ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

ナショナル・ウィークについて

「キャンパスの国際化推進」の取り組みのひとつとして2011年度からスタートした「ナショナル・ウィーク」。学生と教員、留学生が一体となり、各学科がそれぞれの言語圏のバラエティに富んだ文化や芸術を紹介しています。キャンパスがその言語圏のカラー一色に染まり、楽しみながら学べる環境を生み出しています。

2017年度開催日程・プログラム

フラッシュモブで始まったフラメンコ部のパフォーマンスに、学生たちはびっくり!配られたナチョスを食べながら、バイレ(踊り)を楽しみました

2016年度のナショナル・ウィーク

すべて開く

ブラジルポルトガル語学科「ブラジルポルトガル・ウィーク」(6/5~12)

Program

  • カポエイラ大会
  • ブラジル伝統音楽 マラカトゥを知る
  • 歌うポルトガル語 ボサノバ歌ってポルトガル語マスター!
  • ポルトガル料理講習会

真夏のような暑さの中、独特のステップやアクロバティックな動きを体験

ブラジル北東部の伝統的民族音楽「マラカトゥ・ナサォン」についてのレクチャー・ワークショップでは、そのトリッキーな重低音リズムに心も躍る

歌唱ワークショップとミニコンサートでは、参加者全員でボサノバ「マシュ・ケ・ナダ」を合唱

ポルトガルの郷土料理やクリームデザートの調理に挑戦、「うわっ!」「あーっ!」、驚きの声もあちらこちらから

イタリア語学科「イタリア・ウィーク」(6/6~10、6/30)

Program

  • 写真コンテスト
  • イタリア語の早口言葉に挑戦!
  • カンツォーネ・ナポレターナ
  • 演劇「われ、レオナルド-ダ・ヴィンチとのありえない対話—」

「イタリアの青空」をテーマに学生・教職員が撮影した「Azzurro(空色)」が映える写真を募集。賞品はイタリア産の食材!

イタリア人留学生が発音指導に協力したこのイベント、挑戦した学生・教職員はその難しさに苦笑い

カンツォーネ歌手マリオ・マリォーネ氏の歌声にのせた、ナポリに住む人々の陽気さやその哀愁に、観客は陶酔

絵画「最後の晩餐」などで有名な芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチ。彼へのインタビューをモチーフに、「万能人」と呼ばれた独自の哲学を演劇で表現

日本語学科 「ジャパン・ウィーク」(6/15~20)

Program

  • 和菓子作り体験
  • ゲーム大会&博覧会
  • 野点 in オープンキャンパス
  • 講演会「フランスにおける日本ポップカルチャーと日本語教育の関連性」

和菓子職人の丁寧な指導を受け、参加した学生は真剣な表情で繊細な日本の伝統技法を体験

ずらりと並ぶレトロゲームに、参加者全員童心に戻る!白熱した大会では、優勝者にゲーム機をプレゼント

訪れた高校生や保護者の皆さんを、和菓子と薄茶で歓迎!限定100食が瞬く間に売り切れました

パリ第7大学准教授ハイエク・マティアス氏がフランスの日本ポップカルチャーと日本語教育について解説。フランスで最高視聴率100%を記録した日本アニメの紹介に、学生もびっくり!

フランス語学科 「フランス・ウィーク」(7/2~9)

Program

  • 第48回全日本学生フランス語弁論大会学内予選
  • フランスのゲームで遊ぼう!
  • サロン・ドゥ・テ
  • フランスのフォークダンス

6人の学生が予選会に出場。緊張感が漂う中、日々研鑽したフランス語で日頃の想いをスピーチ

ネイティブ教員を交え、フランスで親しまれているテーブルゲームをプレイ!

優しい甘さのケーキと広がる紅茶の香りに、女子はもちろん男子もご満悦

リズミカルな生演奏に合わせて踏むステップの数々に、参加者は「楽しい!」と大粒の汗

国際教養学科/留学生別科「Sharing Culture」(6/10~7/12)

Program

  • イベロアメリカーナ大学の学生と交流
  • Malaysia Day
  • 漆ワークショップ
  • FREE HUGS

メキシコ・イベロアメリカーナ大学の学生が本学を訪問。同国の紹介やチリソース試食会・ピニャータ割りなどで楽しみました

マレーシア政府観光局大阪支局長と国立マレーシア科学大学の学生たちが、マレーシア案内や民族舞踊を披露。皆と親睦を深めました

漆器の絵付けを体験。外国人留学生たちは伝統にとらわれない自由な発想で表現し、日本の技を堪能

初対面の学生や教員たちとのハグ(抱擁)を通し、友情や平和の輪を学内に広げました

ドイツ語学科 「ドイツ・ウィーク」(10/20~22)

Program

  • ドイツ車展示
  • ドイツ風カフェ
  • クラシック音楽の夕べ♪
  • オクトーバー・フェスト ドイツビール祭り@京都外大

晴れ渡る秋の一日、8号館前には根強い人気のドイツ車が展示され、行きかう学生たちがその雄姿に目をとめました

ボードゲームやおしゃべりで楽しんだカフェ

今や、さまざまな機会に活躍している弦楽アンサンブルが、この日も会場を魅了しました。この他に、ピアノ、ヴァイオリン、合唱など、息の合った音色が、秋の夜長に響き渡りました

すっかり定着したバイエルンブラスの生演奏のリードでスタート。松田学長、熊谷副学長をはじめ、多くの教職員も参加し、ドイツ語学科の学生らと和やかに談笑交流

スペイン語学科「スペイン&ラテンアメリカ・ウィーク」(11/8~13)

Program

  • スペイン語で差をつける
  • 「スペイン語圏の若者と政治意識」
  • フラメンコショー/おいしいナチョス屋さん
  • パエリアを召し上がれ!

スペイン語学科卒業後企業で活躍する2人を迎え、「就職活動」「やりたい仕事の見つけ方」「学生時代に経験してほしいこと」など、在学生の質問に答えました

ジャーナリストの工藤律子氏が、従来の政治に声を上げ、活動を通して自分たちの国を良くしていこうとするスペイン・メキシコ・フィリピンの若者たちを紹介

フラッシュモブで始まったフラメンコ部のパフォーマンスに、学生たちはびっくり!配られたナチョスを食べながら、バイレ(踊り)を楽しみました

学生たちが大きな鍋で約100人分のパエリアを調理!漂う香ばしい香りに学生が詰めかけ、本場バレンシアの味に笑顔がこぼれました

中国語学科「チャイナ・ウィーク」(12/5~10)

Program

  • ようこそ!チャイナドレスカフェ
  • 中国語卡拉OK(カラオケ)大会
  • 不吃水饺非好汉
  • おいでよ、乒乓球

チャイナドレス姿の女子学生たちが、ジャスミン茶や月餅・パイナップルケーキなど、中華圏のお菓子で皆さんをおもてなし

中国語の歌だけのカラオケ大会には中国人留学生4人も含め14人が出場。ヒット曲で美声を披露し、入賞者は旅行券などの豪華賞品を手にしました

本場中国のレシピで作った水餃子を先着100人に無料配布!熱々を求める学生たちが列をなし、あっという間に売切れ

毎年恒例の卓球ダブルス大会に12組24人がエントリー。コンビネーションを活かしてスマッシュを決めるなど、歓声が飛び交うほどの盛り上がりよう

英米語学科・キャリア英語科「ハワイアン・ウィーク」(12/12~16)

Program

  • Hawaiian Face Swap
  • Oluolu Café
  • Mana of Music ~音楽のちから~
  • 誰でも弾けるウクレレ体験

フラガールとカメハメハ大王のツーショット顔出しパネル。先着30人には撮影した記念写真をプレゼント

ハワイアン・ミュージックを聴きながら、パンケーキにコナ・コーヒー、トロピカル・ドリンクを味わいました

フラダンサーやハワイアン・ミュージシャンを迎えて、ハワイ史の講義にフラダンスの鑑賞。公演終盤には観客全員で歌い踊りました

ウクレレ講師の丁寧な指導で初心者も30分でコードをマスター!4種類のコードで「スタンド・バイ・ミー」「ルージュの伝言」など4曲演奏

Page top