ページの先頭です。ページの本文へ

京都外国語大学英米語学科 RSS

2023/04/15 10:00:00 4月10・11日 新入生修学前オリエンテーション

  • Categoryお知らせ
  • Posted by英米語学科
新入生のみなさん、おめでとうございます!

今年の英米語学科は1年生約390名を迎え、4月10日と11日に分けて修学院オリエンテーションが行われました。各日とも、本学の中でも大きな211教室が、200人弱の1年生と20人弱の先輩学生スタッフでほぼいっぱいになり、活気あふれる1日となりました。

本年度のオリエンテーションは、先輩学生が企画・準備から、当日の司会進行まで行いました。中心となったメンバーは、4年生の前田ひなたさん・小林茜音さん、3年生の梅本瑚々奈さん・毛利杏さん。当日はこの4人を含む20人弱の先輩学生が、各々12-13人の1年生グループを担当し、1年生が楽しい学生生活を安心して始められるよう活躍しました。

まずは、野澤元学科長のお話からスタート。本学の建学の精神「Pax Mundi Per Linguas(言語を通して世界の平和を)」をもとに、「世界は地球規模じゃなくても、京都、教室、家族、友達同士でも一つの世界であり、小さな世界に平和を作れなければ大きな世界の平和も作れない。身近な平和を作っていこう。そして、外国語を話せる人は、そうでない人よりも、より多くの人とコミュニケーションが取れて、平和を作れる大きなチャンスを持っている。心のどこかに常にこの言葉を持ち続けて、大学生活を送ってほしい」というお話でした。

この後、先輩学生により、学内の施設・部署、留学、教職課程、サークル、学内バイト・ボランティアなど、実際の経験をもとに、大学の概要の説明がありました。学生ならではの視点で、履修、情報収集、英語の学習のコツなど、様々なアドバイスも織り込んだ内容で、
- 大学からの連絡をしっかり確認しよう
- 留学や教職など、何でも早くから情報収集して準備を始めよう
- TOEICの点数を早いうちから上げておかないと様々な機会を逃すことがある
- 授業以外にも色々な機会があるので挑戦してほしい
など、先輩からの熱いメッセージも、1年生にしっかり届いていたようです。説明の記録のために、スライドの写メを撮る姿も目立ちました。また、前に立ってはきはきと堂々と話す先輩たちは、1年生にはロールモデルとして、モチベーションを高めるきっかけになったと思います。

後半は、グループ毎の交流を深める交流アクティビティ。司会の先輩学生が指定するトピックについて、1年生同士が情報交換をしました。同じ授業や趣味の仲間を見つけたり、先輩に質問したり、この日に初めて出会った者どうしと思えないくらい、とても和やかな交流の場となりました。

最後に、今回のオリエンテーションをリードした4年生の前田ひなたさんと小林茜音さんからのコメントを紹介します。

 
前田ひなたさん
「初めて学生主導でのオリエンテーションという事で慣れないことも多く不安でした。しかし、ボランティアの仲間や先生たちの協力のもと、2日間全て時間通り上手くいき、最後には「楽しかった!」という声や1年生同士が仲良くなっている姿を見て本当に嬉しく思いました。これからの大学生活に胸を躍らせる1年生を見て私も残りの大学生活、まだまだ色々なことに挑戦して自分を成長させたいという気持ちになりました。」

小林茜音さん
「新入生の皆さん、今回のオリエンテーションはいかがでしたか。まだ不安もあると思いますが、これからの4年間出来るだけ多くの事に挑戦してみてください。私のように、この様な大きな企画を任せていただけるチャンスが舞い込んでくるかもしれません。今回の機会は私にとって大きな挑戦でしたが、終えてみた今、大学生活の誇りと自信になりました。皆さんにも、そんな経験を沢山してもらいたいです。大学生活を全力で楽しんでください。」

  • 3・4年生の司会チーム
  • 先輩からのアドバイスが次々と
  • 交流アクティビティ

Page top