ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

本学の教育理念「国際社会の平和に貢献し、次世代を担うことのできる『人間力』豊かなリーダーの育成」をめざし、「京都外大リーダーズ・スクール」では、学生一人ひとりがリーダーシップを見出すとともに、様々な多文化体験を積むことで、より実践的なリーダーとしての素養を、体系的、段階的かつ継続的に身に付けることを支援しています。社会性や対人関係力、コミュニケーション力の向上をめざし、学内での研修のみならず、他大学の学生や海外の学生たちと交流できる学びの環境を文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」と連携して提供しています。

2015年度 開催イベント

2015年5月9日~10日

リーダーシップ養成合同合宿2015

主催:追手門学院大学/大阪大学
開催地:滋賀

様々な状況下で求められる多様なリーダーシップについて理解し、価値観・立場・文化背景などが異なる他大学の学生との協働活動を通してリーダーシップ(知識・スキル・態度)を身につけることを目的として、5大学(追手門、大阪、京都文教、摂南、本学)の学生が集まってインバスケット手法を用いた研修を行いました。

2015年5月19日

京都外大リーダーズ・スクール(GLS)報告会 ~リーダーシップ・チャレンジ in サイパン 参加報告~

主催:本学

「リーダーシップ・チャレンジ in サイパン」に本学から参加した学生18名、学生スタッフ4名を代表して7名による報告会を実施しました。日本で準備していた授業と現地で実際に行った授業のギャップによる悔しさから日々成長していく姿、ホームステイで得られたホストファミリーの温かさ、現地で会ったたくさんの仲間等についてイキイキと発表してくれました。

2015年5月29日

京都外大リーダーズ・スクール(GLS)報告会 ~学生リーダーズ・スプリングスクール 実施報告~

主催:本学

「学生リーダーズ・スプリングスクール」を企画運営したGLS学生スタッフ14名、本学参加者15名を代表して10名による報告会を実施しました。スタッフとして“参加者のために”研修を作り上げることの難しさややりがい、成長を助けてくれる仲間の存在、参加者として研修を受けての葛藤やそこからの成長についてイキイキと発表してくれました。

2015年7月6日~11日

リーダーシップ・チャレンジ in 台湾

主催:UNGL
開催地:台湾

複数の国々の学生がともに行う発表・討議・交流を通してリーダーシップに関する知識や態度を学ぶことを目的として、台湾、タイ、台湾に留学する留学生と共に学びました。討論や模擬会議の他にも、チームビルディングや地域でのサービスラーニングなど、多彩なプログラムで自分自身を高めました。

2015年8月3日~6日

APSLC(Asia Pacific Student Leaders Conference)

主催:UNGL
開催地:マレーシア

多国間での異文化研修、国際カンファレンス等での発表・討議・交流を通してリーダーシップ(スキル・知識・態度)を身につけることを目的として、各国の200名近い学生が参加する国際カンファレンスに参加しました。人権、貧困、グローバル化、倫理と価値等々、あらゆるテーマについて他国の学生と意見を交わすことで、異なる背景を持つ人々とコミュニケーションを取るスキル等身に付きました。

2015年8月19日~21日

「夏休み子どもスポーツ体験ウィーク」を通したリーダーシップ研修

主催:本学

夏休みを利用して地域の小学生が参加する「小学生スポーツ体験ウィーク」のスポーツ指導体験、大会事務局運営体験を通して、リーダーとして必要な能力を学びました。特に、危機管理能力やコーチング力、イベントマネジメントを実践的に学ぶことによって、今後のプロジェクト活動における危機管理や参加者への配慮等に大いに活かせるものとなりました。

2015年8月5日

第1回BLS研修 プレゼン大会

主催:京都文教大学

1チーム4~5人のチームで、共通のテーマに関するプレゼンテーション大会を行う中で、それぞれのリーダーシップの発揮を目指した研修に参加しました。テーマは“あなたがチーム活動をする上で必要だと思うチカラ”。それぞれの生きてきた背景が違うなかで、どうやってより良いアイデアに集約するか等、多くのことを学ぶことができました。

2015年9月8日~10日

学生リーダーズ・サマースクール

主催:UNGL
開催地:愛媛

自分の役割を認識しながら変化する状況に対応できる実践的なリーダーシップを身に付け、追い込まれた状況の中で課題や問題を乗り越える力を養うため、サバイバル・キャンプを体験しました。寝床を確保したり、食料を確保したりといったミッションをこなす中で、自分と仲間との関係性を改めて考え直すことができました。

2015年11月8日

SIETER(異文化コミュニケーション学会)関西 学生フェア

主催:本学

異文化コミュニケーション学会とのコラボレーションで、多くの異文化体験に触れることを目的として、大学内外で活発に活動している学生団体を集めて、それぞれの団体(個人)の活動報告会を行いました。当日は8大学約30団体(個人)の参加者が集まり、活発に自らの活動をアピールし、他者の活動の背景について学びました。

2015年11月11日・25日

京都外大リーダーズ・スクール(GLS)報告会 ~学生リーダーズ・サマースクール 参加報告~

主催:本学

「学生リーダーズ・サマースクール」に本学から参加した学生5名、学生スタッフ3名、による報告会を実施しました。乗っていた船が無人島に漂着したことから「サバイバル・キャンプ」を行うことになり、その日に出会った他大学の学生たちとあらゆるミッションをクリアする非日常を通して、個人とチームの関係性を見つめ直した様子が発表に表れていました。

2015年12月12日

学生FDのWA!!!!!!!

主催:追手門学院大学/京都文教大学
開催地:大阪

本研修は、組織を運営していくにあたってぶつかる悩み(人間関係、会議の進め方、広報の仕方etc…)を既存のスキルやノウハウを使って解決していくことを目的としており、今回のテーマは「ロジカルシンキング」でした。組織内でのコミュニケーションエラーを防ぎ、自分の伝えたいことを相手にスムーズに伝えることができるためのスキルを学びました。

2015年12月19日~20日

第3回学生リーダーシップ・カンファレンス

主催:UNGL
開催地:愛媛

カンファレンスは、UNGLに加盟する18大学・短期大学から、過去にUNGL研修に参加したことのある学生たちが集まる2年に1度のお祭り行事です。今回は、発足から4年を数えるUNGLが、さまざまな研修で養ってきたリーダーシップ(知識・スキル・態度)が本当に実社会で有用なものなのかどうかを改めて問い直すために、各大学の活動発表やOB/OGセッション、シンポジウムを通して皆で考えました。活動発表では、外大チームが最優秀賞を獲得しました!

2015年12月26日

ワン・ワールド・フェスティバル for ユース

主催:関西NGO協議会等
開催地:大阪

世界的な視野を持ち社会の課題解決に向けて行動を起こす次世代の育成、高校生同士の活動ネットワーク形成、若い世代とNGO・国際機関・大学・企業との繋がりを目的として開催される「ワン・ワールド・フェスティバル for ユース」。今年から、本学を代表して5つの団体がブースを展示・活動発表を行い、高校生に本学のウリをアピールしています。

2016年2月5日

OLSリーダーシップ・セミナー

主催:追手門学院大学
開催地:大阪

自らの経験がない事例を基に多面的に物事を捉え、自己の考えを明確に伝える力を養うためのセミナーに参加しました。テーマは『リーダーに必要な資質を考える~「ミンタルの虎」と呼ばれた男を支えた戦時下の恋文と共に~』。過酷な戦時下でこそ問われる人間性、リーダーとしての資質。過去を振り返る作業を通じて「今」と「未来」を真剣に考えました。

2016年2月10日~12日

災害対策型サバイバル・キャンプ ~Kitakyushu Emergency Drill(KED)~

主催:九州国際大学/UNGL
開催地:福岡(北九州)

災害時に生き残るための判断力・行動力を身につけることを目的とした「災害対策型サバイバル・キャンプ」に本学から学生、学生スタッフが参加しました。大地震に被災したという設定のもと、避難時、避難所での生活時においてあらゆる困難が訪れる中、参加者同士で助け合いながら自身のリーダーシップ育成を目指しました。

2016年3月5日~12日

リーダーシップ・チャレンジ in サイパン

主催:UNGL
開催地:北マリアナ諸島(サイパン)

英語を用い、価値観、立場、文化背景などが異なる組織での共同活動を通してリーダーシップを身につけることを目的としたサイパン研修に参加しました。サイパン現地の小中学校で、自分の得意分野を活かして教育実習を行ったり、ホームステイを体験したりすることで自律性や社会性を養いました。大人気プログラムの1つです。

2016年3月15日~17日

第3回学生リーダーズ・スプリングスクール ~リーダーシップ研修 in 京都~

主催:本学/UNGL

「平和」を題材として、グローバル社会におけるリーダーシップの育成について考えることを目的として、GLS学生が主体となって研修を企画しました。平和を脅かす課題を体験したり、平和に貢献するために必要なことがらを学ぶための数々のミッションにチームで取り組んだりしながら、自分自身のリーダーシップを見つめ直しました。

2016年3月27日~30日

リーダーシップ・チャレンジ in 韓国

主催:UNGL
開催地:韓国

価値観,立場,文化背景などが異なる組織での共同活動を通してリーダーシップ(スキル・知識・態度)を身につけることを目的とした韓国研修に参加しました。南ソウル大学日本語学科で学ぶ学生たちへ日本文化にまつわるセミナーを行ったり、韓国学生とのフィールドワークをしたりしながら、チーム活動に必要なリーダーシップについて学びました。

2014年度 開催イベント

2014年7月2日・9日・16日

プロジェクト・マネジメント力養成講座

主催:本学

より良いプロジェクト運営を行うための基礎的なスキルを身につけるために、3回に分けて、企画の立て方、プレゼンテーションの仕方、チーム・マネジメント(リーダーシップ、フォロワーシップ、仲間の成長につなげるために等)、企画書の書き方、報告書の書き方等を学びました。

2014年8月7日~9日

APSSA(Asia Pacific Student Service Association)2014世界大会~学生カンファレンス運営プロジェクト~

主催:UNGL
開催地:同志社大学

アジア太平洋地域12ヶ国40大学以上の会員を有するAPSSA(アジア太平洋学生支援協会)の世界大会が日本(同志社大学)で開催され、企画の一つである「学生カンファレンス」をUNGL学生が主体で運営しました。「グローバルな課題解決(環境、平和、教育、経済)」に向けて、多くの国々の大学生と議論を交わしました。

2014年8月20日~22日

「小学生スポーツ体験ウィーク」で学ぶコーチングと危機管理

主催:本学

夏休みを利用して地域の小学生が参加する「小学生スポーツ体験ウィーク」のスポーツ指導体験、大会事務局運営体験を通して、リーダーとして必要な能力を学びました。特に、危機管理能力やコーチング力を実践的に学ぶことによって、今後のプロジェクト活動における危機管理や参加者への配慮等に大いに活かせるものとなりました。

2014年9月9日~11日

学生リーダーズ・サマースクール

主催:UNGL
開催地:愛媛

自分の役割を認識しながら変化する状況に対応できる実践的なリーダーシップを身に付け、追い込まれた状況の中で課題や問題を乗り越える力を養うため、サバイバルキャンプを体験しました。寝床を確保したり、食料を確保したりといったミッションをこなす中で、自分と仲間との関係性を改めて考え直すことができました。

2014年11月22日

ワールド・ライアンス・フォーラム

主催:追手門学院大学
開催地:大阪

「青年よ、大志を抱け!世界に飛翔する若者に告ぐ!」と題した、追手門学院大学主催のフォーラムのパネルディスカッション(テーマ:異文化交流から得る学び)において、京都外大リーダーズ・スクール(GLS)の学生がパネリストの一人として登壇しました。

2014年11月26日

京都外大リーダーズ・スクール(GLS)報告会 ~APSSA2014世界大会 参加報告~

主催:本学

8月に開催した「APSSA2014世界大会」の学生カンファレンスの企画・運営を担当した本学学生スタッフ8名による報告会を実施しました。世界各国から集まる学生と「平和」に関するより深い議論を進めるために、3ヶ月前から奮闘してきた英語でのファシリテーションの練習や平和への知識、本番で得た気づきや学びについてイキイキと報告しました。

2014年11月27日

京都外大リーダーズ・スクール(GLS)報告会 ~学生リーダーズ・サマースクール 参加報告~

主催:本学

「学生リーダーズ・サマースクール」に本学から参加した学生9名、学生スタッフ4名、による報告会を実施しました。乗っていた船が無人島に漂着したことから「サバイバル・キャンプ」を行うことになり、その日に出会った他大学の学生たちとあらゆるミッションをクリアする非日常を通して、個人とチームの関係性を見つめ直した様子が発表に表れていました。

2014年12月6日

学生FDのWA!!!!!!

主催:京都文教大学/追手門学院大学
開催地:京都

本研修は、組織を運営していくにあたってぶつかる悩み(人間関係、会議の進め方、広報の仕方etc…)を既存のスキルやノウハウを使って解決していくことを目的としており、今回のテーマは「リフレクション」でした。企画を次に繋げるために、チームの中の一人ひとりの「声」を引き出すためのヒントを学ぶことができました。

2015年1月10日~14日

南ソウル大学おもてなし企画

主催:本学

2015年1月9日~15日の間、UNGLの韓国研修で5年前から交流が続いている南ソウル大学より20名強の韓国人学生が京都に滞在し、その期間の「おもてなしプロジェクト」をGLSが担当しました。大学内の多くの学生も巻き込みながら観光や学内交流を楽しみ、「もてなすことや気遣いも大切だが、何より一緒にその日を楽しもうという気持ちが大切」であることに体験を通して気づけました。

2015年2月6日~8日

災害対策型サバイバル・キャンプ ~Kitakyushu Emergency Drill(KED)~

主催:九州国際大学/UNGL
開催地:福岡(北九州)

災害時に生き残るための判断力・行動力を身につけることを目的とした「災害対策型サバイバル・キャンプ」に本学から学生、学生スタッフが参加しました。大地震に被災したという設定のもと、避難時、避難所での生活時においてあらゆる困難が訪れる中、参加者同士で助け合いながら自身のリーダーシップ育成を目指しました。

2015年2月21日~28日

リーダーシップ・チャレンジ in サイパン

主催:UNGL
開催地:北マリアナ諸島(サイパン)

英語を用い、価値観、立場、文化背景などが異なる組織での共同活動を通してリーダーシップを身につけることを目的としたサイパン研修に参加しました。サイパン現地の小中学校で、自分の得意分野を活かして教育実習を行ったり、ホームステイを体験したりすることで自律性や社会性を養いました。大人気プログラムの1つです。

2015年3月10日~12日

第2回学生リーダーズ・スプリングスクール ~リーダーシップ研修 in 京都~

主催:本学/UNGL

「平和」を題材として、グローバル社会におけるリーダーシップの育成について考えることを目的として、GLS学生が主体となって研修を企画しました。平和を脅かす課題を体験したり、平和に貢献するために必要なことがらを学ぶための数々のミッションにチームで取り組みながら、自分自身のリーダーシップを見つめ直しました。

2015年3月17日~22日

リーダーシップ・チャレンジ in 韓国

主催:UNGL
開催地:韓国

価値観、立場、文化背景などが異なる組織での共同活動を通してリーダーシップ(スキル・知識・態度)を身につけることを目的とした韓国研修に参加しました。南ソウル大学日本語学科で学ぶ学生たちへ日本文化にまつわるセミナーを行ったり、韓国学生とのフィールドワーク等を通じて、チーム活動に必要なリーダーシップについて学びました。

2013年度 開催イベント

2013年8月18日~25日

リーダーシップ・チャレンジ in 台湾

主催:UNGL

台湾・国立高雄第一科技大学において、実践的な英語でのコミュニケーションスキルやイベント理解力、国際社会で活躍するために求められるリーダーシップを養うことを目的とし、台湾・タイ・日本の3カ国の学生が集まり、フィールド研修やディベートなど、7泊8日の協働プログラムを行いました。

2013年8月20日~22日

「小学生スポーツ体験ウィーク」で学ぶコーチングと危機管理

主催:本学

地域の小学生が参加してサッカーやバドミントンを行う「小学生スポーツ体験ウィーク」に参加し、スポーツ指導体験と大会事務局運営体験を通して、リーダーとして必要な資質となる危機管理能力やコーチング力を実践的に学び、学生が様々なスポーツプログラムを安全面に配慮した企画立案ができるようになることを目標としたイベントを行いました。

2013年9月9日~11日

学生リーダーズ・サマースクール

主催:UNGL
開催地:愛媛

自分の役割を認識しながら変化する状況に対応できる実践的なリーダーシップを身に付け、追い込まれた状況の中で課題や問題を乗り越える力を養うため、ビーチにテントを張っての宿泊やプログラム活動の結果によって食料が支給されるなど、非日常体験を行いました。

2013年9月15日~21日/2014年2月23日~3月1日

リーダーシップ・チャレンジ in サイパン

主催:UNGL
開催地:サイパン

英語を用い、価値観、立場、文化背景などが異なる組織での共同活動を通してリーダーシップを身に付けることを目的とした研修を行いました。サイパン現地の小学校で自分の得意分野を生かして教育実習を行ったり、ホームステイを体験することで自律性や社会性を養いました。

2013年10月19日

第1回グローバル・リーダーシップ・セミナー「アントレプレナーシップ・ワークショップ」

主催:本学

アントレプレナーシップ教育の理解と、その実践(ワークショップ)によって、社会に対して問題意識を持って、新しいことに挑戦する力を養うことを目的として実施しました。あらかじめたくさん用意していた「“風船”(経営資源)に付加価値をつけて売る」という課題が出され、参加者たちは難題に頭を悩ませながらも、何とかより良い価値を生み出そうとアイデアを振り絞りました。

2013年10月28日

第2回グローバル・リーダーシップ・セミナー「日本企業から海外へ~駐在経験者が語るグローバル人材育成~」

主催:本学

海外で働く、グローバル社会で活躍するという場合に、最も学生の今後のキャリアにおいて視野に入るであろう「海外駐在」を焦点に当て実施しました。実際に海外駐在員として4年間オランダで生活した経験した講師から、グローバル社会で活躍するための秘訣・心構えのレクチャーを受けました。

2013年11月8日

第3回グローバル・リーダーシップ・セミナー「いま、企業で起こっていること~これからの人材をみなで語ろう~」

主催:本学

「大人の学びを科学する」をテーマに、企業・組織における人々の学習・コミュニケーション・リーダーシップについて先進的な研究をされている講師を招き、「企業経営で今まさにおこっていること」、「これから就職する学生に参考になること」に焦点を当てたセミナーを実施しました。グループで講師から出される課題を解いていくというゲームを交えながら、企業経営の現在の課題などを学びました。

2013年12月14日~15日

第2回学生リーダーシップ・カンファレンス「社会が求めるリーダーシップって何? ~大学で身につけるリーダーシップ~」

主催:本学/UNGL

UNGL加盟校の代表学生による活動発表(プレゼン)やポスター発表のほか、各界(企業、NGO、スポーツ)からシンポジストを招き、学生時代に身に付けるべき能力や卒業後のビジョンを描けるようなシンポジウムを行いました。また、本学の留学生と共同で学生プロデュースの「五感で学びあう“グローバル”~多様な文化を知ろう~」セミナーを行いました。

2013年12月21日

第4回グローバル・リーダーシップ・セミナー「アドベンチャーベースドで学び高める21世紀スキル」

主催:本学

プロジェクト・アドベンチャーの手法を使い、体験を通して自己と他者の理解を深め、人が繋がっていくプロセスを学び、気づき、体感力を伸ばすコミュニケーション・リーダーシップのワークショップを行いました。二人組で呼吸を合わせて行うストレッチや、風船を使ったワークなどグループでのゲームを通して、対人コミュニケーション、チームビルディング、リーダーシップ等の要素を体感的に学ぶことができました。

2014年1月18日

第5回グローバル・リーダーシップ・セミナー「いっしょに見る-写真と絵と・そして人と-」

主催:本学

リーダーシップの概念の中でも外すことのできない「フォロワーシップ」を習得するために、絵や写真の「対話型鑑賞」という手法を用いたワークショップを開催しました。ワークショップを作り上げる際の準備や配慮におけるコツなども、併せて学ぶことができました。

2014年2月13日

異文化間リーダーシップ・ワークショップ

主催:UNGL

年代、ジェンダー、国等、様々な違いを超えて共有する問題に、他者と協力しながら対処するための知識・技能・態度を養うことを目的として、英語を用いたワークショップに参加しながら、英語を用いたアイスブレーク手法やファシリテーション技能について実践的に学びました。講師のパワフルなファシリテーションに乗せられて、参加学生も楽しみながらワークショップ手法等を学ぶことができました。

2014年3月11日~3月16日

リーダーシップ・チャレンジ in 韓国

主催:UNGL
開催地:韓国

価値観・立場・文化背景などが異なる組織での共同活動を通してリーダーシップ(スキル・知識・態度)を身につけることを目的として、日本語を学ぶ韓国人学生に対して日本文化や道徳にまつわるセミナー等を行いました。また、ホームステイを体験することで自律性や社会性を養うことができました。

2014年3月22日~23日

リーダーシップ研修 in 京都~世界がもし100人の村だったら~

主催:本学/UNGL

本学の学生が企画主体となって、初めてのリーダーシップ研修を開催しました。多様化する社会、組織の中で一人ひとりが当事者意識を持ち、リーダーシップを発揮できるような人材を育成することを目的として、世界の縮図を疑似体験することによって、人との違いを理解すること、受け入れることなどを体感的に学びました。

Page top