ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2018年度 入試制度

すべて開く

自己推薦特別入学試験(専願)
  • 専願入試
  • 外部検定試験の活用
  • クラブ活動等の成績
  • ボランティア活動の実績
  • 短期留学(3ヵ月以上)の実績
  • 入学金免除制度あり
  • さまざまな資格や検定試験の成績、文化、芸術、スポーツ活動、ボランティア活動、短期留学などの実績で出願できる入試です。
  • 異なる技能・能力で複数の活動実績(例えば、英検の資格とスポーツ活動の実績等)があれば、それぞれが評価の対象となります。

入試概要

入試結果

海外帰国生徒特別入学試験(国際バカロレア入試含む) A・B・C日程(併願)[大学のみ]
  • 併願入試
  • 長期留学(1年間)の実績
  • 外部検定試験の活用
  • 入学金免除制度あり
  • 外国の高等学校へ1年間(1学年)、単身留学した場合も出願することができます。
  • 試験科目の面接は、A日程・C日程(面接重視型)の場合、出願時に7言語の中から1言語を選んで受験することになります。B日程(英語重視型)の場合、日本語での受験になります。
  • B日程については、2日間の試験日程の中で、1日1出願・試験日・試験地・志望学科を選んで、最大2回出願をすることができます。(入学検定料減額制度あり)
  • C日程(語学検定型)については、1年間(1学年)の留学と語学検定試験の結果で出願することができます。

入試概要

入試結果

公募制推薦入学試験 A日程・B日程
  • 併願入試と専願入試あり
  • 外部検定試験の活用
  • 入学金免除制度あり
  • 出願にあたっての、評定平均値の基準はありません。
  • 大学A日程英語重視型・短期大学A日程適性重視型(併願)は、2日間の試験日程の中で、試験日・試験地・志望学科を選んで、複数回出願(1日大学2出願、短期大学1出願)をすることができます。大学のA日程語学検定試験活用型(専願)は、1日1出願(学科併願はできません)となっています。

入試概要

入試結果

一般入学試験
  • 併願入試
  • 外部検定試験の活用
  • 入学金免除制度あり
  • A日程の大学2教科型、3教科型、短期大学1教科型は、3日間の試験日程の中で、試験日・試験地・志望学部、学科を選んで、複数回出願(1日大学2出願、短期大学1出願)をすることができます。
  • 大学のA日程・B日程では、センター試験利用入試(大学のみ)と併願することができます。
  • 同一試験日に異なる学科を複数回出願する場合や、3日間に分けて同一の学科または異なる学科に複数回出願する場合は、入学検定料を減額します。

入試概要

入試結果

大学入試センター試験利用入学試験[大学のみ]
  • 併願入試
  • 入学金免除制度あり
  • すべての学科に出願することができます。
  • 本学が実施する一般入試A日程・B日程と併願することができます。
  • 複数の学科に出願する場合は、入学検定料を減額します。

入試概要

入試結果

Community Engagement特別入学試験(専願)[国際貢献学部のみ]
  • 専願入試
  • ボランティア活動の実績
  • 入学金免除制度あり
  • これまで行ってきた貢献活動を自己推薦書やプレゼンテーション等でアピールするAO入試です。

入試概要

関連産業後継者特別入学試験(専願)[国際貢献学部のみ]
  • 専願入試
  • 入学金免除制度あり
  • 国際貢献学部に関連する産業の後継者となるため、入学後の学習計画や将来のキャリアプランをアピールするAO入試です。

入試概要

社会人特別入学試験
  • 併願入試
  • 外部検定試験の活用
  • 入学金免除制度あり
  • 試験科目の外国語(語学重視型)は、出願時に7言語の中から1言語を選んで受験することになります。ただし、大学・外国語学部英米語学科、国際貢献学部および短期大学・キャリア英語科を志望する場合は、英語に限ります。
  • 語学検定試験の結果を活用して出願することができます。(語学検定型)

入試概要

入試結果

編入学試験[一般編入学試験・併設短期大学・併設専門学校推薦編入学試験]

入試概要

入試結果

新着情報

一覧

アドミッション・ポリシー

大学・短期大学ガイド
京都外国語大学・京都外国語短期大学
2018年度版 デジタルブック

デジタルブックを見る

閲覧環境について

前のページに戻る

関連リンク
  • 国際貢献学部
  • オープンキャンパス
  • 資料請求
京都外国語大学 公式SNSアカウント京都外大の今を配信中です。ぜひフォローしてください。
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter
  • 公式Youtubeチャンネル
  • 公式LINE

Page top