ページの先頭です。ページの本文へ

京都外国語大学英米語学科 RSS


2023/01/05 10:00:00 12月7日 人権をテーマにしたブックトーク(図書館主催)が行われました

  • Category学生ニュース
  • Posted by英米語学科
12月7日(水)に、本学図書館主催のブックトークがありました。12月4日から10日の人権週間に合わせ、「共生:人種問題・国際紛争・平和」をテーマに、
・英米語学科3年 山内明日花さん
・英米語学科4年 森部邦昭さん
・本学非常勤講師 宗田勝也先生
が、お薦めの本の紹介を紹介してくださいました。

山内明日花さん(英米語学科3年)
お薦めの本
『世界でいちばん観られている旅』(NAS DAILY著)世界中を旅し、目にしたもの感じたことを1分間の動画に納めるNAS DAILY。 彼らの素晴らしい旅のストーリーをまとめた一冊。
『かならずお返事書くからね』 (ケイトリン・アリフィレンカ & マーティン・ギャンダ著)アメリカに住む少女ケイトリンとジンバブエの少年マーティンが交わした文通のやりとり。実話。お互いに出会った事で、2人の人生は大きく変わっていく。
本人コメント
「私はジンバブエの女性や子供を支援する団体、ZIENZELE を広める事を目標に、KUFS Zienzele Projectという活動をしています。今回のブックトークのテーマとジンバブエを交えつつ、当日はお話をさせていただきました。そして私が選んだ2つの本から、平和へのアイデアとして「許しあう事」「他の国に住む人々と交流し、楽しい!という気持ちを大切にすること」を提案しました。
特に「楽しい!」と言う気持ちは、外大生の皆さんは日頃感じているのではないでしょうか。私自身、ジンバブエの大学生とアプリを使って交流しているのですが、文化や暮らしは違えど、同じような学生トークや話題で盛り上がるその時間は、本当に楽しくてしょうがないのです。そのとっても純粋な気持ちは、どんなことでも乗り越えることができる、大きなパワーを持っていると考えます。そしてその力が、人種問題、国際紛争等の悲しい問題解決に動く、アクションへの一歩に繋がるはずです。また、私たちはスマートフォンやパソコンを自由に使い、どんなに遠くに住む友達だって作れてしまいます。行けない国は無いし、出会えない人もいません。良い可能性が溢れているのに、通り過ぎてしまって気づかないのはもったいないです。どうか皆さんが様々な言語や機能を用いて、色んな人に出会って生まれる笑顔や、優しい感情を大切にできますよう願っています。」

森部邦昭さん(英米語学科4年)
お薦めの本
『子どもたちの階級闘争:ブロークン・ブリテンの無料託児所から 』(ブレディみかこ著)
『未来をつくる言葉:わかりあえなさをつなぐために 』(ドミニク・チェン著)
本人コメント
「「見えないものを観る」ことの重要性を、2冊の本をもとにお話させていただきました。英国の底辺託児所で働く日本人著者がみてきた階級がもたらす人間模様、わかり合えない理由を翻訳で紐解いてきた日英仏トリリンガル著者の知見、どちらの内容もコミュニケーションの真髄に迫るものでした。自分自身の関心の幅を広げたり興味を深めたりする中で、まずは「見えないものを観ようとする」ことから始めたいと考えさせられました。」

宗田勝也先生(本学非常勤講師)
京都三条ラジオカフェ「難民ナウ!」代表、日本UNHCR-NGOs評議会メンバー
お薦めの本
『緒方貞子 ― 難民支援の現場から』(東野真著)
『誰もが難民になりうる時代に』(宗田勝也著)
*元UNHCR(元国連難民高等弁務官)緒方貞子さんご推薦
本人コメント
「「難民になってまで生きていたくない―」。東北で被災された方はなぜ、そのように言ったのでしょうか。私たちは、「難民」という言葉にどのような意味合いを込めているのでしょうか。「かわいそう な難民」という捉え方が、「憐れみを受けて生をつなぎとめている存在」と読み換えられているがゆえに、冒頭の言葉に結び付いたのではないか、共生のためには、何気なく用いている言葉、枠組みを見つめる必要があるのではないでしょうか。」

*宗田勝也先生は本学で「ボランティア活動論」の授業を担当されています。人権やボランティアに関心ある人は、関連ブログもぜひご覧ください。
宗田先生関連の本学ブログ記事
観光学科ブログ:国際ボランティア学会について
じんけんブログ 「遠くの人権」なら踏みにじられてもいいのだろうか?


2022/12/18 10:20:00 12/17(土)第16回ペアで紹介する日本文化英語プレゼンコンテストご報告

  • Categoryイベント
  • Posted by英米語学科
12月17日(土)、本学英米語学科主催「第16回森田杯・英文毎日杯ペアで紹介する日本文化英語プレゼンコンテスト 」が行われました。

今年は、北は群馬から南は熊本まで、全国から厳正な審査を経て選ばれた10ペアが出場しました。どのペアも、十分な準備と練習のもと本番に臨み、英語力はもちろん様々な力を発揮して、全国大会にふさわしい素晴らしいコンテストとなりました。本学からは、短大キャリア英語科1年中井涼平さんと村井葉瑠奈さんのペアが出場し、見事1位森田杯に輝きました!

入賞結果は以下の通り:
1位 「私たち滋賀の誇り「琵琶湖」〜母なる湖が生むユニークな地域文化〜」 中井涼平さん・村井葉瑠奈さん(京都外国語短期大学1年)
2位 「日本美術を背負う」渡邉亨香さん・村田あい沙さん(立教大学3年)
3位 「美しい「包む」の中にあるもの」金愛奈さん・谷川貴映さん(武庫川女子大学4年)
奨励賞(発表順)
「家に畳を取り入れよう!」中原暁さん・谷岡奈央さん(熊本県立大学2年)
「「三大悪妖怪」物語:京都の知られざる妖怪の歴史」穴見愛音さん・勝山萌乃香さん(フェリス女学院大学2年)
「唯一無二のカワイイカルチャー」杉本由衣さん・中尾可恋さん(青山学院大学3年)
「日本のリメイク文化:心と自然を癒す」岡崎美諭さん・吉崎夏音さん(川村学園女子大学4年)
「未来彩る野菜」土屋こでまりさん・市田優衣さん(群馬県立女子大学1年)
「日本の魔法のおもちゃ」遠藤彩加さん(フェリス女学院大学2年)・白江誠史朗さん(大東文化大学2年)
「熊本の魂」川崎芳月さん・桑原かずなさん(福岡女学院大学短期大学部 1年)

1位の中井涼平さん・村井葉瑠奈さん(京都外国語短期大学1年)は、自身の出身地である滋賀の琵琶湖をテーマに発表しました。リサーチのために博物館を訪ねたり、ブラックバスを試食したり、琵琶湖に潜ったり(!)と、体験による情報を盛り込んだ大変興味深い内容でした。

コンテストのメイン司会はFelicity Greenland先生が務め、学生司会として、英米語学科から米谷祐奈さん(3年)・梅本瑚々奈さん(2年)の二人も舞台に立ちました。

本コンテストの動画は、後日、ダイジェスト版が英米語学科YouTubeにて公開される予定です。

本コンテストは、来年度も開催される予定です。ぜひ、森田杯・英文毎日杯を目指し、挑戦してください!
参考:本年度コンテスト応募要項

  • 全国から10ペアが出場しました
  • 本学代表 中井涼平さん・村井葉瑠奈さん
  • 本学代表が優勝しました!

2022/12/15 15:20:00 12月21日(水) シンポジウム「コミュニティ通訳 」とは? (オンライン開催)

  • Categoryお知らせ
  • Posted by英米語学科
12月21日(水)に、本学ロシア語学科主催、英米語学科共催のシンポジウムが行われます。(オンライン)
通訳に関心のある人以外にも、外国語を学習する皆さんには、関連のある内容です。ぜひ、ご参加ください!


シンポジウム「コミュニティ通訳 」とは?-真の多言語・多文化が共生する日本社会構築の担い手育成のために-」

主催:京都外国語大学外国語学部ロシア語学科
共催:京都外国語大学外国語学部英米語学科
日時:2022年12月21日(水)13:30〜15:30  (申込期限12月19日(月))
会場:オンライン開催(Zoom)(学内・学外に関わらず,どなたでもご参加いただけます。https://zoom.us/download でご使用機器にZOOMアプリ(無料)をダウンロードしてください。)

■パネラー
(1)右田-ミーハン アンドリュー(MIGITA-MEEHAN Andrew)株式会社ミーハングループ 代表/現役通訳者
通訳業務とはどのような仕事であるかを説明し, 将来通訳者を目指す学生の皆さんがどのように学修を進めていくべきかについて一緒に考えたい。
(2)安本 理抄(YASUMOTO Risa)大阪公立大学大学院看護学研究科常勤講師/博士(看護学)
コロナ禍を経た現在, コミュニティ通訳者を目指す学生が持つべき基礎知識として, 「感染症と健康管理~日常に潜む感染症から健康をまもるために~」について話題を提供する。
(3)南谷 かおり(MINAMITANI Kaori)地方独立行政法人りんくう総合医療センター健康管理センター長兼国際診療科部長 現役医療通訳者
「日本における外国人患者受入の課題」と医療通訳者の業務, 役割について話題を提供する。

京都外国語大学では,本年度,新たに「コミュニティ通訳特論」を開講し,コミュニティ通訳業務を高度にこなす多言語双方向運用能力を持つ人材育成を図っています.さらに,世界中のISO加盟国で通用する国際規格『コミュニティ通訳のためのガイドライン−ISO13611:2014』認証授与機関として目下,申請準備中で,今後,適正テストの実施,認証授与を行っていく予定です.本シンポジウムでは,「コミュニティ通訳とは何か?」という本質的議論を皮切りに,コミュニティ通訳の現状と課題,ISO認証制度の意味などをパネラーとともに考えていきます。「コミュニティ通訳」にご興味関心のある方はぜひご参加ください.

申し込み方法 https://forms.gle/9QPcqHPsoywiewLZ7  にアクセスし, 氏名、メールアドレスをご記入ください。12月20日にZOOM URLをお送りします。
プログラムの詳細:https://www.kufs.ac.jp/cms_image/file/file_1669945508.pdf

お問い合わせ先:ロシア語学科(russian@kufs.ac.jp)

2022/11/30 18:10:00 模擬国連世界大会 2022 レポート

  • Category教員ニュース
  • Posted by英米語学科
国際貢献学部で『Peace Design Seminar』を担当しているアングス・マグレガー先生より、11月23日から26日まで神戸で開催された、模擬国連世界大会の報告記事が届きました。
大会に参加した英米語学科2年島倉瑛太さんの体験レポートもあるので、ぜひ読んでみてください。

**********************************
The National Model United Nations (NMUN) was held from November 23rd-26th in the Portopia Hotel, Kobe. NMUN is one of the oldest and most prestigious intercollegiate MUN conferences and is held annually in New York City, Washington, D.C., and an international location. This year NMUN was hosted by Kobe City University of Foreign Studies and over 320 student delegates from 44 universities and 12 countries attended the conference. Four students and two faculty from Kyoto University of Foreign Studies participated, representing the country of Iceland in the General Assembly (GA) and Non-Nuclear Proliferation Committee (NPT).

The Opening Ceremony included a video message from the United Nations Secretary General Antonio Guterres and a letter of greeting from Japanese Prime Minister Fumio Kishida. Following the ceremony students participated in a Peace Forum moderated by Tetsuo Kondo, United Nations Development Program, with presentations by Yumiko Horie, Director of Policy, Advocacy and Campaigns for Save the Children Japan; Hiroe Ono, Senior Deputy Director for Middle East and Europe, JICA; and Koji Yanai, Group Senior Executive Officer and Director of the Board, Fast Retailing Co., LTD.

A special greeting was given by Professor Halyna Protsyk, Ukrainian Catholic University, who spoke about the ongoing situation in Ukraine, the displacement of people, and the constant threat of missiles and bombs. Setsuko Thurlow, a Hiroshima Atomic Bomb survivor and a representative of the International Campaign to Abolish Nuclear Weapons also sent a presentation entitled: Nuclear War or Non-Nuclear Peace? The need to make an educated choice.

The four participating KUFS students divided into two committees and proceeded to represent Iceland during the speeches, discussions, negotiations, resolution drafting, and debates. Ayane Maekawa (Global Studies) and Ryo Nakatsuji (Global Studies) joined the discussions in the General Assembly, while Eita Shimakura (British and American Studies) and Ken Torito (Global Studies) joined the Non-Nuclear Proliferation Treaty committee. Professor Ian Gibson (British and American Studies) and Adjunct-professor Angus McGregor (Global Studies) served as faculty advisers.


Following are the impressions of Eita Shimakura:

To prepare for NMUN, I read a lot about the Nuclear Non-Proliferation Treaty in the library, and I also looked up and learned a lot of vocabulary related to the United Nations and NPT Convention. I often met with my fellow teammates and prepared for the event with the help of professors Angus McGregor and Ian Gibson. Together we wrote position papers, speeches, studied the rules and procedures, and prepared our opinions for the conference.

The opening ceremony finally started, and I could hear a variety of languages from German and Spanish to Chinese and Ukrainian. It was a new experience for me, as I had never studied abroad before. Of course, I was nervous, but the feeling of anticipation overcame that. I had a lot of worries about whether I would be able to make friends and whether they would understand my English. However, as I began to meet people, I relaxed and thanks to that, I was able to enjoy the event and developed a desire to get to know the other students and cooperate with them towards a successful event. <Click here for the whole report>

2022/11/17 10:00:00 11/28(月)オンライン 機械翻訳セミナー

  • Categoryイベント
  • Posted by英米語学科
みなさんは、Google翻訳やDeepLなどの機械翻訳を活用していますか? 機械翻訳は翻訳だけでなく、英語学習をサポートするツールとしても大変便利ですね。

AI技術を駆使した最近の機械翻訳は、翻訳処理能力が飛躍的に向上し、非常に流暢な翻訳を行うのが大きな特徴です。しかし、文脈を読む力や文章を構成する力などは人の能力には敵わず、質の高い翻訳文を目指すには、人の手の介入が必須です。

そこで、翻訳研究を中心とするラムスデン多夏子ゼミでは、通訳・翻訳サービスを提供する株式会社インターグループより講師をお招きし、機械翻訳の使い方についてオンラインセミナーを開催する運びとなりました。下記の参加URLまたは左のQRコードから、ご参加ください。

日時:11/28(月)昼休み(12:50-13:40)
形式: オンライン(Zoom)
https://intergroup.zoom.us/j/84740348223?pwd=OC9nSU5DWk1GdVJvYmhPa2hHcWsydz09
ミーティングID: 847 4034 8223
パスコード:   192136

*学科・学年問わず、ご参加いただけます。
*できるだけ、カメラオンでご参加ください。

講師:奈良葉子さん (インターグループ 翻訳者・通訳者・英語講師)

内容:英文作成、日英翻訳を行う時の機械翻訳の活用方法
□機械翻訳を最大限活用するコツ
 ●機械翻訳の特徴
 ・日本語と英語の考え方の違い
 ・英訳を前提とした日本語作成のコツ
 ●プレエディット(日本語元原稿の修正方法)
 ・文は短く、シンプルに。
 ・省略しない。
 ・できる限り具体的に。
 ●ポストエディット(訳文の修正方法)
 ・機械翻訳でありがちなエラーの種類
 ・機械翻訳後の見直しポイント

主催:ラムスデン多夏子ゼミ(翻訳研究)
協力:株式会社 インタースクール

お問い合わせ先:
英米語学科3年 吉岡柚希奈(20ua0400@kufs.ac.jp)
英米語学科3年 古賀涼花 (20ua0128@kufs.ac.jp)


*本セミナーは、「Ukyo Voices2022」プロジェクトの一環です。このプロジェクトは、「京都市右京区まちづくり支援制度」の助成を受けています。


  •    Zoomリンク(パスコードは本文から)

Page top