ページの先頭です。ページの本文へ

京都外国語大学英米語学科 RSS

イベント

2024/01/29 01:00:00 1/16【卒業生・在学生によるイギリス大学院進学のお話】

  • Categoryイベント
  • Posted by英米語学科
1月26日(火)のお昼休みに、イギリスの大学院を修了した卒業生と、これからイギリスの大学院に進学する4年生2人を迎え、1号館133教室で、カジュアルな座談会形式のイベントを行いました。

まずは、昨年9月にポーツマス大学院で環境学を専攻した楳田愛依さん(2022年英米語学科卒業生)が、1年間*の大学院生活について、数々の写真と共に体験談を語ってくださいました。楳田さんが大学時代からモットーとしていたのは、まず「動く」こと。動くことで人と繋がり、多くのチャンスに出会えたそうです。大学時代は、NINJAスタッフ、模擬国連地域連携プロジェクトなど、とにかく色々なことにチャレンジしてきた楳田さん。大学院でも、学会に参加したり、友人を訪ねてヨーロッパ各国を旅行したり、「繋がる」ことで、行動範囲が広がっていきました。4月からは、東京の会社に就職し、サステナブル推進に携わっていく予定だそうです。

次に、今年9月からイギリスの大学院に進学する英米語学科4年の左海祐典さん(国際開発学専攻)と杉山希夢さん(社会言語学専攻)が、進学方法について説明をしてくださいました。別の大学ですが、お二人ともロンドンの中心の大学に通う予定だそうです。お話の中では、大学選択の仕方、出願の準備の仕方、お薦めのエージェントなど、詳しい情報が盛りだくさんでした。大学によって出願方法が異なったり、先生に推薦状を依頼しなければならなかったり、早めに準備しておかないと、かなり時間のかかるプロセスのようです。

3人のお話の後は、座談会形式で、参加者からの質問に答えていただきました。ここで印象的だったのは….
- 英語の勉強は日本でもできる。海外の大学や大学院に行くのは、英語でなく、関心のある学問を学ぶのが目的。関心のあることを、世界から集まる学生たちと共に学ぶことに意義がある。
- 大学院生は国籍も年齢も様々。受験には経験豊富な社会人もライバル。でも、そういう人たちと学べるからこそ、刺激を受けるし、深い学びができる。
- 出願時の推薦状に書いてもらうネタが必要。そのためには、大学にいる間から、様々な経験を積んでおくことが大切。まずは、「動く」「一歩踏みだす」ことから。

当日は、約10名の在学生に教員や職員の方々も加わり、短時間の中でも大変内容の濃いイベントとなりました。 またこのようなイベントを開催する際には、ぜひ参加してみてください。話を聞くだけにのぞいてみるだけでも、「動く」です。情報に敏感になり、可能性を広げるチャンスを逃さないように!


*イギリスでは、大学院は1年コースが通常。プレセッショナルコース(準備コース)で数週間学んでから大学院の本コースに進むケースも多い。


参考:イギリスの大学院に行った先輩の記事(英米語学科ブログ)
阿武美希さん(楳田愛依さんがインタビュー)
上野明菜さん

  • 左から 左海祐典さん、楳田愛依さん、杉山希夢さん
  • ヨーロッパ各地への旅行について語る楳田さん
  • 出願方法について説明をする左海さんと杉山さん

2023/12/22 10:10:00 第17回 森田杯・英文毎日杯 ペアで紹介する日本文化英語プレゼンコンテスト 結果報告

  • Categoryイベント
  • Posted by英米語学科
2023年12月16日(土)、「第17回 森田杯・英文毎日杯 ペアで紹介する日本文化英語プレゼンコンテスト~地域から発信する日本文化~」が本学で開催され、全国から厳正な審査を経て選ばれた10ペアの出場者20名が日頃の学習成果を発表しました。当日はほぼ満席になるほどの観客が会場を訪れ、ライブ配信でも多くの方がコンテストを鑑賞しました。

入賞者一覧等の詳細は大学のホームページをご覧ください。

本学からは梅本瑚々奈さん(英米語学科3年次生)と毛利杏さん(英米語学科3年次生)のペアが出場し、3位入賞を果たしました。

また当日は、英米語学科学生の渡辺悠太さん(4年次生)、赤嶺颯祐さん(4年次生)、多田小夏さん(3年次生)、若杉紗弥さん(3年次生)の4名が司会進行を担当し、佐々木瑠栞さん(3年次生)、仲澤実莉さん(3年次生)、福西美月さん(2年次生)、上村有紗さん(1年次生)の4名がタイムキーパーや会場運営を担当しました。

以下、3位入賞ペアのお二人のコメントです。

「この度は賞をいただけた事、大変嬉しく思っております。コンテストを通して大学での学びを最大限発揮する事ができ、結果として形に残す事ができました。今回の受賞を自信にして、これからも英語学習に取り組み続けたいと思います。最後に、サポートしてくださった皆様に心より感謝申し上げます。」(梅本瑚々奈さん)

「この度はこのような機会をいただき、大変光栄です。長い時間をかけて資料を集め、練習をする中で挫けそうになることもありましたが、多くの方々のサポートがあり、無事コンテストに出場することができました。コンテストに参加することで、学ぶことも非常に多かったです。ご支援いただきました皆様に、御礼申し上げます。」(毛利杏さん)
  • 梅本さん・毛利さんペア プレゼンの様子
  • 3位入賞の梅本さん・毛利さんペア
  • 4名の学生司会

2023/12/18 21:00:00 KUFS Eco Group Event on December 21st "Second Hand Santa”

  • Categoryイベント
  • Posted by英米語学科
みなさんこんにちは。

KUFS Eco Groupからのお知らせです。12月21日(木曜日)の12:40~16:00の間に "Second Hand Santa" を開催します。クリスマス前には沢山のものを買い物する人もいると思いますが、物を買わない為にセカンドハンドで物々交換してみませんか!? 本や、古着、雑貨などを用意しているので、家にある要らないもの(何でもOK!)を持ってきて、サンタさんと交換してみてください。

Hello, we're the KUFS Eco Group. We're so excited to announce that we are hosting an event called "Second Hand Santa" on December 21st. We know people tend to consume a lot of things before Christmas, but why don't we swap things instead!? We will prepare second-hand books, clothes, and other interesting goods for you or your loved ones to enjoy! You can bring anything you don't use and swap it for something nice. Wanna swap things with the "Second Hand Santa"?

12月21日(Thu) 12:40~16:00
4号館1階南オープンスペース
Building 4, floor 1, South opened space.

2023/12/11 11:10:00 「ペアで紹介する日本文化英語プレゼンコンテスト」(12月16日)のお知らせ

  • Categoryイベント
  • Posted by英米語学科
12月16日(土)午後1時からR171(1号館7階)にて、英米語学科主催、第17回森田杯・英文毎日杯「ペアで紹介する日本文化英語プレゼンコンテスト~地域から発信する日本文化~」が開催されます。

全国の応募者の中から審査を経て選抜された10ペアが、「地域から発信する日本文化」をテーマにリサーチの成果を発表します。

出場ペアおよびプレゼンタイトルの一覧等の詳細は、下記ホームページで確認してください。
英米語学科からも1ペア出場します。
https://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=fKWnJF11

日本文化を英語で紹介したい学生やプレゼンのスキルを向上させたい学生、来年こそは応募してみたい学生にとって、多くの学びと刺激を受けることができる場です。

学内・学外に関わらず、どなたでも事前申し込み不要です。お気軽に会場にお越しください。
またどうしても当日会場に来れない方は、下記のページでライブ配信も実施しますので、そちらをご覧ください。
https://youtube.com/live/pZLHo1qbVAY?feature=share

皆さんのお越しをお待ちしております。

2023/10/12 23:10:00 KUFS Eco Group Event on October 17th

  • Categoryイベント
  • Posted by英米語学科
こんにちは、KUFS Eco Group です。

10/17(火)昼休みの12:50~13:30に、4号館6階にてguest speaker eventを行います!

今回のguest speakerは、オランダのユトレヒト大学国際政治・社会変動学部の准教授であるDr. Gerard van der Ree (ドクター ジェラード・ヴァン・ダー・リー)さんをお招きして講演会を行います。

ジェラードさんは、ジェンダー、植民地性、人間と自然の関係、コミュニティ・エンゲイジド・ラーニングといった、社会革新と変革を中心に活動しています。現在、人類と自然がうまく働き合えなくなってきていることに対して、人間だけでなく、環境や動物に配慮した政治改革が不可欠となります。

そこで、今回の講演会では、
・(世界的に)どのように人生に向き合ってきたか
・これから政治的にどう向き合っていくべきか
についてお話ししてもらいます。

今回の講演内容には、環境や政治だけでなく、歴史や政策、他にちょっと哲学的な要素も含まれています。

環境問題や政治、歴史、哲学について興味のある方、英語力を上達させたい方やそうでない方でもどなたでも大歓迎です!

10月17日の13:50に4号館6階でお待ちしております!

Hello, this is KUFS Eco Group.

A guest speaker event will be held on October 17th (Tue) during lunch break from 12:50 to 13:30 on the 6th floor of building 4!

The guest speaker is Dr. Gerard van der Ree, an Assistant Professor in the Department of International Politics and Social Change at the University of Utrecht, in the Netherlands.

Gerard's study focuses on social innovation and change, including gender, coloniality, human-nature relations, and community-engaged learning. In response to the current situation where humanity and nature are no longer working well together, political reforms that take into account not only humans but also the environment and animals, are essential.

Therefore, in this lecture, the following topics will be discussed:

・Real-world examples of giving voice to nature

・Approaching the personal and political future for all involved

The content of this lecture includes not only the environment and politics, but also history, policy, and philosophy.

All are welcome, including those who are working on improving their English skills!

We are looking forward to seeing you on October 17th at 12:50 on the 6th floor of Building 4!

Page top