ページの先頭です。ページの本文へ

京都外国語大学英米語学科 RSS

イベント

2021/10/20 21:30:00 10/30(土)講演会「映画で紐解く英語の世界」

  • Categoryイベント
  • Posted by英米語学科
「映画で紐解く英語の世界」

メビウス研究会から特別講演会のお知らせです。

本年度第2回目の講演は、本学教授の倉田誠先生、キャリア英語科講師衛藤圭一先生をはじめ、京都外大にゆかりのある石原健志先生、飯田泰弘先生、福嶋剛司先生の計5名が発表を行います。

映画は興味深い言語現象の宝庫です。今回の講演では、映画のセリフを使いながら、話し手が伝えようとしている情報の流れや、話し手の態度を表す表現を中心に5人の発表者が英語学の観点から本質に迫ります。ぜひ映画英語の面白さを感じてみてください。


日時:10月30日(土曜) 13:50~17:00
場所:1号館141教室、またはオンライン (Teams)
*Teams URL: https://bit.ly/2RJig5I (このリンクから参加してください)

申し込み:不要 (京都外大のTeamsアカウントがあれば誰でも参加できます)
参加料:無料


<主催>メビウス研究会
問い合わせ先:
衛藤圭一 (短大教員)k_eto@kufs.ac.jp
吉川裕介 (英米語学科教員)y_yoshik@kufs.ac.jp


[メビウス研究会]
メビウス研究会は、英語学を専門とする教員が中心となって学内外の学生を対象した講演会を開催し、教員それぞれが抱いている学術的興味・関心の共有を目的とした研究会などを行っている研究グループです。少しでも多くの学生が「ことば」の奥深さに関心を持ち、英語学、言語学に親しみを持ってもらえるような活動をこれからも企画していきます。


2021/09/30 15:00:00 10/25(月)オンライン講演会:込山洋一さん(米・日本語情報誌「Lighthouse」創設者)

  • Categoryイベント
  • Posted by英米語学科
10月25日(月)に英米語学科・短大キャリア英語科主催の講演会を開催します。今回のゲストは、米カリフォルニア州ロサンゼルス在住の込山洋一さん。20歳の時に身一つでアメリカに渡り、学習塾経営を経て、1989年に日本語情報誌「Lighthouse」を創刊。年間200万部の発行部数を誇る海外最大の日本語情報誌に成長させた起業家です。

講演のタイトルは「人生には『目指す山』も、『登山ルート』も無限にある」です。アメリカでの挑戦というご自身の経験を踏まえて、これから社会で活躍する学生の皆さんの背中を押してくれるメッセージを届けてくれます! ぜひ参加してください!

英米語学科・短大キャリア英語科主催のイベントですが、他学科の学生・教職員の皆様も是非ご参加ください。

詳細は以下のとおりです。
日時:2021年10月25日(月)17:30~19:10
会場:オンライン(Microsoft Teamsライブイベント)


下記のURLもしくは左のQRコードからTeamsライブイベントに参加してください。
https://bit.ly/3yTHrlE


込山さんのプロフィール
https://www.us-lighthouse.com/corporation/message-from-komiyama.html
込山さんのFacebook
https://www.facebook.com/oceano.komiyama
込山さんのブログ
http://blog.us-lighthouse.com/LHkomi/

2021/07/26 09:00:00 10/25(月)講演会:込山洋一さん(米・日本語情報誌「Lighthouse」創設者)

  • Categoryイベント
  • Posted by英米語学科
*日程が変更になりました! (10/29→1025)

10月25日(月)に英米語学科・短大キャリア英語科主催の講演会を予定しています。今回のゲストは、米カリフォルニア州ロサンゼルス在住の込山洋一さん。20歳の時に身一つでアメリカに渡り、学習塾経営を経て、1989年に日本語情報誌「Lighthouse」を創刊。年間200万部の発行部数を誇る海外最大の日本語情報誌に成長させた起業家です。

このたび、この込山洋一さんが、京都外国語大学の学生たちにお話をしてくださることになりました!詳しくは、夏休み明けに、英米語学科とキャリア英語科のブログ、Web Campusなどでお知らせします。楽しみにしていてください!

10月まで待てない人は、会社サイトのプロフィールのほか、込山さんのFacebookブログで、美しい青空の下のカリフォルニアライフをのぞき見てください!
  • 込山洋一さん
  • 込山さん's 散歩コース in LA

2021/07/02 18:00:00 JUEMUN(日本大学英語模擬国連大会)2021 hosted by KUFS

  • Categoryイベント
  • Posted by英米語学科
Japan University English Model United Nations

The annual Japanese University English Model United Nations (JUEMUN) Conference was hosted by KUFS last weekend, June 25th-27th, 2021.149 student delegates from 12 universities (and coincidently 12 nationalities) took part in the event.

The Agenda theme was Appropriate and Resilient Development for Environmental Sustainability. The three meetings and committee topics focusing on the UN Sustainable Development Goals (SDGs) 9, 12, and 13, were as follows:

Meeting 1: Appropriate Infrastructure Innovation and Industry for Sustainable Development (SDG 9)
Committee A: Increase access and use of communication technologies for sustainable development
Committee B: Develop sustainable and resilient infrastructure
Committee C: Strengthen small scale enterprises in developing countries
Committee D: Facilitate financial support to least developed countries and small island states

Meeting 2: Responsible Consumption and Production for a Sustainable Economy (SDG 12)
Committee A: Reasonable consumption and production of clean energy
Committee B: Reduction of food waste
Committee C: Reduction of industrial waste
Committee D: Supporting economic opportunities and job creation by promoting local culture and products through sustainable tourism

Meeting 3: Urgent Action to Combat Climate Change and its Impacts (SDG 13)
Committee A: Strengthening resilience to climate related natural disasters
Committee B: Integrating climate change measures into policies and planning
Committee C: Building knowledge and capacity to address climate change
Committee D: Managing climate action programmes for least developed countries and small island states

Because of the continuing COVID-19 pandemic the event was held online, but due to the lifting of the state of emergency the three meetings were chaired in person on campus by students from KUFS, Kobe City University of Foreign Studies, and Notre Dame Seishin University, Okayama.

Professor Emeritus Craig Smith, was adamant that JUEMUN events should be student-run and student-led. As a mark of respect, JUEMUN 2021 closely followed Craig’s wishes. The Secretary Generals were Hibiki Maeda (KUFS) and Niklaus Weigelt (KUFS). Nik and Hibiki, along with Manami Miyatake and Naru Kosugi (KUFS) worked tirelessly from as far back as July 2020 to create this event.

In order to stream the meeting online students from KUFS formed a technical assistance team led by Hibiki Maeda with support from Ruka Sasaki, Saeko Ito and Kazuto Morishita. Manami Miyatake organized hotel bookings for our guests from Notre Dame Seishin University, Okayama and Kobe City of Foreign Studies, as well as ordering and collecting meals during the event, and arranging that all delegates receive a special SDG badge created by a local NPO.

The ZOOM meeting opened on Friday with an opening address from the KUFS Secretary Generals followed by two guest speakers, Kaoru Nemoto - Director, United Nations Information Center - Tokyo, and Rev. Takafumi Zenryu Kawakami - Deputy Head Priest, Shunkoin Temple. The guest speakers addressed the pressing need to fully implement the UN SDGs. Delegates then actively engaged in speeches, negotiation, resolution writing and debate for the next three days, finally voting on the finished amended resolutions in the afternoon of Sunday. The meeting closed with a message from students of Notre Dame Seishin University, Okayama who will host the meeting in 2022. Certificates were then distributed to all 149 delegates, prepared by Nik and Hibiki.

I would like to express special thanks to Prof. Angus McGregor who conducted the demanding JUEMUN course for KUFS as well as overseeing the technical and physical details of the event in countless meetings (online and face to face) and emails, a huge undertaking. Also special thanks to Ishihara Yumi of Soumubu who arranged for the meeting rooms and computers and did an amazing job in facilitating away the difficulties of holding such an event during a pandemic, and to Lori Zenuk-Nishide (Kobe City University of Foreign Studies), Donna Tatsuki (Kobe City University of Foreign Studies), Michael Hollenback (Kobe City University of Foreign Studies) and Tom Fast (Notre Dame Seishin University, Okayama) who all greatly contributed as faculty advisors on the JUEMUN 2021 organizing committee.

Despite all the difficulties posed by hosting an event during a pandemic JUEMUN 2021 was a great success and I would like to say an extra special thank you also to the wonderful students of KUFS from the Department of British and American Studies and the Department of Global Studies who actively took part and spent so much of their valuable time contributing to its success: Ai Umeda, Miku Yokoyama, Cygee Chavez, Thanavut Prateep Na Thalang, Carlo Yamano, Mizuki Shin, Hayato Tanimura, Yamato Wakai, Ryo Perez, Ryo Nakatsuji, Ranna Suzuki, Mayu Inoue, Ken Torito, Anji Yamasaki, Taro Baker,
Thank you all!

Ian Gibson
JUEMUN KUFS organizing committee

2021/06/09 12:20:00 6/5(土)「辞書活用法」講演会 ご報告

  • Categoryイベント
  • Posted by英米語学科
去る6月5日土曜日に本年度、第1回目のメビウス研究会が開催されました。

今回のゲストスピーカーは本学の名誉教授赤野一郎先生でした。当日は土曜日にもかかわらず130名以上の参加者がオンライン講義に出席しました。参加された皆さんには今後の英語学習に大きな影響を及ぼす貴重なお話を得られたのではないかと思います。

例えば、日本語で夢という単語を知っているだけでは不十分で、夢を叶える、夢が叶う、等の文章として表現することができなければ、作文はおろか日常生活にも支障が生じます。

外国語学習もこれと同じで、単に闇雲に単語を覚えるだけではなく当該の単語を正しく文章として表現できなければ、本当の意味でのコミュニケーションは成立しません。単語を用いて正しい文章を作るための情報源、それが辞書です。

そういった意味ではまだまだ皆さんの英和、英英辞書の使い方は不十分、不満足なものだということを認識されたのではないでしょうか。

当日参加したかったがどうしても叶わなかったと言う人たちのために、特別に今回はアーカイブに動画を残していますので、ぜひTEAMSのメビウス研究会を訪れて、この貴重な話を聞いてみてください。また、当日参加された方も復習の意味でもう一度見直してみるのもいいかもしれません。

最後になりましたが、土曜日のお昼からという時間帯にもかかわらず数多くの熱心な学生さんが参加され、講師を務めてくださった赤野先生はじめ研修会の主催者たちも皆さんの熱意に感心していました。今後も皆さんのために授業では得られない言葉の不思議な魅力について研究会を通して紹介していきたいと思います。もちろん皆さんからの、あれが知りたい!これについて聞きたい!というリクエストもお待ちしています。

大学で言葉を勉強するというのは単なる語学学習には留まりません。言葉の持つ本当の魅力や不思議さについて、さらに興味を深める場なのです。ともに言葉の世界についてさらに探求していきましょう。

Page top