京都外国語大学
 菅 英輝 研究室

  
TOP プロフィール 業績 科研 (H28-30) 科研 (H25-27) 科研 (H22-24) 科研 (H19-21) 科研 (H16-18)
             
 科研「アジア太平洋における国際関係の構造変動と歴史認識問題に関する総合的研究」
A Study of the Transformation of International Relations Structure
                                 and the Historical Problem in the Asia-Pacific Region
 基盤研究(B) 平成28年度~30年度
科研「アジア太平洋における国際関係の構造変動と歴史認識問題に関する総合的研究」研究会にて
リリー・ガードナー・フェルドマン教授(ジョンズ・ホプキンス大学)による報告
2016年9月24日 於 京都外国語大学
研究目的
 歴史認識問題は東アジアの国際関係に緊張をもたらし、その影響は、日米関係にも波及しつつあり、処理を間違えば
日本外交やアジア太平洋の秩序形成に深刻な帰結をもたらす。安倍政権の下で集団的自衛権の行使が可能となる
安保関連法案が成立する中、首相の「70周年談話」が内外で、さまざまな論議を惹起している。
 歴史問題は、アジア太平洋のパワー・トランジションや排他的ナショナリズムと連動するようになっている。また、国家と
市民社会の関係も大きく変容する中で、その影響の仕方は複雑さを増している。本研究は、パワー、ナショナリズム、
市民社会、歴史認識の交錯に注目し、その複雑な相互作用のメカニズムを国際関係論の視点から考察することで、
歴史和解の可能性を探る。
 
 In Northeast Asia today, despite deepening economic ties, mutual distrust prevails among the countries, and
there are a number of potential conflicts. True reconciliation is still a distant goal. One of the major obstacles
toward reconciliation in the region is the so-called “history disputes” over the past wars. Indeed, the “history
problem” has become a thorny issue causing suspicions not only among Northeast Asian countries but between
the U.S. and Japan. Under the Abe administration, Japan's postwar defense posture underwent a major change.
In 2015, the set of security laws, which enables Japan to engage in collective self-defense with a prospect
for expanding significantly the scope of Self-Defense Forces’ overseas missions, was enacted amid mass protest.
Prime Minister Abe’s statement of August 15 2015 issued on the 70th anniversary of the end of World War II
has triggered considerable controversies both within and outside Japan.
 Though security analysts in East Asia have not always paid enough attention to debates over wartime history,
they can no longer dismiss this issue, which has increasingly intertwined with territorial disputes, inflaming
nationalistic sentiment. Moreover, with recent profound changes in state-NGO relations, the influence of the
“history problem” has become increasingly complicated and unforeseeable.
 Our joint research project will focus on interconnections between power, nationalism, civil society, and peoples’
views on wartime history. Through analyzing complicated interactions of these forces that have shaped the
Northeast Asian political landscape, this research will explore possibilities for historical reconciliation in the region.

メンバー
 氏名  所属機関  役割分担
研究代表者
菅 英輝
KAN, Hideki
京都外国語大学
外国語学部

Kyoto University of
Foreign Studies
総括班 Project leader
「国際関係」班 International Relations Cluster

  東アジアの歴史摩擦と日米関係
  Possible effects of the Northeast Asian
       “history problem” on US-Japan relations
研究分担者
初瀬 龍平
HATSUSE, Ryuhei
京都女子大学
法学部
Kyoto Women's University 
総括班 Cluster leader
「国際関係」班 International Relations Cluster

  東京裁判のアポリア問題―国際関係論からの考察
  Tokyo War Crimes Trials from IR perspectives
李 弘杓
LEE、Hongpyo
九州大学
大学院法学研究科
Kyushu University 
「国際関係」班 International Relations Cluster
  変動する日中韓のパワー・バランスと歴史認識問題
  Interactions between the “history problem” and
         shifting power relations in Northeast Asia
三牧 聖子
MIMAKI, Seiko
高崎経済大学
経済学部
Takasaki City University of
Economics
総括班 Cluster leader
「市民社会」班 Civil Society Cluster
  市民社会アクターが和解に果たす役割
  Civil society’s roles in historical reconciliation  
青山 瑠妙
AOYAMA, Rumi
早稲田大学
教育・総合科学学術院
Waseda University 
「市民社会」班 Civil Society Cluster
  中国の歴史認識―トップダウンとボトムアップの結合
  China’s views on the wartime history
       (top-down analysis and bottom-up analysis)
鄭 敬娥
JEONG, Kyong-ah
大分大学
教育学部
Oita University
「市民社会」班 Civil Society Cluster
  日韓市民レベルにおける歴史問題の位相

  “History problem” at grass-root level in Japan and ROK
妹尾 哲志
SENOO, Tetsuji
専修大学
法学部
Senshu University
総括班 Cluster leader
「比較」班 Comparative Analysis Cluster

  戦後ドイツの歴史和解への取り組み―ドイツ分断克服
  と歴史和解への道
  Postwar Germany’s reconciliation process in the
  context Germany’s unification process
藤本 博
FUJIMOTO, Hiroshi
南山大学
外国語学部
Nanzan University
「比較」班 Comparative Analysis Cluster
  ベトナム戦争をめぐる歴史和解
  Reconciliation process between the U.S. and Vietnam
  after the Vietnam War
連携研究者
中島 琢磨
NAKASHIMA, Takuma
龍谷大学
法学部
Ryukoku University 
「国際関係」班 International Relations Cluster
  戦後日本外交の中の歴史認識問題
  “History problem” in the context of postwar Japan’s
   diplomacy
浅野 豊美
ASANO, Toyomi
早稲田大学
政治経済学術院
Waseda University
「国際関係」班 International Relations Cluster
  
戦後日本と周辺地域との国交正常化過程の再検証
  ―歴史認識問題の起源を中心に
アンドリュー・ホルバート
HORVAT, Andrew
城西国際大学
国際人文学部
Josai International University
「国際関係」班 International Relations Cluster
  日韓関係における歴史和解とメディアの役割
  The role of the media in historical reconciliation
  with regard to Japan-Korea relations
海外共同研究者

曺良鉉
JO, Yanghyeon

(韓国)國立外交院
外交安保研究所
Korea National Diplomatic
Academy
Institute of Foreign Affairs
and National Security
「国際関係」班 International Relations Cluster
  東アジア国際関係の構造変化と
                日韓関係における歴史認識問題

  “History problem” between ROK and Japan in the
   context of structural changes in Northeast Asian
   international relations

徐顕芬
XU, Xianfen

広島市立大学
広島平和研究所
Hiroshima City University
Hiroshima Peace Institute
「市民社会」班 Civil Society Cluster
  中国におけるヒロシマ・ナガサキの記憶
  China’s view of the dropping of the atomic Bombs on
  Hiroshima and Nagasaki and the history problem
リリー・フェルドマン
FELDMAN, Lily Gardner
(米国)ジョンズホプキンス大学
米国現代ドイツ研究所

Johns Hopkins University
「比較」班 Comparative Analysis Cluster
  歴史和解をめぐる日独比較
  Comparison of reconciliation process between postwar
  Japan and postwar Germany
南基正
NAM, Kijeong
(韓国)ソウル大学校
日本研究所
Seoul National University
「比較」班 Comparative Analysis Cluster
  平和構築としての歴史和解
      ―日韓新パートナーシップ宣言(1998年)の形成

  Historical reconciliation as peace-building
  -the declaration of new Japan-ROK partnership of 1998
 
研究会
2016年度 
●第一回研究会 
日時 2016年7月16日(土)・17日(日)
場所 南山名古屋キャンパスJ棟1F特別合同研究室
報告者・報告タイトル       1.菅 英輝(京都外国語大学)「科研趣旨説明」
2.各自の分担テーマについて
3.青山 瑠妙(早稲田大学)
「日中関係における『歴史問題』の拡散」
4.菅 英輝(京都外国語大学)
「日韓正常化50周年と『戦後70年』―歴史摩擦と『65年体制』のきしみ」
5.三牧 聖子(関西外国語大学)
「アジアの社会的和解は可能か―域外アクターがもたらすダイナミクス」
今後の研究会の進め方について
●第二回研究会
日時 2016年9月24日(土)・25日(日)
場所

京都外国語大学 8号館2階 会議室

報告者・報告タイトル

1. Lily Gardner Feldman (Johns Hopkins University)
 “German Civil Society and Reconciliation: A Variety of Roles and Practices”

2. Andrew Horvat (Josai International University)
“The Japanese News Media’s Role in Historical Reconciliation
– a Question of Sustainability”

3. Sayuri Guthrie Shimizu (Rice University)
“Academic Discourses, Foreign student activism,
and Balkanization of Historical Knowledge in the United States”

4. 南 基正(ソウル大学校)
「平和構築としての歴史和解―日韓新パートナーシップ宣言(1998年)の形成」
5. 曺 良鉉(韓国国立外交院外交安保研究所)
「東アジア国際関係の構造変化と日韓関係における歴史認識問題」
6. 浅野豊美(早稲田大学)
「帝国解体枠組みとしてのサンフランシスコ講和条約から日韓国交正常化まで」
今後の研究会の進め方について
●第三回研究会
日時 2017年1月7日(土)・8日(日)
場所

京都外国語大学 8号館2階 会議室

報告者・報告タイトル 1. 木村 貴(九州国際大学)
「分断国家における歴史認識問題」
2. 徐 顕芬(華東師範大学)
「中国におけるヒロシマ・ナガサキの記憶」
3.毛里 和子(早稲田大学)
「『歴史認識問題』のパターン」

4. Seung-Hoon Emilia Heo(Ritsumeikan Asia-Pacific University)
"Youth Narratives about Post World War II:
Reconciliation in Contemporary Germany and Japan"

5. 妹尾 哲志(専修大学)
「西ドイツの『東方政策』と歴史和解―対ポーランド関係を中心に」
6. 鄭 敬娥(大分大学)
「民主化後の韓国の対日外交における『歴史問題』の位相と市民運動」

今後の研究会の進め方について

2017年度
●第一回研究会
日時 2017年7月15日(土)、16日(日)
場所 京都外国語大学 8号館2階 会議室
報告者・報告タイトル 1.剣持 久木(静岡県立大学)
「公共史Public historyの射程―ヨーロッパにおける歴史認識越境化と東アジア」

2.南 基正(ソウル大学校日本研究所)
「日韓関係における歴史問題と安全保障の連動―消極的安保から積極的安保へ」

3.G. Kurt Piehler (Associate Professor and the Director of the Institute on
World War II and the Human Experience, Florida State University)
 “The Great Divergence: Trans-Pacific Memories of the Second World War”
4.藤本 博(南山大学)
「ヴェトナム戦争をめぐる米越の歴史和解
―ヴェトナムにおける枯れ葉剤後遺症問題を中心に」
5.Annika Culver (Associate Professor, Florida State University)
“Transnational Scholarship on Mutual Sino-Japanese Historical Issues during
Imperial Japan’s Wartime Occupation of China”
6.浅野 豊美(早稲田大学)
「戦後日本と周辺地域との国交正常化過程の再検証
―中国内戦とアメリカの賠償政策転換を中心に」
今後の研究会の進め方について
●第二回研究会
日時 2017年9月30日(土)、10月1日(日)
場所 京都外国語大学 8号館2階 会議室
報告者・報告タイトル 青山 瑠妙(早稲田大学)
「記憶と和解(reconciliation)―中国の映画/テレビドラマの視点から―」

徐 顕芬(広島市立大学)
「中国におけるヒロシマ・ナガサキの記憶」

今後の研究会の進め方について
(韓国、中国、アメリカにおける対話集会に関する協議を含む)
Andrew Horvat(城西国際大学)
“Peacemaker, Powder Monkey or Both?
-- the multiple roles of news organizations and media practitioners
in Japan and South Korea in dealing with negative aspects of Asia's past”
李 弘杓(九州大学)
「脱冷戦期における日中韓のパワーバランスの変動と歴史認識問題」

初瀬 龍平(京都女子大学)
「核・原爆問題をめぐる歴史認識の共鳴と不協和の構図(仮題)」