ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

道はここから始まる。
世界を見つめ、世界をつなぐ。

学校法人京都外国語大学 理事長・総長
森田 嘉一 MORITA Yoshikazu

京都外国語大学の特色は、古来より世界をつなぐ道として栄えてきた日本文化の中心地である京都で、思う存分に世界の言語と歴史・文化を学び、よりグローバルな人材として社会に貢献できる道を選べるところにあります。そして、本学のレゾンデートルであります建学の精神「PAX MUNDI PER LINGUAS」(言語を通して世界の平和を)に示されているように、戦争の否定と平和への信念を強く持って、平和を祈るだけではなく、自ら一歩踏み込んで、平和を創る側に立つ精神を学びます。世界を見つめ、世界をつなぐ道を模索していくのです。

本学は2017年(平成29年)には、学園創立70周年を迎えます。そして今日、グローバルな心を培った、多くの優秀な人材を世に送り出すまでに至っています。語学教育や国際社会で活躍する卒業生のほかに、外交官、自衛官、弁護士、CPA(公認会計士)として働いている人、生涯を通じて他の分野で貢献している卒業生も多数輩出しています。芸術院賞、恩賜賞に選ばれた尺八奏者、在学時の授業の様子をデフォルメして芥川賞に輝いた小説家、映画評論家、オリンピックのスポーツカメラマン、ニュースキャスター等々、個性的な面々であります。学生時代は海外ボランティア活動に勤しみ、後に、政治の世界に目覚め、地方都市議員や衆議院議員で活躍している卒業生も輩出しています。

学問の都でもある京都のこの地で、あらゆる体験を成長の糧にし、世界を舞台に輝ける人間力を育んでほしいと願っています。さあ、この京都外国語大学で共に学びましょう。

Page top