年6月(京都外大HP)
http://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=Yk88Upfx

ピンクスカイプロジェクト 活動報告:リーダー 平木遥(国際教養学科ブログ)
http://www.kufs.ac.jp/blog/department/global/detail/740

ピンクスカイプロジェクト 患者様からのご寄付と感謝状(国際教養学科ブログ)
http://www.kufs.ac.jp/blog/department/global/detail/752
  • 学生の作成した折鶴を一つにする作業に集結したピンクスカイプロジェクトメンバー
  • 今回初めて参加した国際教養学科1年生、国際教養学科4年 齋藤君も慣れない作業に苦戦しつつ頑張りました
  • 初対面のメンバーもいましたが、作業を一緒にすることで、チームワークも深まりました

Page top