ページの先頭です。ページの本文へ

京都外国語大学英米語学科 RSS


2021/07/21 09:00:00 2016年度卒業生 吉井靖宗さん(明徳義塾中学・高等学校教員)

  • Category卒業生紹介
  • Posted by英米語学科
英米語学科ブログの「卒業生紹介」では、社会で活躍されている英米語学科の卒業生を紹介します。「卒業生紹介」第1号は、高知県の明徳義塾中学・高等学校で英語教員をされている吉井靖宗さんです。同僚の村上由真さんも本学卒業生(2018年度)です。

****************************************

毎日が“留学”!
真の国際人をジョン万の街土佐から

明徳義塾中学・高等学校
英語科 吉井靖宗

 私が京都外国語大学外国語学部英米語学科を卒業し、高知の明徳義塾中学・高等学校で教員となって、今年で5年目を迎えました。中学生の頃から教員を目指し、当初大学では英語教育を学んでいましたが、3回生の時に藤本幸治先生の生成文法の授業を受けて言語を学ぶ面白さに気づき、それがきっかけで言語学を専攻し、今も勉強を続けています。
 明徳義塾竜キャンパスには4つのコースがあり、私は1年間姉妹校に留学するプログラムがある英語コースの担任をしています。全校生徒の約3割が留学生で、教室では日本人と留学生が一緒に授業を受けています。後輩で卒業生の村上由真先生も同キャンパス勤務・同じ英語コースの担任をしており、その持前の明るさとパワフルさで英語コースを盛り立ててくれています。明徳義塾は「師弟同業」の寮生活を通じて「徳・体・知」の三位一体の教育を目指しており、教員も生徒と同じ敷地に住み、住宅も寮に隣接しているので、いつでも生徒の明るい声やクラブ活動での掛け声が聞こえてきます。親元を離れた寮生にとって我々は親同然であり、進路指導などでは我々の一言が生徒の人生を決めてしまうかもしれないという責任感を持って指導に当たっています。嬉しいことや悲しいことで一喜一憂し、生徒が成長して輝く姿を間近で見ることができ、やり甲斐と嬉しさを日々感じています。
 今回7月10日・11日・12日の3日間で京都外国語大学教授の藤本幸治先生をお招きして「夏期英語特別補習」を行いました。留学直前の高校2年生には資格試験の勉強だけではなく学問としての英語を、これから留学を目指す高校1年生には英語の面白さを、受験を控える高校3年生には大学受験・実際大学で教えられている専門的な内容(生成文法理論)を勉強して言語を学ぶ面白さを実感してもらいたいと思い、この補習を企画しました。普段では受けられない講義に生徒たちも大きく刺激を受けていて、みっちり英語漬けの3日目は、さすがにクタクタな様子でした。特に私が担任をしている高校3年生は、1年間の留学を経験し英語に自信をつけていましたが、藤本先生の“何故人間は言葉を話すのか”、言語の謎を追求する生成文法の授業を受け、「今までとは違った英語の見方をすることができた」「大学でも英語を勉強したい」と講義が終わってからも質問に行くなど目を輝かせていました。多くの生徒から「普段聞けない英語の話を聞けて英語への興味が深まった」という意見が寄せられました。一方「英語を専門として学ぶことは難しい」という意見もあり、今後はプログラム内容を検討してより良いものを企画していきたいと思います。
 ジョン万次郎発祥の地である土佐から、大学から受け継いだ「言語を通して世界に平和を」の精神で、明徳での学習を通じて世界で輝く国際人を育てられたらなと思います。
  • 英米語学科卒業生 村上由真さんと吉井靖宗さん
  • 明徳義塾中学・高等学校 キャンパス全景
  • 明徳義塾中学・高等学校 校舎

2021/07/19 08:30:00 日本大学英語模擬国連会議(JUEMUN)学生レポート

  • Category学生ニュース
  • Posted by英米語学科
英米語学科ブログの「学生ニュース」では、英語学習や国際理解などの分野で活躍する英米語学科の学生たちを紹介します。「学生ニュース」第2号は、4年生の楳田愛依さんと横山実紅さんによる日本大学英語模擬国連会議(JUEMUN)の報告です。

JUEMUN Website:JUEMUN 2021 – Japan University English Model United Nations

[Ai Umeda]
1. About the JUEMUN class and preparation 
  In the classes, students researched their assigned countries and exchanged information with each other regarding what problems the country had to solve and what policies they could suggest. All the JUEMUN classes held by Mr. Angus McGregor were helpful for my preparation for JUEMUN. Although a lot of research and critical thinking were required before the event, he gave a lot of advice and support so that I was able to join with confidence.

2. About the JUEMUN event  
  My first experience with JUEMUN was in 2018 as a 1st year student when I joined as a member of the support staff team. I could not observe the meetings well because of my staff work; however, I saw many participants who were engaged in this event with all their enthusiasm. I was overwhelmed by what I saw, so I decided to participate as a delegate the next year.
  Although this year was my third time to participate in the event as a delegate, I learned many new things. The first time I joined in 2019, I was not able to contribute to the meeting and discussions that much, which was really frustrating for me. Thus, I decided to join again the next year. In 2020 the event was held online due to the COVID-19 pandemic, and it was different from the face-to-face event, but I did better than the previous year. I was also in charge of a working group a facilitator for the first time, and I did my best to lead the meeting. It was not easy, but I tried to let all the delegates have a discussion. This year, I was a facilitator again and it is true that there were some difficulties; however, I realized that I could lead the discussions well and understand what other delegates were saying, and this was reflected in the final resolution we drafted. My experience this year is a result of my past experiences with JUEMUN, and all gave me more confidence for the future.

[Miku Yokoyama]
1. About the JUEMUN class and preparation 
  This year’s JUEMUN was on June 25th-27th, and both the event and class were conducted online. In class, Mr. Angus McGregor helped us to build the basic background knowledge of both the conference agenda and the countries that we were representing. The process of researching and deepening one’s knowledge about the country and its positions on the themed agenda was really challenging work because there was a massive amount of information. But, at the same time, through my research, I was able to learn that there were also a lot of people and organizations trying to make the world a better place. Most importantly, whenever students had troubles or things that they could not understand, Mr. McGregor always taught us very kindly and helped us out to be better prepared for the event.

2. About the JUEMUN event  
  This year was my second JUEMUN experience, and when I first participated in this event as a second-year student, I was surprised and overwhelmed by many other students’ passion and immense preparation for the event, so keeping up with the discussion and expressing some opinions were all I could do. However, this year I was able to write some resolution clauses and think deeply about the most effective way to solve the issues of the agenda. The common thing that I felt through my experiences these past two years is that participating in the JUEMUN conference was tough, but it was worth it and was certainly an enjoyable experience.
  JUEMUN and the KUFS class are not like a typical class that I took in a certain term, as it will remain as one of the memories that I experienced through university life. Moreover, for those thinking about joining JUEMUN in the future, you will be stimulated and influenced by the people you meet, and it will make you feel proud about being a KUFS student. Actually, there are many students from the Department of Global Studies that participate in this event, so it is a good opportunity to engage with other people from around the university. However, the class led by Mr. McGregor and Mr. Gibson are very warm and inclusive just like the slogan of SDGs “No one left behind,” so there is nothing to worry about.
  Two years ago, I joined JUEMUN after I heard that the class was stimulating and challenging, and at times I joked with my friend that it was also damaging. However, after participating in JUEMUN as a fourth-year student, I felt it was so inspiring. It is inspiring to participate in JUEMUN and the class, to try to suggest your opinion or solution at the conference with other delegates, and to learn about and face the reality of the inequalities in this world. All of this is challenging and motivating, and in the end, that was what JUEMUN was for me. It was fun and worth trying, so if you are thinking of joining in 2022, give it a whirl!

2021/07/16 10:00:00 「温故知新と英語の不思議」「日本語の文化と英語の文化」

  • Category教員ニュース
  • Posted by英米語学科
英米語学科ブログの「教員ニュース」では、教員に関する、または教員発信の情報を紹介します。「教員ニュース」第2号は、言語学専門の藤本幸治先生から、英語の歴史と異文化理解に関するお話です。

********************************
温故知新と英語の不思議

英語の学習といえば、読む、聞く、書く、そして話す、を中心とした語学の運用面に焦点が当たりがち。そしてその実用能力を語学試験(TOEICや英検)で腕試しすることが通例となっていますね。しかし、英語を学習すればするほど、不思議で納得のいかない現象に出会うのも常。例えば、不定冠詞の「a」。「一つの」という意味を持ちますが、それはなぜなのでしょうか。アルファベットの一番初めに来るから?それじゃ、「b」は2番目なので、「2つの」という意味になりますか。I have b books. いや、違いますよね。

実はこれ、昔の英語(Old Englishといいます)までさかのぼれば、謎が解けてきます。英語で、「1」は、「one(ワン)」、これを弱形で発音してみると「アン(an)」となります。つまり、かつては、anが基準になり、その語、母音以外で始まる名詞の直前の「n」が発音されなくなりました。中学生のころ、冠詞a(1つの)は、母音で始まる名詞の前では、「n」を付けますよ、と習ったことは実は順序が真逆なのです。こういったことを知るためには、現在の英語ばかり見て(共時的研究(synchronic approach))いるだけではだめなのです。歴史を通じた通時的研究(diachronic approach)を知る必要があります。その面白さは他にもあります。例えば、今度は単数形ではなく、複数形の場合、通例、複数形を表す接辞(affix/接尾辞(suffix))は、「-(e)s」を語末に用いますね。そうすると、dog→dogs、book→books、adult→adultsとなります。しかし、childはchildsとはなりません。どうしてでしょう。Childrenのrenが複数を示すのでしょうか。-renを用いた複数形なんて、children以外見たことないですよね。

しかし、現代の英語においても、ox(雄牛)の複数形は、oxenとなります。そして、なんとbrotherの複数形に、brothersだけではなく、brotherenという形があるのです。つまり、[n]が複数形を表していると考えられるのです。では、[re]はどうなのでしょうか。実はこれも古英語の時代には、[re]は現在の接辞「es」と同じように、複数を表していたのです。

でもちょっと待って。それでは、childrenは複数接辞がダブっていることになりますよね。ところがこれは、日本語にも当てはまる現象で、例えば、「女ども」、「野郎ども」の「ども」は複数を示します。では、「子ども」はどうでしょうか。そう、複数を示してます。しかし、「子ども達」というふうに複数を示す「達」を並べて使うことができてしまいます。

いかがでしたか。言葉はいい加減であり、またいい加減に見えて、そこには、変化の理由が隠されているのです。そのためには、目に見えてている「現在」だけではなく、現在に至るまでの過去からの歴史をさかのぼる必要があります。まさに「温故知新」、故きを温ねて新しきを知る、です。


日本語の文化と英語の文化

時間というのは、人間にとってとても大切なもの。限られた人生の長さを有意義に生きなくてはなりません。そして、時間はすべての人に共通で、平等に与えられているものです。しかし、文化が異なれば、時間の感覚が異なることもあるのです。これはいったいどういうことでしょう。

例えば、あなたが明日友達の家での誕生日パーティーに招かれたとしましょう。パーティーの開始時間は午後3時です。さて、あなたは何時に友達のおうちに向かうでしょう。午後3時前、あるいは午後3時を過ぎて行きますか。日本人の場合、おそらく、開始時間を(ましてや意図的に)過ぎて、遅れて到着することはまずはないでしょう。それは、「相手を待たせてはいけない」という相手に対する配慮です。

しかしながら、欧米では、パーティーに遅れてくる人はざらにいますし、ことによれば、それがマナーだとさえ考えられています。私たち日本人にはにわかには信じがたいことです。しかし、そこには彼らなりの理由があるのです。そして、それは私たちと同様、相手に対する「思いやり」の心なのです。いったいどういうことでしょうか。

もし仮に、あなたがパーティー会場に開始時間より前(10‐15分前)に到着したとしましょう。もしかしたら、パーティーのホストは、ぎりぎりまで料理や飾りつけの準備をし、最後の仕上げとして、シャワーを浴びてドレスアップしようとしている最中かもしれないですよね。そんなときに、すでにあなたが到着したとなれば、相手は焦りますし、あなたもさぞかし居心地が悪くなるでしょう。そういった状況を回避するためにも、相手に十分な時間の余裕を与えることが相手への配慮だと考えるのです。なるほど、ですね。

つまり、言葉によるコミュニケーションだけではなく、その言葉が使われる国や地域の風習やものの考え方、つまり、異文化に対する理解を欠いてしまうとせっかくのコミュニケーションも失敗に終わります。言葉と文化はコインの裏と表。どちらも欠くことはできません。

ちなみに、欧米では、パーティーの後の片付けの手伝いもあまり喜ばれないのです。相手の家事の手伝いをするということは、招かれたゲストのすることではなく、むしろ、勝手に片付けようとすると相手のプライバシーを侵害する可能性もあります。気を付けたいものですね。

2021/07/12 16:00:00 From Akiya to Comfortable Eco-Home –– ポッドキャストインタビュー(Iain Davey 先生)

  • Category教員ニュース
  • Posted by英米語学科
英米語学科ブログの「教員ニュース」では、教員に関する、または教員発信の情報を紹介します。「教員ニュース」第1号は、環境問題を専門とするIain Davey先生より、先生が出演されたポッドキャストインタビューの動画の紹介です。Watch the videos if you are interested in Iain-sensei's eco life!

********************************

Hi everyone, I’m Iain Davey, one of your full-time lecturers at Kyoto Gaidai.

If you have taken any of my classes, you will know my research area is environmental issues and sustainable development. I also help with KUFS Eco Group that are doing great work on campus and around Kyoto.

You will also probably know I live in Shiga and try to lead a life that is as environmentally-friendly or sustainable as possible. We try to produce a lot of our own food, so have chickens, goats, bees, and grow a lot of different fruits and vegetables. We also live in house that produces all of its own power from the sun (solar PV) and has a toilet which turns the waste into compost for the garden. We use a car which we run, not on diesel, but instead, on recycled waste vegetable oil. All these things help to reduce our impact on the environment in different ways.

Last year and again this June, I was invited onto a Podcast series called Seeking Sustainability in Japan. In the interviews I talked about our eco-friendly house, garden and lifestyle. If you are interested and would like to listen to them, and of course, practice your ENGLISH, please follow the links.

Podcast Seeking Sustainability in Japan with JJWalsh on YouTube:
From Akiya to Comfortable Eco-Home
August 2020
June 2021
  • The eco house with its solar panels
  • The Davey family's two goats enjoying the weeds
  • Iain Davey 先生

2021/07/10 09:30:00 7/16・17 TOEIC IPテスト(1・2年生対象)

  • Categoryお知らせ
  • Posted by英米語学科
英米語学科1~2年次生、短期大学1~2年次生を対象に TOEIC(IP)オンラインテストを実施します。対象学生は必ず受験してください。

<試験実施(受験可能)日時>
2021年7月16日(金) 0時00分 ~ 7月17日(土) 23時59分(注:試験実施(受験可能)日時までに受験が完了していること) 

<受験方法>
WebCampusからのお知らせ「7月実施TOEIC(IP)オンラインについて(対象学生のみ)」(教務部から配信済)と、添付資料「受験のしおり・受験の手順」を必ず確認してください。

Page top