ページの先頭です。ページの本文へ

京都外国語大学英米語学科 RSS


2022/01/19 01:10:00 「火星に枯山水」翻訳プロジェクト ー オンライン会議

  • Category学生ニュース
  • Posted by英米語学科
英米語学科ブログの「学生ニュース」では、英語学習や国際理解などの分野で活躍する英米語学科の学生たちを紹介しています。今回第10号は、昨年10月にブログでお知らせした「火星に枯山水」翻訳プロジェクトについての報告です。

昨年末の12月14日、米航空宇宙局NASAに「Karesansui on Mars」構想を提案したCharles Lindsay氏と、この構想を説明する文書を執筆した Glenn Bugos氏を迎えて、アメリカ・カナダ・京都をつなぎ、オンライン会議を行いました。
(Lindsay氏とBugos氏の略歴は以下を参照)

本プロジェクトは、Bugos氏の書いた英文書を日本語に翻訳するもので、英米語学科から3年生の斎藤光さん、常見彩花さん、2年生の寒川紫月さん、山内明日花さんの4人が参加しています。火星・宇宙技術・アート・禅などなど、サポートする2人の教員(京都芸術大学准教授川向正明先生と本学英米語学科講師ラムスデン多夏子)にとっても難しい内容で、定期的にオンライン会議を開き、議論を重ねながら翻訳をしてきました。

今回の会議は、翻訳の際に解決できなかった疑問点を、立案者と執筆者のご本人に直接質問するという、大変貴重な機会でした。翻訳する際には、筆者の意図を正しく解釈することが鍵となります。しかし、どれだけ深くリサーチをしても、筆者の頭の中や心の中までを100%読み取ることは不可能であるため、誤訳を防ぐため、あえて訳さない・ぼかすなどの「安全策」を取ることがあります。そのため、今回の会議は、お二人の意図にできるだけ近い翻訳を目指すのに、とても意義のあるものでした。

翻訳文は、今後、アートや日本語でのクリエイティブライティングを学ぶ京都芸術大学の学生さんと協力して、仕上げの段階に入ります。


「Karesansui on Mars(火星に枯山水)」構想
火星で活躍するNASAのローバー(探査ロボット)に地球から信号を送り、遠隔操作で枯山水を作るアートプロジェクト。「枯山水」とは、銀閣寺の庭に代表される、水を用いず石や砂で山水の趣を表現した庭園のことで、美しい砂紋が特徴。

Charles Lindsay:米SETI研究所 (SETI: Search for Extra-Terrestrial Intelligence) の「Artist in Residence Program」初代アーティストおよびシニアプログラムディレクター。現在は京都芸術大学キャラクターデザイン学科の客員教授。NASAのAmes研究センターで3つのプロジェクトを行うなど、NASAとは大変関係の深い現代アートの世界的なアーティスト。

Glenn Bugos:シリコンバレーを拠点にコンサルタントとして活動する科学技術およびビジネスの分野の歴史学者。1998年から2017までの20年間、NASAのAmes研究センター所属の歴史学者として数々の功績を収めた。


  • 米・加・日をつなぐオンライン会議
  • 「Karesansui on Mars 」イメージ

2021/12/21 09:20:00 PCC カンボジア オンライン交流会

  • Category学生ニュース
  • Posted by英米語学科
英米語学科ブログ「学生ニュース」では、英語学習や国際理解などの分野で活躍する英米語学科の学生たちを紹介しています。「学生ニュース」第9号は、PCC(Picture Books for Cambodian Children )サークルの英米語学科2年寒川紫月さんより、先日行われた「カンボジア オンライン 交流会」の報告です。

*****************************************************


こんにちは! 
ជម្រាបសួរ!(チョムリアップ スォ:初めまして!)

英米語学科 2年次生の寒川紫月です。今回、11月20日(土)に開催された「カンボジア オンライン 交流会」についてご紹介いたします。

突然ですが、皆さん本学のサークル Picture Books for Cambodian Children 通称 「PCC」をご存知でしょうか。

私が所属するこのサークルは、カンボジアの子どもたちのために絵本を作成し、それを届け、読み聞かせを行う活動をしています。それぞれの絵本には、子どもたちに伝えたいメッセージが込められており、一つ一つ丁寧に作業を行っています。そのメッセージをもとに出来上がった物語を、日本語・英語・クメール語の3か国語入りで作り、子どもたちの世界が広がるように工夫を施しています。

毎年カンボジアを訪れ、孤児院や小学校に絵本を届けに行っているのですが、今年はコロナ禍ということもあり、オンラインにてリトルエンジェル孤児院の皆さんと交流会を開催いたしました!!

今回作成した絵本は、「思いやりと助け合いの大切さ」をテーマに、日本の伝統工芸品である、まげわっぱ(木製のお弁当箱)と9つの個性あるおかずたちとの冒険物語。題名は『おかずたちのにじいろのたび』。夏休み前から絵本作りに取り掛かり、交流会を通して全員が「楽しい!」「ワクワクする!」と思える絵本になるように、たくさん内容を考えました。その結果、絵本の読み聞かせだけでなく、バラエティ豊かな企画でいっぱいの交流会になりました。

当日は、緊張と楽しみが混じりながら中継がスタート。とっても可愛いカンボジアの子どもたちが出迎えてくれました。まず学校紹介では、カンボジアの孤児院の様子を見ることができ、犬や猫が自由に歩いていたり、スバエク(カンボジアの美しい伝統工芸品)を製作している様子が見えたりと、まるで現地に行っているような気分になりました。続いてクイズ企画では、日本ならではの琴や折り紙を、◯Xクイズにて紹介!そして、みんなで絵描き歌に合わせてドラえもんを書きました。

その後はいよいよ、読み聞かせの時間♬  絵本を手渡された子ども達は、好奇心やワクワクしている目を見せてくれました。その光景は今でも忘れられないほど本当に嬉しかったです。読み聞かせを私たちは日本語で、そこから現地の先生にクメール語で訳していただきました。絵本の最後には、「私の!僕の!オリジナルお弁当を作ろう!」というページを作成。まげわっぱのイラストに、絵本の登場人物をペタペタと自由に貼り付けてもらいました。

このほか質問コーナーでは、質問を通してお互いに知っていくことが出来ました。交流会の終盤には、なんと! 子ども達から歌のプレゼントが! この心のこもったプレゼントにPCC一同感激し、この活動をする楽しさややりがいを感じました。

交流会は、言語や育ってきた環境の違いに関係なく、カンボジアの子どもたちと私たちが「個性と魅力を発揮して、虹色に輝きながら旅をしている」ー まさにそのようなイベントとなりました!

このご時世だからこそ、現地に行けなくても、新たな試みとして、「挑戦したい!」「ボランティアをしたい!」という想いで始まった交流会。また、私たちから子ども達に「なにかをしすぎる」のではなく、お互いが思いやりの気持ちを持って理解し合い、学び合える、キラキラした時間に。

ここで得た子ども達との繋がりとボランティアの楽しさを胸に、今後ともPCCは積極的にボランティア活動をしてまいります!そして、カンボジアの子ども達や日本、世界に貢献できますよう励んでいきたいです。いつか子どもたちの笑顔を直接拝見できることを楽しみにしています!! :)

こちらのブログを読んで、PCCに興味を持ってくださった方は、PCCのInstagram (@kufs.pcc)で活動や今回の交流会の様子をチェックしてみてください☆

最後になりましたが、今回ご協力くださいました、京都南ロータリークラブ様、近畿日本ツーリスト様、現地スタッフの皆様や横山国際部長、キャリアセンターの西原様、本当にありがとうございました。

それでは、最後はクメール語で。
អរគុណ!(オークン!:ありがとう)
លាហើយ!(リア アウイ〜!:またね〜!/ さようなら!)


  • リトルエンジェル孤児院の子どもたちとPCCメンバー
  • 絵本を手に喜ぶ子どもたち
  • 絵本の読み聞かせをするPCCメンバー

2021/12/19 18:10:00 12月18日 日本文化英語プレゼンコンテスト 実施のご報告

  • Categoryイベント
  • Posted by英米語学科
12月18日(土)、本学英米語学科・短大キャリア英語科主催「第15回森田杯・英文毎日杯ペアで紹介する日本文化英語プレゼンコンテスト 」が行われました。当日の様子は、英米語学科YouTubeチャンネルで閲覧可能です。

今年は、全国8大学より10ペアが出場し、本学からは、英米語学科1年下口大輝さんと小島政義さんのペア(写真左下)、グローバルスタディーズ学科2年神橋恵那 さんと島本菜瑠実さんのペアがプレゼンを行いました。

入賞結果は以下の通り。
1位 「整えるという日本の美しい概念」武庫川女子大学4年豊田姫菜さん・嶋田愛さん
2位 「上勝町から見る葉っぱビジネス」中央大学1年加賀莉里花さん・早稲田大学2年坂本映美さん
3位 「自然の色と音」京都外国語大学グローバルスタディーズ学科2年 神橋恵那 さん・島本菜瑠実さん
奨励賞 「声優〜アニメの世界は変わる〜」四天王寺大学3年谷口貴恵さん・荒木葉月さん

英米語学科1年下口大輝さんと小島政義さんは、「木組みという日本の伝統技術」のタイトルで、清水寺の舞台に代表される伝統の木造建築技術について発表しました。残念ながら入賞にはなりませんでしたが、堂々とした口調や身振りで、興味深い内容の素晴らしいプレゼンテーションを披露しました。

コンテストのメイン司会はMike Barr先生でしたが、学生司会として、英米語学科2年前田ひなたさん・短大キャリア英語科1年岩本マサヒロさんの二人も舞台に立ちました。

本コンテストに関する記事は、12月19日(日)付の毎日新聞朝刊にも掲載されています。
デジタル版はこちらから 


  • 全員集合!(出場者・審査員・司会・学科長)
  • 英米語学科1年 下口大輝さんと小島政義さん

2021/12/13 22:10:00 ホノルル市長杯第50回全日本青少年英語弁論大会

  • Category学生ニュース
  • Posted by英米語学科
英米語学科ブログの「学生ニュース」では、英語学習や国際理解などの分野で活躍する英米語学科の学生たちを紹介しています。「学生ニュース」第8号は、先日行われた全国規模のスピーチコンテストのご報告です。本学の出場者、英米語学科4年の佐々木光さんは本学のキャンパスレポートにも登場しています。

****************************

12月12日(日)に、ホノルル市長杯第50回全日本青少年英語弁論大会が行われました。
本年度のテーマ「輝ける未来のために私のできること— I'm Making a Brighter Future」をテーマに、全国から集まった高校生8人、大学生8人が英語のスピーチを行いました。内容・英語力とも、大変レベルの高い大会でした。

このコンテストに、英米語学科4年の佐々木光さんが出場しました。スピーチのタイトルは「輝ける未来のための気候変動対策を—Taking Climate Action for a Brighter Future」。環境に対する熱い思いを、自らの経験をもとに語りました。佐々木さんは、本学のEco Groupでも、環境に関する情報を発信したり、キャンパスにエコ給水機を置くために関係各所と交渉したりと、様々な活動に取り組んできました。今回は残念ながら入賞にはなりませんでしたが、堂々と流暢な英語で素晴らしいスピーチを披露してくれました。卒業後は、環境への関心をさらに深めるために、「corporate sustainability (企業活動の持続可能性)」を学ぶため、イギリスの大学院に進学予定だそうです。まさに「輝ける未来のために」活躍するグローバル人材として今後がますます楽しみです。

以下は、佐々木光さんと、スピーチ指導を行ったMike Barr先生のコメントです。
[佐々木光さん]
英語のスピーチコンテストに出るのは実は今回で2回目で、1度目は高校生の時だったのですが、その時と比べると自分の中で大きく成長を感じられる大会だったと思います。もちろん入賞はしたかったですが、それよりもあの大きな舞台で、気候変動を止めるための行動をたくさんの人の前で呼び掛けられたことは、私にとって大きな意味がありました。先生方にもサポートして頂き、応援して頂いたおかげで自分の話すことに自信を持ってスピーチをすることが出来ました。挑戦して本当に良かったと思います。
[Mike Barr先生]
I met Hikaru on her first day of university in 2018, and she used to be shy about speaking in front of others. Since that time Hikaru has challenged herself to share her ideas and opinions. Like many of our best students, this outgoing and proactive attitude has resulted in international opportunities. On Sunday, we had a chance to see her competing on the big stage with the top eight selections from the entire country, and I couldn't be more proud to see one of our students standing up there, confident and composed. Huge congratulations, Hikaru -- KUFS is lucky to have you representing us!



  • 佐々木光さん
  • 出場者と審査員
  • 本番数日前の本学屋外での練習の様子

2021/12/06 10:00:00 12月18日(土)日本文化英語プレゼンコンテスト

  • Categoryイベント
  • Posted by英米語学科
12月18日(土)13:00より、本学で、第15回森田杯・英文毎日杯「ペアで紹介する日本文化英語プレゼンコンテスト 」が行われます。

全国8大学より10ペアが出場します。本学の出場者は、英米語学科1年下口大輝さんと小島政義さんのペア、グローバルスタディーズ学科2年神橋恵那 さんと島本菜瑠実さんのペアの2組です。

当日は、出場者は対面での実施ですが、観覧は基本的に英米語学科のYouTubeチャネルより、オンライン配信となります。今年で15回目となる英米語学科伝統のコンテストを、ぜひライブでお楽しみください!
*英米語学科YouTubeチャネルはこちらから (QRコードは左に)

なお、京都外国語大学の学生のみ特別に、先着30名を、対面での観客としてご招待します。観覧希望の人は、以下のフォームより申し込んでください。3人まで、複数人での申し込みが可能です。締切は12/10(金)17:00まで。来年以降に出場を考えている人は、特に、対面での観覧をおすすめします。
観覧申し込みフォーム:
https://forms.gle/8PE2TQd9UpdDaLRk7

問い合わせ先
英米語学科教員 ラムスデン多夏子 (t_ramsden@kufs.ac.jp)




  •        ライブ配信用QRコード

Page top