ページの先頭です。ページの本文へ

京都外国語大学英米語学科 RSS


2021/08/17 19:10:00 2016年度卒業生 福田 隆也さん(株式会社 関東マツダ)

  • Category卒業生紹介
  • Posted by英米語学科
英米語学科ブログの「卒業生紹介」では、社会で活躍されている英米語学科の卒業生を紹介します。「卒業生紹介」第3号は、株式会社 関東マツダで勤務されている 福田隆也さんです。

****************************************

株式会社 関東マツダ
福田隆也

 私は現在、マツダ株式会社の子会社で、関東1都3県にマツダの販売店を展開する、株式会社関東マツダで営業スタッフとして働いています。周りのスタッフと違い、新卒採用ではなく、中途採用で入社しました。これまで色々と苦労もありましたが、結果として夢が叶いました。誇れる経験や経歴ではないですが、私が思う大切なことを3点、大学生活、挫折や失敗をした時のこと、諦めないことをお伝えします。
 私は「英語が好き、おもしろい」という気持ちを持ち英米語学科に入学しました。家庭の事情で海外留学する選択肢はなかったですが、大学ではそれ以上に価値のある学びができると思い、勉強に励みました。周りの留学経験のある学生に負けないよう、定期的に英語の資格試験を受け、大学生活は、人生で最も勉強をした期間でした。また、言語学(生成文法)に興味を持ち、大学院の授業に特別に参加させていただくなど自らたくさんのことを学ぶように努力しました。私の経験上、企業の採用面接で大学での学習や活動を聞かれなかったことは一度もありません。大学での学習経験と努力が、私の人生を何度も救ってくれました。私にとっては宝だと思っています。後輩の皆さんもぜひ将来の自分を救ってくれるような経験を、大学でたくさんしてほしいと思います。
 冒頭で現在夢が叶ったと書きましたが、今に至るまでにたくさんの苦労がありました。新卒採用の時は、志望していたマツダ株式会社、地元のマツダの販売会社を落ちてしまいました。大変落胆して、別業界、別の場所で働こうと東京にある飲食業の会社に入社しました。その後、ホテル、学習塾と転職を2度しました。自分のやりたいことが分からず、ありたい自分を見失っている、とても辛い時期でした。過去にはたくさん後悔もしましたが、今になって思うのは、挫折や失敗をした時は無理しすぎずに逃げても良いということです。私もこれまで挫折や失敗ばかりでしたが、現在は自分に満足して、充実した毎日を過ごしています。それもある意味過去の挫折のおかげです。
 最後にお伝えしたいのは、諦めないことの大切さです。先ほどの経歴を見ると、なぜ飲食、ホテル、塾で働いた後にマツダの販売会社に入れるのかと、不思議に思われると思います。私が今の会社に入れたのは、やりたいこと、夢をあきらめずに行動したからです。一般的に自動車メーカーの正規販売店を運営する企業は、採用後の定着率も高く、新卒採用が主になります。そんな中、関東マツダが中途採用の求人を出しているのを見つけて、即応募しました。面接では、大学での学び、これまでの職務経験をどのように仕事に生かせるのか、そしてマツダで働くのを諦められないという強い気持ちを伝えました。また、大学生の時と大きく変わらない点数を英語の資格試験で取得していたことにも驚かれました。しかし、最後は気持ちだと思います。諦めないこと、その気持ちの強さが自分の未来を切り拓きます。新卒採用の時、私に足りなかったものです。
 英語はもちろん今も好きなので、今後も勉強を続けていきます。現在は営業スタッフとして、マツダファンを増やすべく日々奮闘していますが、将来的には管理部門など、より多くの人に影響を与えられるような仕事をしたいと考えています。マツダとともに「飽くなき挑戦」を続けていこうと思います。
  • MAZDA3と福田隆也さん
  • 現在お勤めの株式会社関東マツダ 越谷店

2021/08/16 18:40:00 2018年度卒業生 重松由樹さん(本学入試センター勤務)

  • Category卒業生紹介
  • Posted by英米語学科
英米語学科ブログの「卒業生紹介」では、社会で活躍されている英米語学科の卒業生を紹介します。「卒業生紹介」第2号は、本学入試センターで勤務されている重松由樹さんです。

****************************************


「自分の信じた道を進め!」
京都外国語大学 入試センター
グローバルアドミッションオフィサー
重松由樹

 みなさん、こんにちは!2018年度英米語学科卒業生の重松由樹です。私は卒業後、ここ母校で働いています。入職後、入試センターという部署に配属され、この4年間、募集広報から入学試験の実施まで様々な業務に携わってきました。体力的にもハードで、デリケートな内容を取り扱うことも多く大変なこともありますが、その分、成長を実感することができます。
 母校で働く、というのは面白いもので、色々な発見もあります。私も学生時代はというと、留学生と一緒に授業を受け、キャンパス内で多数の言語が飛び交っているような環境をごく当たり前なことだと思って過ごしていました。しかし、自身が大学職員として教育機関の関係者らと対談する中で、本学のこの環境は学内にとどまらず本当に多くの方の創意工夫や熱意によって支えられているのだと気付かされます。
 せっかくなので、少し入試センターらしいお話をさせていただきます。「教育制度」、私自身が大学という組織で仕事をするようになり、一番関心のあるトピックです。私たちは大学へ進学を考える場合、日本では、一般的には、小学校・中学校・高等学校の6・3・3年制、つまり12年の教育を受けますよね。これって当たり前のことなのでしょうか?
 実は、世界を見渡すと国によっては、小中高の通算年数が10年、11年、さらには12年よりも多い13年の教育を行っている場合もあります。国や地域によって異なる教育制度が提供される中、「教育」の中で重視される項目も異なります。そのような中で、公平な入試選抜を実施するというのは実はとても難しいことなのです。入試制度の多様化や入試制度の改廃等が検討されることになります。
 このように、受験生目線では「出願資格」を確認していただければ良いのですが、日本国内だけでなく海外の教育を受けた方を受け入れるには、大学入学資格に関する項目、学校教育法などの法令、諸外国の教育制度に至るまで様々な専門知識が必要になります。知識のアップデートもさることながら、場合によっては、海外の教育機関に問い合わせる事もあり、正確に物事を伝える語学能力や交渉力も試されます。現在ではオンラインツールの利用も活発になり、海外の学生ともZOOMでやり取りをし、直接ヒアリングを行うことで彼らに求められているニーズにも素早く対応できるように工夫する機会を積極的に作ることも重要な仕事の一つだと考えています。
 私は、主にグローバルアドミッション(外国人留学生や帰国生を対象にした入学試験制度)を担当していますが、広報活動だけでなく、本学の入試制度について英語で正確に伝達しなければならないというプレッシャーと常に対峙しています。その一方で、本学に魅力を感じ世界中から志願する学生の期待に応える為にも、そして本学が真にグローバルな大学としてより広く認知される為にも重要な役割を与えられていると思うと、より一層のやり甲斐を感じます。
 最後に、なぜ私が京都外大に入学したのかお話しします。一番の理由は自宅から近かったからです。冗談のように聞こえるかもしれませんが、一分一秒でも勉強時間に多く充てられるというのはメリットが大きいです。ではなぜ「外国語」を真剣に勉強しようと思ったのかというと、たまたま観ていたテレビがきっかけでした。
 2013年のある日、2020年東京オリンピックの開催が決定し、「これからもはますます英語が話せるグローバル人材が必要になる」これが私にとってのキーワードでした。入試センターから送られてきた「合否結果通知書」は今でも私の宝物です。私には、「夢に向かって頑張れ!」と書かれているように感じたのです。
 いざ入学してみると、全く想像していたキラキラのキャンパスライフではありませんでした。とにかく一番に教室に行き、閉室ギリギリまで勉強して帰宅する日々。文字通り英語漬けの毎日で、喉が枯れるまで音読をし、分からない所、覚えにくい箇所は何か理由があるのだと思い、先生を追いかけては質問をしていました。
 派遣留学、弁論大会、プレゼンテーションコンテストなど、少しでも経験値を増やす為に必死に駆け抜けた4年間でした。なぜこんなことができたかというと、私には特に秀でた能力も才能もないと分かっていたからです。ただ、勉強に打ち込める、保証された4年間はそのようなことは言い訳にせずとにかく走り抜けようと思っていました。毎日コツコツ努力することしかできませんでした。要領も悪く、周りから見たら空回りもあったかもしれませんが、それでも学問に対する姿勢や努力を次第に評価されるようになりました。そのような学生生活を過ごすうちに、卒業後も私が学生生活を支えてもらったように母校に関わりながら自分なりの恩返しをしたいと強く思うようになったのです。
 現在、みなさんは、これまで以上に制約が多く不安な日々をお過ごしかと思います。特に学生のみなさんにこの場をお借りしてお伝えしたいのは「判断に困った時こそ、自分の信じた道を進め」ということです。答えは常に自分の心の中にあり、それを信じて最善を尽くし続けることこそがいつか大きな夢を達成する事に繋がると思います。ずっと走り続けるというのは大変なことです。夢や目標が大きければなおさらです。時には自分が設定した夢の大きさに押しつぶされそうになることもあるでしょう。それでも、みなさんが今、試行錯誤しながら取り組んでいるどんな事も、きっと将来役に立つことでしょう。他人から見ると成功や失敗といった無機質な評価がつけられることもあるでしょうが、あなたにとってはすべてが経験値になるはずです。私も頑張ります、みなさんも自分を信じて頑張ってください。応援しています。
 今回の記事を読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。また、特にこれまで私を大学職員として育ててくださった教職員の皆様、そして、今回ブログ執筆の機会をくださった学科の先生方に心より感謝申し上げます。
  • [日本大学英語模擬国連] 学生時代の国内外を合わせ計7回出場しました。「模擬国連」といっても、白熱した議論、熱意ある世界中の若者との出会い、すべてが私にとっては「リアル」でした。
  • [ECCホノルル市長杯「全国日本青少年英語弁論大会」] 全国決勝に進んだ参加者とは今でもつながりがあります。出来るだけ本番に近い形で練習の場を確保してくださった教職員の方々のサポートがあったからこそ実力を最大限に発揮することができました。
  • 2020年度からグローバルアドミッションオフィサーに任命され、国内外の教育制度などに関心を持つようになりました。今までの貴重な経験や語学力を活かし、より京都外大の魅力を世界に発信できるよう精一杯取り組みたいと考えています。

2021/07/26 09:00:00 10/29(金)講演会:込山洋一さん(米・日本語情報誌「Lighthouse」創設者)

  • Categoryイベント
  • Posted by英米語学科
*10月15日から変更になりました!

10月29日(金)に英米語学科・短大キャリア英語科主催の講演会を予定しています。今回のゲストは、米カリフォルニア州ロサンゼルス在住の込山洋一さん。20歳の時に身一つでアメリカに渡り、学習塾経営を経て、1989年に日本語情報誌「Lighthouse」を創刊。年間200万部の発行部数を誇る海外最大の日本語情報誌に成長させた起業家です。

このたび、この込山洋一さんが、京都外国語大学の学生たちにお話をしてくださることになりました!詳しくは、夏休み明けに、英米語学科とキャリア英語科のブログ、Web Campusなどでお知らせします。楽しみにしていてください!

10月まで待てない人は、会社サイトのプロフィールのほか、込山さんのFacebookブログで、美しい青空の下のカリフォルニアライフをのぞき見てください!
  • 込山洋一さん
  • 込山さん's 散歩コース in LA

2021/07/23 09:30:00 右京区 & KUFS プロジェクト「Good Neighbors」

  • Category学生ニュース
  • Posted by英米語学科
英米語学科ブログの「学生ニュース」では、英語学習や国際理解などの分野で活躍する英米語学科の学生たちを紹介します。「学生ニュース」第3号は、現在英米語学科の学生4名が参加している、右京区と本学の協働プロジェクトの進捗報告です。

*****************************************

現在、本学コミュニティ・エンゲージメント・センター主催で、右京区90周年を記念するプロジェクトが進んでいます。大学(KUFS)・自治体(右京区)・地域(右京区民)・企業(みらい翻訳社)のコラボレーションで行う、産学官民連携の取り組みです。英米語学科からは、4年生の佐々木光さん、楳田愛依さん、2年生の淺野天良さん、原田涼太さんの4人、その他、観光学科から2人、グローバルスタディーズ学科から6人、京都外大西高校から3人が参加しています。

このプロジェクトでは、右京区の6団体と、6人の右京区民に、学生がペアで取材・インタビューし、その記事を日本語と英語で執筆します。日英の取材記事をもとに学生がウェブサイトを完成させ、10月初めに公開することを目標にしています。

現在、右京区を代表して、仁和寺京都ハンナリーズ(プロバスケットボールチーム)、京都民際日本語学校亀屋廣清(京北町の老舗和洋菓子店)、すし米(京北町の料理旅館)、すこやか嵯峨野ファームJapan Cat Network(動物保護NPO)への取材が終わり、右京区在住の個人6人の取材を行っているところです。

本プロジェクトの試みの一つに、機械翻訳の使用があります。Google翻訳(アメリカ)やDeepL(ドイツ)といったAI機械翻訳ツールが開発されていますが、日本にも Mirai Translatorという優秀な機械翻訳があります。本プロジェクトでは、このMirai Translatorを開発するみらい翻訳社の協力を得て、日英翻訳を行います。先日は、機械翻訳のセミナー/ワークショップも行っていただきました。この中で、機械翻訳を使う時には、プリエディットやポストエディットといった人の手による作業を加えることが、良質な翻訳文を作るコツだということを教えていただきました。

本プロジェクトの様子は、プロジェクトのインスタグラムで紹介しています。10月初め完成のウェブサイトは、プロジェクトのインスタ、英米語学科ブログ、ポスターなどでお知らせします。楽しみにしていてください!

報告:英米語学科 ラムスデン多夏子
(プロジェクト参加教員)


*****************************************

以下の英文は、上の文章の前半をMirai Translatorで機械翻訳した結果です。機械翻訳にかける前に、固有名詞などをプリエディットしています。この後、ポストエディットとネイティブスピーカーによるプルーフリーディングの2つのプロセスを経て、初めて翻訳文として完成します。

Ukyo Ward's 90 year anniversary project is currently underway under the sponsorship of the University's Community Engagement Center. This is an industry-academia-government collaboration undertaken through a collaboration of universities (KUFS), local governments (Ukyo Ward), local communities (Ukyo Ward residents), and companies (Mirai Translate Inc.). Department of British and American Studies includes four fourth graders, Hikaru Sasaki and Ai Umeda, second graders, Sora Asano and Ryota Harada, two students from Department of Global Tourism, six students from Department of Global Studies, and three students from Kyoto Gaidai Nishi High School.

In this project, students interview six groups and six Ukyo residents in pairs and write an article in Japanese and English. The goal is for students to complete the website based on interviews from Japan and the UK and publish it in early October.



  • 右京プロジェクト参加メンバー(学生・教員・CEC)
  • すこやか嵯峨野ファームにて(新鮮で美味しい野菜に感動!)
  • 緑豊かな京北町まで取材へ行ってきました!(ウェルカムメッセージのサプライズに感動!)

2021/07/21 10:30:00 京都外大・日本文化プレゼンコンテスト 公式募集開始!

  • Categoryお知らせ
  • Posted by英米語学科
本学で12月18日(土)に行われる「第15回森田杯・英文毎日杯「ペアで紹介する日本文化英語プレゼンコンテスト」の公式募集が始まりました!

応募要領は本学ウェブサイトの専用ページから。4号館前の掲示板にポスターを掲示しています。こちらのQRコードからもアクセスできます。

応募期間は9月1日(水)から10月9日(土)まで。一次審査の合格者が、12月18日(土)の本選に出場できます。

応募には、英語要旨の作成、応募用原稿の音読練習など準備が必要です。本学からの応募希望者は、英米語学科・キャリア英語科がサポートしますので、できるだけ今学期中に以下の担当者に連絡して下さい。

当日のコンテストは一般公開される予定です。お楽しみに!


担当:
英米語学科教員 ラムスデン多夏子 t_ramsden@kufs.ac.jp
キャリア英語科教員 Mike Barr m_barr@kufs.ac.jp




  • 2019年度 本学からの出場者
  • 2019年度 本学からの出場者

Page top